中国・成都パンダ基地(幼年園のパンダ釣り)

2017/06/06 (2日目) 続き

11:20 皆さんとの合流ポイントである入口近くにあるパンダ銅像の前にやってきました。
成都は一年を通して青空が広がる日は少ないのですが、今日はくっきりと影ができる程の天気、3時間パンダ基地内を動き回った私は既に汗だくです。

成都パンダ基地にある黄金のパンダ像


11:25 皆さんと合流して基地内にある竹韻レストランへとやってきました。かなり高級感のあるレストランです。皆さんは朝が遅かったのであまりお腹が空いてないようですし、私も喉はカラカラですが、暑さのせいかあまりお腹は空いていません。

成都パンダ基地の竹韻レストラン


出てきた料理は竹多め中華と言った感じです。究極はこれ、パンダが食べているのと同じと思われるタケノコです。パンダと違うのは茹でてある点です。ほんのり塩味がつけてあるのかな?あまりおいしいものではありませんが、せっかくなのでパンダの食べ方をまねて食べてみました。

パンダ気分でタケノコを食べる


12:30 食後は皆で幼年園の通称パンダ釣りを見学に行きます。パンダ釣りとは外でパンダにおやつを差し入れることですが、まるで釣っているかのようなのでそう言います。暑い時期は昼前にパンダを室内に戻すのでパンダ釣りはありません。もしかしたら私たちのために飼育員さんに交渉してくれたのかも知れません。

幼年園に着くと、ここで暮らす2015年生まれのパンダ6頭の多くは午前中に寝ていた場所から消えていて、早く涼しい室内に帰りたいアピールをしていたようです。見学路沿いで、1頭のパンダがかわいくこちらを向いていました。思筠筠(スーユンユン)です。

成都パンダ基地幼年園でくつろぐ思筠筠


12:38 幼年園の飼育員譚(タン)さんがやってきて、早速パンダ釣りがスタートです。「过来(ごらい、おいでという意味)」の声が幼年園中に響き渡ると、声を聞いたパンダたちが続々と集まってきます。早くおやつ頂戴とみな興奮しています。私のお気に入りの思念(スーニェン)も来ました。仲間達に背中に乗られている子です。

パンダ釣りに集まってきた2015年生のパンダたち


譚さんは来ない子の名前を呼びます。福娃(フーワー)が来ていません。まだ木の上で寝ているのかな?眠気に勝てずに欠席の場合もあります。譚さんは全員揃うのを待とうと呼び続けますが来ません。その間、待っている5頭のパンダたちはまるで組体操をしているかのようです。

成都パンダ基地幼年園での15年生の組体操


譚さんは福娃を待つのを諦め、パンダケーキを竹の棒の先に吊るして配布を始めます。パンダたちのおやつを巡る攻防戦はすさまじく、ゲットした子のを奪おうとして、あっという間に組体操のポーズは崩れていきました。

パンダケーキを取り合う15年生


他の子たちがパンダケーキをめぐって争っている間に、思念は一人悠々と釣られます。私の好きな思念はマイペースな子で、温和な性格なのかじっと待っているタイプなのです。この顔、私の最愛の七喜(チーシー)によく似ています。異母姉弟であり、母同士は姉妹なので似ているのも当然です。かわいいので女の子っぽいですが、男の子です。

パンダケーキをもらう思念


奪い合わずとも皆に行き渡るようにちゃんともらえるのですが、待てない子もいるようです。最終的には全員に行き渡ります。後ろ足を鍛える意味もあるので、パンダを少し立たせるようにして配布します。誰が見てもパンダ釣りです。

成都パンダ基地の幼年園パンダ釣り


パンダケーキを2つずつ配布した後は、パンダたちが大好きなりんごです。最初にもらったこの晶運(ジンユン)という子は食べている途中でりんごを落として、コロコロと転がって行ってしまいました。後で、もう1個もらえましたけどね。

りんごで釣られるパンダ


皆にりんごが行き渡ると、最初の争いはなんだったんだというくらい、平和そうな光景になります。りんごを食べている間は、皆その味を堪能しているようです。左から思筠筠、晶運、後ろに思念、晶奥(ジンオウ)、奥林匹亚(オリンピア)はこぼした屑拾いに夢中です。
左の4頭は男の子の双子2組、誕生日まで一緒です。

りんごを堪能する15年生パンダたち


りんごを食べ終わると、パンダケーキやりんごの落ちた屑を皆拾い始めますが、思念は手についた屑や汁を舐め始めます。この手舐めも姉にあたる七喜にそっくりです。

手を舐め始めた思念


2015年生の釣りが終わると、裏庭にいる北川(ベイチュァン)を釣りに譚さんは移動します。そして屑拾いを終えた2015年生も散って行きます。後に残されたのは思念と思筠筠の双子です。この双子はおやつの後の手舐めにいつも夢中になって何十分もずっと舐めています。右が思念です。

おやつの度に丁寧に手を舐める思兄弟


このパンダ釣りの様子はおもしろいので、両手にカメラ持って撮った動画がありますから是非ご覧ください。パンダも興奮、見物客たちも大興奮のパンダ基地の必見イベントです。鳴き声とか意外なパンダの一面を見て下さい。譚さんは、奥林匹亚を科大(コダー)、福娃を科小(コシャオ)、晶奥を晶大(ジンダー)、晶運を晶小(ジンシャオ)、思念を思大(スーダー)、思筠筠を思小(スーシャオ)と呼んでいます。他のパンダからおやつを守る「足ブロック」もお見逃しなく。



裏庭で北川を呼ぶ声がしなくなったので、北川がおやつをゲットしたようです。大好きな思念を見ていたいですが、急いで私も裏庭に周ります。座ってりんごを食べている所に間に合いました。北川は野生出身のパンダで、パンダケーキはお口に合わないのか食べないみたいです。

りんごを食べる北川


りんごを食べ終わった北川、集まる見物客たちの顔をそれぞれ凝視し、りんご持ってませんかと問いかけているかのようです。野生出身だからか、パンダ基地の他のパンダたちとはあまり似ていません。

りんごありませんか


もっとりんご頂戴!持ってないの~。愛嬌たっぷりの顔で迫られます。
毛が真っ白で、丸い顔してぽっちゃりと太った北川、すっかり飼育パンダ生活に慣れたようです。

りんご頂戴と言っている?北川


次回、パンダ基地の午後の様子をレポートします♪

中国・成都パンダ基地(午後の幼年園~月亮産室~2号別荘)

2017/06/06 (2日目) 続き

12:55 幼年園の飼育員譚(タン)さんの「过来(ごらい、おいでという意味)」が辺りに響き渡ります。今日は暑いので、パンダを屋内に戻す時間です。北川(ベイチュァン)のいる所から幼年園の室内展示場はすぐ近くなので、パンダより先周りします。すると、先ほどパンダ釣りに現れなかった福娃(フーワー)が仲間より先に帰宅してパンダケーキを食べていました。

パンダケーキを食べる福娃


そこへ、仲間達が一斉に部屋に戻ってきます。福娃の食べこぼしたケーキの欠片に皆群がります。そんなにケーキが好きなのね、と思うほど粉まで舐め取ります。

帰宅した幼年生たち


私のお気に入りの思念(スーニェン)は屑拾いを早々に諦め、私たちにかわいい顔で挨拶してくれます。この顔、私の最愛のパンダ七喜(チーシー)によく似ています。この子も体がまだ小さいせいもあって、顔が大きく見えます。他の子と争うのはあまり好きではないようです。そんな温厚な性格も七喜に似ています。

思念のご挨拶


さて、今日の午後は、検疫館の海浜、陽浜、優浜の様子をビデオで見るという予定もあったのですが、残念ながら検疫館の撮影ができないらしく予定はキャンセルになりました。パンダの都合ということでしょう。昨夜帰ったばかりで落ち着いていないのかも知れません。

ということで、今日の午後は結局フリータイムとなりました。17:00正門に集合です。
この現地イベントのリピーターさん達中心に7名で月亮産室の方へと一緒に行くことになりました。

まずは幼年園の上にある太陽産室を通ります。太陽産室ももう外にパンダがいないので、見ることができるのは母子園裏の部屋だけです。午前中遊んでいた双子の福順(フースン)と福来(フーライ)はすっかりお昼寝タイムです。

母子園裏で寝る福来と福順


パンダの部屋は展示用の部屋を除くと全部同じような仕様です。2間続きの檻に囲まれたスペースには、ベンチのような木の台と石の水桶があるくらいです。ここは子供用なのでおもちゃやカゴで作ったブランコがあります。右側の部屋の木の台の上で、福順福来の双子が寝ています。柵の幅は絶妙に作られていて、子パンダはすり抜けられますが、奥の廊下の方は出られない幅です。

パンダの部屋


さて、通りがかりに双子の寝顔を見たら次は月亮産室の方へ、と思ったら幼稚園の方に人垣ができています。あれ?まだ誰かいる?と思ったら孔雀が見事なショーを開いていました。
孔雀はパンダがいる間も庭に来ますが、いなくなったら我が物顔です。

パンダの庭で羽を広げる孔雀


13:25 月亮産室に着くと、ここももう外にはパンダたちがいません。26℃くらいになると中へ入れるようにしているようです。何しろ立派な毛皮を着ていますからね。ぐるっと周り、内側の室内展示場の方へと来ると、午前中外の溝で寝ていた福福(フーフー)も中に入っていました。休憩中のようです。

月亮産室で暮らす福福


お隣の部屋の囡囡(ナンナン)は奥にある水が出てくる岩場にすっぽりとはまっています。
やっぱり丸まるとしています。2013年生まれとしては、ちょっと太りすぎかな?

ぽっちゃりのナンナン


そして3つ目の部屋は、2016年生まれの子パンダの部屋です。午前中、月亮産室の幼稚園にいた子パンダ達がここに戻っているようです。ここにいない子パンダたちはママパンダと一緒にママの部屋にいると思われます。木の台の高い所に固まって寝ています。と、よく見ると、奥の方で壁画のようになっているパンダがもう1頭います。

室内で爆睡中の子パンダ達


この子パンダ達がいる部屋は奥行きがあり、子パンダには広い場所です。奥の壁画パンダはこうして見ると気付かないくらい小さいです。バイクとかおもちゃも置かれています。
午後のこの時間は子パンダにとって熟睡タイムになります。

子パンダの部屋


そして、その隣の永浜の部屋を通り過ぎると、赤ちゃんパンダを見る行列ができています。
せいぜい2,3分で順番が来ます。芝芝(ヅヅ)の双子は2017年の最初に生まれたパンダ、もう保育器が狭そうです。並んで寝ています。

芝芝の双子パンダ


14:05 次は2号別荘へと来ました。2号別荘には中心に大きな室内展示場があり、午前中は外にいた2015年生まれのパンダたちが使っています。ここは見物エリアも屋内なので、冷房が効いていて涼しいですが、椅子などないのが難点です。

2号別荘室内展示場


病気療養中の萌蘭を覗く4頭がいますが、食べたり、寝たり、気ままな午後を過ごしています。
点点(ディエンディエン)、おとうふの愛称で日本のパンダファンからも人気のあるパンダです。

おとうふは白っぽい


14:20 おやつの時間です。寝ていた子も起きて、パンダケーキをもらいに行きます。おやつをパンダ釣りで与えるのは基本外だけです。室内では、ガラス壁の下の隙間から差し入れられます。右の顔が濃いめに見えるパンダは小雅(シャオヤー)です。

成都パンダ基地2号別荘のおやつタイム


2015年生の2号別荘組は、おやつの後にちょっとしたおもしろい光景が見られます。点点は手を舐めるのではなく、双子兄の啓啓(チーチー)の耳を吸うのです。小さいときからの癖ですが、普通パンダは耳を触られたりするのが嫌いです。日本のパンダファンからあんにんの愛称で呼ばれる啓啓は、お腹の上や手についた屑を舐め取っている間は耳を吸わせてあげています。

おとうふの耳吸いタイム


他のパンダはやりませんので、個別の癖ですね。耳に何があるのでしょう?本当に吸っているか、動画でご確認下さい。



次回はこの日の残りをレポートします♪

中国・成都パンダ基地(午後の1号別荘~月亮産室~パンダカフェ)と火鍋

2017/06/06 (2日目) 続き

2号別荘でおやつを食べた後、2015年生まれのパンダたちはしばらくタケノコを食べて過ごします。2号別荘は涼しいので、しばらく食事中のパンダたちを眺めます。こちら双子ですが、あまり似ていません。二卵性かも知れないし、父親が違う可能性もあります。手前が兄の啓啓(チーチー)、奥が点点(ディエンディエン)、日本のファンには「あんにん」と「おとうふ」と呼ばれ双子揃って杏仁豆腐です。

成都パンダ基地2号別荘のあんにんとおとうふ


14:55 2号別荘から更に坂を上がった先にあるパンダ基地の一番高台にある1号別荘へと移動してきました。ここも中央に大きな室内展示場があり、飼育パンダ数が増えて庭が足りないためか、ここのパンダは一日中室内にいます。現在1号別荘の室内展示場に住んでいるのは、2013年生まれの3頭です。

2013年生まれと言えば本来はパンダ基地ではなく各地の動物園などで暮らす年頃ですが、様々な事情からいったん各地に散ったパンダたちは1年経たずにパンダ基地に帰ってきました。和興(フーシン、雄)、茜茜(シシ、雌)、仨儿(サーアル、雌)の3頭は仲良く食事中です。

成都パンダ基地1号別荘室内展示場


囡囡(ナンナン)と一緒に雲南野生動物園に行った和興は、囡囡の病気で一緒に帰ってきました。和興と双子で生まれた和盛は野生化訓練の進んだ段階で、昨年他の生き物により攻撃を受け亡くなったことが今年になってから発表されました。和興自身は、来年、コペンハーゲンの動物園に行く予定になっています。海外に行く場合は、10年、20年レンタルとかなので、ほぼ片道切符になります。

茜茜と仨儿は夢夢(モンモン)と上海野生動物園に行っていましたが、昨年末相次いで母子パンダが亡くなったことなどから基地に引き上げたようです。夢夢はドイツのベルリン行きが決まり、この日現在は検疫館で暮らしています。仨儿はパンダ界では珍しい三つ子でしたが、生き残ったのは彼女だけです。

パンダ基地の下の方へ移動する前にもう一度月亮産室の赤ちゃんパンダが見たいという人が多かったので、もう一度赤ちゃんパンダの方へと向かいます。1号別荘からは2号別荘手前の道から行くのが近道です。広大な緑が広がる光景の中、私の大嫌いな吊り橋があります。やっぱり怖いので、人が少ない時に渡ります。

1号別荘から月亮産室へ向かう途中にある吊り橋


芝芝(ヅヅ)の産んだ双子赤ちゃんは相変わらず保育器の中で寝ていました。いつも保育器にいる訳ではなく、交代でママの所にミルクを貰いに行ったりもしますので、必ず会えるわけでなありません。

保育器の中の芝芝の双子


ピクピクしながら寝ている赤ちゃんパンダ、ほんのちょっとずつ動きます。私はもう少し大きくなって、歩きだすくらいが好きですが、ディープなパンダファンには保育器時代もたまらないらしいです。みんな何度も列に並んでいます。

保育器で寝る赤ちゃんパンダ


月亮産室はパンダ基地でも奥の方ということもあり、夕方になると見物客が減ります。列はできたり途切れたりになってきたので、少々立ち止まることもできるようになりました。
あまり動きませんが、動画もどうぞ。



16:00 月亮産室を離れ入口の方向へ戻ることにしました。赤ちゃんパンダに魅了された一人はギリギリまでそこに残ると言うので、置いて行きます。午前中に予習したレッサーパンダエリアを通ります。午前中と違いあまりレッサーパンダは見れませんでしたが、かろうじて1匹だけ近くに出てきてくれました。

人前に出てくるレッサーパンダ


暑かったこともあり、すっかりクタクタです。パンダ基地は休む所があまりなく、パンダファンの私たちは次から次へとパンダをハシゴするので、もうぐったりです。そこで残り時間はパンダカフェで休憩する組と、14号別荘見学組に分かれました。パンダカフェは14号別荘に近くにあります。

成都パンダ基地のパンダカフェ


パンダカフェは内部にはパンダのぬいぐるみがいっぱいです。パンダ基地のWi-Fiも入るし(中国の規制はあり)、冷房も効いているのでソファでゆったりと休みます。ソファにいたパンダのぬいぐるみたちにちょっと席を譲ってもらいました。

パンダカフェの内部


パンダカフェにはいろんなドリンクが揃っています。中国にしては高めだからか、いつも必ず席が空いています。私はスムージー28元(500円弱)と注文、運ばれてきたのは、どちらかと言うとかき氷?でも暑くてだるかった体には染みわたりました。

パンダカフェのスムージー


17:00 入口集合です。必ず通るパンダの黄金像、これを見るともうパンダのいるエリアは遠く入口に戻ってきた感じがありますが、昨夜運び込まれた海浜(カイヒン)、陽浜(ヨウヒン)、優浜(ユウヒン)が近くにいると思うと、まだパンダエリアにいる気分がします。

成都パンダ基地の黄金のパンダ像


Pandapiaの用意したバスでクラウンプラザ成都パンダガーデンに戻ります。
18:00ロビーに集合し、ホテルから歩いてすぐのお店に夕食を食べに行きます。ホテルの目の前の池の先にあるお店です。池の所から見たホテルです。

クラウンプラザ成都パンダガーデン


今日の夕食は火鍋です。パンダ基地の飼育員さんも加わってくれます。私のテーブルには赤ちゃんパンダを担当している梅(メイ)さんという飼育員さんが来てくれました。Pandapiaのスタッフが通訳してくれますが、パンダファンならみんな知っている有名な飼育員さんです。

パンダガーデンの前にあるお店


梅さんは気さくな方で、いろいろと質問などに答えてくれます。オルドスで世話になった熊さんも今日参加する予定だったけど夜勤になったので来れないということで、私としてはお礼を言うチャンスを失いました。火鍋の方もおいしく、とても楽しい夕食です。赤い方が辛くて、白い方は辛くありません。大勢で食べる鍋料理はやはりいいものです。

火鍋


20:00過ぎホテルに帰ります。明日は飼育員体験などがあるので、必要書類を記入します。

2017/06/07 (3日目)

朝起きると今日も天気が良さそうです。ホテルの周りには高層マンションがいっぱいです。

パンダガーデンの周辺


8:00集合なので、朝食はゆっくりとります。ちょっと食べすぎかな?
暑いと、パンダ見るだけでも体力がいるし、今日は飼育員体験と言う名の掃除などもあるので、しっかり食べておきましょう。

パンダガーデンの朝食


次回、パンダ基地での2日目をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR