FC2ブログ

キプロス・ヒロキティア遺跡①

2018/02/11 (3日目) 続き

16:00 ヒロキティア遺跡に到着です。ここは先史時代の遺跡、世界遺産にも登録されています。9000年前の遺跡、時代は新石器時代です。予習なしなので、どんな遺跡か楽しみです。

ヒロキティア遺跡の地図


周辺に車1台もなかったし、どうやら他に観光客はいないようです。入ったら右へと進みます。
近くには川もあり、当時は麦などの作物を作り、動物などを狩って生活していたそうです。見たことない、フムロンとか変わった動物もいたそうです。

再現エリアへの道


黄色い小さな花が満開です。現地ガイドさんはミモザの一種だと言います。

ミモザの一種?


この遺跡は、かつての集落の遺跡とのことで、なんと二重の城壁のようなものに囲まれていたそうです。全体の特徴などが説明されています。

当時の城壁などの様子


さて、ここはその一部を再現したエリアです。城壁のような壁は2mくらいの高さで内側が階段になっています。もっと堅固で、4mの高さに厚みが2,3mあった場所もあったらしいです。

再現された城壁と家


再現された家、円柱形です。家としてはかわいらしいサイズですが、9000年前ですから雨風凌げて安全だったら良かったのでしょう。

再現された円柱形の家


一番大きいのは、村長のような存在の人の家のレプリカ。中を覗くと広くはない空間に中二階というかロフトのようなものが作られています。

大きな家は中に2階のようなスペースがある


驚いたのはこちら、入口近くに人骨が埋葬されています。狭い家の中なのに、家の中にお墓?
当時は家族が亡くなると、家の中にそのまま置いて一緒に暮らしたそうです。丸く折るような形で埋葬し、上に石を置いたとのことです。

家族は家の中に埋葬


レプリカで予習をした後は、実際の遺跡を見に行きましょう。って階段です。
川の横にある丘の斜面に集落はあったようです。

遺跡は丘の上の方にある


途中に咲いていたこの花、昔は死体の匂い消しにしたそうです。
それほど香りがきつい花ではなかったので、効果の程は疑問ですが・・・。

遺体の匂い消しにしたという花


結構階段上りますね。先が見えないので、皆足取りが重く、ガイドさんと私の後ろはかなり間が開いてしまったようです。私は遺跡好きなので、早く見たい気持ちで、張り切ってついて行きます。

遺跡までの階段


まだまだ階段は先へも続いていますが、どうやらこちらが遺跡のようです。
小山の斜面の上の方に石を組んだ人工物が一面にあります。結構大きな集落だったようですね。

ヒロキティア遺跡


しかし、写真で見ても分かりにくいですが、肉眼で見ても何がどうなっているのかよく分からない遺跡です。恐らく先ほど見た再現された丸い家の壁の下の方がたくさん残っているのでしょうが、重なりあって見えるので、再現見た後でも、あれを想像するのは難しいです。

石組の家の集落跡


皆がなかなか追い付いてこないので、私はさらに先に行ってこの区画を見下ろしてみました。
上から見ると、円形に石組みが残っている事がやっとわかります。
先ほど見たレプリカの家は一番大きいのと言っていたので、一般の家はかなり小さかったとわかります。それに家がかなり密接しています。

上から見ると分かりやすい


遺跡はまだまだ上の方まであるようです。やっと皆が追い付いたみたいですね。大きな木の影に集まっている所がとても小さく見えます。皆の様子からこちらに上がって来る気配はないので、トラベルイヤホンから流れる説明を聞きながら戻ります。

ヒロキティア遺跡


次回はヒロキティア遺跡後半をレポートの予定です♪
(関空からの更新でした)

キプロス・ヒロキティア遺跡②

(昨日中国パンダ旅から帰宅しました)

2018/02/11 (3日目) 続き

16:20 ヒロキティア遺跡の木の下で遺跡の説明などを聞きながら、石の建造物群の跡を見ます。
丘の中腹なので、反対側の景色もきれいです。9000年前とはちょっと違うかも知れませんが、マロニ渓谷を望む視界の開けた景色、野花の絨毯がとてもきれいです。

ヒロキティア遺跡から見た景色


私たちの頭上の大きな木はカラットという豆の木です。この豆から採れるシロップや加工品がキプロスの特産品のひとつです。加工も大変で昔は貴重だったそうです。ダイヤモンドなど宝石の単位カラットの語源と言われています。

カラット


説明が終わったら、上まで続いている遺跡を見に行きたい人は行って、バス集合となりました。時間は結構あるので、もちろん上まで行きます。一度下りた階段をまた上り、さらに先へと行きます。壁のようなものが見えるので、二重の城壁の内側のものでしょう。

ヒロキティア遺跡


恐らくこの集落は数百人規模の村が形成されていたようですね。そして二重に城壁を巡らせたというよりは拡張されたのではないかと推察できます。円形の家の跡がポツポツとたくさん残っています。上部は石ではなくレンガのようなもので作っていたのでしょう。

ヒロキティア遺跡
                                                                         

一番上の奥まで行ったら、裏側へ下りる道がありました。私の感ではこれは降りて行くとぐるっと丘を周って入口に戻れると思うのですが、添乗員さんはそっちは行ったことないし出られるかわからないから止めた方がいいと言います。

ヒロキティア遺跡の渓谷沿いに下りる道


まぁダメなら戻ってきてもまだ時間あるしと私は行くことにしました。猫がいる度に写真を撮る猫写真仲間になった2人が付いてきます。ツアーの中で若い方から3人ですね。下りながら上ることになったら嫌だなと思いながら進むと、途中で遺跡がありました。こちらの斜面側にも多少の建造物はあったようです。

裏側にも遺跡


右手に岩山、左手に川のある渓谷を見ながら歩きます。いい感じに岩山をぐるっと一周している感じがします。渓谷側には城壁は見つかっていないようですが、ちょうどこの道あたりが集落の外周だったのではと想像されます。

岩山を周る


左手には川があるのでしょうが、水が流れる様子は見えません。雨も少ないしあまり大きな川ではないようです。フェンスがあって、その先に見えるのは対岸のなだらかな丘です。
ちなみに、丘だし寒いかもとガイドさんは言っていましたが、日陰でも半袖一枚で上着は要らない気温です。

渓谷と岩山に挟まれた道


ずっと岩山を右手に見ながら道を歩き続けます。川側は結構急な斜面になっていてこちら側には住居はなかったろうなと思うのと、城壁はなくても天然の壁があったのねと納得します。そしてそのまま進むと、最初に見た再現エリアに出ました。やはり遺跡のある丘を一周できるように道ができていました。

9000年前の人が住んだ丘の裏側


何故かそこで添乗員さんが引き連れた一行に会いました。まっすぐ引き返したはずだから、ぐるっと遠回りした私たちより早く戻れるはずなのに?というか、何故この再現エリアにまた来たの?ちょっと疑問に思いましたが、さらに別の方向へ行くので何があるのかついて行こうとします。しかし、実は添乗員さんは究極の方向音痴だったみたいです。出口はあっちですよと教えて、皆で踵を返すことになりました。

ヒロキティア遺跡入口


入口のトイレに寄っている人を待っている間、バスの近くに猫が寄って来ました。
ものすごく立派な尻尾ですね!

遺跡前にいた尻尾の立派な猫


16:50 ヒロキティア遺跡を後にし、リマソルへと向かいます。
途中、車窓に三角の大きなテントが見えました。他にも発掘中の遺跡などがあるようです。
ヒロキティア遺跡が発見されたのも1934年ですし、まだまだこの地には何かが眠っているかも知れません。

リマソルへの道の車窓

 
17:15 リマソルのホテルajaxに到着です。そのまま現地ガイドさんがスーパーマーケットへ連れて行ってくれるということで、手荷物をホテルのフロントで預け、カードキーだけもらってそのまま皆で出かけることになりました。

リマソルのホテルajax


何かお祭りのようなものがあるようですね。フロント周りなどが華美に飾り付けられています。

カーニバルがある?


リマソルはキプロス第二の都市、道路も広く、いろんなお店もあります。海も歩いて行ける距離だそうです。

リマソルの街並み


次回は続きからコロッシ城までをレポートの予定です♪

キプロス・リマソル~コロッシ城

2018/02/11 (3日目) 続き

17:30 リマソルのホテルajaxから海岸方面へまっすぐ徒歩5分くらいの所にあるスーパーマーケットに現地ガイドさんに連れて来てもらいました。ホテルからこのスーパーまでの間には他にもスーパーがありますが、ここは規模が大きく、きれいでオススメのようです。カフェスペースもあります。

リマソルのスーパーマーケット


お店の入口に置いてある鉢植えには猫が住んでいます。
生きた招き猫ですね。

スーパーマーケットの招き猫


キプロス特産の商品を一通り現地ガイドさんが紹介してくれ、後は買い物が終わったら各自ホテルへ戻るということになりました。キプロスワインや、カラットシロップやお菓子、などなど。こちらはコマンダリアワイン、古代からの歴史あるキプロスを代表する甘口の赤ワインです。
甘いのは少々苦手なので、小さいものを選びました。

コマンダリア


このスーパー、地下階もあるのですが、エスカレーターの脇にはショッピングカート用のベルトコンベアが付いています。考えましたねぇ、こんな装置を見たのは初めてのような気がします。

ショッピングカートも一緒に上がれる


買い物が終わったら、生きた招き猫と少々遊び、ホテルへ戻りました。
ホテルの部屋は冷蔵庫やコーヒーセット、バスタブがありますが、水やスリッパなどはありません。Wi-Fi無料。コンセントがBFタイプしかありません。

ajaxの部屋


私はマルチタイプのコンセントプラグと、Cタイプを2個くらいいつも持って歩いています。PCやデジカメ、携帯など充電したいものがたくさんあり、まずはPCを繋いでUSBでデジカメ等を充電しますが、コンセントが1つでは間に合いません。でも大丈夫、BFタイプはCタイプで切り抜けられます。アース穴に家の鍵などを刺しながらCタイプを入れ、鍵などを抜きます。これ、添乗員さんも知らなかったらしく、予備のプラグを貸し出したりしていました。

部屋にはバルコニーも付いています。結構大きなプールが・・・。既に気温は暖かいので、屋外プールも気持ちがいい季節です。しかし残念ながら水着は持ってきていません。

ajaxのプール


19:00 ホテルで夕食です。このツアーで初めて飲物が何も付かない食事です。水1ユーロ、ビールやワイン、炭酸水、ジュースなどは3.5ユーロから。ビュッフェで、サラダはいろいろあったけど、メインはお魚以外はイマイチでした。添乗員さんが、先ほどのスーパーで買ったブドウの蒸留酒、カロップシロップの味見をさせてくれました。連泊なので気に行ったら明日買いに行けます。

ajaxのビュッフェ


2018/02/12 (4日目)

朝、喉の渇きで目が覚めます。かなり乾燥しています。
今日は外はちょっとどんよりです。

リマソルの街


朝食はまずまず、キプロス名産のものも結構ありますが、マークで分かるようになっていたり、キプロス食品コーナーみたいなものもあります。

ajaxの朝食


8:30 バスでホテルを出発します。
海沿いを走ります。天気が良ければ爽やかに散歩とか楽しそうです。

リマソルの海岸


車窓のリマソルの街、落書きなんかも多いですが、治安はそんなに悪そうには感じません。
街としてはのどかな印象ですが、キプロス第二の都市です。

リマソルの街


街を抜けると緑が多くなってきました。オレンジなどの栽培が盛んです。
ヨーロッパに輸出しているそうです。

オレンジ農園が広がる


9:00 リマソル郊外にあるコロッシ城に到着です。
リマソルの郊外、周りオレンジの畑などに囲まれてポツンとありますが、観光スポットらしく他に観光バスが停まっています。キプロスに来てから他の観光バスに遭遇することは初めてです。

コロッシ城入口


城というよりはずっしりとした塔または牢獄みたいな感じです。

コロッシ城


茶色と緑の風景の中で、きれいな花が色を添えます。2月ですが、初夏の気分が味わえます。

花がきれいなキプロスの2月


次回はコロッシ城をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR