FC2ブログ

エクアドル・ガラパゴス諸島サンタクルス島(チャールズダーウィン研究所)

2018/03/03 (2日目) 続き

17:00 閉館時間ギリギリでロンサム・ジョージのはく製を見学した後は、ゆっくりとチャールズ・ダーウィン研究所内を周ります。ガラパゴスゾウガメの飼育場は溶岩ブロックのようなもので囲われていて、各島ごとに分けられています。こちらのブロックはフロレアナ島のフロレアナゾウガメ、とありますが、この種は絶滅種のはずです。

チャールズ・ダーウィン研究所のガラパゴスゾウガメ飼育場


19世紀半ば既に絶滅したはずのフロレアナゾウガメですが、後日調べてみると、遺伝子を受け継いだ雑種が飼育されているとのことで、それがこのゾウガメでしょうか?飼育場の一番端に首の長い鞍型のゾウガメを発見しました。

首の長いガラパゴスゾウガメ


しばらく見ていたら奥にもう1頭いました。別の島のゾウガメなのか、雑種の度合いが違うのか分かりませんが、ちょっと違う種類に見えます。

フロレアナゾウガメの血を引くゾウガメ?


その隣のゾーンはエスパニョーラ島のエスパニョーラゾウガメ。この種は一度は14頭までに激減してしまいました。後にアメリカのサンディエゴ動物園で発見された雄1頭が繁殖のために加わり、わずか3頭の雄ゾウガメで、1000頭以上に生息数を回復させ、島に戻すことに成功しています。

この後ろ姿でじっとしている大きなゾウガメがアメリカから戻ったディエゴという有名な雄ゾウガメらしいです。もともと捕獲されたのが20世紀前半と見られているので、100歳を超えているかも知れません。

ディエゴ


さて、こちらは飼育されているのではないですが、溶岩トカゲ、だそうです。とすると、空港で最初に出会ったのもこの一種かな?

溶岩トカゲ


続いてガラパゴスリクイグアナの飼育場があります。バルトラ島から来たとガイドブックには書かれています。バルトラ島のリクイグアナは一度絶滅していますが、絶滅前に他の島に移されたものの子孫が戻されたようですので、その子孫を一部飼育しているのかも知れません。オレンジ色が鮮やかです。

ガラパゴスリクイグアナ飼育場


よく動きます。正面から見たら、なんだかすごくぽっちゃりじゃないですか?
イグアナのイメージはもっと怖いというかカッコいいという印象なのですけど、まるでゆるキャラのようです。

ガラパゴスリクイグアナ


それこそガラパゴスのイグアナと聞いたら、恐竜のような顔を思い浮かべていましたが、それはウミイグアナのイメージだったのかな。なんかかわいいと思えてきました。

ガラパゴスリクイグアナ


お隣のイグアナは色味がもっと赤いです。
イグアナの飼育場は3つありましたが、1つは空のようです。

ガラパゴスリクイグアナ


その奥にはまたガラパゴスゾウガメの飼育場がありました。巨大なゾウガメが何頭もいます。
現地ガイドさんが言うには、ここにはどこの出身か分からない、または雑種のゾウガメたちがいるそうです。

チャールズ・ダーウィン研究所のガラパゴスゾウガメたち


甲羅の形がそれぞれ微妙に違いますね。こちらのゾウガメは池で休んでいます。

池で体温調節するゾウガメ


こちらのゾウガメは結構なスピードで移動中。溶岩ゴロゴロでも、足を取られることもないようです。

凸凹でもずいずい進むガラパゴスゾウガメ


一番奥まで行ったようなので、来た道を戻ります。これで見学終わりかな?このチャールズ・ダーウィン研究所は、町の外れにあって、気軽にガラパゴスゾウガメが見れることもあり、観光客が途切れなく訪れているようです。

チャールズ・ダーウィン研究所


終わりかと思っていましたが、ロンサム・ジョージのはく製展示室の裏側にも飼育場がありました。ここはかつて、ロンサム・ジョージが生きていた時に暮らしていたエリアでしょうか?このゾウガメは鞍がドーム型に見えます。ここは各島のゾウガメがいるそうなので、雄だけ集めているのかも知れません。しかしこれ、息をしている感じがしません。死んでいるのでは?

生きてるか死んでるか分からないようなゾウガメ


しばらくしてもう一度見たら、起きました。良かった生きていました。しかし、ガラパゴスゾウガメは死んでいるのか、寝ているのか区別が難しいと分かりました。あ、奥の方にもたくさんゾウガメがいるのが見えます。しかも交尾中?

生きてたゾウガメ


奥の2頭は交尾中のようですね。雄だけじゃないのかな?それとも雌と勘違いしてる??
真相は闇の中です。

交尾中のゾウガメ


次回は続き、子ガメもレポートします♪

エクアドル・ガラパゴス諸島サンタクルス島(チャールズダーウィン研究所~プエルトアヨラ)

2018/03/03 (2日目) 続き

17:15 最後は子ガメの見学です。チャールズ・ダーウィン研究所では、絶滅に瀕したガラパゴスゾウガメを繁殖させ、各島に返す取り組みがなされています。こちらのホワイトボードは、各島毎最後に野生に帰した日と戻した数の一覧のようです。上半分は20世紀で時が止まっているので、もう人工繁殖の必要がないくらいに個体数が回復したということでしょう。

ガラパゴスゾウガメの繁殖野生化記録


ここで生まれた子ガメたちは、各島ごと、年度ごとに分けて飼育されています。こちらフロレアナ2018とあるので、フロレアナゾウガメの血を引く生まれたばかりのゾウガメということですね。絶滅したフロレアナゾウガメの交雑種が見つかったことから今一番力を入れて繁殖させている種かも知れません。上のボードでもトータル19という少ない数字です。

フロレアナゾウガメ2018年生まれ


数年先にフロレアナ島に帰されるだろう生まれたばかりの子ガメたち。親は巨大ですが、生まれたばかりの子ガメはほんの数㎝、近所の川にいる小さなカメと変わらないサイズでとてもかわいいです。

生まれたばかりのフロレアナゾウガメの子孫


こちらはもうちょっと成長した子ガメ、よく見る普通のカメのサイズです。

ガラパゴスゾウガメの保育所


成長するに従って飼育エリアを移され、広い飼育場の岩場を歩く子ガメも見られます。

小さなガラパゴスゾウガメ


子ガメも20~30㎝大に成長すると、顔はもうゾウガメの顔になってきています。
大きさは日本にもいる普通のカメサイズですが、もう立派なゾウガメのミニチュア版といった感じです。

小さくてもガラパゴスゾウガメ


そして何十年かするとこんな巨大なカメになる訳ですね。見学路の反対側にいる1mを越すガラパゴスゾウガメと比較すると形は同じでも、大きさの違いには本当に同じ種かと疑うほどです。

大人のガラパゴスゾウガメ


また溶岩トカゲに出会いました。顔にオレンジ色が見られます。いろいろ種類がいるようです。
イグアナと違って、よく見る普通のサイズのトカゲです。

溶岩トカゲ


ゾウガメもここまで大きくなると、もはや敵なし、といった感じですが、小さな子ガメのうちは甲羅も柔らかく蛇とか大型鳥類のエサになるそうです。でも一番の敵は人間ですけどね・・・。

ガラパゴスゾウガメ


先ほど交尾していたゾウガメの近くに来ました。繁殖時期はガイドブックなどの情報によってまちまちなので、あてになりませんね。しかし、今年既に生まれたばかりの子ガメがいるので、個体差とか島ごとの種類によっても時期にずれがあるのかも知れません。

交尾中のガラパゴスゾウガメ


チャールズ・ダーウィン研究所ではたくさんのゾウガメを見ることができますが、ここで飼育されているゾウガメは、研究対象や保護、繁殖対象となるような種として貴重なものばかりなのでしょうね。見た目は動物園っぽい感じですが、展示目的ではなく、種の絶滅を防ぐ最前線基地といった場所です。

ガラパゴスゾウガメ飼育場


17:30 もう皆ぐったりなので、そろそろホテルへ行きましょうと言うことになりました。この辺りの木道、実はこの両サイドは子ガメの飼育場になっていて、よく見ると小さなカメがうろうろしている様子が見られます。でも、今日は長い日本からの移動からそのままの観光で、気候的にも疲労感が強く、さすがの私も積極的にいろいろ見ようという気がおきませんでした。

周りは子ガメの飼育場


帰り道の足取りはさらに重くなります。容赦なく照り付ける太陽にエネルギーを吸い取られるようです。帰り道に見たこちら、サボテンの赤ちゃん。ここにリクイグアナがいたら簡単に食べられちゃいそうです。

サボテンの赤ちゃん


町まで黙々と歩く間、誰もしゃべりません。チャールズ・ダーウィン研究所を出てから、しばらく私の周りを黄色い鳥がついて周っていました。かわいいのですが、なかなかじっとしてくれません。ガラパゴスキイロアメリカムシクイという鳥だと思いますが、とても鮮やかな色をしています。

ガラパゴスキイロアメリカムシクイ


プエルト・アヨラの町の外れにチャールズ・ダーウィン研究所はありますが、ホテルまでは歩いてすぐということで、歩いて向かいます。住宅街っぽい雰囲気で、メインストリート以外はお店などもほとんどありません。

プエルト・アヨラの町並み


南国らしい鮮やかな花、現地ガイドさんが何か説明してくれた気がしますが、あまりに疲れていて意識が朦朧としていたようです、かろうじて写真だけ撮ったという感じです。

庭先の赤い花


次回はホテルから日帰りクルーズをレポートの予定です♪

エクアドル・ガラパゴス諸島サンタクルス島(ホテル~日帰りクルーズ船)

2018/03/03 (2日目) 続き

17:55 ホテル フェルナンディーナに到着です。今回ガラパゴスではここに3連泊し、日帰りで別の島を観光するという内容です。日本から短期間低予算でガラパゴスを旅行するには、この方法になりますが、それでも季節によっては予約など取り辛いようです。

サンタクルス島ホテルフェルナンディーナ


フロント前などに、ウォーターサーバーがあります。これは嬉しいですね。さっそく冷たい水を飲みながら、添乗員さんがチェックインするのを待ちます。

ウォーターサーバーがあるホテルフェルナンディーナ


こちらお部屋の鍵、昔ながらのタイプの鍵ですが、ガラパゴスならでは?カメのキーホルダー付きです。手作りなのか?1つ1つ顔が違うように見えます。

ホテルフェルナンディーナの鍵


客室棟は2階建て、中庭に面しています。中庭にガラパゴスゾウガメの甲羅がいっぱい。

ホテルフェルナンディーナの中庭


お部屋に入ったらカーテン閉まっていたのにものすごく蒸し暑く、早速クーラーを全開に効かせます。電話はありませんが、Wi-Fiはあり、コンセントもやたらとたくさんあります。
ちなみに、ソフトバンクの携帯の電波は入りません(ドコモは入ったらしい)。

ホテルフェルナンディーナの部屋


バスルームはシャワーのみ、バスタオル1枚ずつの他フェイスタオルが1枚しかありません。
設備的にはまずまず、ツアーで使う最低限といった感じのホテルです。

ホテルフェルナンディーナのバスルーム


南の島特有、バスルームにはヤモリ?が住んでいました。時々消えるので、どこに行ったか現在地をつい確認してしまいます。

ホテルフェルナンディーナのバスルームに住んでるヤモリ


19:00 ホテルで夕食です。スープ、メインは魚、食後にオレンジケーキ。ビール3.5ドル、コーラなど1.5ドルと離島としては良心的な価格設定。まだ頭痛が残っている上、やたらと疲労感が強いので、出かけたりせずに早々に休みました。

ホテルフェルナンディーナの夕食


2018/03/04 (3日目)

6:40 携帯の電波が入らないため世界時計が設定されず、アラームが鳴らなくて寝坊しました。朝食が6:30からでしたが、食べる暇なかったので、準備を急いだ後、お湯などで作るおにぎりを作ります。

7:10 フロント集合でしたが、迎えの車がなかなか来ないので、待っているうちにおにぎりができたので食べながら待ちます。今日は泳ぐので、下に水着を着て、タオルはフロントで借ります(船によっては用意がない場合もあるというので)。
7:40やっと車が迎えに来ました。ガラパゴス時間というのが存在するのかも知れません。

ホテルフェルナンディーナに迎えの車


7:45 歩いてもそんなにかからなかったよね、という距離のアカデミー湾の桟橋前で車を降り、桟橋へと向かいます。今日も天気がよく、日差しが物凄く強烈です。

プエルト・アヨラの桟橋付近


今日の日帰りクルーズはこの桟橋から出ますが、クルーズ船は沖止めになっていて、ボートで10人ずつ船へ運ぶそうです。日帰りクルーズ船の乗客定員は16名、私たちのグループは添乗員さん入れて12名なので、4名のイタリア人親子が一緒になりました。船や各島に上陸できる数が制限されているので、貸切とはいかないようです。

プエルト・アヨラの桟橋


ボートが来るのを待ちながら、海を覗くと、そもそも水の中じゃなくて、停まっているボートの上に生き物を発見しました。ガラパゴスアシカです。

桟橋に停めてあるボートで寝ているガラパゴスアシカ


このように我が物顔で寝ています。
人間がうじゃうじゃいる町の海岸で、人間が使うボートをねぐらにしているとは、さすがガラパゴスです。

警戒心なく寝ているガラパゴスアシカ


7:55 救命胴衣を着用してボートに乗り、沖止めの日帰りクルーズ船にやってきました。こちら本日お世話になるキングマリーン号です。思ったより小さい船で、これに船員含めて20名とか乗るの?上の操縦席の後ろにも人が数人座れるようにはなっています。

キングマリーン号


メインデッキはこんな感じです。荷物を置く場所を考えると結構ぎっしりという感じです。

キングマリーンのデッキ


先のボートで乗船したので、皆が来る前に船の写真を撮っておきましょう。
奥には小さなキッチンがあります。ここでランチを作ってくれるようです。

キングマリーンのキッチン


そしてトイレ、まずます清潔なトイレで安心しました。これから行く島にはトイレとかないそうなので、船のトイレに行くしか選択肢はありません。

キングマリーンのトイレ


次回はサンタフェ島上陸までをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR