FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(1号別荘~月亮産室)

2019年も旅レポートをよろしくお願いします♪

2018/10/17 (2日目) 続き

10:15 成都パンダ基地で一番の高台にある1号別荘まで急な坂を上ってきました。しかしなんと外側にある庭が全面閉鎖中です。つい昨日新しい芝を敷きました、という状態に見えます。これだと、数日パンダが出てこない可能性がありますね。

改修したてのパンダの庭


1号別荘には中心に室内展示場があり、そこのパンダだけ見れます。広い室内にパンダがぽつんといます。

1号別荘室内展示場


績麗(じーれい)、見物客を見ているように見えます。本当のところはたぶん寝ています。

績麗


1号別荘への坂道は結構きついので、一日に何度も上れませんが、外が閉鎖されていてここの他のパンダは見れないので、もう今日は坂を上らなくて済むという考え方もできます。では、奥にある月亮産室へ行きましょう。2号別荘へ下る途中から分岐した釣り橋コースで向かいます。初めての時は怖かったこの橋ももうすっかり慣れました。

成都パンダ基地内の吊り橋


月亮産室も時計周りと順路が決まっているので、吊り橋コースから来た場合は内側の中庭が最初のパンダ観覧場所になります。小さなパンダが2頭、2017年組の芝士(ずす)と芝麻(ずま)の双子です。芝芝(ずず)ママの姿は見えません。

中庭の芝士芝麻


内側の室内展示場も2017年組が使っています。こちらは成大(ちぇんだー)ママと双子の大美(だーめい)成蘭(ちぇんらん)が一緒です。しかし朝食も終わったこの時間、みんな爆睡中です。木の台の上で双子は丸くなり、ママは撃たれて死んだように寝ています。

成大一家


もう一つの中庭には2016年組4班と言われるパンダたちがいます。4頭いるはずですが、2頭しかいない?

16年組4班


真下を覗いたら1頭は溝でペタンと寝ていました。もう1頭は裏側の溝にいるのかも知れません。

溝寝パンダ


この中庭の先は通路が屋内になっていますが、建物の入口まで大行列ができていました。ということは、今日は月亮産室の赤ちゃんパンダたちが室内にいるという事です。普段は自由観覧ですが、赤ちゃんパンダが室内にいる時などは混雑するので、警備員が出て見学者をさばいています。

月亮産室の行列


並ぶこと5分程度、赤ちゃんパンダの営業部屋と呼ばれる部屋です。ガラス面側に置かれたベビーベッドには潤九(るんじゅう)と金玉(じんゆう)が寝ています。生後2か月半くらい、歩くことはもちろん自由に動き回ることもできない赤ちゃんたちです。

潤九と金玉


そして部屋の奥側に置かれたかわいいブランコの所では、川仔(ちゅあんざい)、美萌(めいもん)、蘭萌(らんもん)の3頭が遊んでいます。こちらは5月生まれなので、既に走り回ることもできます。警備員さんが厳しく、立ち止まれないので写真もブレブレ、あっという間に部屋の前を通過させられてしまいました。

川仔、萌四、萌五


外に出たら、外側の庭を観覧します。最初の庭には小丫頭(しゃおやーとぅ)がいました。2017年生まれの子2頭の面倒を見ているはずですが、子どもたちの姿が見えません。

小丫頭


隣は月亮産室の幼稚園、赤ちゃんパンダ用の庭です。どうやらここも庭の修繕中です。このため今日は赤ちゃんパンダたちは室内で過ごしているようですが、特に天気が悪くなければこの時期は普通は外で遊ばせたり、小さい子も日光浴させます。

月亮産室幼稚園


その先には7つの庭があります。11:00を過ぎているので、起きているパンダは少ないですし、修繕などでパンダが出ていない庭もあります。こちら初めて見るパンダです。ネームプレートはありませんが阿宝(あーばお)のようです。陝西省の野生出身の雄パンダで、和歌山生まれの愛浜と血統交換でここに来たパンダです。

阿宝


お隣にはやはり野生出身のパンダ乔乔(ちゃおちゃお)がいます。背中の黒い帯が切れそうに細くなっているので、顔が見えなくても特定できます。乔乔は近年繁殖に貢献しており、たくさんの子がいますが、ママが誰だろうと、どの子もパパそっくりです。

乔乔


最後の庭には爆睡しているパンダがいます。ネームプレートは園園・二巧・文莉のものがありましたが、そのどれでもなく、成功(ちぇんごん)のような気がします。一人でパンダを見ていると、大人のパンダの見分けがしっかりできないのが悲しいです。

爆睡中のパンダ


次回もまだまだパンダのレポートです♪

中国・成都パンダ基地(月亮産室~亜成年園~成年園)

2018/10/17 (2日目) 続き

11:15 月亮産室を一周し、内側の中庭に戻ってきました。芝士(ずす)と芝麻(ずま)の双子兄弟は起きたようです。2頭は4月生まれで他の同級生と体格差があったし、芝士が喘息を患っていたこともあり、長く母子だけで暮らしてきました。しかしこの日から先、芝芝ママと一緒の所を一度も見なかったので、どうやら他の同級生に先立って親離れしたようです。

ゴマチーズ


しばらく見てなかったということもあり双子の見分けは困難です。
君は弟の芝麻ちゃん?かわいいパンダに育ちました。

芝麻ちゃん?


そのまま内側の通路を通って赤ちゃんパンダをもう一度見てから、基地の下の方へ行きたいと思います。内側の室内展示場では、成大(ちぇんだー)が起きて食事をしていました。子どもたちはまだぐっすりです。

成大


赤ちゃんパンダの営業部屋まで行くと、あらびっくり、ベビーベッドの柵に川仔(ちゅあんざい)が上っているではありませんか!例年であればこの季節に木登りとかできる赤ちゃんパンダはまだいないのでちょっと衝撃です。

ベビーベッドに上る川仔


川仔は角でうにうにと遊んでいます。そもそもこの川仔、誕生を発表されてなくて、つい半月ほど前の9月28日、赤ちゃんパンダお披露目会に突然歩き回って登場し、パンダファンたちをもびっくりさせた存在です。母親は野生出身で長く二世を期待されていた北川(べいちゅあん)です。

潤九・金玉・川仔


川仔が出現するまで、美蘭と萌蘭の双子姉妹が今年最初の赤ちゃんと思われていました。川仔より3日遅れで生まれた双子ですが、こちらも大人気の萌萌(もんもん)の初めての女の子で、今からとても人気があります。

美萌・蘭萌


次はまだ行っていないエリアへ行くことにします。亜成年園まで下りて来て、B区から見学します。その前にA区の端に暮らすアトランタ生まれの次男、喜蘭(しーらん)、かわいらしく寝ています。

喜蘭


その隣からはB区、毛毛(まおまお)、何だかいい夢を見ていそうです。

毛毛


次は室内展示場、功仔(ごんざい)のようです。パンダは栄養価の低い竹を主食としている動物で、無駄な体力を使わない、つまり食べる時以外は寝る生活をしています。それでも、やっぱり顔を見せて寝てくれると見物客も嬉しいです。

功仔


次は蜀祥(しゅーしゃん)ですね。うろうろしているので、おやつか新しいタケノコを待っているのかも知れません。この隣、見学路からは見えない庭に幸浜がいるみたいです。

蜀祥


蜀祥の先は亜成年A区です。寝ているのは奇珍でしょうか。全く顔を見せないで寝ているので分かりません。

奇珍


そして亜成年の最後、見えやすい庭には和歌山生まれの浜家の長男、雄浜(ゆうひん)です。寝相のせいか、かわいい女の子にも見えますが、2001年生まれなのでもうパンダとしては中年のおっさんです。

雄浜


雄浜の庭の対面は成年園です。あとは成年園を周れば今日全部を一通り周ったことになります。しかしお昼時なので、パンダたちは皆寝ています。こちら福福(ふーふー)。

福福


その隣・・・。大人のパンダは子パンダと違ってあまり木に登って寝たりせず、木の構造物で寝る場合が多いです。

寝てるパンダ


さらにその隣・・・。もう誰だか全然分かりません。

寝てるパンダ


成年園最後は迎迎(いんいん)、庭の奥の方で何か食べています。かなりズームして撮ってこれです。パンダ基地ではお昼前はパンダを探す時間、または寝るパンダたちのいろんな寝相を見る時間と考えた方がよさそうです。

隠れて食べてる迎迎


次回は幼年園のパンダ釣りをレポートの予定です♪

中国・成都パンダ基地(幼年園パンダ釣り)

2018/10/17 (2日目) 続き

12:05 成都パンダ基地を一通り周って、幼年園に戻って来ました。2班側の庭、木の上にパンダたちが寝ています。結構高い所にいますよ。よくよく見たら、写真で識別できるパンダのさらに奥側の木の上にもう2頭寝ていました。

成都パンダ基地幼年園2班の庭


幼年園のパンダたちは2016年生まれでまだ2歳、人間で言うと小学校低学年の子どもたちです。子どものパンダは木の上で寝るのが好きです。安心できる場所なのでしょうね。それにしてもこんな体制でよく寝れますね。こちらは星輝(しんふぃ)かな。

星輝


1班側の庭の方を見たら、福来(ふーらい)が起きたのが見えました。そろそろお昼寝タイムが終わりの頃です。

福来


1班の正面に周ってきましたが、あれ、まだ起きないのですかね。福来の左下には双子兄の福順(ふーしゅん)がゴロゴロしています。他の子たちも自分の好きな場所で寝ているのを確認しました。幼年園の側にはベンチがあるので、パンダ釣りの時間までちょっと休憩します。

福順と福来


13:10 パンダ釣りが始まりました。飼育員さんがパンダたちを呼ぶと、寝ていたパンダたちが集まってきます。毛豆(まおどぅ)が来ませんが竹竿でパンダたちにパンダケーキを配ります。

幼年園パンダ釣り


おいしそうにパンダケーキを食べるパンダたち。左から福来、毛桃(まおたお)、福順です。

パンダケーキを食べる2016年組


パンダケーキの後は順番にりんごをもらいます。そして食べ終わると、福来は姉の七喜(ちーしー)のようにゆっくりと手を舐めます。

おやつの後


パンダ釣りの様子は動画でどうぞ。先に食べ終わった毛桃が、福順を襲ってりんごを取ろうとします。福順は健闘しますが、結局半分くらい取られちゃったかな。土で顔も汚れてしまいました。



飼育員さんは庭の奥へ移動し、奥の方の木の上に寝ていた毛豆も釣ります。毛桃と双子兄弟ですが、積極的な毛桃に比べてちょっとのんびりしています。顔もあまり似てないので、二卵性ひょっとしたらパパは違うのかも知れません。

毛豆釣り


その後は2班側に周ります。飼育員さんが呼んだら星繁(しんふぁん)がすぐに来ましたが、他の3頭が来る気配がありません。星繁は2班では優等生になったようです。

星繁


星繁がパンダケーキの後にりんごをもらう頃になって、梅蘭(めいらん)がやってきました。月齢差2か月半あるとはいえ、この体格差、知らない人が見たらママパンダに見えるかも知れませんね。

星繁と小梅ちゃん


この後も、来ないパンダたちを呼び続けましたが、奇一(ちーいー)と星輝は木から下りて来ませんでした。2班のパンダ釣りも動画あります。



13:30 幼年園のパンダ釣りが終わったので、成年園や亜成年園でもパンダ釣りをやってないか見に行きます。迎迎(いんいん)寝てます。パンダ釣りは同じような時間帯に行われるので、幼年園の釣りを見ている間に他もやってた可能性があります。

迎迎


福福(ふーふー)の所まで行ったら、手を舐めている所に遭遇しました。やっぱりパンダ釣りがあったのかな。手を舐めるのはおやつの後が多いのです。

福福


亜成年の雄浜(ゆうひん)も今度は起きていました。昼過ぎは起きだすパンダもちらほら出てくる時間です。

雄浜


しかし喜蘭(しーらん)はまだ寝ていました。喜蘭はパンダ釣りに時間のかかるパンダで、いつも飼育員さんと我慢比べをしています。喜蘭のパンダ釣りを一度見たいと思っていますが、なかなかタイミングが合いません。

喜蘭


次回は再び月亮産室方面をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR