FC2ブログ

中国・成都パンダ基地(月亮産室~社員食堂ランチ)

2017/11/04 (3日目) 続き

11:20 月亮産室の赤ちゃんパンダの運動場、芝麻(ズーマ)が活動中だったため、土曜日の午前中と言うこともあってすごい人だかりです。一緒にパンダを見て周っていた仲間とはぐれてしまいました。

ゴマちゃん


起きているのは芝麻だけで、他の赤ちゃんパンダに動きはありません。双子兄の芝士(ズース)はお気に入りの台の上でぐっすり寝ています。パンダは体が柔らかいので、変な格好で寝るのが得意です。

チーズちゃん


もっと小さい子たちはどこかなと探してみると、庭のあちこちに落ちています。左に1つ、右の木の裏に1つ。誰なのか識別するのはもちろん、本物かどうかも区別できません。もちろん本物ですが・・・。

赤ちゃんパンダがぽつぽつ落ちてる庭


庭の右の方にあと2つ、小さな赤ちゃんパンダの姿が確認できます。まだ生後3か月とかですから、寝るのが仕事です。

赤ちゃんパンダの日光浴


しかしよく見たら手前の子は起きていました。まだ歩けないので、うにうに、と泳ぐように動きます。可愛すぎます。こんな可愛いぬいぐるみは見たことがありません!(本物です)

うにうに動く赤ちゃんパンダ


しばらく赤ちゃんパンダの前にいたら、見失ったお仲間が月亮産室をぐるっと一周して戻ってきました。先に行っちゃったかもと進んでいって戻ってきた訳です。成都パンダ基地ではぐれたら合流するのは結構難しいから要注意ですね。それではランチの時間も近付いてきたし私たちも一周することにしましょう。隣は今日は大双(ダーシュアン)ママと2016年生まれの文文(ウェンウェン)と毛豆(マオドゥー)の疑似母子でしたが、皆木の上などで寝ていました。

1学年上の子たちは木の上で昼寝


その次はネームプレートは囡囡(ナンナン)か福福(フーフー)、ここからは大人のパンダが生活しているので、運動場は交代でどちらかが使用しているということになります。ちらっと見せてくれたお顔は福福の方ですね。双子兄の祥祥(シャンシャン)は2006年に野生化第1号として放たれましたが一年生き延びることができませんでした。福福はここで繁殖に参加し、成実(チェンスー)などのパパになって兄の分も活躍しています。

福福


その先もあと5つの運動場が続きますが、子育て中のママパンダなどが多く暮らしています。1つの運動場を2頭のパンダでシェアしていて1日交代が基本で外に出ています。外に出ない日は、そのパンダを見ることはできません。お昼前なので、ほとんどのパンダが寝ていました。ネームプレートが出てなかったり、出ててもこの状態では、よほど詳しい人が一緒にいないと誰だかわからない状態です。

寝ているパンダ


屋内に入り、内側の部屋も見て周りますが、時間が時間なのでパンダたちは皆寝ています。
こちら梅蘭(メイラン)、日本生まれの梅浜の第1子なので日本のパンダファンには特別な思い入れのある子ですが、今日も寝ていて顔がよく見えません。2016年生まれですが、5月生まれなので同級生に比べると大きいです。

寝ている梅蘭


昨日は使われていなかった内側の運動場、今日は昨日室内で寝ていた母子、娅星(ヤーシン)と星繁(シンファン)が出ていました。小さい庭ですが、うん?ママパンダしかいない?
あ、いました、右奥、溝の下にいます。

娅星と星繁


星繁は2016年生まれの双子の妹、詳しい方によるといつもここにいるらしく、中国のファンからも溝王女とか呼ばれているみたいです。一人で遊んでいるみたいですね。

星繁


11:50 さて、そろそろ時間なので集合場所へ向かいます。1号別荘経由で行ったほうが近そうですが、一旦坂を上がるのは嫌なので、太陽産室の方を経由することにしました。
太陽産室の脇を通るとパンダ舎の入口に列ができていました。土曜の午前中は人が多いので、室内の赤ちゃんパンダを見るために列ができているのです。上野動物園ほどじゃありませんが、混雑時は並ばされることもあります。それ以外は、何時間もパンダの前に居座ることも可能です。

太陽産室の行列


12:20 社員食堂入口前で集合です。もちろんここは一般の人は入れないので、このPandapiaの現地イベントならではの特典です。12:00オープンで、飼育員さんたちが食事に来て大混雑するので、迷惑にならないよう少し時間をずらして利用させてもらいます。

この先に社食が


プレートを持って、カウンターを移動すると、次々と盛られていきます。つまりメニューはなく日替わり定食のみ。何も言わないと結構な大盛になるので、少なめにと伝えます。さらに私はご飯は不要と言います。辛いのとそうでないおかず、スープ、今日はフルーツはバナナかミカンを選べました。味は社食っぽい味です。

成都パンダ基地の社食


テーブルにあった紙ナプキン、パンダぽいのがいましたよ。よーく見ないと気付きません。

パンダ柄?紙ナプキン


次回は午後のフリータイム幼年園のパンダ釣りなどをレポートの予定です♪
(キトからの更新でした)

中国・成都パンダ基地(幼年園パンダ釣り)

(今朝エクアドルより無事に帰国しました。記事が溜まってきたので、また少し更新ピッチを上げます)

2017/11/04 (3日目) 続き

12:50 社員食堂でのランチが終わったら午後のフリータイムです。と言っても今日は宝興(バオシン)まで移動するので、14:00にパンダ基地の入口に集合です。幼年園方面へと歩いていたら、幼年園の飼育員譚(タン)さんの「过来(ごらい、おいでという意味)」が遠くから聞こえました。いつもなら幼年園のパンダ釣りは終わっている時間だったので、今日は見れないと諦めてましたが、これから始まるようです。パンダたちと同じように私たちもダッシュし、幼年園へと急ぎます。

幼年園に着いたら既にすごい人混みでした。6頭の2015年生まれのパンダたちのうち、3頭が既に待機してましたが、残り3頭は来ていません。私のお気に入りの思念(スーニェン)も木の上から下りてきません。名前を呼んでも来ない子を諦め、譚さんはパンダ釣りを始めます。パンダたちは上手に立ち上がっておやつをゲットします。

成都パンダ基地幼年園のパンダ釣り


やがて福娃(フーワー)が来てパンダ釣りの輪に加わります。左から、福娃、奥林匹亚(オリンピア)、晶奥(ジンオウ)、思筠筠(スーユンユン)です。りんごをおいしそうに食べています。

りんごを食べる2歳のパンダたち


譚さんは4頭にそれぞれの分を配り終えるとすぐ、残りの2頭がいる木の方へ移動したので、私も後を追います。譚さんが近くへ行ってパンダの名前を呼ぶと、すぐに晶運(ジンユン)が木を下りてきました。思念は今日はかなり高い所にある細い枝にいて、下りてきたくないようです。

幼年園のパンダに人気の木


木を下りた晶運はやる気満々で立ち上がり、さぁ頂戴とばかりにアピールしますが、譚さんは思念を呼び続けています。思念は起きて、気にはしているけど、下りようかなどうしようかな、そんな感じで何度呼んでも下りてきてくれません。その間ずっと、晶運はじらされていてちょっと可哀想になってきました。でも、その分足腰は鍛えられそうです。

パンダ釣りスタンバイの晶運と下りてこない思念


5分も呼び続けたら、ようやく思念はおやつの誘惑に負けたようで、半分くらい下りてきました。
本当にのんびりとした子です。仲間に比べると食も細く、おやつも食べない日や、取られる日もあるせいか、体格も小さいです。

やっぱりおやつ欲しい思念


思念がこのまま下りてくると判断した譚さんは、ようやく晶運を釣ります。思念が木を下りる前に、晶運の双子兄の晶奥が仲間のおやつを奪いにやってきました。

おやつは取り合い


思念は他の子におやつを取られやすいので、譚さんは素早く思念にパンダケーキをあげます。

釣られる思念


晶奥が邪魔するのを、ダメだよって釣り竿でペンペンします。でも予備があったようで、譚さんはりんごを1個晶奥にもあげました。これで、晶運と思念がおやつを完食できる可能性が上がります。晶運は上手に立ち上がってりんごをもらいます。

晶運は上手に立つ


思念も無事にりんごをゲット。思念はちょっと口が小さいのかな?りんごをもらうのも、どんくさいし、咥えたりんごを落とすことも多いです。

思念もかわいく立ってりんごもらう


幼年園のパンダ釣りはほぼ毎日行われますが、その日その日のドラマがあり、何回見ても飽きません。思念と晶運のパンダ釣り、ゲストに晶奥、の部分を動画でご覧ください。譚さんは、思念のことは思大(スーダー)、晶奥と晶運は、晶大(ジンダー)、晶小(ジンシャオ)と呼んでいます。



食べるのが遅い思念、食べ終わったら手を舐める習慣がありますが、その前に食べ終わった仲間達は周りで落ちたパンダケーキの屑などを拾い始めています。晶奥と晶運の双子はやんちゃだからか、毛がかなり汚れています。

のんびり思念


仲間が思念の胸に落ちた屑も舐め取りに来ました。思念は手を舐めてるのかと思ったら、まだりんごを食べ終わっていませんでした。本当に食べるのが遅い・・・。いや、きっと味わって食べているのでしょう。

まだ食べてた思念


のんびりとりんごを食べる思念に晶奥晶運兄弟が襲いかかります。あわてて残りのりんごを口の中に入れた思念、何とかおやつを完食しました。しかしこれ、思念が食べこぼした屑に群がっているだけで、暴力振るわれているわけではないので念のため。本当は仲良しなんですよ。

教われる思念


さてあまり時間がないので、今日は思念の手舐めを見るのはやめて、次へ行きましょう。幼年園のパンダ舎の方へ行くと、もう寝場所を探してうろうろしているのかアスレチックのような木の台に1頭がいました。その視線の先を見たら、裏庭のパンダが木の上にちらっと見えます。

幼年園の裏庭の北川を見る幼年パンダ


昨日は外に出ていなかったので見れなかった北川(ベイチュアン)です。大あくび中です。
北川は野生出身、推定3,4歳の頃に病気で危険な状態で保護されたパンダです。今ではすっかりぽっちゃりとして美人パンダとして人気があります。

あくびをする北川


すぐ近くの太陽産室へと向かいます。今日は母子園は壊れた木の台を修理するためかパンダは出ていませんでした。土曜で、まだ混んでいたため少しだけ並んで室内の赤ちゃんパンダを覗きます。3頭揃ってベビーベッドにいましたが、ごそごそと動いています。フラッシュ禁止の立て札を自分たちで押し倒してしまってます。この歩き始める直前の大きさは何とも言えないかわいい時期です。

太陽産室の赤ちゃんパンダたち


次回は太陽産室をレポートの予定です♪

中国・成都パンダ基地(太陽産室)

2017/11/04 (3日目) 続き

13:30 集合時間まで後30分ですから、太陽産室を一周して今日はパンダは終わりということにしましょう。幼稚園側から時計回りに行きます。幼稚園の運動場は今日は成績(チェンジ―)母子が出ていました。成績はお食事中、息子の成実(チェンスー)は奥の方で一人で遊んでいてよく見えません。

成績ママ


次の運動場には、今日は海浜(カイヒン)が出ています。海浜、それは何のポーズですか~?
特に警戒している様子などもなく、ここの環境にも慣れたようですね。

太陽産室にいた海浜


海浜、寝ようとしている?でも、たくさんの見物客たちに応えるかのように顔を向けてくれます。

海浜


やがて顔をうずめるように丸まったので、寝るのかなと思ったら、今度は立ち上がって上を見上げています。鳥でもいたのでしょうか。でもおびえていたり、不安そうな感じはなく、ここでの暮らしにある程度満足しているように見えたので、安心しました。

海浜


その隣は、第三活動場、木の上で遊ぶ子パンダ2頭が見えたので移動します。今日は梅浜(メイヒン)と奇一(チーイー)、嬌奥(ジャオオウ)が出ている番ですが、梅浜の姿はもう見えません。屋内に帰ったのかも知れません。

木の上で遊ぶ奇一と嬌奥


木の上のバトルの勝者は奇一の方だったようです。私のお気に入りパンダ、今日もとてもご機嫌良さそうです。

奇一


嬌奥は木から下り、一人で遊んでいます。ちょっと拗ねているように見えるのは気のせいでしょうか。

嬌奥と奇一


奇一の方も木の上で一人で遊びだしました。見学通路の近くの木なので、楽しそうに遊ぶ奇一の姿がよく見えます。木の枝を折っては噛んだりして遊びます。

枝を折りまくる奇一


奇一を見ている間に、嬌奥が籠ブランコにすっぽりと入っていました。ちょうどジャストフィットサイズで、滅茶苦茶かわいいです。タケノコを入れたりもする籠です。

自分で籠に入った嬌奥


不安定な籠ブランコで遊ぶ嬌奥、転げ落ちそうで微妙に落ちません。とてもかわいいので、動画をご覧ください。



やがて木の棒を拾った嬌奥、これもおもちゃに遊び始めます。

籠ブランコの中で木の棒で遊ぶ嬌奥


その様子を見たからか、奇一が木を下りて来ました。子パンダが木を上り下りする姿もとてもかわいいです。

木を下りる奇一


やがて嬌奥の所に行った奇一、一緒に遊ぼうよという感じにちょっかいを出しますが、嬌奥は籠から出てくれません。そして奇一は嬌奥の木の棒を奪いました。

嬌奥から木の棒を取った奇一


動画もあります。木から下りた奇一が嬌奥にじゃれつき、棒切れを奪って遊びます。



あまりにかわいい子パンダたち、この様子を見ていた見物人たちは、もうここから動けない状況です。その後も奇一が嬌奥の側に行き、一緒に遊びたがっていました。何をしてもかわいい子パンダに足が釘付けになりましたが、もう時間です。

じゃれ合う子パンダたち


太陽産室を一周どころか、半周で時間がなくなってしまいました。幼年園を通り、入口へと戻ります。いつもの木の上にいた思念(スーニェン)に、また来るからね、と挨拶をして急いで入口へ向かいます。

木の上の思念


次回は宝興への移動をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR