FC2ブログ

中国・オルドス野生動物園パンダ館~水禽館

2017/03/18 (2日目) 続き

一通り遊んだかわいいパンダの双子姉妹、七姉妹はやっぱりもうちょっと食べておこうかなと食べ残しのタケノコを探して食べます。左が姉の七巧(チーチャオ)、右が妹の七喜(チーシー)です。パンダはいつもかわいいですが、食べている時それは幸せそうな顔をします。

タケノコ食べる七巧と七喜


この座り方を通称パンダ座りといいますが、お行儀よくかわいく見えます。ダンナは見分けのコツを何か掴んだようです。全体的に丸い方が七巧、例えば目の周りの黒い部分をアイパッチと言いますがその形とか、体のラインとかです。七喜は七巧のほっぺを横に引っ張ったようなそんな顔です。他のパンダに比べると頭が大きく見えるのですが、体がだいぶ大きくなってバランスが取れてきました。

タケノコほおばる七巧と七喜


突然、双子がそろってコロンとでんぐり返しをします。パンダは転がるのが好きです。
じゃ、転がろっかと声でも掛け合っているかのようです。

一緒にコロコロ七姉妹


1回、2回と転がります。転がる前には頭を丸めて、人間と同じように回ります。中国では、パンダが転がるのが好きな事からパンダの事を滚滚といったりもするそうです。日本語に訳すと、コロコロって所でしょうか。

転がる双子パンダ


それから間もなく、七巧は運動場の一番奥岩場ぽい所に寝に行ってしまいました。ここが運動場でのお気に入りの寝場所のようです。七喜は私はどうしようかな、といった感じで歩いています。

先に寝に行く七巧とウロウロ七喜


そしてしばらく考え込みます。一人で遊んでもつまんないしなー、私も寝ようかな?とかそんな感じでしょうか。

考え事している七喜


しばらく考えた後、七巧の所へ行って覆いかぶさるように抱っこします。すると、七巧はするっと抜けて、寝場所を七喜に譲り、自分は左下へ移動しました。やさしいお姉さんです。
そして、2人はあっという間に眠りに入りました。

定位置で寝る七巧と七喜


朝ご飯の後寝ると恐らく2,3時間は起きません。起きても寝相を変える程度でしょう。
この間に動物園の他の所を見て周ることにします。七姉妹が寝ているのは、右奥の所になります。ほんの少し高台ですね。パンダはやや高い所で寝るのが好きなようです。

午前中のパンダ館は人がいない


隣の運動場は現在使われていませんが、ほぼ同じ大きさのものがあります。屋内の展示場も2つあるので、将来的には2セットのパンダを飼うことができるようになっています。パンダは単独で暮らす動物ですが、飼育下の場合、双子や一緒に育ったパンダ同士なら5歳くらいまで一緒に過ごせます。

空いている運動場


10:00 お土産屋を通り、パンダ館を出ます。結局、私たち以外誰一人お客さんは来ませんでした。土曜なのに、どうしたことでしょう・・・。トイレはパンダ館の外側にあります。パンダ館の中にはないので、次来る時は先にトイレに寄ってからにしないとダメですね。トイレは基本和式タイプで紙は置かれていません。(写真はお土産屋の建物です。)

パンダ館出口はお土産屋


動物園の地図を見ると、動物園内で食事などができる場所は1か所しかないようです。ダンナはカフェで休憩を夢見ているので、そちらへ向かいつつ、通りがかりの動物を見ようということになりました。観光車の運行と逆光するので歩きになります。

パンダ館は雨林区と呼ばれるエリアの真ん中あたりにあります。そこから奥へ向かいましょう。早速道沿いに現れたのは孔雀です。成都パンダ基地にも孔雀がたくさんいて、やかましい鳴き声が良く聞こえますが、七姉妹にも懐かしい声が聞こえることでしょう。

孔雀


その隣には唐突に羊がいます。どちらかと言うと小動物に入るくくりですが、現在は小小動物園という動物園入口の方にあるエリアは改装工事中か何かでやっていないようです。

羊


そしてパンダ館の裏辺りからは広大な水場が広がっています。島には猿山が作られています。
池の水は表面が完全に凍っています。春はまだこれからです。

猿山と凍った池


池沿いを歩きます。恐ろしく広大な動物園ですが、休園日じゃないかと思うくらい人がいません。とにかくパンダ館の係員とお土産屋の人を見て以来、人は一人も見ないのです。
そこにぽつんと変な建物、中には自動販売機が設置されています。ちゃんと動くかとか賞味期限内のものが出てくるかは怪しい気がします。

謎の自販機コーナー


池にいろんな鳥が見えて来ました。水が凍っているので、違和感のある光景です。

氷の上の水鳥たち


さらに進むと、鶴もたくさんいます。
人はいませんが、鳥はたくさん、数えきれないほどいて、静まり返った谷に様々な鳥の鳴き声だけが響き渡ります。柵で分けられているのは人間の方じゃないかと錯覚するほどです。

鶴


次回も動物園散策の続きをレポートします♪

中欧へ行ってきます!

パンダ追っかけの旅レポートの途中ですが、明日からヨーロッパに行ってきます。

久しぶりの中欧に母のお供です。クラブツーリズムのツアー、全日空利用で24名限定、チェコ・オーストリア・スロバキア・ハンガリーの4ヵ国周遊、10日間で旅費は燃油諸税込で一人約30万円です。

前回中欧に行った時は年末年始だったので、全体的に暗ーい印象でしたが、今回は季節がいいのでいい景色が眺められればなと思います。写真は2009年プラハ。

ヴルタヴァ川


特にブタペストは霧で様々なものがよく見えなかったので全然違う景色が見られるはずと期待しています。

ドナウ川夜景


旅行中もブログは更新する予定です。

旅の最新情報はTwitterで!
keentravelerをフォローしましょう

それでは行ってきます♪

中国・オルドス野生動物園水禽湖~虎豹館

2017/03/18 (2日目) 続き

広大な池というか湖かな、橋がかかっていて島に渡れるようなので渡ってみることにしました。これは自然の湖なのか、人工のものなのか、かなりの広さがあるので、橋を渡る人間にとっては川のようにも見えます。見事に白く凍っていて氷は厚そうです。

オルドス野生動物園水禽湖


白鳥や雁、アヒルなど何種類もの鳥たちがガーガーけたたましく氷の上を歩いています。

オルドス野生動物園水禽湖の水鳥たち


島は节尾狐猴島という名前です。漢字であってもピンと来ないものもありますが、ワオキツネザルの島、あのマダガスカルにいるお猿さんの展示館でした。たくさんのワオキツネザルが元気に跳ね回っています。

ワオキツネザル館


よく見るともう一種類同居人がいました。コモンリスザルです。
こちらは南米に生息する動物で、ワオキツネザルとは接点がなさそうですが、入り乱れています。

コモンリスザル


ワオキツネザルは尻尾が特徴的です。いつかマダガスカルで野生のを見てみたいです。
活発で仲間同士仲良くくっついています。

ワオキツネザル


ワオキツネザルの所から出ると、水鳥たちの大群が迫ってきていました。
襲われるんじゃないか?と思うくらい近付いて来ましたが、どこかにエサポイントがあるのか、私たちの前を素通りします。刺激しないようにそっと島を後にしました。

人を恐れない水鳥たち


島から戻りその奥にあったのは、火烈鸟のエリアです。これも何かなと思って行ってみたら、フラミンゴでした。どこから見ていいかわからず、屋内に入ろうとしたらそこは飼育員や係員の休憩所だったらしく、中には入れないから外から見ろ、といった感じに説明されました。中国語わからないはずなので、想像です。フラミンゴたちは屋内の水場で固まっていました。

オルドス野生動物園フラミンゴ館


ほとんどのフラミンゴは寝ているのか一本足で立っています。こんなきれいな色だったんだ・・・鮮やかなオレンジ系のピンクです。暖かくなったら外に出すのかな?

フラミンゴの群れ


ようやく雨林区と言われるエリアの端まできました。
いまだ入園客は一人も見かけません。湖沿いには休憩スポットなどもありますが、季節のいい時にはこういう所でお弁当も良さそうです。もっとも冬は極寒、夏はすごく暑いそうなので季節は限られそうですが・・・。

オルドス野生動物園水禽湖の湖畔


雨林区の先は高台になっています。この辺りがちょうど動物園の中心あたりでしょうか。振り返ると、広大な湖が見えます。そして遠くにパンダ館の隣にあるあの猛禽館の丸いドームがちょこっと見えます。ここから見える範囲は全て、そして見えている丘の裏側まで動物園の敷地は広がっています。

オルドス野生動物園雨林区


まだ11:00少し前なのでランチには早いと、反対方向である亚洲区と呼ばれるエリアへ登って行きます。そこで初めて入園客と遭遇しました。要するに動物園が広大で基本的に観光車で回るため、9:00に入場したお客さんが中心のエリアに辿り着くのが11:00ごろという訳です。

高台の亚洲区へと上がる


この先にあるのが虎豹館です。野外の広大な運動場は深い柵と二重のフェンスで囲まれています。せっかくの広いスペースには動物の姿がありません。

オルドス野生動物園虎豹館


館の外側の小さく仕切られた運動場には動物たちがいました。こちらはライオン、まだ子供かな?興味深そうにわざわざ人間に寄ってきます。

人に寄ってくるライオンたち


こちらがガン見されています。遊んでくれないよね?って感じでしょうか。

ライオンとにらめっこ


こちらは反対に奥の方にいた黒豹。カッコいいですね。今日初めて望遠の倍率が役に立ちました。

黒豹


そしてこちらは美しい柄の豹、ぐっすりお休みのようです。
やはり寒いのかも知れませんね。天気はよくても気温は恐らく数℃、風もまだ冷たいです。

豹


次回も続きをレポートします♪
(プラハからの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR