FC2ブログ

コスタリカ・サンヘラルドデドータ

2016/11/25 (5日目) 続き

雌のケツァールがずっとリトルアボガドの木から動かないので、それを見ながら雄が来ないかと待ちます。これがリトルアボガド、私たちの知っているアボガドとは全然違い、まるで青いドングリのようにも見えます。

リトルアボガドの実


ガイドさんがこれが種と見せてくれました。あ、遠目に見た実はドングリサイズに見えましたが結構大きいですね。それに知っているアボガドの種にもよく似ています。

リトルアボガドの種


ケツァールが現れる代わりに足元に、きれいなグラデーションのトカゲが出てきてくれました。体長15㎝くらいなので、かわいらしい感じです。宝石で出来たブローチとかにそっくり?

ブローチみたいなトカゲ


12:30を過ぎたので、雄は諦めて山を下りることにしました。あっという間に1時間半が過ぎていたのですね。足元は滑りやすい所もあるので、下りる時の方が要注意、山に行く時の靴じゃないと危なかったです。ちょっとした山登りでTシャツにゴアテックスジャケットはおっただけの私も暑くなりましたが、ケツァール見ている間に汗が冷えてきていました。着るものも山仕様がいいようです。

足場の悪い山道も


12:40 車道まで下りたら、ガイドさんが別のポイントをチェックすると言い少し歩きます。どうやらガイドさんは、ケツァールがどこにいるか知っているというより、リトルアボガドが丁度熟している木を熟知しているようです。熟し始めたリトルアボガドの木の近くを探しましたが見つからなかったので、ケツァール探しは終了となりました。ちなみに、この時期の雄はそんなに尾が長くはなく、繁殖期に向けて長くなるのだそうです。

ケツァールのいる谷


13:00 地元のガイドさんを乗せた場所にある小さなロッジでランチです。旅程には、市内レストランで昼食、レストラン敷地内で鳥の見学、と書かれていたので、どこか町のレストランで鳥飼っているのかと想像していましたが、谷から少し上がった山中にある小さなロッジでした。

サン・ヘラルド・デ・ドータのロッジはケツァール探しの拠点


そしてそのロッジは山の斜面にあり、小さなレストランのテラスの先に鳥のエサ台があるだけです。もしここに熟したリトルアボガドの木があれば、きっとケツァールも顔を出すでしょう、と思える程先ほどいた所の近くです。

サン・ヘラルド・デ・ドータのロッジのテラス先にある鳥のエサ台


みな疲れたのか座って大人しく料理が運ばれてくるのを待っていますが、私はテラスで一人鳥観察です。先ほどケツァール探しの時に見た鳥、ガイドさんが言っていた通りいました。
ホノオフウキンチョウだそうです。カラフルなスズメみたいな感じでかわいいです。

ホノオフウキンチョウ


ハチドリも来ます。相変わらず動きが早すぎて止まった一瞬を狙うしかありません。

ハチドリ


こちらの黄色いのもとてもかわいいです。現地ガイドさんの持っていた鳥図鑑を見て、このフウキンチョウ?と似たやつを指さしますが、これは2枚前の写真と同じホノオフウキンチョウ、その若鳥だそうです。若いうちは色が薄いのか・・・。それに雌は少し黄緑色ぽいので他の鳥とよく間違えられるそう・・・、もう本当に鳥の判別は降参です。

ホノオフウキンチョウの若鳥


こちらはドングリキツツキ、他の鳥と比べるとちょっとだけ大きく、頭が赤いのですぐに区別が付きます。でもどうしてだろう、黒っぽい鳥はどうしてもかわいいと思えません。

ドングリキツツキ


さて、夢中になって鳥を見てたらどうやら食事が来たようです。
メインはマスのフライ料理、ブラックベリージュース付きです。コスタリカはジュースとか食後のコーヒーとか飲物ついている事が多いです。山の中で食べる魚は格別な気がします。

鱒のフライ


メインを食べ終わったらまたテラスで鳥観察です。
入れ代わり立ち代わり、いろんな野鳥がやってくるのでとても楽しいです。それも先日のリバークルーズとかで見たサギとかと違って、小さくてカラフルで私好みの鳥なのでなおさらです。

エサ台に来る鳥たち


また黄色いかわいいのが来ました。これはウィルソンアメリカムシクイ、だそうです。
ここが動物園の網の中じゃなくて、自然の山の中というのがすごいです。一度にたくさんの種類の鳥が見れる所って地球上そうはないんじゃないかなぁ?視界の中に色とりどりの鳥がいっぱいです。

ウィルソンアメリカムシクイ


よく見たら周りの植物も見た事ないものもあります。パパイヤ系かな?

パパイヤ系の木


次回続きからカルタゴ等をレポートの予定です♪

コスタリカ・サンヘラルドデドータ~カルタゴ

2016/11/25 (5日目) 続き

鳥を見てたら、デザート出たよと声をかけてもらいました。
パパイヤを甘く煮たものとのこと。私はパパイヤがそんなに好きではないのですが、これは気に入りました。食感が良かったのかな?

パパイヤを甘く煮たデザート


出発前にトイレを済ませますが、トイレは外だったので並んでいる間も近くに来る鳥が見れます。オレンジのきれいな鳥です。これもホノオフウキンチョウ、かな?

フウキンチョウ


足元には細長い花と実の植物があります。フォクシアだそうです。なんだかおいしそうなお菓子に見えます。

フォクシア


13:50 ロッジを出発しカルタゴへと向かいます。すっかり天気がよくなりました。北部の私たちが行く予定だったカーニョネグロ保護区の方の村では、ハリケーンの被害でいまだ数十名の行方不明者がいて死者も出ているそうですが、そういった状況が嘘みたいな天気です。

サン・ヘラルド・デ・ドータ~カルタゴの車窓景色


15:20 カルタゴのロス・アンヘルス教会に到着です。カルタゴはコスタリカで最も古い町と言われ、かつて首都だった場所です。そのカルタゴの象徴ともいえるのがこの教会です。

カルタゴのロス・アンヘルス教会


午前中、ケツァール探しに思いの他時間を費やして時間がおしているので、外観の写真を撮ったらすぐ出発したい感じでしたが、ここで今まで使った代替バスを乗り換えることになりました。なので、少しだけなら中を見てきていいと時間がもらえました。とてもきれいな教会です。

ロス・アンヘルス教会内部


パイプオルガンもあります。ここは地震の多い場所、元々は17世紀の教会でしたが、地震で壊れ、今の教会は1919年の土台の上に立っています。それからさらに地震に見舞われ、現在の建物はその後再建されたものだそうです。

ロス・アンヘルス教会パイプオルガン


このロス・アンヘルス教会は黒いマリアの伝説で有名な教会です。350年ほど前に少女が拾ったマリア像が元で、不思議な現象等が起こり、発見された場所にこの教会が建てられたと言います。その黒いマリア像がガイドブックによると地下礼拝堂にあるというので、入口を探してあちこち見ましたが、入っていけそうな入口は見当たりませんでした。脇にも祭壇があります。

ロス・アンヘルス教会内部サイドの祭壇


主祭壇にあるのはではなんだろう、ズームして見ましたがマリア像ではなさそうです。時間もないので諦めます。また、この教会の地下水は聖水として病気などが治ると信じられています。ルルドのような聖地、教会が建てられたとされる8月2日には毎年、各地から徒歩でこの教会までやってくるのだそうです。

ロス・アンヘルス教会主祭壇


15:3 別の代替バスに乗り換え、出発します。
カルタゴの街中は高い建物はなく、古い建物も見受けられません。やはり地震の後に復興した町だからでしょう。

カルタゴの中心


バスが真っ直ぐ進むと中央公園の脇を通ります。公園には違和感のある壁がありますがが、これは地震で崩れた修道院の跡がそのまま残されているのだそうです。

修道院の跡が残るカルタゴ中心部


町の中心にあった修道院、今では公園の中に廃墟として取り残されています。同じ中米のグアテマラ、アンティグアの町中にも崩れた教会跡などがありました。大怪我した苦い思い出が甦ります。時々思い出すと、旅で無茶しないと思い直すきっかけになり、気持ちが引き締まります。

カルタゴ中心部の地震で崩れた修道院跡


カルタゴを出たらサンホセへと急ぎます。今日はブラックフライデー(税金が安くあるい免税になる日で、買い物等で賑わう)なので、本来なら道路も渋滞のはずですが、ハリケーンの影響でそれほど混まずに進めます。コスタリカは車社会で渋滞が多いので、半年ほど前に路面電車みたいな鉄道が一部区間(サンホセ-アラホエラ)で復活したそうです。

カルタゴ―サンホセ間の道路


16:30 サンホセの国立公園前に到着です。最後の観光、サンホセ観光ですが、今日予定していた国立博物館のバタフライファームの閉館時間にちょうど間に合いませんでした。明日、空港へ行く前に立ち寄ることになりました。

サンホセ国立公園前


国立公園には中央に銅像があります。ニカラグアを占領したアメリカ人傭兵ウィリアム・ウォーカーと中米各国の女性を描いたものだそうです。逃げるウォーカーの近くに倒れているのがニカラグア女性で、残り追い詰めているのが残りの中米の女性達といった像です。

サンホセ国立公園にあるウォーカーと中米各国の女性像


公園でかわいい花を見つけました。赤いボンボンみたいな花ですが、小さい花が木にいっぱい咲いています。気になったので調べたら、たぶん、オオベニゴウカンという花だと思います。

オオベニゴウカンの花


次回サンホセ観光の続きをレポートします♪

コスタリカ・サンホセ市内観光

2016/11/25 (5日目) 続き

国立公園を抜けて、見えてきた目立つ建物は入場する予定だった国立博物館です。
元国軍の指令本部だった建物です。ちなみにコスタリカは1949年に憲法で常備軍を廃止、現在は軍隊を持たない国として知られています。

元国軍司令本部の国立博物館


よく見ると、1948年の内戦の銃弾の跡がそのまま残っています。この内戦で2000人の死者が出たと言われています。

内戦の銃撃の跡が残る国立博物館


国立博物館の向かいにあるブルーの建物は国会議事堂です。地震の多いコスタリカ、国会議事堂もトタン屋根です。元は大統領官邸だったそうで、ちょっとしたきれいなお屋敷という印象です。

コスタリカ国会議事堂


国会議事堂と国立博物館の間の道、アベニーダ・セントラルを街の中心に向かって移動します。国立博物館の前は民主主義広場です。トイレ希望者が出たので夕食のレストランに立ち寄りトイレを借りると、全員がレストランに吸い込まれて行きました。ランチのレストランからトイレなかったのでほぼ全員が我慢していたらしいです。

民主主義広場と国立博物館


さて、皆さんがトイレから出るのを待って再び街中を歩きます。中心部はショッピングエリア、いろんなお店が並んでいます。まぁまぁおしゃれできれいなお店もたまにはあります。

サンホセの商店街


サンホセの街中はビルと呼べる建物が少ないです。前方に見える2つのビルは国民保険のビルだそうです。こうした街の中心部ですが、昨日も見たように路上にホームレスが寝ています。それも、むしろとかゴミ袋をすっぽり被っていて、本当のゴミに見えるので蹴とばさないように注意して歩く必要があります。

サンホセ中心部に建つ国民保険のビル


そしてこちらは中華街の門。と言っても、実は門だけで、中華街と呼べるような商店街はありません。一等地で出店料が高すぎ、中国人たちは誰も店を出さなかったそうです。門だけが残っています。

サンホセの中華街の門


そして昨日の散策でも偶然来た国立劇場へとやってきました。1896年に建設された建物で、コスタリカで革命が起きないのはこの建物を傷つけたくないからとまで言われる建物です。元はオペラが目的の建物だったそうですが、今は何でもやるそうです。ちなみにコーヒー税で建てられたとか。

サンホセ国立劇場


皆が国立劇場の説明に聞き入っている間、昨日確認したカテドラルの近くまで行ってきました。かなり巨大です。コスタリカはカトリックが多いですが、周辺の国に比べると宗教の自由度は高いようです。

サンホセのカテドラル


そしてグループは国立劇場から文化広場へ移動します。ここのマクドナルドは世界第二位の売り上げを過去2回記録したことがあるそうです。文化広場は待ち合わせなどする場所なので、地元の人がいつもたくさんいます。スタバは前年進出したばかり、まだまだ世界的チェーン店が少ない街並みです。

サンホセの中心、文化広場


アベニーダ・セントラルのこの辺りは歩行者天国になっています。
今日は免税・減税の金曜日、人の出が多いです。コスタリカは税金も高く、電気シェーバーや家庭用ゲーム機のようなものは50%以上の税金がかかるそうです。物価高いので、生活は苦しそうです。

歩行者天国のショッピングストリート


17:30 食事の前に皆さん待望のスーパーマーケットで30分の買い物タイムです。
クレジットカードの他、米ドルの現金払いもできます。昨夜の買い物でお土産に良さそうなクッキーとか目を付けていたものを買い足します。皆さん買い物に飢えていたのか30分ではとても足りなさそうでした。ちなみにスーパー袋は無料ですが、破れやすいのでエコバックあった方がいいです。

サンホセのスーパーマーケット


18:10 皇朝というガイドブックにも乗っている中華レストランで夕食です。結構人気があるようで、店内は時間を追うごとにどんどんお客さんで埋まっていきます。

中華レストラン皇朝


ビール小瓶4ドル、料理の味はまぁまぁかな?一応中華料理の枠からはみ出していない中華料理でした。

皇朝の中華料理


19:30 バスでホテルへ戻ります。
19:40 ホテルに到着、最後の夜なのでモニターアンケートのお礼のコーヒーを受け取ります。


2016/11/26 (6日目)

朝、部屋で日本から持参の食べ物などを食べ、荷物出しをしてから朝食レストランへコーヒーを飲みに行きます。その帰り、中庭を散策しながら部屋へと戻ります。帰国日に快晴というのもちょっと恨めしいですが、ハリケーンの影響で帰れないという事もなく良かったと思うべきかも知れません。

ラディソン・サンホセの中庭


木の上を動くものが見えました。タルコレス川で見たのと同じ種類のリスのようです。
よく見たら別の木にもいました。中庭で十分暮らせるんですね。

ラディソン・サンホセの中庭で暮らすリス


次回は国立博物館バタフライファームをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR