FC2ブログ

オーストリア・インスブルック①

2017/05/14 (4日目)

7:00前、15Fのパノラマレストランへ朝食を食べに行きます。なかなか質のいい朝食です。
しかも朝から、きれいに盛られたチーズセレクションがありました。それを見て母が、あれはケーキ?と聞くので、もう異星人を連れて歩いていると思うことにしました。

トレンドホテルオイローパの朝食


パノラマレストランと言う名前の通り、見事な景色を見ながら食事ができます。ホーエンザルツブルク城や旧市街方面などが一望できます。

トレンドホテルオイローパのパノラマレストランからの眺め


8:00 バスでザルツブルクのホテルを出発、まずはチロル州の州都インスブルックを目指します。途中、ドイツを通りますが、現在は国境を超えるという認識を持つのも難しくなりました。
やがて、のどかな美しい景色が車窓を流れます。

ザルツブルクからインスブルックへの移動中車窓景色


外はきれいな景色が続きますが、天気が気になります。今日も車窓景色がなんだかどんよりです。

チロルの景色


一度トイレ休憩をとり、10:50インスブルックに到着です。音楽学校の角でバスを降り、民族衣装を着た日本人現地ガイドとミートします。

インスブルック音楽学校前


先ほどまで気がかりだった天気ですが、晴れ間がでてきました。今日もついてるのかな?
まずはイン川沿いに出ます。対岸のカラフルな家並みがかわいらしいです。

インスブルックのイン川


インスブルックはイン川に架かる橋という意味です。こちらはイン橋、あまり飾り気のない石橋ですが、昔から石橋だったそうです。

インスブルックのイン橋


こちらがイン川、結構な水量です。やがてドナウ川に流れ込みます。

インスブルックを流れるイン川


イン川沿いを少し歩きます。旧市街の入口の角、オット―ブルグというレストランの脇にある父と子の像について説明を受けます。どんな説明だったかな?忘れてしまいました。古い地下室の中が気になっていたのかもしれません。

父と子の像


この先は旧市街でも賑やかな場所になっていて、インスブルックのシンボル、黄金の小屋根も奥の方に見えますが、今はこの道はいかないようです。

インスブルック旧市街


イン川沿いを進み、次の脇道から大聖堂前に出ました。正式名は聖ヤコブ教会です。今日は日曜なので12:30からしか内部は見れません。

インスブルックの大聖堂


11:20 次にやって来たのがこちら、小さな門ですが、王宮の中庭への入口です。オーストリアには、ウィーンとシェーンブルン、そしてこのインスブルックと3つの王宮があります。前の2つは有名ですが、インスブルックにも王宮があることはあまり知られていないかも知れません。

王宮


こちら王宮の中庭です。1500年ちょうどにできた王宮、当時はゴシック建築の全く現在と異なる建物だったそうです。マリア・テレジアは自分の結婚式と息子の一人の結婚式の合計2回しかインスブルックに来たことがなかったそうです。ちなみになんと、現在はこの一部が老人ホームとして使われているそうです。

王宮中庭


王宮の向かいにあるこちらの建物はオペラの劇場です。オペラと聞くとお値段高く、上流階級の娯楽と考えがちですが、ここでは一番いい席でも60ユーロくらいだそうです。田舎だし、娯楽が少ないので、一般庶民も楽しむようですね。

オペラ劇場


そしてこちらが宮廷教会です。正面は装飾もほとんどなくとても質素ですが、内部はどうでしょう?残念ながら日曜は12:30からということで今回は見れません。また来ることがあるような気が何となくするので、あまり気落ちしません。

宮廷教会


次回インスブルックの続きをレポートします♪

オーストリア・インスブルック②

2017/05/14 (4日目) 続き

11:30 王宮の塔門をくぐり旧市街中心部へと向かいます。現在は白のシンプルな塔門ですが、昔は派手だったそうです。昔のものは地震で壊れたとのことですが、現在は震度1でも騒ぐくらい地震は少ないそうです。

インスブルック旧市街入口王宮の塔門


門をくぐって右手は王宮、左にあるのは今はシュティフツケラーというレストラン、かつては修道院だったそうです(写真左)。

王宮前の旧修道院


旧市街は高さの揃った建物が連なり、その壁はやさしい色合いながら華やかです。

ホーフガッセ


この王宮脇のホーフガッセにはカフェやお土産屋さんも多く、1つ数ユーロといった小物が中心で、見るからにかわいらしい雰囲気です。

ホーフガッセのお土産屋


狭いホーフガッセの先には、ひときわ目立って輝くような建物があります。
ヘルプリングハウス、白を基調とし漆喰の彫刻が見事です。

ヘルプリングハウス


そして斜め向かいにあるのが黄金の小屋根と言われるインスブルックのシンボルでもあるバルコニーです。1500年頃にマクシミリアン一世が増築したもので、金箔を貼った2657枚の銅板の瓦で造られた屋根がキラキラしています。このバルコニーから美しい演奏が聞こえてきます。日曜だから、と現地ガイドさんは言います。

黄金の小屋根


この黄金の小屋根の前から伸びているのが旧市街のメインストリート、ヘルツォーク・フリードリヒ通りです。通りに面して突き出ている出窓が特徴的な建物です。レストランも連なり、とても賑わっています。

ヘルツォーク・フリードリヒ通り


11:40 20分だけフリータイムとなりました。天気もいいし、目の前の市の塔に登ろうと思います。4ユーロ(シニア3ユーロ)、チケットを買ったら鉄製の螺旋階段を上ります。階段の踏板が透けてないし、上り下りが交互になって視界が遮られているので高所恐怖症の私も大丈夫です。

市の塔の階段


148段の階段を上った先の展望台は地上31mと、塔としてはそれほど高くありませんが、うーん、柵が下まで透けてるし、足元の奥行きがあまりありません。しばらく出入り口の壁に張り付て邪魔な人になってしまいました。

市の塔の展望台


やがてグループの他の人たちも上ってきたので、勇気を振り絞って一周することにしました。
壁から背中を離せませんので、行き違いや追い越しは外側からお願いします・・・。
しかし素晴らしい景色です。山に囲まれたインスブルックの街がとてもきれいに見渡せます。

市の塔から見たインスブルックの絶景


この展望台も見えるものが何なのか分かりやすい表示があります。
下の黄金の小屋根から聞こえてくる素敵な音楽を聞きながら景色を楽しみます。

市の塔からのインスブルックの景色


裏側の方まで来たら、奥の方にスキーのジャンプ台が見えました。
元々ウィンタースポーツの街、1964年と1976年に冬季オリンピックが開催されたそうです。

インスブルックのスキージャンプ台


グループの皆は一周したら塔を下りて行きましたが、私は一人ギリギリまで塔からの景色を楽しみます。慣れてきたので、2周目(といっても背中は壁についたままですが)、やはりこの辺りの景色が私の一番のお気に入りです。

市の塔の上から見たインスブルックの美しい景色


アルプスの山々に囲まれた街、私の大好きなスイスに似ていて気に入りました。
もっともスイスみたいと言うのは、この街では禁句のようです。

山に囲まれたインスブルック


塔から下りたらチケット売り場の横にあるトイレ(塔のチケットに込ですが、トイレだけの利用だと70セントかかります)に寄ってから外に出ます。出たら黄金の小屋根での演奏が終わっていました。あらためて市の塔を振り返ります。51mの高さの塔は元は市庁舎に付属して建てられたものだそうです。

インスブルックの市の塔


次回もインスブルックの続きをレポートします♪

オーストリア・インスブルック③

2017/05/14 (4日目) 続き

12:00 黄金の小屋根の下で集合し、そのバルコニーの彫刻について現地ガイドが説明をします。こちらの3人の人物は、マクシミリアン1世、その2番目の妻ビアンカ・マリア・スフォルツァ、1番目の妻マリー・ド・ブルゴーニュ。この彫刻が作られた当時、既に1番目の妻は亡くなっているので、その手がクロスされているのだそうです。

黄金の小屋根のマクシミリアン1世と妻たちのレリーフ


そして下の方にある紋章についても話がありました。これは赤ちゃんがへびに食べられている訳ではないそうです。某車メーカーのエンブレムの元になったとか。何より皆そんな説明を聞いても赤ちゃん?見えないけど?という距離だったので、私の新しいデジカメの性能にはちょっとびっくりです。

へびと赤ちゃんの紋章


メインストリートのヘルツォーク・フリードリヒ通りを南下します。両側をカラフルな建物が並び、1階部分はアーケードになっています。そしてこの出窓はエルカーというそうです。この地方の独特な建築様式です。

ヘルツォーク・フリードリヒ通り


マルクトグラーベン通りを渡るとその先はマリア・テレジア通りと名前が変わり、道の幅もかなり広くなります。このメインストリートは歩行者天国のようです。

マリア・テレジア通り


振り返った景色がまた素敵です。山々を背景にしたインスブルックの街は天気同様清々しい爽やかな印象です。塔のあるピンクの建物は、シュピタール教会、昔は病人の面倒を見る教会だったそうです。

マリア・テレジア通りとシュピタール教会


さて、道の真ん中に聖アンナ記念柱が見えてきました。この右手の白い建物は市庁舎です。

聖アンナ記念柱と市庁舎


聖アンナ記念柱を旧市街をバックに見たこの景色はインスブルックを代表する景色でしょう。この記念柱は、1706年にスペイン王位継承戦争の際にバイエルン軍を撃退した記念に建てられたものです。

聖アンナ記念柱とインスブルック旧市街


それにしても暑くなってきました。街の景色はどこを見てもきれいですが、段々日陰が恋しくなってきます。

インスブルックの町並み


マリア・テレジア通りを南下すると、その先には凱旋門が見えてきました。
マリア・テレジアが息子の結婚を記念して建てたものだそうです。

マリア・テレジア通りから見た凱旋門


ここでメラナー通りへと道を曲がり、ランチのレストランへ向かうというので、凱旋門はズームで鑑賞です。

インスブルックの凱旋門


途中、南の方にさきほど塔の上から見たスキーのジャンプ台が見えます。
高所恐怖症の私には理解不能なスポーツのひとつです。

インスブルックの街中から見たスキーのジャンプ台


12:30 ランチのレストラン「Tiroler Bauernkeller」に到着です。
入口はこんな近代的なお店ですが、中に入り、地下へと案内されると広くて雰囲気のいいレストランです。チロルなイメージぴったりの内装なのです。

チロル風レストランとは思えない入口


たっぷりのスープの後、メインはチロル風肉じゃが。一人分の量がものすごいです。おいしいので頑張りましたが、半分が限界でした。ついてるサラダもたっぷりだったので、写真では大きさはよくわからないでしょうか?

チロル風肉じゃが


そしてデザートはヨーグルト、酸味が少なく味がしっかりしたタイプでした。とてもおいしかったけど、どれもこれも基本的に2人分くらいのボリュームでした。

デザートのヨーグルト


13:30 レストランを出てバスに乗り移動です。
きれいな景色を見ながらゼーフェトへと向かいます。

インスブルックからゼーフェルトまでの車窓景色


次回はゼーフェルト散策をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR