FC2ブログ

中国・オルドス野生動物園パンダ館屋内で朝食の七姉妹

(本日中国成都から無事帰国しました。更新を再開、少し頻度を上げます。)

2017/03/20 (4日目) 続き

パンダの採血検査等、定期健診は思ったよりも時間がかかり、10:16やっと扉が開いて出勤してきました。一緒に待っていた係員たち、毎日見ているはずなのに興奮気味です。七喜(チーシー)が先に入ってきて、その後を姉の七巧(チーチャオ)が続きます。動画でどうぞ。



手直のタケノコを見つけると座って食べだします。パンダを待っている間に数えてみましたが、タケノコは全部で30個近くあり、部屋のあちこちに分散して置かれていました。ガラスの内側が汚れていて、また照明が暗いので写真をきれいに撮るのが難しいです。七喜です。

オルドス野生動物園パンダ館屋内展示場で朝ごはんのタケノコを食べる七喜


ひとつ食べ終わると次を探して、見つけたらそこに座り込んで食べます。七喜、パンダ座りをして満足そうに食べています。

大好きなタケノコを食べる七喜


七巧もタケノコを渡り歩いて食べています。屋内はあまり広くないので、少しでも動くようにあちこちタケノコを離して置いてあるようです。部屋は天井が高いですが、奥行きがあまりないので、ズームのないカメラでも十分な距離です。

タケノコを食べ歩く七巧


窓際にタケノコが結構置いてあるので、ドアップで食事風景が見られます。ちょっとアップすぎますよ。ねぇねぇ聞いてよ、このタケノコおいしいんだってっば!と言っているように見えます。これおいしいよアピール、結構頻繁にする七喜です。

訴え来るどあっぷ七喜


おいしそうに次々とタケノコをほおばる七姉妹、夢中で食べ続けます。そこへ、成都から付き添って来ている飼育員さんがやって来たので挨拶します。成都パンダ基地の飼育員さんは、多くが専門教育を受けた大学出なので、英語も通じます。

黙々と食事中の七姉妹


パンダたちの朝食シーンを見ながらおしゃべりをします。この動物園のように初めてパンダを飼育する所には飼育員さんも一緒に派遣して飼育ノウハウなどを引き継ぐようです。半年の予定で来ているけど、成都に帰るのはまだ未定とのこと。昨日パンダたちが85㎏って聞いたけど本当?と確認します。今朝検査があったばかりなので、七喜は86㎏、七巧は94㎏もある太りすぎだと困った顔をされました。確かに大人サイズの体重ですね・・・。七巧のどっしりとしたパンダ座りは安定感があります。

どっしりしたパンダ座りの七巧


七巧は少し疲れたのか、ちょっと休憩します。すごい厚みです。

ちょっと休憩中の七巧


でもまだ食べたりなかったようです。岩の上のタケノコを食べ始め、池の方で食べていた七喜と合流します。朝食シーンを動画でどうぞ。



やがて七巧は少し遊び始めました。七喜は寝食いになってきています。食べ疲れてきたということでしょうか。

遊ぶ七巧と寝食いの七喜


11:05 七喜はもうお腹いっぱい、と寝る準備を始めました。屋内ではどこがお昼寝スポットなのかな?七喜はだいたい毎日お気に入りの場所で寝ます。

お先にーと寝に行く七喜


どうやら一番高い所で寝るのがお気に入りのようです。ハシゴを登って一番上まで行ってしまいました。

一番高い所まで行く七喜


11:10頃には姉妹とも寝てしまいました。七喜は壁画のようです。
成都の飼育員さんとパンダの写真やら見せあっておしゃべりをします。9月に成都に行ったとき、日本生まれの梅浜の子梅蘭(メイラン)と撮った写真、梅蘭を抱いて一緒に写っていたのが、この飼育員さんだと気付きました。日本のパンダファンには割と有名な飼育員さんなので私は顔を知っていましたが、会ったことがあったとは驚きです。

パンダは食べたらすぐ寝ます


11:40 飼育員さんたちや係員とおしゃべりを楽しんでいましたが、結局この時間まで他に誰一人お客さんは来ませんでした。平日の午前中は誰も来ないというのはよくあるのかも知れません。パンダも寝たし、今のうちにランチにでも行って来ると言うと、どこへどうやって行くかと聞くので、園内のレストランへ車で行くと答えます。私たちの車で乗せて行ってあげると言われ飼育員さんたちが送ってくれました。その足で飼育員さんたちも従業員食堂などに行くようでした。

それにしてもレストランはやっているのか?という疑問が強く頭を横切ります。レストラン周辺は動物園の中心ですが、着いた時に初めて数人の入園客らしき人たちを見かけただけで、園内にほとんど客がいないからです。覗いてみると、従業員らしき人たちが掃除をしています。一応営業しているのかな?

オルドス野生動物園のレストラン


入口で注文し、あれこれ確認されますが、どうやら私が頼んだ単品の品にご飯ついていないけどいいの?と言いたいらしいと筆談問答の末理解しました。米飯不要と言うと納得したようです。弁当ぽい方は甘酸っぱい味付け、ホテルの隣の食堂の方がずっとおいしいです。なるほど、土日もほとんど人が入っていないのは何となく納得です。どうやら動物園は弁当持参が常識のようです。

オルドス野生動物園のレストランの食事


ゆっくり休憩もさせてもらいましたが店を出るまで他に客は来なかったのはもちろん、外を通る人も皆無でした。今日のレストランの客は私たち2人だけになることでしょう。それでも何人も出勤してせっせとお掃除とかしています。理解に苦しむ状況です。

まだパンダたちは寝ているだろうし、園内でもう行くべき所もないのですが、パンダ館は座る所もないので虎豹館まで行って休憩することにします。高台から見る動物園、いったいこの途方もなく広い園内に入園客は何人いるのでしょう。朝の雪はもうすっかり解けました。

高台から見た広大なオルドス野生動物園


3日間通って分かったことは、ここは第一にゴーストタウン・オルドスの雇用対策、そして国家提供の娯楽サービスの場なのだろうという事です。荒地に木を植え、大がかりな建物を建て、見応えのある動物を集める、これだけで相当の雇用を生み出しています。大幅な赤字なのは間違いありませんが、内モンゴル自治区という微妙な土地だけに、投資せざるを得ない事情があるのでしょう。

次回も続きをレポートします♪

中国・オルドス野生動物園パンダ館屋内でのおやつタイム

2017/03/20 (4日目) 続き

13:00 虎豹館に休憩しに行くと、館内は暗く静まり返って不気味な気配が漂います。入口の売店に店員が一人いるだけで、後は広い館内に誰一人いません。人気があって土日は割りと混んでいたのになんてことでしょう。

逆にのんびりくつろげなかったので、早々に引き上げることにしました。外のライオンも暇そうです。人に見られるために飼育されているのに、今日は役目を果たせていません。表情が物悲しく見えてしまいます。

オルドス野生動物園のライオン


季節や天候にもよるのでしょうが、平日は明らかに客より従業員の方が多く、それより多いのが動物という動物園です。開店休業とはこのことで、中には一人も客の相手をしない従業員もたくさんいることでしょう。皆暇つぶしのスマホが手放せないのが頷けます。

パンダ館に戻ろうと観光車のピックアップポイントに行きますが、しばらく待てど車が来る気配はありません。今現在園内にいったい何人の客がいるのか、まだ片手で足りる人数しか見かけていませんから、車も相当本数が少ないようです。仕方がない歩くことにします。何度も通ったこの道、たくさんの鳥も怖くなくなりました。

オルドス野生動物園の水鳥たち


13:40 パンダ館に戻りましたが、七姉妹はまだ寝ていました。と言っても、七喜(チーシー)は高い所から下りてきて、七巧(チーチャオ)の隣に寝ています。
右が七巧です。七巧はうつ伏せで、敷物のようになって寝ることが多いです。

屋内展示場で寝る七姉妹


パンダたちが起きないので、係員や飼育員さんたちとまたおしゃべりをします。英語が通じるのは成都から来ている飼育員さんだけですが、3日目にもなるとお互い何となく話が通じるようになってきました。ちなみにここオルドスは内モンゴル自治区なので、標識やら動物園の説明などはモンゴル語と中国語の併記になります。七喜と七巧の紹介もモンゴル語で書かれていますが、もうただの模様にしか見えません。

七姉妹の紹介パネル


雑談している時、側に貼ってあったポスターについて話を振りました。パンダをアピールするポスターで園内至る所に貼ってあり、同じ図案がチケット売り場の上にもデカデカと採用されています。我叫“七喜”(私の名前は七喜)とか書いてあるのに、これ間違ってるよと私は指摘します。

違うパンダの写真を使ったパンダ紹介


実はパンダの写真が七姉妹と一緒に育った同級生の成就(チェンジュウ)と双好(シュアンハオ)のものなのです。なのに、飼育員さんと来たら、そうだねー右が七喜かな?とか言います。ちょっと、左右が違うとかじゃなくてだいたい顔が全然違うでしょ、写真は同級生の男の子たちで、七喜のりんごを毎日横取りしてたんだよと教えます。毎日面倒見てるはずなのに、他のパンダと見分けつかないってちょっとショックです。

パンダ達はときどき起きるかな?という素振りを見せますが、寝相を変えて寝続けます。パンダ館には1時間に1組くらいしかお客さんが来ません。パンダたちも今日はお休みでしょっていう気分かも知れません。

パンダは寝るのが好き


15:00 七姉妹はようやく重たい腰を上げて起き上がります。かなり長時間寝てました。

姉妹揃って起床


その様子を見ていた飼育員はバックヤードに戻っておやつの準備をします。気配を察した七姉妹、おやつをもらいにバックヤードの扉の前に行って、おやつ頂戴アピールです。七喜は立ち上がって早く早くとせかしているかのようです。七巧の後姿はちょっと肥満児ぽいです。

おやつ下さいおねだりタイム


柵の間からパンダケーキをもらった七姉妹、仲良くパンダケーキを堪能します。この時、ちょうど動物園のガイドが引き連れた団体さんがパンダ館にやってきて、今日一日で一瞬だけパンダ館が賑わいました。

パンダケーキを食べるでっぷりした七姉妹の後姿


パンダケーキを食べ終わるとさっそくいつもの手舐めタイムに移行する七喜。
おやつは立ってもらい、食べたら手を舐める、これは完全にルーティーンと化しています。
団体さんは嵐のようにさっと通り過ぎていきました。

七喜の舐め手開始


おやつの後は、タケノコも差し入れがあります。よく寝たのでお腹空いたのか次々平らげています。

タケノコ大好き七姉妹


差し入れ分をもらってお腹いっぱいになったようです。少しは運動しないと・・・。成都や日本にはかなり多くのパンダファンがいて、入り浸っている人がいるものですが、このオルドスにはそうした人はいないようです。パンダ館に30分以上いる客はこの3日間誰も見ませんでした。今日に至っては貸切も同然です。

屋内で過ごす七喜と七巧


だらだらと過ごす七姉妹の動画をどうぞ。七喜は痒い所をカイカイ。七巧は玩具でゆるく遊んでいます。



七喜、一人でゴロゴロし始めました。遊びの虫が疼いてきたようです。

七喜


やがて七姉妹はグダグダと遊び始めます。オルドスには登れる木がないので、それも運動不足の原因かな?動きがいかにもパンダぽく、グダグダです。

ゴロゴロする七喜と七巧


パンダは大人になるとあまり遊ばなくなるので、やはり活発に動くこの年頃はかわいいですね。いつもいたずらっ子が何かやらかしたような顔をしている七喜、度々私の方を向いてかわいい?と聞いているように見えます。

かわいいアピールする七喜


次回はこの旅最後のレポートの予定です♪

中国・オルドス野生動物園パンダ館~帰国

2017/03/20 (4日目) 続き

おやつの後は双子でじゃれあって遊びます。休み休み緩いじゃれ合いをしますが、時間が経つにつれ外からの明りが暗くなり、動いている写真を撮るのは困難になります。飼育下のパンダは餌を探さなくていい分、もうちょっと運動しないと太る一方ですが、やはり室内だと動く量がかなり減ります。

オルドス野生動物園室内展示場の七喜と七巧


じゃれ合いの後、七喜(チーシー)は池の上の水がわずかに溜まっている所にちょこんと座り、私たちの方を見物しています。かわいいなぁ・・・、七喜は人に写真を撮られることが自分の仕事だと理解しているように感じてしまいます。

パンダ座りで足を水につける七喜


その後、池のふちで寝ようとする七喜、何かを考えているようです。七巧(チーチャオ)もまた寝てしまいそう。明らかに七巧は七喜より移動距離が短くあまり動こうとしないように見えます。

お休みモードの七姉妹


七喜、もう一度池にはまってくれました。足湯を楽しんでいるような感じに見えますね。
動画でどうぞ。



ちょっとだけ遊んだらまた一番高い場所のお気に入りの寝場所に行ってしまいました。
2頭ともまた寝ちゃうようです。

室内でのお昼寝の定位置にいる七姉妹


しかし、今日は寝過ぎで寝られなかったのか、私がちょっとトイレに行って帰ってくると意外なことに2頭とも起きていました。朝から置いてあって、まだ見つけてなかったタケノコを見つけ、取り合いながら食べます。

残っているタケノコを探して食べ歩く七姉妹


発見しにくい所にあるタケノコの近くで、飼育員さんがガラス叩きながら「七喜」と呼んでいます。そう言えば、昨日も他に入園客のいる前でガラス叩いて外から呼んでたけど、これはあまり良くないですよね。しかも呼んでも反応しないので、そのうち「熊猫(パンダ)!」と呼びだす始末。初めてパンダ見る入園客のような感じです。飼育員さんたち皆いい人たちなんですけど、これだけは引っかかりました。パンダは本来は音に敏感な動物なので、ガラス叩くとか止めた方がいいのですが、パンダの方は小さい頃から慣れっこで無反応です・・・。

17:00 係員の2人が入口を閉め帰り支度を始めました。どうやら今日は17:00で閉館のようです。仲良くじゃれじゃれの後、17:03 バックヤードに続く扉が開き、七喜は猛ダッシュで戻って行き、その後を七巧が追いかけ、あっけないお別れになりました。

直後に飼育員さんたちがいっせいに掃除に入ってきました。女性2名、男性1名と成都からの飼育員さんです。飼育員さんたちと係員たちに感謝とお別れを告げ、パンダ館を出ます。3日に及ぶオルドス動物園パンダ館通いもこれでお終いです。

パンダをしまったら素早く掃除


園内の車が来る気配は微塵も感じられなかったので、歩いて帰ることになりました。今日は観光車券を買ったのに、一度も乗りませんでした。
17:27 動物園を出ますが、帰りの足がありません。昨日の事を思うとタクシーが待っていたとしても乗りたくないので、歩きながら流しを途中で拾うことにしました。

しかし、動物園前の大通り、走っている車は恐らく動物園から帰る従業員の車ばかりでタクシーは全く来ません。交差点まで来たら、誰かが呼ぶ声がしました。周辺に人はいませんから私たちに声を掛けているようです。振り返ると、パンダ館の飼育員さんたちでした。足が無くて困っている私たちを送ってくれるとの有難いお誘いです。

パンダ館の飼育員4人全員乗っている車に、詰めてもらってぎゅうぎゅうに乗せてもらい、ホテルへ送ってもらいました。いつかまた再訪できたら何かお礼がしたいものです。

お礼を言って車を見送り、ホテルで預けた荷物をピックアップします。
そして、ホテル前の道でたまたま誰かが降りたばかりタクシーを拾い、空港へと向かいます。空港名を書いたメモを見せると、真面目そうな運転手は頷き、メーターを倒したので一安心です。

タクシーで嫌な思いをしたオルドスでしたが、この運転手は正反対の運転手でした。寡黙で、法令順守の安全運転、安心して乗っていられました。オルドスの不思議な光景、つまり広い道路に生気を感じないビルの影、を見ながら短く長かった滞在を振り返ります。

オルドスの町


30分ほど走ると、オルドスの有名なゴーストタウン街を走ります。デカい競技場のような建物が3つもあったり、連立するビルが全てスカスカの作りかけのまま放置されています。これはこれで観光名所らしいです。

ゴーストタウンオルドス


そうした市街地を通り過ぎると車窓はただただ草原のような景色ばかりです。
時々、交差点に巨大なモニュメントがあるばかり。道はどこも軍事目的に転用可能そうな大通りばかりで方向を見失いそうですが、これらのモニュメントは来た時と道が同じということを確認するのにいいマイルストーンになります。

オルドスの道にある巨大なモニュメント


18:50 オルドス空港の国内線出発口に到着しました。真面目な運転手はレシート切って125元と見せてくれました。行きは深夜だったから割増料金だったようですね。

IDチェックを受け、中へ入ったら広い空間の中心にチェックインカウンターがあります。来た時立派な空港だなと思いましたが、実はお店とかは思ったより少なくちょっとがっかりしました。内モンゴルのお土産屋数軒とファストフードのお店しかありません。

オルドス空港出発チェックインカウンターのエリア


チェックイン後、セキュリティを通って中へ入りますが、空港は広いばかりで客が少なく、ここも従業員の方が多い場所でした。内モンゴルの人形、ちょっと怖いと聞いていましたが、なるほどリアルな感じです。動物園と一緒で暇そうな従業員がすぐに寄って来るので、わかりません、日本人ですと答えると、すぐに諦めてくれて助かりました。

オルドス空港内の内蒙古人形


レストランを探しますが、ちゃんとしたレストランはなく、ファストフードかカフェぽい所だけ。しかも営業しているかどうかも疑わしいような誰も客がいない空間です。それに空港価格で、とても高いです。

オルドス空港の開店休業中のお店


後はお土産屋さんがあるくらいで、大きな空港の割に利用できる店があまりに少なくがっかりです。早めに空港に行けば、食事や買い物に困らないと思ってましたが、期待外れでした。ちなみに内モンゴルのお土産というのは、干し肉とかよくわからないお菓子とかで、購買意欲をそそられませんでした。

内蒙古土産


ということで、マクドナルドの小さなテイクアウト専門店があったので、それで夕食を済ませることになりました。売っていたのは、マックチキンの40.5元のと39.5元のセットだけ。かなり辛いスパイシーなチキンのバーガーと同じ味付けのチキン、飲物です。値段の違いはチキンの部位が違うだけ。かなり辛かったけど、とてもおいしかったです。

マックのセットはチキンセットだけ


23:30 CA-1150にて北京へ向かいます。ほぼ満席、疲れ切って寝ていたら水ボトルが置かれていました。

2017/03/21 (5日目)

0:40 北京到着です。今日は北京空港で一晩過ごさないと行けません。(後から考えると一度出ずに国際線乗継へ行けたかも・・・?)

中国国際航空の飛行機


羽田便のチェックインは3時間前からなので、有料休憩所を見に行きます。一番いいプランしか空いてなくて、大した設備じゃないのに4時間くらいでたしか650元?とか高額でした。オルドスの3泊より高いじゃないですか!バカバカしい気がしたので、その辺の椅子で休むことにしました。長めのベンチや並びの椅子で寝ている人はいっぱいいたので、トライしてみることに。

ところがその辺の椅子で寝ていると、どんどん寒くなって来ます。荷物から上着などを取りだして防寒しますが、ガラス面の多い空港建物、どんどん気温が下がり、風邪引きそうです。

6:15 チェックインカウンターが開くと同時にチェックイン、国際線出発に従って進み、モノレールで出発ターミナルへと移動、出国手続きと厳しいセキュリティチェックを受けます。
その後、ようやくCAのビジネスラウンジに辿り着き、やっとのんびりできました。

8:30 NH-964便羽田行にて帰国です。搭乗記はこちら
12:30 羽田空港到着です。ダンナはそのまま会社に行ったので、私は荷物を一人で持って帰ります。

今回は、久しぶりの個人旅行、しかも英語が通じない所ということで、筆談用のメモを常に携帯しての旅となりました。移動などで不安もありましたが、無事に最愛のパンダ七喜に会いに行けて大満足でした。涼しくなったらまた会いに行こうかな?

これで今回のオルドスへのパンダ追っかけ旅のレポートはおしまいです。今回はパンダだらけでしたが、最後までお付き合い下さりありがとうございました!
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR