FC2ブログ

アイスランド・レイニスファラ~スコーガフォスの滝

2016/10/01 (4日目) 続き

8:50 バスでレイニスファラを出発します。ここからはどんどん首都レイキャビクのある西の方へ戻って行きながら滝の観光をします。アイスランド南部は極端に人口が少なく、のんびり暮らす羊の世話をする人以外、観光業で生計を立てている人もほとんどいないように感じます。

レイニスファラ付近の羊たち


国道1号線に戻る際に、昨夜泊まったホテルダイホラレイが見えました。一体、従業員はどこでどういう暮らしをしているのでしょうか。レイキャビクに人口が集中しているとは聞きましたが、ここまで人の気配のない所だからこそ、自然の景観がそのままに残されていると言えるのかも知れません。

ホテルダイホラレイ


車窓の景色、ちょっと怪しい天気になってきました。アイスランドの内陸、それこそ手つかずの風景です。

アイスランド南部の内陸の景色


9:17 スコーガフォスの滝に到着です。南部にある滝の中でも規模が大きく、アイスランドを代表する滝のひとつです。9:50出発の自由見学です。近くに行かないと大きさが実感できません。

駐車場から見たスコーガフォスの滝


まずは、右側の階段を上がって滝の上へと行きます。やれやれ、今日もいい運動です。

スコーガフォスの滝の上にある展望台へ上がる


途中から金属製の階段になります。階段は地面からそう浮いている訳ではないですが、上の方へ行くと怖い場所もあり、足がすくんでしまいました。怖いと思ってしまったら一歩も動けなくなります。急に手摺りが心もとないものに感じます。

スコーガフォスの滝の上の展望台への階段


どちらにしても一気に登るのにはちょっとしんどい階段だったので、息を整えながら、大丈夫と自分に言い聞かせて再び歩きだしました。私がちゃんとついてきていないのを確認せず先に行ってしまったダンナを恨みながら最後まで登りきります。高台はいい眺め、滝を流れ落ちた水が海へと流れる姿が見えます。

スコーガフォスの滝の上の展望台付近からの景色


せっかく上まで登ってきましたが、滝を見る展望台は私が大の苦手にしている足元アミアミ・・・。これだと私は手摺りの所までは到底行けません。つなぎ目の上を少し歩いて見ましたが、足元の岩場が途切れた先には行けませんでした。

スコーガフォスの滝の上の展望台


ということで、カメラのシャッターボタンはダンナに押してもらいました。自分で撮りに行けない割に、もうちょっと右とか下まで入れろとかいろいろうるさいことを言います。

上の展望台から見たスコーガフォスの滝


滝の上から滝を見るというのはなかなか難しいもので、角度的にはこれが限界のようです。
高さは60mもある滝です。私が立てる所からだと滝の下部は見えません。

上から見たスコーガフォスの滝


写真をお願いしている間に滝の上流がどうなっているか見てきます。この水量だけあって、かなり削られていて川の規模などは良く見えません。この川の水は、エイヤフィヤトラヨークトル氷河から流れてきています。例の2010年に噴火した山です。

スコーガフォスの滝上流


さて、そろそろ丘を下って、滝を下から見ることにします。ここも有名な観光地の割に、周囲には対して建物がありません。下りはダンナに先に行かないように釘を刺し、前を歩いてもらいます。

スコーガフォスの滝上の展望台から下りる


半分も下りればもう余裕です。眼下には、羊たちが列を作って歩くかわいい様子が見えます。
まるでそこに道でもあるかのように真っ直ぐに歩いています。黒い子もいますね。

羊の行列


小川を渡って列に続く羊たち。のどかな風景です。

羊の川渡り


さて、最後は滝の麓へショートカットします。もう道は怖くないですが、そこそこ斜度があるので、足元注意です。

上の展望台から滝の麓へのショートカット


次回はスコーガフォスの滝の続きをレポートの予定です♪

アイスランド・スコーガフォスの滝とエイヤフィヤトラヨークトル火山噴火の跡

2016/10/01 (4日目) 続き

スコーガフォスの滝滞在時間の後半は滝を下から鑑賞します。
横幅25m、落差60mの大きな滝、近付くとすごい迫力ですが、水しぶきもすごいです。
少し西向きなので、朝はこのように滝が影になってしまいます。

スコーガフォスの滝正面したから


上を見上げると遥か遠くに、先ほど上がった展望台が見えます。
やはり下から見えても透けて見えます。先に下から滝を鑑賞していて、上を見ていたら登らなかったと思いますが、景色も良かったので登ったのは正解かな?

下から見たスコーガフォスの滝上の展望台


スコーガフォスの滝は、大きくて近付いても滝の全貌は見えないし濡れるだけなので、下からの見学はあっという間に終わりです。こちらは川の対岸の景色です。アイスランドの小さな村は、家が点在していて集落と呼べるほどの数も同時に見ることはできません。

スコーガフォスの滝下流の対岸


小さな馬が放牧されています。観光客以外の人間を見ることはほとんどなく、動くものは動物ばかり、ゆったりとした時間が流れています。

アイスランドの馬


スコーガフォスの滝、ある程度距離を取ってみるのが一番美しいかも知れません。でもこうして引いて見ると、落差が60mもあるようには見えません。

スコーガフォスの滝は少し離れて見る


9:50 駐車場に戻り出発です。
スコーガフォスの滝、シンプルな滝なので、右上の展望台からの景色もオススメです。
こうして見ると周辺に何もありませんが、駐車場にトイレはあります。

スコーガフォスの滝全景


10:10 ちょっと西に走った所で写真ストップです。アイスランドでも景色のきれいな農場だそうです。手前には2010年のエイヤフィヤトラヨークトルで起きた火山爆発のパネルが設置されています。

エイヤフィヤトラヨークトルの南にある農場


確かに山に囲まれた少し規模の大きい農場は絵葉書にありそうな美しい景色です。

美しい農場とエイヤフィヤトラヨークトル


こちらが2010年の噴火の時の写真パネルです。農場なんて簡単に呑み込まれそうな爆発が起きています。2010年4月ヨーロッパの空に大混乱を起こした噴火ですが、周辺住民の避難は済んでいて、人的な被害は出なかったようです。

エイヤフィヤトラヨークトル火山噴火時の農場の様子を写したパネル


灰で覆われた農場の様子などのパネルもあります。エイヤフィヤトラヨークトルは氷河におおわれた1666mのなだらかな山、火山としても噴火としてもアイスランドではそれほど大規模ではなかったようですが、及ぼした影響は甚大でした。噴火が始まった頃は、地元の人は噴火に気付かないくらいだったそうです。

噴火の時に火山灰に覆われた農場の様子を説明するパネル


10分ほど農場の前で火山噴火の話などを聞いた後、再び出発です。この辺り、山裾によーく見ると家が見えます。屋根に草が生えているので分かりにくい?これは伝統家屋ターフハウスでしょう。芝屋根の古い住居です。厳しい自然で断熱効果を狙ったこの家屋は9~19世紀によく使われたそうです。

ターフハウス


車窓では時々、断崖の麓に農家があります。国道1号が生命線、火山噴火などで道路封鎖される前に避難できなければ完全に孤立してしまいますね。人口が少ないのも頷けます。

アイスランド南部の生活


民家が見えるのは稀で、ほとんどの場合、見えるのは動物だけです。
馬も牛も羊も家畜ですから、近くの酪農家が飼っているのでしょうが、動物たちはかなり気ままに過ごしているように見えます。動物が点にしか見えないほどの大自然の中で放牧されているのですから。

点のように見える家畜たち


そして時々滝が見えます。幅がないですが、落差は結構ありそうな滝がたくさん見えます。
そろそろセリャラントスフォスの滝が近そうです。

南部にあるたくさんの滝のひとつ


次回はセリャラントスフォスの滝をレポートします♪

アイスランド・セリャラントスフォスの滝

2016/10/01 (4日目) 続き

10:25 セリャラントフォスの滝に到着です。1号線から見える場所なので観光客が大勢います。
ここは裏見の滝として有名なので、ポンチョなどを着込んでバスを降ります。カレンダーなどで見た事ある滝はもっときれいだったけど、これが最初の感想です。

セリャラントスフォスの滝正面


アイスランドでも有名な観光地の割に、ここも大きなお土産屋などはなく、小さなショップと仮設のようなトイレがあるだけです。トイレは男女1つずつと車椅子対応のものがあるだけ、でも意外ときれいなのでびっくりしました。

セリャラントスフォスの滝のトイレ


滝の見学は各自です。先にトイレに寄ったらダンナに置いて行かれたようなので一人で滝に向かいます。水量はそれほどでもありませんが、落差は最大65m、何となく女性らしさを感じる美しい滝です。

セリャラントスフォスの滝


ほとんどの人は半時計周りに見学しているようなので、右側から滝の裏へと周ります。左側は岩場が滑りやすいので、裏側まで行ったら同じ道を戻るのがいいとガイドさんは言っていました。正面から見た時やさしさを感じた滝ですが、横から見ると迫力満点です。

横から見たセリャラントスフォスの滝


滝の裏は洞窟みたいな感じですね。誰でも歩けるような散策路ではなく、岩場なども歩かなければならないし、そこら中濡れているので足元には注意です。滝が大きいので写真に全部が入り切りません。

滝の裏側を歩ける道


目いっぱい岩場の奥に行って、縦にしてようやく滝が納まります。もちろん水しぶきもかなりかかるので防水カメラを使います。こうして見ると、カレンダーで見た滝の姿に印象がかなり近付きました。

最大落差65mのセリャラントスフォスの滝


滝のカーテンの裏まで来ました。結構観光客で混んでいます。天気が曇ってしまって、ちょっと残念。青空だったらどんなにきれいなことでしょう。

滝を裏側から見る


完全に裏側まで来ると滝の向こう側が透けて見えて、水量がやっぱりあまり多くはないことがわかります。でも迫力はすごいです。

水のカーテン


上を見上げると、なんだか水の流れがゆっくりなように見えます。なんだか不思議な光景です。妖精でも飛んでいるんじゃないかという感覚がします。

裏から見た滝の落ち口


左側の道は岩場を登るような感じになっていますが、右側の道とそれほど違いを感じなかったので一周することにしました。いろんな角度で滝を眺められますし、右側よりも空いているので好きな場所でゆっくり立ち止まることもできます。

左サイドから見たセリャラントスフォスの滝


左側の道は結構岩場を登ります。シニアの方たちやスカート履いてたり、ちゃんとした靴じゃない人にはオススメできないコースでした。足元が結構危ないです。この辺りが一番眺めがいいかな?歩いている人たちが小さく見えます。

斜めの角度が美しいセリャラントスフォスの滝


一番高台まで来ると川の下流、駐車場の方、海の方までよく見えます。岩場から降りて、川にかかる橋を渡って一周です。ここでやっとダンナがどこにいるか見つかりました。叫んでみましたが全然聞こえないようです。滝の水音がかなり大きいのです。

セリャラントスフォスの滝の下流


岩場を上がったお陰で迫力のある滝の姿も見れました。どの角度から見ても美しい滝です。
というか、正面より斜めに立体的に見るのがオススメです。

左側高台から見たセリャラントスフォスの滝


高台から下りると、先の方にも滝がいくつか見えます。
昔はこの崖が海岸線だったそうです。さしずめ2時間サスペンスのクライマックスの舞台ですね。時間があればこの道沿いも歩いて見ると楽しそうです。滝の裏見散策コースは一周15分くらいでした。

昔は海岸線だった崖からは他にも滝がいくつもある


次回はセリャラントスフォスの滝~ブルーラグーンをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR