FC2ブログ

キプロス・コロッシ城

2018/02/12 (4日目) 続き

9:00 コロッシ城を見学します。これが城?という大きさで、立方体に見える堅牢で簡素なお城、窓も少なく石の塊で、「城」という言葉に感じる私のワクワク感をトーンダウンさせています。
元は1210年建造、現在の城は1454年に改築されたものです。2階部分に跳ね橋があり、そこへ登る階段は観光用に後から作られたものだそうです。

コロッシ城


中へ入る前に外側の一面へ案内されます。ほとんど装飾のない城に、唯一城っぽいものが。
紋章です。リュジニャン家の紋章ですね。あまり勉強したことなかった家系ですが、調べてみるとなかなか興味深いです。     

紋章
                                                                                

さて、この紋章を見ながら振り返った場所には城の一部?と思われるような遺跡があります。教会とかあったのかな?と思ったら、砂糖工場の跡でした。14世紀のものです。城は十字軍の遠征用の基地として使われていましたが、砂糖は当時の主要な輸出品だったようです。城よりも大規模な施設があったとうかがえます。

砂糖工場跡


それでは城の内部に入りましょう。跳ね橋からではなく、1階部分から入ります。内部に2階へ上る階段があります。

コロッシ城グランドフロア


1階部分には、12.5m×3.5mの長細い部屋が3つ並んでいます。上階の部屋は90度向きが違い、互い違いに組まれていて、強度が増されているようです。牢獄のような何にもないガランとした部屋、恐らく倉庫などに使われていただろうと言います。

コロッシ城グランドフロア


1階の階段脇には井戸もあります。飲料水用の井戸だそうです。

コロッシ城内部の井戸


2階へ上ると、先ほどと向きが違う長細い部屋が今度は2つあります。1階と同じような部屋ですが、一角にフレスコ画が一か所だけ残っています。かつては他にもあったのかな?

コロッシ城ファーストフロアにあるフレスコ画


3階へは狭い螺旋階段で上がれます。同じような部屋が1階と同じ向きであるそうです。その上のバルコニーには行けないから各自見てからバスに戻って下さいと言われました。螺旋階段は狭く、人がすれ違うには、片方が止まって避けないとならない幅です。

コロッシ城の螺旋階段


先頭きって螺旋階段を一気に上がって行くと、行けないと言われていた?屋上テラスに出てしまいました。閉鎖もされてないし、危ない感じもないし、時間的に余裕もあるので、「いけない」と言われた理由がよくわかりません。皆が私に付いてきたので何かあったら責任感じてしまいますが、問題は特になさそうです。

コロッシ城屋上テラス


城は3階建てでそれほど高くはありませんが、このテラスからの眺めはなかなかです。
住宅街ですね。結構緑も多いです。

コロッシ城屋上から見た景色


四方全ての景色を楽しみます。割と長閑な雰囲気です。

コロッシ城屋上から見た景色


キプロスは緑が多いですね。2月にこの景色、まぁ春から初夏にかけての色と気温です。物価も高くないし、冬に住むにはいいかも知れません。

コロッシ城屋上から見たキプロスの長閑な景色


砂糖工場跡も上から見下ろします。この工場跡は敷地に入ることはできないようです。

コロッシ城屋上から見た砂糖工場跡


景色を楽しんだ後は、飛ばしてしまった3階を見ます。ここも何の調度品もなく、がらんとしていますが、やはり最上階は一番地位が高い人が使っていたのだろうなと想像できます。暖炉があったようですが、この気候で必要あったのかな?

コロッシ城セカンドフロア


3階を見たら内部はくまなく見たことになります。外へ出て外観をもう一度チェックします。
3階と屋上テラスの間にバルコニー的なものが付いていましたが、おそらく飾りです。無機質な城にあって紋章とここくらいしか城っぽさがありません。

コロッシ城


コロッシ城の前には小さなお土産屋があります。ポストカードがいっぱいあり、採りたて?のおいしそうなオレンジも売っています。9:40 コロッシ城を出発です。

コロッシ城前のお土産屋


次回はクリオンをレポートします♪

キプロス・クリオン遺跡

2018/02/12 (4日目) 続き

9:55 コロッシ城からバスで10分ほどの距離にある、クリオンの遺跡にやってきました。
海が見渡せる高台にあり、周辺一帯に遺構が見られます。

クリオン遺跡


この大きな屋根で覆われた一角は、エウストリオスの家と呼ばれる、クリオンでは比較的新しい4~7世紀の公衆浴場跡です。ここはモザイクで有名なのですが、修復保全のためこの一角には立ち入ることができません。モザイクは冬季はこのように非公開にしている遺跡は多いように思います。

エウストリオスの家


もともとこの遺跡で見学する予定だったのはこちら、クリオンの野外劇場です。
紀元前2世紀の劇場跡、夏は現在も使用しているそうです。収容人員は2500名、規模はそれほど大きくありませんが、紀元前2世紀ですからね。立派なものです。

クリオンの野外劇場


でもかなり修復が入っているかな?紀元前とは思えない完璧な感じ、最近作ったと言われても驚かないような状態です。

クリオンの野外劇場


野外劇場の階段状の椅子に座って眺める海の景色、ビーチが続いています。実はここ、海岸も遺跡も、厳密に言うとキプロスではなく、イギリス領です。イギリス軍の基地がありますが、そんな事を意識することなくこうして観光客が遺跡に訪れることが可能です。

クリオン遺跡から見る海岸


こちらは劇場の裏側の階段です。ここは石材の風化具合から見てもオリジナル感満載です。
さらに裏側からは、劇場下の小部屋などをちらっと見ることもできます。

野外劇場の裏階段


遺跡の一角に咲いていたこちらの花、ローズマリーです。満開ですね。こんなにびっしりと咲いているのは初めて見ました。

満開のローズマリー


しばしフリータイムになりましたが、皆はトイレに行ったり、お土産みたりしていますが、私は特に見るものもなく、プラプラとします。モザイクがどうにか見れないか、屋根の下をズームで覗いたりしましたが収穫ゼロです。

エウストリオスの家


駐車場に行き、反対側の丘などを眺めます。周辺一帯に、紀元前は集落があったのでしょうね。
紀元前にギリシャから来たアカイア人たちが暮らしていたそうです。

クリオン周辺の丘


眺めのいい高台、イギリス領と言うこともあって、民家なども見られず時が止まったような風景を見ることができます。冬だというのに花も咲き乱れて、気温もちょうどいいですね。観光しやすい時期ですが、モザイク見たければ冬は避けなければなりません。

クリオンの駐車場にて


駐車場の方からも海岸がきれいに見渡せます。緑も濃く、風も心地よく、とても気持ちがいいです。そう言えば、あれだけいた猫がここにはいません。やはり周辺に民家がないからですかね?

キプロスの海岸この辺りはイギリス領


ビジターセンターには遺跡のジオラマがあり、その奥は売店です。この売店、キプロスでも最もきれいな売店かも知れません。

クリオン遺跡のビジターセンター


10:25 バスで出発し、遺跡を出て、ぐるっと周った崖の上で写真ストップです。
ここはクリオン遺跡の一番奥にあたる場所の外側です。遺跡の地図を見たら、屋根が付いている所は、アキレスの家と呼ばれる所です。

アキレスの家


屋根が付いているということはモザイクがあるのかな?ガードレールの所から覗くと、見えました、モザイク。残っている部分は少ないようですが、ここはエウストリオスの家よりも古いローマ時代の遺構です。

アキレスの家のモザイク


さて、写真ストップの理由はこのモザイクではありません。こちらの崖のある海岸を見せたかったようです。天気が良ければ海の色がそれはきれいでしょうね。次は予定にないアポロ神殿に行きます。2日目に行けなかった海中ケーブには滞在中に再トライすることは無理なので、代替観光として追加されました。

クリオン遺跡の端から見るキプロスの海岸


次回はアポロ神殿をレポートします♪

キプロス・アポロ神殿

2018/02/12 (4日目) 続き

10:40 クリオン遺跡からバスで5分、アポロ神殿に来ました。クリオンの守護神だったアポロを祀った神殿です。クリオンと、これから私たちも行くパフォス側の両側に門がありました。

アポロ遺跡


こちらアポロ神殿の地図です。北に神殿があり、南に宿泊所、東にあるクリオン側の門の近くに浴場があります。

アポロ神殿地図


ここはキプロス島の中でも聖域だった場所ですが、神殿と言って想像するような立派なものではなく、柱のようなものが残るだけです。右手の屋根がある部分は浴場跡です。他に観光客はおらず、貸切状態です。

アポロ神殿


こちらは円形の遺構、ガイドさんが何やら説明してくれましたが、メモを取るのを忘れました。

アポロ遺跡


穴の開いた石、これは生贄を繋いだとか、そういった説明だったと思います。
この遺跡、ロープとかも張られておらず、浴場跡などを除き、ほとんど保全措置が取られていません。

生贄をつないだ石


これが、聖域であるアポロ神殿の本体です。紀元前7、8世紀から紀元4世紀頃までの遺跡ですが、当時は、神殿に近付くことは許されていませんでした。もし神殿に入ったりしたら殺されたそうです。

アポロ神殿


今は観光客が神殿に上がることも可能です。アポロ神殿は元々、4本柱があったそうですが、1987年に2本だけ修復されています。建築スタイルからナバテア式と考えられています。

アポロ神殿


遺跡の中はあちこち黄色い野花が咲いていてとてもきれいです。神殿の方から宿泊施設の方面を見た景色です。野花の中を浴場跡の方へ向かいます。

アポロ神殿の遺跡


こちらが公衆浴場の跡です。紀元前の浴場跡としては割ときれいに残っている方だと思います。温度など違う浴場がありましたが、この頃のお風呂はスチームバスです。

公衆浴場跡


かつてはきれいなモザイクが床面に施されていたようです。完全再現したら、今でも通用するような設備なんだろうなと想像します。紀元前の巡礼者がここで汗を流したんですね。

モザイクの跡が残る公衆浴場跡


今ではこのように視界が開けた遺跡になっていますが、かつては神殿までの間には神官たちの館もあり、小さな町みたいになっていたのでしょうね。この聖域の遺跡も今は英軍基地の敷地内にあるせいか、人もまばら、猫すらほとんど見かけません。

ひっそりとしているアポロ神殿


宿泊施設があった方面は比較的保存状態がいいです。私は紀元前の遺跡が大好きなので、このくらいの朽ち果て度にはちょうどいい具合に想像力をかきたてられます。

宿泊施設の遺跡


11:05 アポロ神殿を出発します。今日はあいにくの曇り空ですが、キプロスの緑の濃い景色を眺めながらの移動です。

キプロスの車窓風景


そんなに大きな島ではないのに、人口も多くはないのでゆったりした景色が多いキプロス、思っていた以上に気に入りました。

キプロスの風景


車窓には山間の村、ソルが見えて来ました。ハルミチーズの製造で有名な村です。
キプロスの代表的なチーズで、日本人の口にも合うと思います。セミハードで食感もよく、癖のない味です。焼いても美味しいです。

ハルミチーズの村ソル


次回はヴィーナス誕生の舞台ペトラトゥロミウの海岸をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR