FC2ブログ

カンボジア・アンコールワット②

2018/04/07 (4日目) 続き

15:50 第二回廊へと上がります。
回廊の連子状窓から十字回廊を見下ろします。この連子状窓は、偽窓に施されることもありますが、開いているものもあります。こうして見ると、開いている空間の方が狭いように見えますが、実際の視界は結構開けていて外が見えるし、風の通りもいいです。

第二回廊の連子状窓


第二回廊の内側へ出ると、その内側にはまるで他の寺院が建つように、第三回廊と中央祠堂があります。この第三回廊、前回来た時は危険だからと案内されませんでしたが、今回は上がりたい人は並んで下さいとガイドさんが言ってくれました。

第三回廊と中央祠堂


私は高所恐怖症ですが、3度目の機会はないかもしれないので、もちろん並びます。意外にも母も躊躇なく行くと言いました。グループの中で何人かは待っていると言ってその場に残りますが、他は行くことになりました。入場制限があるので、30分ほど並びます。

順番がやってきました。首から下げる入館証のようなものを受け取って階段を登ります。一度に第三回廊に上がれるのは100人ほどと決まっているので、それで人数管理しているのです。すごい斜度です。約70度、ハシゴに近い感覚です。見た目よりは手摺りがしっかりしているので、神経を集中させて何とか登りました。

第三回廊に登る階段


上へ上がったら半時計周りに各自一周します。第三回廊の外側にも彫刻があり窓から見ることができます。

第三回廊の外側


回廊の中は割りと殺風景です。柱に彫刻もありますが、彫りが薄いです。連子状窓は開いていて、所々欠けていたりするので、景色を見たり、外側の彫刻を見たり、そして風遠しもよく快適に見学することができます。

第三回廊内


四隅などにある開いている窓からは第二回廊以下を見下ろすこともできます。
第二回廊から入ってくる人たちも小さく見えます。

第三回廊からの景色


景色だけでなく、すぐ近くの隣の外壁を見るのも大事です。かなり保存状態のいいデバターを見ることができます。内側よりも外側に美しい彫刻があるのです。

第三回廊の外側にあるデバター


他の窓も全部覗いて周ります。周りは密林に囲まれていると分かります。かつてはこの第三回廊は特別な人しか入れなかったと思われます。

密林に囲まれたアンコール・ワット


こちらは西正面ですね。
長い参道が見えます。

第三回廊から見た参道


外の景色ばかりに気を取られてはいられません。回廊の内側も必見です。内側の中心には中央祠堂が聳え立っています。これが、アンコール・ワットの写真にいつも写っている中央の塔です。

アンコール・ワットの中央塔


塔の彫刻は細かすぎて見えないので、ズームで。

中央塔の細かい彫刻


第三回廊の四隅にも塔があり、内側は十字になっていて、沐浴場と思われる窪みが4つ存在します。

第三回廊内の沐浴場


この沐浴場の側にあたる回廊の壁にも美しいデバターを見ることができます。
デバターとはアンコール遺跡の女神像のことですが、女官や踊り子がモデルと言われています。

第三回廊内側のデバター


意識して見始めると、そこらじゅうにデバターを見ることができます。よくある公園の像みたいに、部分的に黒光りしているものもあります。

たくさんのデバターを見れる第三回廊


回廊の中にはないので、外側、内側を見ながら歩くことになります。外側は窓から身を乗り出してみなくてはならない場合もあります。表情だけでなく、ヘアスタイルやアクセサリーなどもそれぞれ違ったりするので、できる限り一通り見るのがいいでしょう。

外側もデバターがたくさん


回廊内は柱に彫刻が見られるくらいですが、それもうっすらとで、元々こういうものなのか、作業途中だったのか判別が難しいものも多いです。

回廊内の柱


次回もアンコール・ワットのレポートの予定です♪

カンボジア・アンコールワット③

2018/04/07 (4日目) 続き

第三回廊を15分かけてじっくり見たので、そろそろ下り口へと向かいましょう。第三回廊は階段も急だし、待ち時間もあるので、行くかどうか悩ましいでしょうが、時間と機会があるならやはり行くことを推奨します。回廊から見えるデバターの数々は、第二回廊までのものと比べてもとても美しいです。

第三回廊で見れるデバター


こちら第三回廊の後半にあった柱の彫刻、これはどう見ても下書き状態?アンコール・ワットでは緻密な彫刻が見れる一方で、未完成と思われるものも各所で見られます。理由は明らかではありませんが、作業漏れとか、予算切れとかではなく、竣工日以降は作業をしなかったのではと想像します。

下書きっぽい彫刻


では階段を降りましょう。ってこれは登った時の数倍怖いです。高所恐怖症でなくても手摺りにしがみ付く人は多いですね。正面向いて降りるのは無理なので、横向きですね。

第三回廊から恐怖の階段を降りる


この階段はまさに天空世界への入口ですね。元の階段を王などが登っていたとはちょっと想像しがたいです。順番待ちの列はここから30分という場所を目安にして並ぶといいでしょう。

第三回廊への階段


さて次は第三回廊への階段付近にある第二回廊の壁に描かれたデバターを鑑賞しましょう。
この辺りのデバターは個性が豊かです。

第二回廊のデバター


回廊の内側の壁、窓のない部分にデバターが数多く見られます。

第二回廊内側


ポーズだけでなく、髪形や衣装もそれぞれ違います。それにしてもモデルとなったと言われる当時の女官たちは本当にこんな格好をしていたのでしょうか?そしてこの髪形は一体どうなっていたんでしょう?どこまでが髪で、どこから髪飾りなのか興味深い所です。

個性豊かなデバター


さて、次は南側から第一回廊まで下ります。
回廊の内側壁面は浮き彫りのレリーフで埋め尽くされています。第一回廊は一周ぐるっとこのような状態で、レリーフのテーマは場所によって違います。

アンコールワット第一回廊


ツアーの場合は、こうしたレリーフを含め、どこをどう見学するかはガイドさん次第です。アンコール・ワットは隅々まで見所満載で、全部見てたら1日では足りないでしょうから、限られた時間で見て周るには順路も説明する場所も厳選しなくてはなりません。代表する見所からいくつかをピックアップするのがやっとでしょう。ここは南面の東側、天国と地獄のレリーフです。

アンコール・ワットの第一回廊の天国と地獄のレリーフ


この辺りは天井も要チェック。花状紋で埋め尽くされています。

アンコール・ワット第一回廊の天井


回廊の角を左に曲がり、東面に来ました。こちらは乳海攪拌という有名なレリーフです。ヒンドゥ教版の天地創造といったテーマ、真ん中がヴィシュヌ神、右の神々と左の阿修羅が1000年も大蛇で綱引きをして、乳海が攪拌されて女神を含む創造物が生まれたというものです。

アンコール・ワット第一回廊の乳海攪拌のレリーフ


この近くでも未完成の彫刻を見ることができます。
彫刻上部が下書きのまま、残っているのを見ることができます。

未完成の彫刻


さて、これでアンコール・ワット中心部の見学は終わりだそうです。東側から回廊の外へと出ます。アンコール・ワットは巨大な建築物ですが、裏側にあたる東面の外側もとても複雑に、きちんと造りこまれていることが分かります。

アンコールワット東面


南側を周って、西側へ戻ります。正面と違い、この裏側は人も少なく、アンコール・ワットの全景もきれいに写真に納めることができます。

アンコール・ワット南東からの全景


南正面から見たアンコール・ワットも素敵です。
第三回廊と中央塔部分は、上下左右対称なので、南面は横ですが、正面と同じようなシルエットになります。

アンコール・ワット南正面


しばらく歩くと寺院がありました。古い寺院の脇に新しい寺院、宗教が変わっても信仰の場は変わらないようです。

アンコール・ワット敷地内にある現代の寺院


次回は続き、遺跡はちょっとお休みのレポートの予定です♪

カンボジア・アンコールワット~ベンメリア

2018/04/07 (4日目) 続き

17:10 アンコール・ワット敷地内の南にある寺院近くのトイレに立ち寄ります。脇で飲物を売っている人がいますが、ビールもジュースも何でも1ドルと良心的です。トイレ前のベンチに座って休んでいると、気付いたら猫が隣で寝てました。平和な光景です。

アンコール・ワットのトイレ前で寝ていた猫


トイレ休憩が終わったら西へと戻っていきますが、帰り道にはサルがいっぱいいます。けれど日本を含めアジア各地の観光地にいるサルのように凶暴ではありません。人懐こくはありますが、襲ってきたり、何か奪おうとするような様子はありません。

アンコール・ワット敷地内にはサルがいっぱい


一匹のサルは私の足に抱きついてきました。普段であれば、ぎゃーと逃げ回る所ですが、ここのサルはとても可愛らしく、ビビリの私も不思議と逃げ出す気が起きませんでした。小さな赤ちゃん連れのサルもいます。

赤ちゃんつれたサルも


象の門から出て、来る時渡った浮橋を渡ります。今日は、少し風もあり、天気も良過ぎず、一日観光日和でした。それでも皆かなり疲れ切っている様子です。シェムリアップに来て以来、少しずつ観光の人数が減り、ここまで観光して来た皆も結構限界です。今日は大した気温ではありませんでしたが、暑い時期は観光するのも楽ではありません。

アンコール・ワット環濠にかかる浮き橋


環濠を渡った所で、行きに置いて行った方をピックアップします。2時間以上待っているのも辛かったでしょうね。また来れるといいですね、そう声をかけます。実際、最初のアンコール訪問で途中で観光ギブアップして2回目来るという話は少なくないのです。

環濠外から見たアンコール・ワット


駐車場に行くまでの道には屋台がさらに増えて活気付いていました。

アンコールワット駐車場までは屋台がたくさん


17:40 駐車場からバスに乗り出発です。
17:50 カンボジアティータイムというお店でショッピングタイムです。日本人経営のお店で、1ドル以下は日本円の小銭でも支払いできます。小奇麗ですが、やはりお値段高めの設定です。

カンボジアティータイム店内


18:05 夕食のレストランへと移動です。
18:20 トロピカルレストランでクメール鍋の夕食です。すぐ食べれる状態にできあがってました。

クメール鍋


具の種類が豊富です。味はあっさりめ、チリソースも合います。しかし、人数が減っているため、途中から好きな具だけ食べても全然食べきれません。最後はおじやを作ってくれます。

あっさり味のクメール鍋


19:15 レストランを出てホテルへ戻ります。途中で、マッサージを申し込んだ人をお店に送り届けます。シェムリアップの町は夜はカラフルにライトアップされます。ここは川です。

夜のシェムリアップ


19:55 ホテル到着です。疲れたので、早めに休みます。


2018/04/08 (5日目)

6:00 アラームで起きます。ちょうど朝日が昇る時間でした。カーテンを開けると、きれいな朝日が見えました。昨日は大雨でしたが、今日ならアンコール・ワット日の出鑑賞はきれいに見えたことでしょう。しかしこういう日は天気が良すぎて、日中の観光はヘトヘトになるはずです。

シェムリアップの朝日


8:00 ホテルをチェックアウトし出発です。チェックアウトは部屋をチェックするので、15分前くらいに行くようにするのが目安です。今日は観光最終日、まずは私が今回一番楽しみにしているベンメリア遺跡へと向かいます。

30分も走ると、道端で何か売っている風景が車窓に見ることができます。竹筒に入ったちまきを売っているそうです。最初は数軒だったのが、今ではすごい数の屋台が並んでいます。

道端でちまき売ってる


その先には町がありました。アジアの田舎の風景です。

シェムリアップの東の町


ですが、果物屋さんの商品の盛り方はとてもきれい。

きれいに盛られたフルーツ


角を曲がるようです。シェムリアップからベンメリアまでは50㎞もあります。まだまだ到着まで時間がかかりそうです。

活気ある町角


9:15 ベンメリアのチケットセンターでトイレ休憩です。無料できれいなトイレがたくさんあります。遺跡自体は森の中で何もないそうです。
9:25 ベンメリア遺跡の入口に到着、バスを降ります。この辺りは未だ地雷の撤去が終わっていないということで、個人で来るのは難しいようです。観光客相手のお店などが少しだけあります。

ベンメリア遺跡入口付近


次回はベンメリア遺跡のレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR