アイスランド・ヨークルサルロン氷河湖遊覧観光

2016/09/30 (3日目) 続き

15:50 ヨークルサルロン氷河湖遊覧観光に出発です。水陸両用車は25人乗りなので、2台に分かれます。ちょうど雨が止みました。

ヨークルサルロン氷河湖ボートツアーの水陸両用車


1台目で出発。既に着膨れた恰好なのに救命胴衣を付けて陸を走っている間は座らなくてはなりません。小柄なはずの日本人ですが、私同様皆着込めるものを全て着込んでその上から救命胴衣をつけているのでぎゅうぎゅうです。

ヨークルサルロン氷河湖ボートツアー運転席


いよいよ氷河湖の中へと突入です。乗る前は別に湖の中に行かなくてもって思いましたが、やっぱりこういう乗り物に乗るとテンションが上がります。湖に入ったら、立ち上がってもOKです。

ヨークルサルロン氷河湖へ入る


大小いろんな大きさな氷塊があちこちに浮いています。こうしたきれいに青い氷塊は、ひっくり返って数時間以内のものだそうです。

ヨークルサルロン氷河湖


氷河湖の奥の方へと進むと、氷塊が少なくなってきました。駐車場の近くは氷河湖の出口にあたるので、そちらの方へと氷塊は静かに流されているのですね。さすがアイスランド最大の氷河湖、広さが麻痺するほどの大きさです。直径5㎞くらいあるんじゃないかな?

巨大なヨークルサルロン氷河湖


巨大なヴァトナヨークトル氷河の氷舌のひとつ、つまり氷河の端に至ってはズームしないと見えない程遠いです。段々と氷河が切り崩され、後退し、氷河湖は年々大きくなっているのでしょう。

ブレイザメルクルヨークトル氷河


小さなモーターボートがやってきてボートツアーをサポートします。私たちが乗っているボートのために道を作ったり、氷を拾って届けたりしてくれます。ほど良い大きさの氷のかけらをボートのガイドが受け取り、1000年前の氷だよとか説明しています。アイスピックで割って味見もさせてくれます。

ヨークルサルロン氷河湖ボートツアーのボート上


この氷河湖は海と繋がっているので、魚などもいるし、潮の満ち引きもあるそうです。
砕けた氷河の欠片はゆっくりと海の方に繋がる出口へと漂っていきます。

ヨークルサルロン氷河湖に浮かぶ小さな氷塊


この氷河湖自体はまだ歴史が浅く、たった80年前に湖となったものだそうです。あっという間にこんなに巨大な湖になったのですね。

ヨークルサルロン氷河湖


氷山のように大きな塊の近くも通ります。でも大きさに関してはもう麻痺しているのであまり感動はしません。でもきれいな青い色には引き込まれます。後ろに見える汚れたような氷、黒い部分は火山灰です。氷河の下には火山があるのです。

ヨークルサルロン氷河湖に浮かぶ巨大な氷塊


だんだん晴れてきました。氷河湖は大きいので氷河が流れ込んでいる方までは行きません。近くに見えるかもしれないけど、このボートであそこまで行こうとしたら何時間もかかるそうです。冬季はこのボートツアーはやっていないのですが、その代りにこの奥にあるヴァトナヨークトル氷河の洞窟のアイスケーブツアーや、氷河湖で見るオーロラが人気だそうです。

ヨークルサルロン氷河湖


途中で2台めのボートとすれ違いました。2台で運行しているようです。景色自治は陸からみたのとそう違いはないですが、やっぱりいろんな角度で氷河湖を見られるしオススメです。ただし、かなり冷えるので防寒対策は必須です。30分くらいで終了です。

ヨークルサルロン氷河湖ボートツアー


遊覧観光から戻った後は、後続のグループが帰ってくるのを待ちます。アザラシいなかったね、と誰かがいったので、すぐそこにたくさんいますよと案内します。氷河湖の出口付近は巨大な氷塊がゴロゴロしていて、その間をアザラシがすいすい泳いで黒い頭を見せています。10頭くらい同時に見たかな?

ヨークルサルロン氷河湖の巨大な氷塊の間を泳ぐアザラシたち


割と近くを泳いでいるので顔も見えます。あんまりかわいい、という動物でもないかな?

ヨークルサルロン氷河湖に暮らすアザラシ


ボート乗り場の近くは大きな氷塊が多いので、水面よりも氷が閉める割合が多く、景色が圧巻です。

ヨークルサルロン氷河湖の氷塊


段々晴れ間が出てきました。一日で目まぐるしく天気が変わります。観光の間雨が降らなくて良かったです。

ヨークルサルロン氷河湖


次回はヨークルサルロン氷河湖~ヴィークをレポートの予定です♪

アイスランド・ヨークルサルロン氷河湖~ヴィーク

2016/09/30 (3日目) 続き

ヨークルサルロン氷河湖、最後にもう一度小山から湖の景色を眺めてバスに戻ります。

ヨークルサルロン氷河湖


16:45バスで出発します。ヨークルサルロン氷河湖から海へと流れ出るアイスランド一短いというヨークルサ川を渡ります。ヨークルサルロン氷河湖はレイキャビクからちょっと遠いけど、現実のものとも思えないこの景色はアイスランドを代表する景色のひとつ、外せない観光だったと思います。

ヨークルサ川から見たヨークルサルロン氷河湖


ここからは来た道を西へと戻ります。ヴァトナヨークトル氷河はバカでかいので、しばらくの間その氷河の末端を見ることができます。

1号線とヴァトナヨークトル氷河


国道1号線のすぐ近くまで氷河が張り出していてすごい迫力です。そのうちここにも氷河湖ができるかも知れません。

ヴァトナヨークトル氷河の氷舌


氷河は見えなくなったと思ってもすぐにまた顔を出します。山には滝もできていてとても景色がいいです。

ヴァトナヨークトル氷河の末端


ヨークルサルロン氷河湖から30分以上も走りましたが、次々と氷河が見えます。全部が繋がっているというのはにわかには信じられません。ヴァトナヨークトル氷河、ヨーロッパ最大規模とはいえ、その大きさを実際に想像することは難しいです。

巨大なヴァトナヨークトル氷河


氷河以外の車窓景色と言えば、ほとんど木の生えていない山、羊などの動物、たまにしか見かけない民家くらいのものです。

アイスランド南部の景色


こちらは寸断された橋、噴火などで氷河が解けて、洪水でも起こしたかのかな。たった一本しかない道が寸断されれば、地方に暮らす人たちにとっては死活問題ですね。

途切れた橋


崖のような山からはあちらこちら滝が流れています。それぞれに名前があるのかどうかもわかりませんが、とてもきれいな景色です。

あちこちに見える滝


途中、一度トイレ休憩を取って、今夜の宿泊地ヴィークまで戻ってきました。また雨が降ったりと今日は一日天気が不安定です。そして、バスの中にいても何やら硫黄の匂いがしてきました。近くの火山が噴火する可能性があるようです。

ヴィークの海岸


19:10 ヴィークの1つ目のホテルに到着です。この町でも分泊になります。添乗員さんとツアーの大半の人はこちらに宿泊です。これでも南部の町ヴィークの町なか、丘の上の教会がかわいいです。海岸の奇岩レイニスドラゥンガルが見えるホテルです。

ヴィークの教会とホテル


その後、現地ガイドさんと残りのチームである私たちは別のホテルへと向かいます。ヴィークの町を離れ、ひと気のない山の奥へとバスは入って行きます。こんな所にホテルがあるの?という山の上へ上がって行き、町から10分も走りました。
19:24 ホテル ダイホラレイに到着です。到着と共に先ほどまで降っていた雨が止みました。

ホテル ダイホラレイ


部屋は空間に余裕があります。Wi-Fiは無料ですが、頻繁に切れます。

ホテル ダイホラレイの部屋


窓の外の景色はのどかです。地平線に白く見えるものは氷河です。
あまりに大自然の中なので、外に灯りは皆無、天気が良ければオーロラも見れそうです。

ホテルダイホラレイの裏側


夕食はホテルでとります。サラダにメインはチキン、チョコ味のパンナコッタ、コーヒー付、おしゃれな盛り付けでゆっくりお食事のムードです。現地ガイドさんに噴火の危険はないのかと聞きます。今の所大きな噴火はないとの判断だそうですが、もしも噴火した場合は急いで避難するプランがあるそうです。火山噴火には日本の地震以上に備えがあるようです。

ホテルダイホラレイのデザート


夜、窓を開けて外を見ると星はきれいに見えますが、オーロラは初日に見た程ははっきり見えないので早々に睡眠優先とすることにしました。もしこのホテルで外でオーロラ鑑賞するならば、防寒対策と、足元も見えないくらいの暗闇なので懐中電灯が必須です。

次回はレイニスファラをレポートします♪

アイスランド・レイニスファラとディルホゥラエイ

2016/10/01 (4日目)

8:00 バスでホテルを出発します。ホテルは小山の上にあり、周辺には自然以外の何もありません。駐車場からはアイスランド最南端の海岸が見えます。正面に見えるのは、海に突き出た断崖、ディルホゥラエイでしょうか。これから観光で見に行く場所です。

ホテルダイホラレイから見たディルホゥラエイ


一度ヴィークの町までまた行き、ホテルEddaに泊まった添乗員さんとツアーの残りの方達をピックアップして、同じ道を戻ってレイニスファラへと向かいます。岬を周りこむように山裾の道を進みます。

ヴィークの手前レイニスファラへの道


8:25 レイニスファラに到着です。アイスランドの最南端にあるブラックサンドビーチのある海岸のことです。レストランのようなものが一軒あるのみですが、今日から10月に入ったからか冬季は営業しないのでしょう、閉まっています。

この海岸は波が結構荒く、潮の満ち引きも早く、昨年中国人観光客が亡くなったそうで、ガイドさんから自分よりも波打ち際に行ってはいけないと釘を刺されます。

レイニスファラ(ブラックサンドビーチ)に立つ注意書き


このブラックサンドビーチ、レイニスファラからは海に突き出た断崖ディルホゥラエイを見ることができます。ここから見ると遠いのでその大きさがよくわかりませんが、断崖の高さは120mもあるそうです。

レイニスファラから見たディルホゥラエイ


黒いビーチを進み、穴の開いた断崖に近付きます。満潮だと側まで寄れないそうですが、今はちょうど干潮です。この海岸はかなり風が冷たいです。というか、アイスランドの観光地はやけに冷たい風が吹く場所が多いように感じます。

レイニスファラの断崖


海岸の先にはレイニスドラゥンガルの奇岩が見えます。ろうそくのように見える岩は高さが66mもあるそうです。妖精が固まって岩になったという伝説が残っています。

ブラックサンドビーチとレイニスドラゥンガル


断崖の穴の横は柱状節理の岩壁になっています。この断崖、高さ120mほどらしいです。目の前には黒いビーチが広がり、奇岩に囲まれた独特の場所です。

レイニスファラの断崖の柱状節理


断崖の上にはフルマカモメかな?たくさんの鳥が住んでいるようです。もう少し早い時期だと、アイスランドを代表する鳥パフィンを見ることができるようですが、もう別の場所に渡ってしまったようです。パフィンかオーロラか、季節を選ぶ時にちょっと悩みました。

レイニスファラの断崖に暮らすカモメ


ここの柱状節理、なんだか、何かの風習で人が石を積み重ねたような感じもします。
もしくはピラミッドの石切り場のようです。スヴァルティフォスの滝と環境的共通点がないようなのに、同じようなものが出来上がるのを不思議に感じます。

ブロックのような柱状節理


たまたま居合わせたどこかの観光客が柱状節理に登っています。こうして見ると結構大きく、切り出してピラミッドを作れそうな気がしてきました。

レイニスファラの柱状節理


干潮で海岸を奥まで歩くことができたので、ツアーの皆さんは寒くて早々に引き返していましたが、私たちは奥まで行ってみることにしました。こうして見ると海岸が黒いのがよくわかります。玄武岩質の溶岩が北の方から流れ着いてここに溜まってできたという海岸だそうです。

ブラックサンドビーチを奥へ


しばらく海岸を歩くと、手前にあったのより遥かに大きな洞窟を発見しました。干潮時にしかアクセスできない巨大な洞窟があるとガイドブックにありましたが、これかな?
かなり大きいです。そして、柱状節理の岩壁を下から見るというちょっと変わった体験ができます。せっかくの干潮なのに、他に誰も見に来なかった・・・。でも奥の方に行ったら、岩がストンと落ちてきそうな心理的な怖さがあります。

レイニスファラの奥にある巨大な洞窟


そろそろ駐車場の方に戻ります。正面に見えるのはディルホゥラエイ、足元は一面、黒いビーチです。砂という程細かくはないですが、場所によってはブラックサンドと言ってもいいかなと思うくらいの細かさです。ここも満潮時には水の下なのでしょう、海岸はどこもウェットな感触です。これで波来たら走れないですね・・・。

黒い砂浜とディルホゥラエイ


ディルホゥラエイはアイスランド語で扉の穴という意味らしく、その名の通り、断崖の先の方に穴が開いているのが見えます。

穴の開いている断崖ディルホゥラエイ


8:50 レイニスファラを出発します。ここではいろいろアイスランドらしい自然を見ることができました。南海岸の絶景のひとつ、1号線からすぐなので、南部まで来たら通りがかりに立ち寄らないのは勿体ない場所でしょう。

レイニスファラとディルホゥラエイの絶景


次回はスコーガフォスの滝をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR