FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(5日目③)

2018/10/22 (7日目) 続き

15:25 釣り橋から月亮産室へと来ました。内側のパンダたちは寝ていたので、赤ちゃんパンダの庭まで来ます。川仔(ちゅあんざい)が寝ていたパンダ舎の扉の所へ通称萌五(蘭萌、らんもん)が遊びに行きました。川仔、いい抱き枕が来たね。

やってきた萌五に顎乗せする川仔


萌四(美萌)の方は、小さい子たちの近くで遊んでいます。

ちびたちの所で遊ぶ萌四


コロン。パンダは転がるのが好きな動物ですが、赤ちゃんパンダは故意にではなく、まだ足元不如意な感じですぐ転がり、そこがまたかわいいです。

コロンが得意の赤ちゃんパンダ


萌四は小さい子組のお昼寝を邪魔しています。潤九(るんじゅう)は起こされてしまいましたが、いつもの事なので動じることもないようです。

起こされた潤九


赤ちゃんパンダの庭の脇でしばし休憩、16:00を過ぎたので、だいぶ人が少なくなりました。ところで、パンダ基地では小さいパンダが付いたカチューシャが流行っているのですが、なんと結構なおじさんもやっています。ディズニーランドのノリみたいなものなんでしょうけど私は勇気ないです。お土産屋だけでなく、基地内の道とかに売人が出没します。

流行りのカチューシャ


赤ちゃんパンダも皆寝てしまったので、今日はそろそろ下に下りましょう。
みんなでくっついて寝るのが好きなようです。

くっついて寝る赤ちゃんパンダ


こちらは萌五、お気に入りの秘密基地みたいな場所で、よくここで一人で遊んでそのまま寝てしまっています。

秘密基地で寝る萌五


赤ちゃんパンダの庭の近くで休憩していた間に、あちこち蚊に刺されました。10月も後半に入ったしちょっと油断していたと思います。成都パンダ基地は山の中みたいな場所ですから、蚊などが多いので、虫除けと肌の露出には要注意です。

16:20 太陽産室まで下ってきました。こちらも赤ちゃんパンダはぐっすり、といった感じです。しかし左の子、雪見大福みたいですね。黒い部分がすっかり隠れ、赤ちゃんならではの白さがなせる技です。

雪見大福になっている赤ちゃんパンダ


幼稚園側へ周ると、妮妮(にーにー)ママが双子のどっちかで遊んでいます。

子どもで遊ぶ妮妮


双子の片割れは木の高い所にいます。地上にいるのを見るのが大変な双子です。

ニコニナのどっちか


16:35 幼年園に行くと、男子たちが遊んでいる中、一人福来(ふーらい)だけがお気に入りの展望台で涼しい顔していました。前は姉のうち、七喜(ちーしー)に似てると思っていたけど、七巧(ちーちゃお)の方に似てきたかな。幼年園にいる間に、成長と共にだいぶ顔つきも変わってきます。

展望台の福来


次は亜成年園A区に行くと、雄浜が広い庭をお散歩していました。
本当の山の中のような感じですが、木々が伐採されたばかりで少しだけ見やすくなりました。

散歩する雄浜


成年園を周っていたら、今回の滞在で初めて起きている所を見ることができたパンダさんがいました。たぶん娅星(やーしん)だと思います。赤ちゃんパンダがかわいい季節は大人パンダが起きている時間にやってくるのが難しいのです。

娅星


幼年園に戻ってくると、福来は周る筒で遊んでいました。お姉ちゃんたちのようにおもちゃで遊ぶ達人に変貌するかも知れませんね。

筒で遊ぶ福来


17:05 幼年園周辺に飼育員さんの声が響き渡ります。パンダ舎の中から叫んでいる時は、パンダたちに帰宅を告げているのです。その声を聞いて、1班は素直にパンダ舎に帰って行きましたが、2班は星輝(しんふぃ)しか帰ってきません。

呼んでも帰って来ない場合、飼育員さんはまず外の通路から見に行ってパンダに呼びかけます。今日は女子3頭、同じ木にいました。上から、奇一(ちーいー)、梅蘭(めいらん)、星繁(しんふぁん)です。これは回収するのに飼育員さん苦労しそうです。

同じ木に3頭のパンダ


当分パンダたちが木を下りる気配はないので、最後に赤ちゃんパンダたちを見に行きます。ぐっすり、ぬいぐるみが落ちているみたいな状況です。

寝ている赤ちゃんパンダたち


母子園は太陽産室の端にあるので、半円状に通路があります。少し移動すると、ちゃんと寝顔も見れます。

寝ている赤ちゃんパンダたち


上の台の所の子たちも皆寝ています。
しかし、よーく見ると、薄目を開いたまま寝ていることもありますよ。
薄目を見ちゃうとかわいさは半減かもしれません。

薄目を開けて寝ている赤ちゃんパンダ


後は幼年園の子たちが帰宅するのを見て帰ることにしましょう。
近くで呼んでも帰らない場合、飼育員さんは庭に入って行って、近くから説得します。すると、梅蘭と星繁はそのうち木を下りて帰って行きました。

その後室内展示場に入った所でりんごをもらいます。りんごの後はタケノコを食べるという番ですが、梅蘭がいつも閉まっている排水溝の蓋が開いているのに気付きました。掃除の後に飼育員さんが閉め忘れたのです。

排水溝の蓋が開いてるのに気づいた小梅ちゃん


他のパンダだと、中蓋を取りだしたりと遊びがちですが、賢い梅蘭はなんと蓋をパタンと閉めました。そして、うん、いつも通り、と満足そうに立ち去ったのです。
さすが小梅ちゃん(梅蘭の愛称)と感心してしまいました。

蓋を閉めて満足気な小梅ちゃん


その後、梅蘭はうつ伏せでタケノコを食べだしました。が、食べながら、にゅるーっと長ーいのが出てきましたよ!あまりに長くで立派でびっくりです。パンダの糞というのは笹団子と言われるほど、笹団子に見た目も大きさもよく似ています。今はタケノコのシーズンなので色は黄色いですが、笹の時期は緑です。長さも通常せいぜい10㎝くらいなのですが、これは記録的ですよ!

食べながら快便の小梅ちゃん


17:30 飼育員さんは再度、奇一を説得に出て行きました。
散々説得して、やっと木の又1段分だけ下りました。

まだ帰らない~の奇一


こうなると持久戦です。忍耐強くないと飼育員は務まらないようです。
その後も説得し続け、奇一はちょっとずつ下り、最後はしぶしぶ木を下りました。



そしてタラタラとパンダ舎へ帰って行きます。



奇一も部屋に戻ったらタケノコを食べます。梅蘭の立派な製作物がタケノコと間違えられないかちょっと心配です。右手前の大きい方です。

奇一、タケノコと間違えないでね


18:00になったので、パンダたちにさよならを言って、出口に向かいます。
今日も真っ直ぐホテルに戻り、カップ麺を食べて早々に寝ようと思います。一日パンダ基地を楽しむと、足が痛くてたまりません・・・。

次回は成都最終日のレポートです♪

中国・成都パンダ基地(6日目①)

2018/10/23 (8日目)

いよいよ成都最終日となりました。と言っても、飛行機は18時過ぎなので、今日もパンダに会いに行けます。最終日なので、朝食をゆっくりとりましょう。おしゃれな感じの茶房、朝食が7:30からと少し遅めのため朝食付きにする人が少ないのか、滞在中他の客を見たのは1度だけでした。

成都璞里蓝客城酒店(PROLIT LANKE HOTEL)の茶房


品数は少ないながらも、一部は毎日変わっていました。この成都璞里蓝客城酒店(PROLIT LANKE HOTEL)、成都パンダ基地からバス利用でたったの10分、中国のパンダファンも利用するホテルでした。また利用したいと思いますが、朝食7:00からにしてくれないかな?朝食込で1泊4000円以下でした。

成都璞里蓝客城酒店(PROLIT LANKE HOTEL)の朝食


前払いで予約していたので、さくっとチェックアウト、今日も成都パンダ基地へと向かいます。

8:00 ツーリストセンターが開く時間に合わせて成都パンダ基地に到着です。
入園は7:30からですが、無料ロッカーがあるツーリストセンターは8:00にしか開きません。ここで手荷物を預けて身軽になってから園内を周ります。

いつものように幼年園に向かうと2班はまだ室内でした。
あらら!私のお気に入りの奇一(ちーいー)、まだ2歳なのに授乳の練習中です!
星輝(しんふぃ)はママのミルクが恋しいのか、ほぼ毎日吸い付いています。

奇一の授乳シーン


特に嫌がる感じも見せない奇一、いつでもママになれそうですね。いえ、まだ小学校低学年くらいですから、危ない遊びという感じです。妹の星繁(しんふぁん)と班長の梅蘭(めいらん)は吸わせてくれないので、いつも奇一が授乳ごっこに付き合っています。福来(ふーらい)と一緒の時は福来を吸ってましたけどね・・・。



1班はもう外に「出勤」してましたが、後ろ向きに食べてる子が多いです。
福順(ふーしゅん)だけが顔を見せています。2016年組は数が多かったので、幼年園内でも何回か班替えが行われていました。既に地方動物園に出稼ぎに行ったメンバーもいるので、この時は各班4頭ずつです。

幼年園1班朝食タイム


次は太陽産室母子園へ移動です。赤ちゃんパンダたちまだ元気に遊んでいるようです。
庭の下の方に3頭見えます。

成都パンダ基地母子園で赤ちゃんパンダ探検中


上側に4頭、太陽産室の赤ちゃんパンダ7頭が全員揃っていますね。
最後に生まれた双子はもう電池が切れていますが、他の子たちは皆元気に遊んでいます。

母子園の赤ちゃんパンダたち


韻文(ゆぃんうぇん)と耀耀(やおやお)は遊んでいます。
朝一は赤ちゃんパンダも元気なので、入園してすぐ見に行くのがいいのですが、この季節は8:00前は結構暗いです。今は8:20頃なので少しピントが合いやすいです。



上の方から、下の方にいる子たちが遠くに見えます。自由に歩き回れるようになったばかり、世界のあれこれを探検するのが楽しいようです。

赤ちゃんパンダたち


しばらくすると、上にいた4頭は皆電池が切れてしまいました。これから長い充電タイムになります。2,3時間はたっぷり充電が必要です。

電池の切れた赤ちゃんパンダたち


下の子たち、仲良く遊んでいるようです。韻武(ゆぃんうー)、艾伦(あいるん)、艾米(あいみ)、男子勢です。

遊んでる赤ちゃんパンダたち


それぞれ分かれて探検を続けます。韻武はもう4か月半になるので、既に丸太くらいは登れます。

丸太付近で遊ぶ赤ちゃんパンダたち


得意気に丸太に登って行く韻武、お決まりの結果が待っています。



何がそんなに楽しいのか分かりませんが、赤ちゃんパンダたちは皆楽しそうです。
この無防備な様子を見ると、野生でパンダが生き抜くのが難しいだろうことは容易に想像がつきます。

無防備な赤ちゃんパンダ


8:50 赤ちゃんパンダたちの電池が切れてきたので、幼年園へ戻ります。1班はもう朝食が終わっていました。昼寝前のうだうだタイム、福順、最愛の七喜にそっくりな顔になっています。

福順


2班は今日は出勤が遅かったからか、まだ揃って食事中でした。2歳を過ぎるといつ地方などに移動になるか分からないので、こうして会えることを日々感謝です。いつ、どこへ、誰が、は事前に発表されることは稀で、ある日突然いなくなり3~5年は帰って来ないのです。

幼年園2班の朝食タイム


移動先が、新規にパンダ舎を作った動物園や、海外の場合は、移動先がネットなどで発表することによりある程度情報を把握できますが、日時やパンダが直前に変わることも多いので、特定のパンダに確実に会いに行くのは難しいです。でもここには100頭を超えるパンダがいるので、特定のパンダに会えない寂しさは他のパンダが埋めてくれます。

さて、母子園に戻ると艾伦と目が合いました。この子はヒラメちゃんと呼ばれるほど、平べったい顔していたので、私も結構気に入っています。中国のファンは班花(クラスで一番かわいい女の子)と言っていますが、男の子です。人気が出るポイントとして大事なのは見分けがつきやすいということですね。

艾伦


太陽産室を一周しますが、幼稚園は1歳児たちは木の上で誰がいるかも分からず、第2活動場に科琳(くーりん)がいただけで、第3は顔見えず、第4以降は庭の整備中でした。

科琳


一周して母子園に戻ってくると艾伦が起きていて、お客さんたちを独り占めしていました。この時期は赤ちゃんパンダの体型が丸っこくて本当にかわいいです。

艾伦


上の方で寝ていた赤ちゃんパンダたち、それぞれ離れて寝ていたのに、いつの間にかくっついています。無造作に置かれたぬいぐるみのようです。

いつの間にかくっついて寝ている赤ちゃんパンダたち


9:15 母子園を離れ、月亮産室へと移動します。
月亮産室に着くと、最初の庭、今日は小馨(しゃおしん)が木の上、青青(ちんちん)は珍しく地上にいて、寝ている小丫頭(しゃおやーとぅ)ママの近くで遊んでいます。

青青と小丫頭


隣の赤ちゃんパンダの庭、川仔(ちゅあんざい)のお気に入りスポット、パンダ舎の扉のある窪みに川仔と萌五(蘭萌、らんもん)がいました。

萌五と川仔


萌四(美萌、めいもん)は今日も小さい子たちの近くにいます。

萌四とちびたち


今日は萌五が川仔を抱き枕にしているようです。ここは見えにくい場所なので、隣の庭から斜めに見るのがいいポジションです。

川仔をクッションにして寝る萌五


正面から見るとこんな感じ、植木が邪魔ですよね。奥の方に扉前の2頭がいるのも見えますか?ガラスもなく、比較的近くでパンダが見えるとは言え、写真を撮ろうと思ったら植木などの隙間をうまく見つけないといけません。それでも、何時間でもここに居座ることもできるので、パンダ好きには夢のような場所です。

赤ちゃんパンダの庭


次回は続きをレポートします♪

中国・成都パンダ基地(6日目②)

2018/10/23 (8日目) 続き

9:40 月亮産室の赤ちゃんパンダ5頭全員寝ている所に飼育員さんがやってきました。
小さい子たちのために毛布を敷き直して並べ直します。潤九(るんじゅう)は金玉(じんゆう)をしっかりと抱きかかえていましたが、飼育員さんに剥がされます。きれいに並べられて、そのまま寝続けました。



赤ちゃんパンダが寝ている間に、月亮産室を一周します。思縁(すーゆぇん)の所が人だかりができていました。思縁、荒ぶって庭を猛ダッシュしています。庭木がバキバキ、ガサガサ言っています。そして、突然、何事もなかったように食事を始めました。突如スイッチが入って駆けまわったりするのは家系かな?

暴れた後に食事する思縁


そのお隣は文莉のネームプレートですが、文莉ではなさそう。アトランタ生まれの宝蘭(ばおらん)かな?一週間成都に滞在してもまだ、初めて見るパンダもいる訳です。

宝蘭ですか?


そして園園(ゆぇんゆぇん)も今回初ですね。
ただでさえ飼育施設が満員状態で庭はシェアされていますが、この時期は、庭の修繕やパンダが子育て中だったりで、なかなか会えないこともあります。

園園


内側へ行くと、芝士(ずす)芝麻(ずま)の1歳双子は今日は室内にいました。月亮産室の入口に芝が大量に積んであったので、ここも庭の修繕に入るのかも知れません。
双子兄弟だけの暮らしにも慣れてきたようです。2016年組も同様に部屋にいました。

ゴマチーズ


外に出れば一周終わりです。小馨(しゃおしん)が木の上で可愛らしく寝ています。

小馨


10:15 赤ちゃんパンダの庭に戻ってきました。どうやら大きい子たちはお昼寝から目覚めたようです。萌五(蘭萌、らんもん)と川仔(ちゅあんざい)です。

萌五と川仔


萌四(美萌、めいもん)も起きたようですね。あれ、ちびちゃんが1つ減っています。ママの所に行ったのかな?赤ちゃんパンダは交代でママの所に行ったり、飼育員さんがミルクや排せつの世話などのために席を外すことがあります。

萌四とちび


この子はどっちかな。飛行機で飛んでる夢でも見ながら寝ているのでしょうか。
脱力感がたまりませんね。

飛行機になっている夢を見てる?赤ちゃんパンダ


私が成都にいた一週間、毎日降りそうな天気で、時々ちょっとだけ霧雨が降ったりしました。夜の間に雨が降ったのか地面が濡れている日も多かったです。今日は晴れて来ました。赤ちゃんパンダの庭の脇から見た風景です。成都は晴れる日が滅多にないいつもどんよりな場所です。

晴れてきた成都


10:25 観客たちがざわついたので振り返ると、飼育員さんが赤ちゃんパンダを戻しに来たところでした。大きい子たちが飼育員さんに群がります。飼育員さんは、日光浴の場所を調整した後、小さい子たちから離れて手をたたくと、次々追いかけるようにでてきましたよ。萌五は行先を見失って小さい子たちの方へ戻って行きましたが、萌四と川仔は飼育員さんを必死に追いかけて行きました。かわいいなぁ。



萌五はテンション高いまま、小さい子たちの側で遊びます。一週間見てきて、今年のイチオシはこの子に決めました!私好みのかわいい系です。ちなみに、シャンシャンの従姉妹ですよ。ママ同士が姉妹です。

萌五


萌五、毛布で遊び始めました。飼育員さんがきれいに敷き直したばかりなのに・・・。

毛布で遊ぶ萌五


あっという間に毛布はぐちゃぐちゃです。

毛布はおもちゃの萌五


小さい子たちは懸命に毛布の上に戻ろうとしますが・・・。萌五は悶絶するように毛布に絡みつきます。そして行ってしまったと思ってもまた帰ってきます。この低い柵を乗り越えるのも好きなようです。



もうやりたい放題の萌五、でもその全てがかわいいです。

パンダのぬいぐるみもあるぞーホンモノです


その頃、萌四と川仔は飼育員さんに逃げられ、お気に入りスポットで充電(昼寝)することにしたようです。

萌四と川仔


嵐が去った後の潤九、もはや毛布に戻るのは難しいようです。追いやられた場所で寝続けます。

潤九


萌五はその後お気に入りの植え込みの中に行き、そこで電池が切れました。

月亮産室赤ちゃんパンダ庭


ちょっと休憩してから、1号別荘へ行きます。途中でパンダキッチンの配送車とすれ違ったので、2号別荘のパンダ釣りに先に行こうか迷いましたが、途中までせっかく上った坂、使ったエネルギーを無駄にしたくないと1号別荘へ行きます。

パンダキッチンからパンダケーキが運ばれてくる時間、つまりもうそろそろパンダにとっておやつの時間なので、扉前などに待機しているパンダが多かったですが、毛笋(まおすん)だけは干した敷物のように寝ていました。コペンハーゲン行が内定している毛笋、次に私がここに来る時にはもう会えないでしょう。元気でね。

毛笋


1号別荘をさくっと一周して2号別荘へ急ぎます。やっぱり15年組のパンダ釣りは既に始まっていて、私が着いたら後半でした。時計周りに行ったので何とか見れますが、反対から来たら人がいっぱいでパンダ釣りスポットに辿り着けません。今日も点点(でぃえんでぃえん)が早々に兄に耳吸いを仕掛け、拒否されていましたが、最終的には吸いました。おかしな癖は一人暮らしになるまで続くのでしょうか。



この後幼年園のパンダ釣りを見たら成都パンダ基地を出ると決めているので、最後にもう一度月亮産室の赤ちゃんパンダたちを見に行きます。潤九が懸命に歩く練習をしています。

歩く練習する潤九


と言っても、歩く、には程遠く、這って進んでいる状態です。
金玉にくっついて寝たかったのかな?

這って進んでいる潤九


と思ったら、金玉も通り越して更に進みます。しかし、柵の手前であえなく電池切れ。
まだまだこの木の台の上がテリトリーなのは変わらないようです。左手前は萌五のお気に入りの寝場所です。

赤ちゃんパンダたち電池切れ


それではそろそろ太陽産室方面に下りましょう。もう月亮産室には来ないので、小丫頭(しゃおやーとぅ)たちにもバイバイ言います。小馨も木から下りてきて、ママの近くで遊んでいました。しかし、これが私が最後に見た小馨の姿になろうとはこの時思ってもいませんでした。小馨は2019年1月18日、陝西省へ移動になりました。この施設は非公開で、滅多に情報も出ないので二度と会えない可能性もあります。小馨、次に近況を聞くのは出産の時かも知れませんね。

小丫頭と青青と小馨


次回は成都パンダ基地ついに最後のレポートです♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR