FC2ブログ

中国・北京動物園パンダ館で萌蘭に再会

2018/05/02 (4日目) 続き

最後にアジア運動会パンダ館の室内展示場を周ります。ここは3つの部屋があります。最初の部屋には吉妮(じーにー)と名前が貼ってありますが、先ほど外にいたので違うはずです。
2013年生まれの女の子、福禄(ふーるー)です。オリンピックパンダ館にいる点点(でぃえんでぃえん)のお姉さん、つまりこの子もシャンシャンのいとこです。

北京動物園の福禄


2つめの部屋には萌二(もんある)がいました。双子兄の萌大(もんだー)はオリンピックパンダ館の外にいます。2013年生まれです。何かおやつを待っているのか、扉から動きません。こちらもシャンシャンのいとこです。3つめの部屋は空でした。

北京動物園の萌二


そろそろ9:00になるので、オリンピックパンダ館に戻ります。するとちょうど待望の萌欄(もんらん)が出てきました。奥の方でタライから水か何か飲んでいます。萌欄、お久しぶり~。やっと会えました!

萌蘭出勤


こちらが萌欄、2015年成都パンダ基地生まれ、私の最愛のパンダ七喜(ちーしー)とパパが同じ美欄(めいらん)なので、七喜の異母弟です。美蘭の家系の特徴で頬毛がフサフサです。2016年に成都で会って以来、病気で療養中だったり、北京へ移動してしまったりでずっと会えませんでした。

北京動物園の萌蘭


萌欄は飼育員さんにタケノコをもらいます。最後に見た時まだ小さかったので、大きくなったなぁと実感します。ひとまず元気そうで良かった。

タケノコもらう萌蘭


タケノコを食べる萌欄、オルドスで七姉妹を見てきた後だからか、まだまだ小さく子ども体型に見えます。

タケノコ食べる萌蘭


この萌欄は、中国のパンダファンに絶大な人気があります。熱狂的なファンがたくさんいて、人気No.1と言ってもいいパンダです。この日もガラス前に張り付くそれらしきファンの方たちがいました。

丸い萌蘭


萌蘭はタケノコを何本かもらった後は、笹に移動します。後ろ向いたり、横向いたり、なかなか正面を向いてくれません。萌蘭は日本のパンダファンからは「もんた」と呼ばれて、やはりとても人気があります。

人気の秘訣はやはりこの丸々としたお顔でしょうか。萌蘭は男の子だけど、この丸顔のせいで女の子っぽく見えます。

もんた


2015年に成都パンダ基地で生まれたのは、萌蘭以外はみな双子で、萌蘭は6組の双子たちと一緒に育ちました。仲間たちにも人気があるパンダでしたが、ママの萌萌(もんもん)が北京動物園の所属のため、昨年9月に北京動物園に引っ越して来ました。仲間とわいわい育った萌蘭、独りぼっちになってちょっと寂しそうに見えます。

萌蘭


それでも食べている時は幸せそうな顔をします。

笹を食べる萌蘭


珍しく前を向いてくれたのでアップで。顔が大きいとか、頬のフサフサぶりが七喜にもよく似ています。隣では熱烈萌蘭ファンと思わしき方たちの連射音が凄いです。

フサフサ丸顔もんた


笹を食べる様子を動画にも撮りました。



笹を少し食べたら木に登りました。そこで寝るのかな?日が当たって暑そうです。

木の登るもんた


しかし萌蘭は寝ませんでした。飼育員さんがやってくるのを見たらすぐに下りて行きます。
どうやらパンダケーキのようなものをもらったようです。

おやつをもらうもんた


おいしそうに食べています。北京動物園ではパンダ釣りみたいなおやつのあげ方はしていないようですね。同じ動物園で暮らす同世代のパンダたちはみな近い親戚にあたるので、将来は四川にお見合いに行かなくてはいけませんが、少し鍛えておいた方がいいかも?

おやつを食べる萌蘭


連休明けで、時間がまだ早いからか、オリンピックパンダ館はそれほど混んでいません。
右側の点点のスペースの前の方がやや人だかりが多いですね。

オリンピックパンダ館萌蘭と点点の家


点点は飼育パンダの心得をよく分かっていて、顔を見せている事が多いせいでしょう。
この子には福禄の他に、一番上のお姉さんもいるのですが、繁殖のためか四川に行っているので私はまだ一度も会ったことがありません。

北京動物園の点点


次回はパンダ館ぐるぐるをレポートします♪

中国・北京動物園パンダ館

2018/05/02 (4日目) 続き

無事に萌蘭(もんらん)にも会えてほっとしますが、もう少しパンダ館にいようと思います。ダンナはベンチで座って待っているというので、パンダ館をぐるぐる気の済むまで周ることにしました。外では先ほど休憩していた萌大(もんだー)がお散歩しています。萌蘭の兄ですが、父親が違うので顔はそんなに似ていません。

北京動物園の萌大


再びアジア運動会パンダ館に行きます。私のお気に入りの大地(だーでぃ)は、先ほどとは違う場所で寝ています。外は暑いので、日が当たると移動しているのでしょうか。

北京動物園の大地


屋外の真ん中は、先ほど顔があまり見えませんでしたが古古(ぐーぐー)でした。にんじんをもらったようです。パンダは竹類が主食で、パンダケーキを栄養補給兼ねておやつにしていますが、施設によってりんごやにんじん、その他野菜や果物等を与えられています。

にんじん食べる古古


吉妮(じーにー)はまだ食事を続けています。かなり直射日光が強いですが、あまり気にしていないようです。パンダも歳を取ると暑さに鈍感になるのでしょうか。

北京動物園の吉妮


室内に周ります。福禄(ふーるー)も笹を食べ続けています。

北京動物園の福禄


おとなり萌二(もんある)もお食事中。萌萌(もんもん)ママの面影がある特徴的なお顔で、双子兄の萌大とも見分けやすいです。くまのプーさんを連想してしまうのは輪郭のせいかな?

北京動物園の萌二


外に出たところで大地さんを覗き見るとまだ寝ていましたが、ばっちり顔を見せた寝相に変わっていました。この凛々しい顔が好きなのです。

かっこいい大地


オリンピックパンダ館に戻ってくると、萌蘭は起きていましたが、相変わらず背中向けて食事しています。これだとせっかくパンダが起きていても、誰?という感じです。

顔見せてくれないもんた


お隣の点点(でぃえんでぃえん)ちゃんは本当によくできたパンダで、いつもお客さんに顔を向けています。仕草もなかなかかわいいです。一般の来訪者に一番人気があるようです。

サービス万点の点点


オリンピックパンダ館には大きなお土産屋さんもあります。パンダ専門店ですね、物欲がない私は入りもしません。ぬいぐるみ見る時間があるなら本物みたいですからね。この上の階には、カフェもあります。

北京動物園パンダ館のお土産屋さん


ふと気付いたら点点ちゃん、外の萌大と何かおしゃべりしています。
お互い興味があるみたいですね。でもいとこですから、その初恋?は多分実らないでしょう。何回かこうした光景が見られました。

面会中の点点と萌大


萌蘭の方は、木に上がって寝てしまったようです。しかも顔見せないで寝ています。
やっぱり寂しいのかなぁ?しばらくは同い年の点点ちゃんと一緒に遊ばせても良かったのではと思ってしまいます。

顔を見せずに寝るもんた


やがて飼育員さんがやってきて、また萌蘭にタケノコをくれました。食べ物を食べることだけが楽しみな生活になってしまっているようです。元々パンダはそういう生き物なのでしょうが、小さい頃からわいわい仲間と育ったパンダには独り立ちするには寂しい年頃かも知れません。



その後も、もう一周パンダ館をぐるっと周ります。午前中はパンダたちが起きていることが比較的多いです。一周して戻ってきたら、パンダたちはそろそろお昼寝の時間になったようです。
萌蘭も隅っこで寝ていました。探さないとパンダいない、と思われてしまいそうな場所です。

隅っこで寝るもんた


パンダたちが寝だしたので、そろそろパンダ館を出ようと思います。パンダ館内には外に屋台がありますが、持ち金が少ないため、小腹が減っても我慢し、持っているお菓子などでしのぎます。

北京動物園パンダ館の売店


11:00 動物園を出るにはまだ早いので、象でも見に行きましょうかね?

次回はパンダ以外の動物をレポートします♪

続きを読む

中国・北京動物園ホッキョクグマ~象館

2018/05/02 (4日目) 続き

11:00 パンダ館を出て、象だけ見に行くつもりが、前に来た時に見損ねたホッキョクグマが見たくなりました。ということで、東の方へと進みます。
猿山まで来ました。子ザルもいっぱいいてかわいいです。

北京動物園猿山


以前来た時、サルにおやつなどを与える人が多かったのですが、対策が取られていました。金網の部分にびっしりと小石が詰められ、エサをあげられないようになっていました。
それでもサルたちは人間がくれたおやつの味を覚えているのか、塀際に寄ってきます。

サルにエサを与えないように


さて、猿山から北上し、ホッキョクグマの区画まで来ました。前に来た時夕方は閉まっていたのですが、今日は開いています。しかし、ホッキョクグマが見当たりません。
ん?よーく見たらいましたよ。正面奥の壁際に寝そべっています。

北京動物園ホッキョクグマ


寝てます・・・。恐らくホッキョクグマには耐えがたい暑さでしょう。

寝ているホッキョクグマ


いくつか区画がありましたが、どのホッキョクグマも奥の方で寝ていました。
室内もあります。プールの中を横から見られるようにもなっていますが、やはりいません。いえ、やっぱりいますよ。岩のようなものに被さって同化しています。

ホッキョクグマ室内


しかしホッキョクグマでかいですね。それでも距離があるので、なかなかピントがあいません。

ホッキョクグマ


さて、次は北区の象館を目指しますが、途中にある獅虎山にも立ち寄ります。
ライオンたち、寝ています。

北京動物園のライオンたち


虎も、ぐったり、死んだように寝ています。小さいとはいえスーツケースを引き摺り、日傘をさしてあちこち動き回るのは結構限界があります。寄り道は止めてさっさと象を見に行くことにしましょう。

北京動物園のホワイトタイガー


北区は川の向こう、この川、遊覧船なども出ています。
暑い日には、少しだけ涼しい気分を与えてくれます。

北京動物園を流れる川


北区には海洋館もあります。つまり水族館ですが、別料金で160元(約2700円)、動物園の入園料が安いことを考えるとかなりの値段ですね。もちろん現金枯渇中の私たちはパスです。

北京動物園海洋館


象館に到着、今日は象たちは外にいるようです。
いましたいました。小象がいます。親子でしょうか、柵の外にある果物などを鼻を出して取っています。アフリカ象ですかね、奥の父親っぽいのは巨大です。大中小揃っています。

北京動物園のアフリカゾウの親子


柵の左側から見ると近いのですが、柵で良く見えないので広い庭の端から撮っています。
小象は何か落としちゃったのかな?鼻を使わず直接地面に突っ伏しています。

アフリカゾウの親子


象の庭は象の体に比べたらそれほど広くはありませんが、比較的まともな方でしょうか?
日本の動物園などの庭に比べたら広いと思います。端から見たら象も小さく見えますね。

アフリカゾウの飼育場


ぐるっと周って反対側にはアジア象たちが暮らしていました。
先ほどのアフリカ象に比べると若干小ぶりです。

北京動物園のアジアゾウ飼育場


こちらの象さんの後姿、尻尾がちょっと変わってます。ピカチュウみたい?

ジグザグの尻尾


象は暑さには比較的強いようですね。他の動物たちがみなバテバテの中、のんびりと過ごしています。

北京動物園のアジアゾウたち


次回も北京動物園の続きをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR