FC2ブログ

中国・杭州動物園パンダ館②

2017/11/02 (1日目) 続き

成就(チェンジュウ)と双好(シュアンハオ)の2頭が杭州動物園に来たのは、2016年9月20日のことでした。当時まだ2歳の子どもでしたが、育ち盛りでだいぶ大きくなったと思います。100㎏はあるかな?もう大人パンダと変わらない大きさです。手前が双好、奥が成就です。

食事中の双好とうろうろする成就


動画もどうぞ。



それほど近い親戚という訳ではないのですが、2頭はよく似ているので、素人目には区別が難しいです。こちらは成就、アイパッチ(目の周りの黒い部分)が長めで、耳がやや大きいです。
そして、背中の帯がうっすらと途切れているのが特徴です。最初はこうした特徴で見分けますが、慣れると人相ならぬパンダ相?で見分けることができます。

成就


パンダはそれぞれ性格もかなり違うので、パンダ好きは行動でも見分けることができます。
落ち着きなくうろうろしているのが成就です。双好はまだ多少葉が残っている笹を見つけたようです。もう水分が抜けて葉が丸まっていておいしくないのでしょうか、成就は食べようとはしません。



早く帰りたいのか、いえ、たぶんお腹空いているからでしょうが、頻繁に屋内への扉をチェックに行く2頭、双好の背中の帯も中心が細くなっていて遠めに見るとどっちがどっちかわからないくらい体格も似ています。

お腹空いた成就と双好


パンダが寝てたら、周辺の他の動物を見に行こうかと思っていましたが、寝る気配はなさそうです。パンダの庭は、彼らがここに来る前に暮らしていた成都パンダ基地の環境に比べるとかなり狭く、木にもカバーがしてあって登る事もできません。人間からは見やすく作ってある分、パンダにはちょっと可哀想な環境と言えそうです。

うろうろする成就と双好


パンダたちが扉付近をうろうろしているので、屋内側がどうなっているのだろうと見に行きます。入口にはここで暮らした歴代のパンダ達を紹介するボードがありました。大人になったら単独生活に入るので、だいたい2~3年で交代になり、大抵は成都パンダ基地に戻ります。その後は、特に雄の場合は繁殖に参加できなければ、また地方の動物園に行くこともあります。

成就と双好の紹介


屋内の部屋です。ガラス張りで見やすいですが、ガラスが汚い上に、明りが少ないですね。広さはそこそこあるかと思います。夜はここで過ごすようです。

杭州動物園パンダ館の室内展示場


外との扉、覗いてるのがよく見えますね。

中を覗くパンダ


早く~、とアピールしているようです。まだ室内に笹などは準備されていませんから、中に入れてもらえるのはまだまだ先そうですよ?

早く入れてーポースのパンダ


さて、パンダ館のすぐ隣には、小熊猫、つまりレッサーパンダの小さな展示場があります。
こちらも外はガラスやフェンスなどはありません。囲いから中を覗くと真下に2頭のレッサーパンダがいました。

レッサーパンダ


そこへ中国人の親子がやってきて、りんごの欠片を落とします。もっと頂戴顔で上を見るレッサーパンダ。中国の動物園でよく見る光景で、禁止されているのに勝手に餌付けする人が多いのです。杭州動物園のパンダ館にはセキュリティ担当のおじさんがいるので、その人に見つかって注意されていましたが、見つからなければいいと思っている人は多いようです。

餌くれアピールのレッサーパンダ


パンダ館は楕円形の庭があって塀で囲まれています。写真奥は小熊猫のエリアです。セキュリティのおじさんが巡回しています。

パンダ館の周り


パンダの方へ目を戻すといつの間にか細いタケノコを数本もらったようです。満足気に食べています。パンダは好きなものを取っておくとかはしません。早い者勝ちというのがルールのようです。上が双好です。

食べ物をゲットした双好と成就


成就が双好の持っていたタケノコを奪いました。泥棒成就は健在のようです。仲間の持っている食べ物も平気で横取りするパンダもいれば、私の最愛の七喜(チーシー)のように取られる専門のパンダもいます。多少の抗議はしても怒ったりはしない事が多いですね。

横取りする成就


成就、仲間の持っているものも平気で奪う様子、を動画でどうぞ。どっちがどっちか見分けられますか?タケノコがなくなると、もっと欲しいとアピールに行きました。



次回は室内のパンダ達をレポートの予定です♪

今年最初の海外旅行はキプロスへ

パンダ旅のレポートの途中ですが、今晩からちょこっと出かけてきます。
行先はキプロスです。短い旅行ですが、久々のツアー一人参加です。

キプロスってどこかって?地中海の東の方、トルコの南シリアの西に浮かぶ島です。
この時期でもかなり暖かい場所です。
中東?アジア?ヨーロッパ?考え方によってどこにでも属しますね。私の区分けだとアジアのカテゴリにぶら下げる国なのですが、EU加盟国です。こうした文明の交差点は観光地としてはおもしろい要素がたくさんありそうです。

旅行中もブログは更新する予定です。
旅の最新情報はTwitterで!
keentravelerをフォローしましょう

それでは行ってきます♪

中国・杭州動物園パンダ館③

2017/11/02 (1日目) 続き

15:36 パンダ達待望の時、扉が開きました。
屋内に入ったパンダ達、バックヤードからおやつの差し入れをもらいます。

室内でおやつもらう成就と双好


何をもらったのかな?パンダケーキやりんごだと思われますが暗くてよく見えません。



おやつが無くなったら、用意された笹を食べます。仲良くぴったりと並んで食べる姿は、まさに双子です。暗くて、口元などもよく動くので写真を撮るのが困難です。左が成就(チェンジュウ)右が双好(シュアンハオ)です。

双子のような成就と双好


双好は小さいときはもっと困ったような顔つきをしていたのですが、顔も丸くなって女の子ぽい顔になってきました(雄ですが)。パンダ達は笹をまるでお祓いでもするかのようにバサバサとさせながら食べるので、ピンボケ写真が量産されます。2頭だと両方とも動きが少ない一瞬じゃないと比較的マシな写真になりません。

成就と双好


食事シーンは動画の方が向いているようです。



16:00も過ぎると来園者もまばらになってきました。気付くと周りに人が全くいない時間というのもあります。よほどお腹空いていたのかパンダ達は夢中になって食事を続けるので、私はこの場から動けません。途中でまた差し入れがありました。大好きなりんごをもらったようです。

双好と成就


おやつの後、成就が窓際に来てくれました。近くに来ると大きさがよく分かります。
ガラス窓に寄りかかって笹を食べる成就、これが着ぐるみだったら私でもすっぽり入れそうな大きさです。まだ3歳なので、人間で言えば小学生なんですけどね。

結構頭でかいパンダ


横の窓からは距離はありますが、明るさの点では見やすいかな?よほどお腹空いていたのか、ひたすら食べ続けています。

杭州動物園パンダ館室内


やがて成就はハシゴを登って高台の上で食べ始めました。お気に入りの場所の一つのようです。
パンダは高い所が落ち着くようです。

高い所で食べる成就


動画もあります。



その後、双好が成就の所に登ってくると、意地悪な成就は双好を追い返します。
ちょっと怒っている時の鳴き声はワンって感じで犬に似ていますよ。



一度は諦め、床で笹を食べる双好でしたあが、今度は反対側からアプローチ、高台に登ることに成功しました。ですが、この後、成就にまた追い払われてしまいました。

せっかく上ったのに追い返される双好


16:40 もうほとんど来園客がパンダを見に来ることもなくなりました。暗くてちょっと怖いくらいです。外を見ると、売店は閉まり、セキュリティのおじさんももういません。そして、ついに飼育員さんもパンダ館に鍵をかけ、荷物を引いて帰って行ってしまいました。

人のいないパンダ館


静まり返るパンダ館でパンダだけが動いています。夕方はパンダファンは誰もいないようです。
16:47 ついに成就が食事の手を止め、横になりました。パンダはあっという間に寝ることができます。結局、私がいる間ずっと起きててくれたので、私はパンダ館を離れることができませんでした。

食い倒れた成就とまだ食べる双好


閉園まで10分となったので、成就と双好にバイバイまたねと言ってお別れします。次に会うのは成都になるかな?最愛の七喜(チーシー)の同級生でまだ会ってなかった2頭に会えて大満足でパンダ館を去ります。帰りに象のエリアなどを周ってみますが、もうバックヤードに戻ったのか姿がありません。その後は入口方面へ歩いていてサル山に出ました。ずっとパンダ見ていたせいか、サルが小さく見えます。

杭州動物園猿山


入口が見えた時は17:00でした。シャッターを閉める作業をしていて、出口へ周れと叫ばれました。鳥のエリアを抜けて、出口へと向かいます。フラミンゴですね。結局、パンダ以外の動物は、行き帰りの経路上で見ただけになりました。

杭州動物園フラミンゴ


次回は成都までの道のりをレポートします♪
(キプロスのニコシアからの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR