FC2ブログ

カンボジア・プノンペン到着

今回から4月に行ったカンボジア旅行の旅レポートスタートです。
クラブツーリズムの現地係員対応ツアーに参加、ANAビジネスクラス利用で、ツアー料金は諸税込で一人18万円です。今回は母のお供です。エジプトに行こうかと言う話になりましたが、もうシーズンが終わっていたので暑い所が大丈夫かどうか試すのも兼ねてカンボジアに行こうと急遽決めました。

まずカンボジアはビザが必要です。カンボジア大使館へ行き、パスポート原本、写真添付した申請書、3900円で翌日出来上がります。その場で発行して欲しければ+千円で対応してくれます。

2018/04/04 (1日目)

8:20 成田空港集合、両替ですが、カンボジアは米ドルがそのまま使える国なので、米ドルを用意します。

10:50 NH-817便 成田発プノンペン行きで出発です。搭乗レポートはこちら
15:07 プノンペン到着です。飛行機のドアが開いた瞬間、むわぁとした不快な空気が流れてきます。4月は最も暑い時期です。入国は並ぶこともなく、会話もなくスムーズに済みます。

税関を抜けて外へ出たら、現地係員とミートし、同じツアーの皆さんが出てくるのを待ちます。全部で19名、半分くらいがビジネスクラス利用で、大多数がシニア層です。

プノンペン空港出口


15:50 全員揃ったところで大型観光バスに乗り出発です。やたらと蒸し暑く、気温は35℃近いのではないかと推測されます。車窓は早速アジアの香りが漂います。

プノンペン空港周辺


プノンペンはカンボジア王国の首都、街中に入ってくると首都っぽいきれいな街へと雰囲気が変わってきます。

プノンペンの街並み


けれど街の一角には、野菜マーケットなどのアジアの風景を見ることができます。
車窓を見ていたら、点滴しながらトゥクトゥク乗っている人なども見て、やっぱりアジアだなぁと感じます。

プノンペンの野菜マーケット


16:30 グリーンパレスホテルに到着です。日本人スタッフがチェックイン済ませて待っていました。添乗員のいないツアーですが、シニア層にも安心なサポート体制をアピールしています。

プノンペンのグリーンパレスホテル


部屋は、キンキンに冷えていました。水ボトル2本、コーヒーセットあり。Wi-Fi無料。部屋のミニバーは高いですよと現地係員が言っていましたが、ビールが2ドル、コーラなどは1.5ドルです。

グリーンパレスホテルの部屋


部屋からの眺めです。ホテルも含めて高層の建物が結構あります。

グリーンパレスホテルの部屋からの眺め


頭痛がしますが、ちょっとだけ外に出てみることにしました。
黄色いお花はなんだろう、きれいです。

グリーンパレスホテル周辺


表通りでなくても、車やバイクが多いので、道の横断などには注意が必要です。活気のある街です。

グリーンパレスホテル周辺の路上


道端でドリアン売っています。ホテルへの持ち込みは禁止です。

街角にドリアンを売る屋台


割と庶民的なお店が多いようです。しかしホテルの周辺には日本人経営のリーズナブルな焼肉屋やオススメの中華料理店などもあり、そうした周辺地図を旅行会社が用意してくれています。

グリーンパレスホテル周辺の大衆食堂


ホテルの斜め前には、24時間コンビニのキウイマートがあります。
日本のコンビニに比べたら、簡単なコンビニ、という感じですが、店員の感じとかとてもいいです。

24時間営業のキウイマート


冷えたビールも0.65ドル、米ドル表記です。これに比べたらホテルのミニバーは確かに高いかもですね。支払いは米ドルで、1ドル以下のお釣りは現地通貨で出ます。ビール2缶とスナックで、合計2.25ドル購入、お釣りは3070とレシートに出ていましたが、3100に切り上げて渡されました。こういった端数の現地通貨は滞在中に有料トイレや水など購入する際に使います。

ビールは安い


頭も痛いので早々にホテルに切り上げ、小腹が空いたら持ってきたカップ麺などを食べることにします。


2018/04/05 (2日目)

6:30 アラームで起床です。7:20ごろ朝食に行きます。アジアでホテルの朝食を食べる際に麺類があれば作ってもらいます。これがあっさり味だし朝からおいしく頂けるのです。

グリーンパレスホテルの朝食


9:30 ホテルをバスで出発します。これからプノンペン観光です。
しかし、ホテルを出るときから具合が悪く先が思いやられます。もっとも日本を発つ2,3日前からずっと頭痛がしてよく眠れていないこともあり、薬は飲んでいるものの、この暑さが堪えるようです。

プノンペンの王宮周辺


次回はプノンペン観光王宮などをレポートの予定です♪

カンボジア・プノンペン(王宮)

2018/04/05 (2日目) 続き

9:40 王宮前でバスを降り、王宮に入場観光します。陽も出てきたので日傘を差します。王宮の入場に際しては、短パンやノースリーブはNGなどのドレスコードがあります。

プノンペンの王宮の門


こちら地図、上半分が王宮で、下半分はシルバーパゴダという寺院です。隣接しているため、セットで観光です。まずは王宮へと向かいます。

王宮とシルバーパゴダの地図


前庭に通じる通路、前方には大きな丸い木が見えます。マンゴーの木です。

マンゴーの大木


脇にはバナナの木、お供えなどに使われるそうです。観光始めから南国ムード満載です。

バナナの木


前庭に出て振り返ると、先ほどのマンゴー木、近くで見ると、無数のマンゴーがなっています。

たわわになっているマンゴー


正面には館がひとつと、右には勝利の門があります。王宮の本来の正門ですね。

勝利の門


館の屋根をズーム、きれいな彫刻を見ようと思ったのですが、鳩の多さにびっくりです。

屋根に鳩がびっしり


マンゴーの木の裏にあったこちらは、沙羅双樹の花です。花は一日で落ちるそうです。

沙羅双樹の花


前庭の奥にある一番大きな建物が、即位殿です。ところでカンボジアの国王は現在60代ですが、独身で子どももいません。政府と王家の関係もあまりよくないことから、将来カンボジアに王様はいなくなるのではとも言われています。

プノンペン王宮の即位殿


屋根の彫刻がとても荘厳です。内部はホールになっていて入ることはできませんが、見ることはできます。ただし撮影は禁止。即位の時に座る立派な王座があり、一枚絨毯が敷かれています。

即位殿の屋根


そして、即位殿には仏頭のついた塔もあります。この塔の高さが59mとのことなので、全体としてかなり大きな建物だと分かります。

即位殿の塔


即位殿の右奥に実際に王様が居住している建物があります(写真中央)。右の小さな建物は、象乗り場だったものです。

即位殿と国王の住居と象乗り場


即位殿の左にあるのは、執務室とナポレオン三世の館と言われる建物ですが、ナポレオン三世の館はフランスから移築されたもので現在は修復中です。執務室の三角屋根にはカンボジアの紋章が描かれています。

執務室とナポレオン三世の館


庭には巨大な扇子バナナの木があります。これ、自然にこの形になり、あまり花とか実をつけないそうです。

扇子バナナの木


王宮の見学は終わり、次は隣のシルバーパゴダへ向かいます。王宮の外壁とシルバーパゴダの外壁の間の通路を通って移動です。可憐なハスの花を見ました。仏教に纏わる花が多く見られるように感じます。

ハスの花


次回はシルバーパゴダから国立博物館をレポートの予定です♪

カンボジア・プノンペン(シルバーパゴダ~国立博物館)

2018/04/05 (2日目) 続き

10:15 シルバーパゴダの敷地内に入りました。まずは周壁に注目、壁には美しいフレスコ画が延々と続いています。

シルバーパゴダの回廊


題材はラーマーヤナ、あらすじしか知らなくても十分見応えがあります。しかし、現地係員の説明を聞いている間に、立っているのがしんどくなってきました。体調の悪化をはっきり認識した瞬間です。

フレスコ画の題材はラーマーヤナ


先に見える白い塔のようなものはお墓です。このパゴダを建立したノロドム王のものだそうです。

ノロドム王の墓


シルバーパゴダは中心の建物、内部は靴と帽子を脱いで入場見学できますが、写真撮影は禁止です。寺院と言うよりは、宝物殿といった感じで、純金でできた何かとかがたくさん置かれています。パゴダの本当の名前の由来であるエメラルドの仏さまも見ることができます。

シルバーパゴダ


このパゴダの見学中でした。室内にも関わらず、私は気持ちが悪くなってしまったのです。何度も体験しているので分かりますが、熱中症です。母が暑い国に行けるかを試すという目的もありましたが、それ以前に私がダウンです。まだ遺跡見学をしたわけでもないのに、情けない話です。パゴダを出て正面にはノロドム王の騎馬像があります。

ノロドム王の騎馬像


出口の近くにあるこちらの墓はシアヌークの墓と説明されました。元々はシアヌークの娘の一人、カンタ・ボパの墓です。シアヌークの遺言で、新しい墓を造らず娘と一緒にとのことだったそうです。この説明を聞くころにはもう立っていられず、地べたにしゃがみ込む始末です。

シアヌークと娘の墓


10:50 シルバーパゴダの出口で、水ボトルを無料でもらえます。王宮ブランドです。どうせくれるなら先、もしくは途中で欲しかったと思いましたが、飲物をバスに置いてきてしまった私はなんとか一口飲みます。

バスに乗り、ほんの5分ほどで近くの国立博物館へとやってきました。赤い印象的な建物です。バスの中で一息ついた私ですが、外で出たら、やはり立っていられないし、吐気がしてきました。入場して、イヤホンガイドが配られる間に、具合悪いのでトイレを教えて欲しい、しばらく休憩してから追いかけますと現地ガイドさんに言いに行こうとしますが、もう我慢できないため、近くにいた方に伝言を頼みグループを離れました。

国立博物館


トイレは入口近くの階下にありました。せっぱ詰まった感覚としてはお腹ピーピーでもうダメ、と思うのと同じ感じです。ただお腹ピーピーと違って、簡単に吐いてすっきりするというのも難しいので、落ち着いて対処するしかありません。

その後マイペースで何とかピークを乗りきったら、入口のガルーダ像の脇で一休憩です。
国立博物館内、ガイドブックでは撮影禁止と書いてあり、あちこち禁止マークもありますが、現地ガイドさんが写真撮影OKと言いました。

ガルーダ像


少しよくなってから皆の後を追いかけます。当然、最初の部屋にはもういません。年代ごとに展示されていて、最初は青銅の美術品などが展示されています。

ブロンズ作品


プレ・アンコール朝の作品群の所で、皆を見つけました。
こちらは9世紀の逸品、8本腕のヴィシュヌ神です。

8本腕のヴィシュヌ神


国立博物館はそう広くはなく、中庭を囲むように建物があり、時計周りに一周する形になっています。中庭側にもたくさん芸術品が置かれています。このように吹き抜け状態なので、室内も涼しい訳ではありません。

国立博物館の中庭


この博物館はクメール朝の芸術品の宝庫です。ですが、おもしろいものもあるなぁ、まるでサルがチュ―しているみたい、そう思ったのは真ん中の作品です。ガイドさんの説明によれば、ラーマーヤナに出てくるサルの喧嘩がモチーフだと。チュ―と喧嘩じゃえらい違いです。芸術を見る目がないことを改めて認識します。

ラーマーヤナの猿の喧嘩


こちらは横たわるヴィシュヌ神の胸像。実際はかなりの大きさです。
元々胸像だった訳ではなく、胸から下は浸食で修復不可能だったということです。

ヴィシュヌ神の胸像


こちらも有名なジャヤヴァルマン7世像、12世紀のもので、アンコールトムで見つかったものです。なかなか端正なお顔立ち、賢そうな王様ですね。

ジャヤヴァルマン7世像


そしてカンボジアと言えば、やっぱりナーガですね。見応えのある芸術品が盛りだくさんです。
遺跡に現存するものはこんなにきれいではないので、保存する意味でもこうした博物館の存在は大事です。

ナーガ


次回は続きからトゥールスレン博物館をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR