FC2ブログ

エクアドル・ガラパゴス諸島ノースセイモア島(グンカンドリ&ガラパゴスリクイグアナ)

2018/03/05 (4日目) 続き

気付けば一人完全に置いて行かれていました。見晴らしは悪くないのに誰の姿も見えません。傘持ちのダンナまでいなくなっていて、日光が痛くて仕方ありません。ちょっと急いで追いかけましょう。

ノースセイモア島のトレイル


と、大きなサボテンの木の所で足を止めます。こんなサボテンには付き物がいるので要注意、いますよいますよ、イグアナさん。この島のガラパゴスリクイグアナは持ち込まれたもの、サボテンは進化に対応できていないので、餌をとるのは容易なようです。

ノースセイモア島のサボテン


美味しいエサが簡単に手に入るガラパゴスリクイグアナ、体が重そうです。

ノースセイモア島のガラパゴスリクイグアナ


あれ?このイグアナさんはちょっと顔が怖いです。チャールズ・ダーウィン研究所にいたのとか、サンタフェ島にいたのは可愛かったのですが、これは恐竜顔ですね。

ノースセイモア島のガラパゴスリクイグアナの顔


先へ進むと、今度はグンカンドリのツガイが仲良く巣にいる所に出くわしました。
卵を抱いているのでしょうか。グンカンドリはたくさん見ましたが、一緒にいるのは珍しいです。

グンカンドリのペア


それにどうでしょう、赤い喉袋がハートのようじゃありませんか!
ちょうどそう見える角度から写真撮っただけに過ぎませんが、何だかいいものを見た気分です。

ハートの頬袋のグンカンドリ


近くの巣では幼鳥だけがお留守番です。奥にいるのも頭が白いのでグンカンドリの幼鳥です。
グンカンドリは1個の卵しか産まないので、兄弟とかではなく、お隣さんでしょうね。

グンカンドリの幼鳥


別の巣ではさらに若いヒナが巣でお留守番をしています。
このくらいの大きさなら、まぁかわいいです。親鳥はとにかく大きいし、黒っぽいので、何も知らなければ同じ鳥とは思わないでしょう。

グンカンドリのヒナ


羽を広げ、飛ぶ練習をしているようです。巣から出られるようになるのに半年、さらに半年親にエサをもらうそうです。

飛ぶ練習をするグンカンドリのヒナ


皆に追いつくころにはもう海が見えてきました。そろそろトレイルも終わりのようです。
この島はこのように草などもほとんど生えてないし、ゾウガメはいません。絶滅したという訳ではなく最初からこの島にはいなかったようです。

ノースセイモア島のトレイル後半


トレイル脇にまた大きなサボテンが現れました。
いるかな?いました!

ノースセイモア島のサボテン


このようにサボテンを家にしているかのようにガラパゴスリクイグアナがいます。
このサボテンおいしそうだなと思うと、だいたいそこを住処にしているイグアナがいる訳です。

サボテンの下にはガラパゴスリクイグアナ


と、よく見たら2頭いましたよ。
ぴったりとくっついています。カップルでしょうか?親子でしょうか?この暑いのに仲いいですね。

サボテンの下にいた2頭のガラパゴスリクイグアナ


このトレイルを歩いている大部分の時間、ガイドの話を聞きそびれました。このトレイル沿いに、こんなにたくさんのグンカンドリやアオアシカツオドリ、イグアナがいるとは思ってもいなくて、運が良ければ見れるかもと思っていましたが、ガラパゴスは期待を裏切らない場所ですね!

ノースセイモア島


ランディングポイントの近くに戻ってきました。
海の向こうに見える白い砂浜、あそこが、元々の予定でシュノーケリングなどをする予定だったモスケラ島のビーチだそうです。その島どこよと思っていましたが、ノースセイモア島のすぐ近くの小さな島だったのですね。

ノースセイモア島から見えるモスケラ島


次回はノース・セイモア島の終わりまでをレポートします♪

エクアドル・ガラパゴス諸島ノースセイモア島~サンタクルス島

2018/03/05 (4日目) 続き

13:20 トレイルの終わりになって、ようやくガイドさんたちに追い付きました。
すると、目の前に今まで見たことがない鳥がいます。ちなみに奥に見えているのはサンタクルス島、その左手前にちらっと見える平らなのが、バルトラ島です。

ノースセイモア島の崖の上から見るサンタクルス島


ナスカカツオドリ、いつもはこの島では見ないとガイドさんは言います。
顔は、アオアシカツオドリにちょっと似ていますが、足の色は全然違います。

ナスカカツオドリ


アオアシカツオドリよりやや大きい程度、つまり1m弱と相当大きな鳥です。

ナスカカツオドリ


1時間のトレイル散策、上陸ポイントへ戻ってきました。あまりに暑いので、第一陣のボートが人気です。こんな岩場だし、そもそも日本から相当遠いので、体力の落ちた高齢者にはオススメできない旅先です。

ノースセイモア島上陸ポイント


ボートが戻ってくるまでの間、岩場のガラパゴスアシカたちを観察します。すっかり乾いて毛が見えていると別の生き物のようにも見えます。実際、オットセイが混じっていたとしても、私には区別がつかないと思います。

ガラパゴスアシカ


13:30 ボートが戻ってきたのでノース・セイモア島ともお別れです。
ガラパゴスの島には桟橋とかなくて、岩場から直接ボートに乗るこのドライランディングか、膝まで水に浸かるウェットランディングかしかありません。

テンダーボートでクルーズ船へ


ボートに乗ったらまっすぐクルーズ船に向かわず、ガイドさんがナスカカツオドリの所へ寄ってくれました。このような断崖の上を好む鳥だそうです。

崖の上のナスカカツオドリ


ノース・セイモア島、まさに鳥たちの楽園でした。その代り、白いフンだらけでしたけどね。

ナスカカツオドリ


ガラパゴスアシカ、この姿勢でお別れしてくれます。
もしかしたら、本当に挨拶してくれているのかも知れません。

ボートを見送るガラパゴスアシカ


そして、最初に見たアオアシカツオドリのペアの所にも寄ってくれました。
足の青色が鮮やかです。お土産屋で売られているTシャツ見て、こんな鳥本当にいるのかと思いましたが、Tシャツの図柄そのままです。

海から見たアオアシカツオドリ


まだ求愛ダンスは続いているようです。時々ぺたって音をさせながら足を上げ下ろし、尾やクチバシで空を指し、ピィーゥといった笛のような高い声を上げます。

求愛中のアオアシカツオドリのペア


13:35 エスパニョーラⅠ号に戻ります。これでガラパゴスでの島観光も終わりです。せっかく遠い所まで来たので、お金や時間がかかっても、やはりもう少し他の島も見たいですね。いつか、日帰りじゃなくてクルーズで島々を周るのも来てみたいと思いました。

ノースセイモア島を後にする


さて、クーラーの効いた船室でゆっくりしているといい匂いがしてきました。なんとポップコーンを作ってくれましたよ。おやつも気が利いています。コーヒーをもらい、熱々のポップコーンを食べます。暑い所だし、塩分の補給にもいいですね。

熱々の出来立てポップコーン


14:20 サンタクルス島のイタバカ海峡桟橋に戻ってきました。また救命胴衣付けて、テンダーボートに乗り換えて上陸です。日帰り観光は、近場の島に行った場合、戻り時間は早いです。ガラパゴスの国立公園の管理上、いつどの島に行くかは事前には決められないそうです。

サンタクルス島のイタバカ海峡桟橋


今日お世話になったエスパニョーラⅠ号、快適でいい船でした。昨日のキングマリーン号は船は小さくてイマイチでしたが、その分ガイドさんはとてもチャーミングは女性でしたし、良し悪しはいろいろですね。でもガイドさんたちは皆さんプロフェッショナルで、ガラパゴスの環境をしっかり守りつつ、観光客を正しく案内し、満足させているなと感じました。

エスパニョーラⅠ号


次回は続きからプエルト・アヨラ散策などをレポートします♪

エクアドル・ガラパゴス諸島サンタクルス島(イタバカ海峡~プエルトアヨラ散策)

2018/03/05 (4日目) 続き

14:25 イタバカ海峡の桟橋で船を降りますが、船員たちの片付けが終わるのを少々待ちます。
日陰でマングローブ林を眺めていると、ダーウィンフィンチがやってきました。

イタバカ海峡のマングローブ林


餌が競合しないよう、13種類に分かれて進化したフィンチですが、その餌によって主にクチバシの形状が違います。サボテンや、昆虫、花や葉、種子など種類によって食べる餌が違い、どこにいるかも変わってきます。けれど、マングローブの近くにいるからと言ってマングローブフィンチかどうかは素人には見分けできません。

近くにきてくれたフィンチ


イタバカ海峡のサンタクルス島の桟橋には小さなバーがあります。飛行機やクルーズ船が着く時間だけ空いているようですが、あまりの暑さにアイスクリームがバカ売れです。もっとも普通の棒アイスなどが通常の数倍の値段しますが、もう誰も値段なんて気にしていないようです。

イタバカ海峡のバー


14:35 船員の片付けが終わったらまた全員バスに乗ってプエルト・アヨラへと戻ります。
もうすっかりお馴染みになった道を南下、ついついガラパゴスゾウガメがいないか車窓に注視してしまいますが、町が見えてきたらそれもお終いです。

プエルト・アヨラの入口付近


15:20 ホテルフェルナンディーナに到着です。下に水着着たままなので、とりあえずホテルのプールでひと泳ぎです。塩抜きにもなったかな?

ホテルフェルナンディーナのプール


部屋に戻って少し休憩です。この鳥、ホテルでよく見る鳥なのですが、とてもかわいいです。キイロアメリカムシクイにしては色が薄いような気がするし、ムシクイフィンチかも知れないし、鳥の見分けは難しいです。幼鳥だったり、雌雄によっても見た目が変わりますからね。

ホテルフェルナンディーナで良く見かける鳥


16:45 町の散策に出かけることにしました。最寄りの道から海岸へ行く脇道までまっすぐ進んでみます。

プエルト・アヨラのチャールズ・ダーウィン通りの脇道


突き当たりに道はなく、岩場でした。ウミイグアナとかアシカいないかなと探してみますが、いたのはガラパゴスベニイワガニだけでした。

プエルト・アヨラの海岸


チャールズ・ダーウィン通りに戻ると、猫が寝ていました。昨夜見た猫と同じ猫かも知れません。

チャールズ・ダーウィン通りにいる猫


そのままメインストリートであるチャールズ・ダーウィンを行き、魚市場の所まで来ました。
この時間既に市場はもうやってないようです。明日の朝、最後のチャレンジで見に来ないと、と頭に入れます。

魚市場


しかしカッショクペリカンたちはここに住みついているようで、魚をさばく時間じゃなくてもいつでもここで見られるようです。

魚市場に住みつくカッショクペリカン


そして魚市場からさらに先へ進もうと歩きだしたら、びっくり!歩道にガラパゴスウミイグアナが何匹も!海沿いの道とはいえ、ここはガラパゴス諸島の中でも一番の人通りがあるプエルト・アヨラのメインストリート、しかも中心部ですよ?町中に普通にウミイグアナがいるって衝撃です。

魚市場付近の歩道にいるガラパゴスウミイグアナたち


魚市場の先にある、昨夜の夕食に利用したイタリアンレストランのジェラートコーナーに立ち寄ります。17:00ですが、まだまだ暑いので、ジェラート食べながら歩きましょう。

プエルト・アヨラにあるイタリアンジェラートの店


2スクープで3.5ドル、離島にしては抑えた値段(イタバカ海峡のバーで売っている棒アイスの方が高いです)、かなり人気があるようです。柑橘系とピスタチオを選びました。

ジェラート食べながらガラパゴスの町歩き


チャールズ・ダーウィン通りにはお土産屋やレストランなどがずらっと並んでいます。ジェラート食べながら先へ進むと、アルテサナル市場という所がありました。どうやら手工芸品のお店が集まる広場のようです。お店はこの時間閉まっていて、子どもたちの遊び場になっています。

海沿いの広場


次回続きから、屋台街での夕食をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR