FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(6日目③)

2018/10/23 (8日目) 続き

11:50 小熊猫産房の入口から、レッサーパンダエリアを下ります。今日はレッサーパンダたちが通路近くに結構現れます。注意深く見てないと見落としますが、写真には3匹写ってます。

成都パンダ基地のレッサーパンダ達


山の斜面で放し飼い、その中を人間用の通路が通っていますが、通路にもレッサーパンダが出入りできる穴が開いているので、運が良ければ足元に来ることもあります。
人の頭上にも現れます。真上の高い所にいるレッサーパンダ、人々は気付かず通り過ぎています。

通路の上にいるレッサーパンダ


半分野生みたいな暮らしですね。エリアの端はちゃんとフェンスや壁がありますが、時々脱走が発覚することもあるそうです。



広い山の中でレッサーパンダを見つけるのが面倒という方は、餌台の側を中心に探すといいでしょう。すぐ目の前に現れてくれます。

餌場に現れるレッサーパンダ


12:05 レッサーパンダのエリアを出たら、パンダカフェへ寄ります。初日に見つけた看板で気になっていた熊猫便当なるものを試そうという訳です。ずっと小熊猫エリアがクローズしていて、近くの14号別荘も長期工事閉鎖のため、パンダカフェまで来る機会がなかったのですが、最後に来れました。お弁当は3種類25~30元です。

パンダカフェの前で売られている熊猫便当


ちなみにいつもはパンダの間を周るのに夢中でシリアルバーとかお菓子などを休憩中に食べるくらいで満足な昼食はとっていません。さて熊猫便当ですが、2段重ねでパックされており、温かい状態で売られています。カフェのテラスで頂きます。

結構ボリュームがあり、温かいこともあって意外にもおいしくいただけました。ちょい辛、うっすら酸っぱくもあります。牛肉、白しめじ、トマト、など、バランスも良さそうです。中国のお弁当も20年前に比べると信じられない程、品質向上しました。

熊猫便当


12:25 パンダカフェを出て最寄りの幼年園へ向かいます。幼年園はまだお昼寝タイムなのでどこに誰がいるか確認して太陽産室母子園へと移動です。赤ちゃんパンダたちも皆寝ています。

母子園で寝ている赤ちゃんパンダたち


毎日、全てのエリアを周らないと気が済まないので、最終日も亜成年園、成年園を周ります。しかしいつもこんな時間になってしまうので、寝ているパンダばかり、起きていたパンダはアトランタ生まれの喜蘭(しーらん)だけでしたが、まさに寝に行く所でした。亜成年B区は今日も室内以外は庭の整備中につきパンダはいませんでした。

寝に行く喜蘭


12:50 幼年園に戻りますが、飼育員さんがベンチで誰かと談笑中だったので、まだパンダ釣りは始めそうにないなと、近くの母子園で赤ちゃんパンダを見ながら待つことにしました。赤ちゃんパンダたちは置き去りにされたぬいぐるみのように寝ています。

母子園で寝る赤ちゃんパンダたち


上側の台の所にはぽつんと1頭が寝ていました。今は木の台の所に寝ていますが、もう少し成長すると、木の上やしげみの中など見えにくいお気に入りの場所で寝るようになり、寝ている赤ちゃんパンダを見るのも大変になります。

ぽつんと落ちている赤ちゃんパンダ


しばらくすると下の台で一緒に寝ていた2頭が起きたようです。片方が起きると、自動的にもう一方は起こされます。赤ちゃんパンダ同士のからみは本当にかわいいです。

起きたら他の子を起こす


13:00 幼年園の方から飼育員さんの声が聞こえました。声が大きいので、太陽産室にまで聞こえます。急いで行ってみると、昨日同様、パンダ釣りの前にパンダたちを起こして周っているようです。

13:15 パンダ舎前の台の所に福来(ふーらい)と毛桃(まおたお)が出てきました。

福来と毛桃


福来、毛桃やカゴと遊びます。



13:30 やっとパンダ釣りが始まります。飼育員さんの合図の声を聞いて、一番慌てたのはこのカエルでしょうか?10㎝以上あるカエルさん、パンダ釣りスポットの近くにいましたが、急いで逃げて行きます。ねずみは結構いるんですが、カエルもいるんですね・・・。

逃げるカエル


真っ先に福来がかけつけ、じっと立っています。毛桃が来ないので 待たされますが、おっとりパンダの福来はおとなしく、地味に立ってアピールするだけです。
七喜お姉ちゃんのように歩けるようになりそうですね。

立って待つ福来


福順(ふーしゅん)と毛豆(まおどぅ)は先ほど起こされたのに時間が経ったからか、パンダ釣りに出てきません。結局毛桃が来たところでパンダを釣ることになりました。
強奪が得意な毛桃とおっとり福来の攻防、一口食べたところでりんごを取られます。

りんごを食べる毛桃と福来


動画です。一口で取られた代わりに毛桃にあげるはずだったりんごをもらった福来、結果的には得しました。先に食べ終わった毛桃に襲われますが、今日は頑張りました。顔が汚れちゃったけど・・・。



2班側から周り、1.5班と言われる、1班奥に行くと、毛豆と福順が釣られてました。
こちらの班は毛桃が近くにいなければ平和におやつが食べられます。



2班に周り、号令がかかると、今日も一番に星繁(しんふぁん)が走って到着です。続いて梅蘭(めいらん)もすごい勢いでやってきました。この一週間、日に日に親子感が増しているとしか言いようがありません。この体格差、見分けが簡単でいいですね。

星繁と梅蘭は親子のよう


途中で星輝(しんふぃ)も来ました。今日も梅蘭はりんごを2個もらいました。それなのに、遅れてきた星輝のりんごを梅蘭は横取りします。みんなより多く食べ、増々体格差が広がるばかりです。



終わった後、奇一(ちーいー)を呼びに行きますが、木から下りる気がまるでありません。滞在中、6日パンダ釣りを見て、奇一が木から下りたのは1度だけでした。起きてはいるのに、余裕の顔で下界を見下ろすばかりです。

木の上から見ている奇一


呼ばれているのは奇一ですが、飼育員さんの前に座ってアピールするのは梅蘭です。
はちきれんばかりのボディで、もっと頂戴顔をしています。

まだ欲しい小梅ちゃん


奇一は下りてこないので、飼育員さんは撤収し、タケノコの追加作業に移ります。
まずは1班に投げ込み、皆集まってきました。



次は2班、当然のように梅蘭が待っていました。学習能力だけは特別に高い気がします。

待ってる小梅ちゃん


タケノコを投げ入れると、奇一もやってきました。どうせ下りるならパンダ釣りの時に下りて来ればパンダケーキとりんごが食べれるのに、奇一は梅蘭ほど食べ物に執着がないのかも知れません。左奇一、右梅蘭です。

奇一と小梅ちゃん


動画です。星輝も遅れてやってきます。私のお気に入り奇一もとても人気のあるパンダなので、奇一来了(ちーいーらいら、奇一来たよ)とパンダファンたちが声をあげています。奇一はWi-Fi付き、梅蘭は顔も体も大きくてかわいいので、パンダファンなら必ず見分けがつきます。



14:10 さて、ついに成都パンダ基地を去る時間になりました。最後に母子園で寝ている赤ちゃんパンダたちをもう1度だけ見に行きます。先ほど見落としていた場所にも赤ちゃんパンダが寝ているのに気付きました。これから増々、見えにくい所に行ってしまう月齢になります。ちょうどいい時期に来ることができました。

しげみで寝ている赤ちゃんパンダ


最後は幼年園の子たちにバイバイをして成都パンダ基地を出ます。
幼年園の子たちは、次はいつどこで会えるかわかりません。幼年園を卒業したら大人になるまで地方の動物園などに移動になることが多いからです。みんな元気でね。

幼年園2班奇一小梅星繁星輝のランチタイム


14:35 ツーリストセンターのロッカーから荷物をピックアップして成都パンダ基地を出ます。国慶節が終わったこの季節、比較的空いているし、パンダのエサもタケノコでパンダが見やすく、赤ちゃんパンダたちも歩けるようになるかならないかくらい、パンダを見るにはオススメの季節です。また来年もこの時期来ようと心に誓います。

次回は成都動物園~成都双流国際空港をレポートします♪

中国・成都動物園~成都双流国際空港

2018/10/23 (8日目) 続き

14:38 成都パンダ基地前から最初に来た198Aのバスに乗ります。動物園地鉄駅で降りようか迷いましたが、荷物を持って交差点を対角線に渡るのが面倒に思えたので、終点の動物園公交場まで乗ることにしました。先まで行ってUターンしてくるので、地鉄駅のバス停で降りた方が良かったかも知れません。動物園地鉄駅のバス停は路線によってバス停の場所が微妙に違うので、地図でよく見ておいた方がいいでしょう。

動物園公交場バス停


15:07 成都動物園に立ち寄ります。地下鉄の駅前にある動物園で、ここにもパンダがいますから成都に一週間も滞在して素通りする訳にはいきません。入園料は20元です。

成都動物園入口


パンダ館は入口に近い所にあるので、荷物を持ったまま入ります。
外に展示場が3つ、パンダは4頭なので、1頭は室内展示場です。室内には娅娅(やや)がまったり座っていました。1990年生まれの28歳、8回の出産経験があります。

まったりと座っている娅娅


外へ周ります。最初の庭には、隣の庭を覗く冰点(びんでぃえん)がいます。18歳雄、隣のお嬢さんが気になるようです。

隣が気になる冰点


隣のお嬢さんは、囡囡(なんなん)、2013年生まれの5歳、人間で言えば女子高生くらいでしょうか?腸閉塞で手術の後、一人暮らしになり、成都動物園で暮らす唯一の若いパンダです。タイヤで遊んでいます。

タイヤで遊ぶ囡囡


その囡囡が気になって仕方ない、隣のおじさん冰点、しょっちゅう隣を覗いています。
見過ぎですって。

堂々とガン見する冰点


囡囡の方は隣のおじさんには興味がないようです。
囡囡はかなりのぽっちゃりパンダ、大病の経験があるとは思えないほどよく食べます。

ぽっちゃり囡囡


そして最後の庭には莉莉(りり)がお散歩中です。
娅娅の妹で、26歳、こちらも高齢ですが、年齢を感じさせない可愛らしいパンダです。

お散歩する莉莉


ちょっと顔見るつもりで中途半端な時間に立ち寄った成都動物園、4頭のパンダが全員起きていました。みんなが元気そうなのを見て安心したので、滞在30分ほどですが、空港へ向かいましょう。

と、室内展示場の前を通ると、娅娅におやつが出ました。人参とパンダケーキのようです。なるほど、おやつの時間だったのでパンダたち起きてたのですね!
ここは高齢のパンダが多いだけに、次来る時まで元気でいてね、と声をかけずにいられません。

おやつをもらった娅娅


15:40 地下鉄動物園駅から地下鉄で空港へ向かいます。空港まで地下鉄乗継、7元、1時間弱かかります。

地下鉄動物園駅


16:30 成都双流国際空港ターミナル2の駅で降ります。何度か利用するうちに空港の位置関係を覚えたので、3階へ上がり、中国国際空港のチェックインがある左奥へと向かいます。優先カウンターでチェックインです。中国の大きい空港には、外から中が見えないVIP用のカウンターがあり、そこでチェックインし、セキュリティも優先ラインが利用できます。通常のカウンターやセキュリティは結構長い列に並ぶ必要があります。

成都空港T2のCA優先カウンター入口


16:50 中国国際航空のラウンジで休憩です。割と落ち着く空間です。

成都の国内線CAラウンジ


ラウンジの夕食メニューは17:00から。麺類もあります。一人で街中のレストランとかに入れない私は、一人旅の時にはラウンジ飯が一番まともな食事になったりすることがあります。

成都CAラウンジの麺類


ということで麺類は小さいのにして、この一週間あまり摂れなかった栄養素を補給です。

成都CAラウンジのラウンジ飯


搭乗開始10分前にラウンジを出てゲートへ向かいます。
18:25 CA-4533便、杭州行きです。行きは厦門経由でしたが、帰りは杭州経由。直行便で帰るより、あえてパンダのいる場所を経由地に選んでいます。特典航空券の場合、経由便でも直行便でも必要マイルは同じですしね。

成都から杭州へ


機材は、A321、ABC-LKJの3-3配列、今回もエコノミーの最前列の座席をアサインされました。混んでましたが隣は空きです。フライト時間は2時間10分。
水平飛行に入ると先にドリンク、そして機内食も出ます。チキンかお魚。悪くはないけど、ラウンジ飯の方がいいかな?

中国国際航空、成都→杭州の機内食


次回は杭州到着から杭州動物園をレポートの予定です♪

中国・杭州蕭山国際空港~杭州動物園

2018/10/23 (8日目) 続き

20:50 杭州蕭山国際空港に着陸です。乗継便は明日の昼なので、一泊して杭州動物園に立ち寄るというプランです。飛行機降りたらターンテーブル出た所にある空港バスのチケット売り場まで急ぎます。パスポートと20元出して、武林門行きチケットをゲット。バス乗り場には専用の出口から出てセキュリティを通ります。

21:20 空港バスで空港を出発です。
22:00 武林門到着です。杭州の街の中心で、大通り沿いにバスが停まります。

武林門空港バス乗り場付近


今日のホテルはここから歩いてすぐ、と言っても対角線に交差点を渡り、大通り沿いのコンビニの脇から入った所にあるホテル、オレンジホテルセレクトという所です。
無事ホテルを見つけてほっとします。

オレンジホテルセレクト


ですが、フロントで予約票とパスポートを出すと、日本人か、どうやって説明しようかという従業員の焦りが見て取れます。先払いしてるのに部屋確保できてないとか困るよ?英語と漢字のやり取りで分かったことは、朝までお湯が出ませんがいいですかということでした。

シャワー浴びずにベッドに入りたくない私ですが、この時間に別のホテルを探すとかあり得ないので、仕方ありません。水は出るんだよね?明日はお湯出るのね?と確認してカードキーをもらいました。エレベーターに乗ろうとしたらお湯出ません告知が貼ってありました。

お湯出ません告知の張り紙


部屋は近代的できれいでした。カードキー置き場にカードを置かないと(差し込むのではなく)電源入らないというハイテク仕様で、各種電気系統はタッチ式で操作です。

オレンジホテルセレクトの部屋


冷蔵庫もあります。中国のホテルでは水のボトルとスリッパが標準装備なのもいいですね。ん?ルービックキューブがありますね、微妙に揃ってないのが気になりますが、疲れているのでさっさと寝ましょうか。

オレンジホテルセレクトの部屋


と思ったら何か動いた?ルービックキューブの隣に金魚がいる!!
かなり動揺します。生き物がいるって・・・。電気消した方がいいかな、餌もらってるのかな、朝死んでたら嫌だな、気になって眠れません。ちなみに、金魚ではなく、気軽に飼えるベタという観賞魚だと教えてもらいました。

オレンジホテルセレクトの部屋にいたベタ


2018/10/24 (9日目)

朝食がついてなかったので、手持ちのスナックなどを最後に処分(食べる)します。
このホテル、空港バスの発着場所に近く、チェックアウトも12:00までなので、荷物を置いたまま出かけることにします。

6:25 ホテルを出発、バス停は道路の反対側なので、横断できる交差点まで行く間にバスが行ってしまいました。

武林門周辺


6:39 318路というバスに乗ります。3元先払いです。乗り換えなしで動物園に行けます。

中国の路線バスは釣り銭出ません


7:10 杭州動物園にやってきました。7:00からなのでもう開いています。入園料は20元です。この動物園に来るのは3回目、前の2回はやはり乗継の間で、午後の立ち寄りでしたが、今回は午前中なのでパンダたちも起きていることでしょう。

杭州動物園正門


3回目なのでもう地図を見る必要はありません。と言っても、いつも時間がないので、パンダに直行、そして帰り道に途中にいる動物を見るくらいで全体を見た事はありません。猿山を経由して坂を上って行きます。平日だからか園内に人がいません。

杭州動物園猿山


入口から5分くらいでパンダ館に到着です。

杭州動物園熊猫館


外にパンダが見当たらないので、室内展示場の方へと周ります。
いたいた成就(ちぇんじゅう)お久しぶりです~。
生死を彷徨い、もうダメかと思ったこともありましたが、また会うことができました。GWに来た時は静養中で朝のみ展示場に出ていて私は会えませんでした。

室内の成就


ここに暮らすのは成就と双好(しゅあんはお)の雄2頭、私の最愛のパンダ七喜(ちーしー)の幼馴染たち、2014年生まれです。成就が手術後に危険な状態に陥った際、双好が輸血して助けてくれました。双好、高い所でグダグダしています。

お気に入りスポットでグダグダしている双好


成就はあっちこち歩き回ったり、時々休んだりしています。まだ飼育員さんが来てないのか、待ってるのでしょう。

休憩している成就


ところで、私がパンダ館に辿り着いた時、一人だけ先客がいました。パンダファンの間ではちょっと有名なピンクおじさんと呼ばれている杭州在住の日本人の方です。噂通り、全身ピンクの装いでした。ずっと2人だけでパンダを見ていましたが、同じ日本人だとこちらは知っていても、とても声をかける雰囲気ではありません。

やがて成就が双好の所に登ろうとします。

成就は双好の所に行く


拒否られました。すごすごと退散する成就です。
2頭は双子のように仲良しなので、本格的な喧嘩になることはないようです。2頭とも成都にいた時より大人しくなったかな?闘病中はもうこのまま2頭一緒に暮らせる日が来ないのではと思いましたが、こうして一緒の所が見れて嬉しい限りです。

上がらせてもらえなかった成就


ぽやんとする成就、手術の跡などは確認できませんね。
元々体重の割りに痩せて見えるパンダでしたが、やっぱり少し痩せたかな?

ぼんやりする成就


成就、どうやらお腹が空いているようです。笹を食べようとしますが、葉っぱが全く残っていません。

葉っぱがないのが悲しい成就


双好、お気に入りの場所からこちらを見ています。
それにしても、平日だからか開園後30分過ぎてもピンクおじさん以外は誰も来ません。

上から見てる双好


次回も杭州動物園パンダ館の続きをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR