中国・成都パンダ基地幼年園七喜にお別れし帰国

2017年も旅レポートをよろしくお願いします♪

2016/09/24 (4日目) 続き

16:50 愛浜の所から成年園の方へ歩いていると、幼年園の飼育員、譚(たん)さんの「过来(ごらい、おいでという意味)」が成年園の方まで聞こえてきました。これを聞いてパンダは屋内の部屋へ帰るのですが、私もパンダと同じように反応し、走って幼年園へと戻ります。 

幼年園の室内に着くと、ちょうどパンダが外から帰ってくる所でした。先に部屋にいた七喜(チーシー)は譚さんからパンダケーキをもらって食べている所です。写真右が七喜。
                       
成都パンダ基地幼年園室内に戻ってくるパンダたち


ちょうど外から入ってきた毛笋(マオスン)が七喜がおやつを食べているのに気付きます。七喜が食べ終わった所だったので、毛笋は七喜が食べこぼしたのを拾い食いします。

七喜の食べこぼしを拾う毛笋


毛笋がケーキをもらって食べ始めた頃、まだ毛竹(マオジュー)が帰ってないため門が開いていたので七喜が部屋を出て行ってしまいました。私は集合時間ギリギリまでここで七喜を見ていたいのに・・・。毛竹が入ってきた後、七喜は水をしたたらせて再度部屋に帰ってきました。りんごを食べている毛笋、戻ってきた七喜にも譚さんがりんごをくれます。

戻ってきた七喜にりんごを差し出す譚さん


りんごをもらった七喜、嬉しそうです。横の窓から一人見ていた私に顔を向け、「りんごもらったよ、おいしいよ」と言っているように見えます。が、そのときでした。そうっと近くにいた毛笋が近付き、さっと七喜のりんごを奪って逃げたのです。

りんごもらったと嬉しそうに報告する七喜


七喜は毛笋を追いかけ、「毛笋、それ私のりんごだよ、返して?」とお願いしますが、毛笋は知らん顔で奪ったりんごを食べます。他の子なら強引に奪い返したりするでしょうが、七喜は手が出せないようです。

今日七喜から2個目のりんごを盗った毛笋。返してっていう七喜


簡単に諦めた七喜、むなしく手(りんごの味がちょっと残っている)を舐めます。私が見ていなければ、気を取られることなくりんごを奪われなかったかも?そう考えると心が痛みます。今朝も毛笋にりんご取られたのに、私が見ただけでも今日2個目です。最後までりんごを取られ続けた七喜、これからは双子の七巧(チーチャオ)との2人だけの生活になるので、りんごを堪能できるといいね・・・。

りんごを返してもらえないのでリンゴ持ってた手を舐める七喜


いつものように切り替えの早い七喜は味がしなくなった手を舐め終わると、タケノコを食べ始めました。その様子を見ていて、あれ、遠近法を差っ引いてもやっぱり七喜の顔は際立ってデカいな、かぶりものを被ってる?と改めて衝撃を受けました。いいんです。顔デカくてもかわいいのです。(手前が七喜)

タケノコを食べる顔のデカい七喜


タケノコを食べる七喜。私がここを去る時間が近付いて来ました。内モンゴルのオルドス動物園へ明後日行ってしまいますが、その動物園にはライブカメラはないため、当分の間七喜を見ることができません。毎日ライブカメラで見てきたので私の視界から消えるという事がまだ信じられません。

タケノコが好きな七喜


当のパンダたちもお別れが近いことは知りません。つい4日前に2頭の仲間がいなくなっても、あまりインパクトはなかったかも知れません。でも明後日には、2頭がまたいなくなり、残るは3頭になって急に寂しくなります。いずれにしろ生まれた時からわいわい育った彼らにお別れの時は刻一刻と近付いているのです。

幼年園室内でみんなで食べる最後の晩餐


集合時間まで15分を切ったので、もう行かなくてはいけません。後ろ髪を引かれる思いで七喜にお別れを言います。「七喜、ばいばい。きっとオルドスへ会いに行くから元気でね。」そっぽ向かれて最後に見る姿が後ろ姿だと悲しいので、この1枚で幼年園を去ります。

最後に見た七喜


17:20 正門に集合です。夢中だった一日ですが、ふと気付くと、蚊に刺されまくっていてあちこち痒いです。虫除けスプレーとか、気休めにもならないと分かりました。パンダもいっぱいいる基地ですが、夏は蚊が山のようにいるようです。

成都パンダ基地正門


17:40駐車場を出発し、最寄りの熊猫大通駅までバスで移動します。個人で来たら198番のバスでその地下鉄の駅まで行くことができそうです。駅の地くにはIKEAもあります。Pandapiaのスタッフさんが券売機で地下鉄の切符を買ってくれます。今年開通したばかりの駅です。

熊猫大通駅の券売機


改札前にはセキュリティチェックがあり、荷物はX線を通し、液体類はチェックされます。
熊猫大通駅、という名前だからか、駅の壁もパンダとか・・・。実際には駅からパンダ基地まではかなりの距離があります。

熊猫大通駅の壁


途中で一回乗り換えて、成都の中心部へと向かいます。成都はこの時間帯道路は渋滞するので、バスよりも地下鉄が便利なようです。着いて見ると、成都、かなり大都会です。観光で行く場所とは違って、日本で言うと新宿とか渋谷みたいな感じかな?都会の街らしさでいっぱいです。

成都中心部


最後の夕食は、レストランの個室の円卓で頂きます。私他数名は明日帰国しますから、最後の晩餐です。今まで交流のなかったパンダファンの方達とお話しでき楽しかったです。

成都の最後の晩餐


20:50 セレンゲチホテルに到着です。CA上海乗継の関西組2人と私は明日早朝出発なので、ここで皆さんとお別れの挨拶をしておきます。ホテルの部屋はきれいで機能的、Wi-Fi無料です。

成都のセレンゲチホテル室内


相部屋さんとおしゃべりしていたらあっという間に深夜3:00くらいになっていました。
もっとたくさんお話ししたいと思える好感の持てる方でした。

2016/09/25 (5日目)

6:00 相部屋さんを起こさないようそうっと部屋を出てロビーに集合します。Pandapiaのスタッフが空港へと送ってくれます。
6:20 空港到着、国内線に乗る2人ともお別れです。チェックインの開始時間までPandapiaのスタッフがおしゃべりに付き合い、出国を見送ってくれました。滞在中、用意した中国元はほとんど使う機会もなく、全日程通してほんの数十元しか使わなかったです。

9:05発NH-948にて成都から成田へ。搭乗レポートはこちら
14:50成田到着です。

今回の旅はパンダに会うためだけに参加し、一度は諦めたけど最愛のパンダ七喜に会うことができました。たくさんのパンダに会い、増々パンダ好きになって帰国することになりました。海外旅行に行くことができなくなってもパンダにだけは会いにまた成都に来ようそう思える旅でした。

これで今回の旅のレポートはおしまいです。
今回も最後まで見て頂きありがとうございました!

スカンジナビア航空・エコノミークラス

今回はスカンジナビア航空の搭乗レポートです。(2016年9、10月搭乗)
飛行機の搭乗レポートは評判、口コミの検索が多いので、座席、機内食、サービス、ラウンジなどの感想について最新情報をレポートします。

スカンジナビア航空、約4年ぶりの搭乗になります。成田発着便で使われる機材はA340、往路はスターアライアンス塗装機でした。成田のゲートは最近は第一ターミナル31番です。

スカンジナビア航空スターアライアンス塗装機


スカンジナビア航空はSASのロゴが入った機材が基本です。こちら復路のものです。

スカンジナビア航空機材A340


成田のチェックインですが、団体ツアーの場合は団体チェックインになり、長いチェックインの列に並ばずに済みます。プレエコの設定がありますが、値段の差ほどの違いはないように思います。ちなみにビジネスもピッチが他社に比べると狭い感じがします。

往路は11:40 SK-984成田発コペンハーゲン行き。エコノミーは30列から、AB-CDEF-GHの2-4-2配列です。座席は以前のものより改善されていて、ピッチは以前感じた程は狭く感じません。水500mlボトルが予めおいてあります。個人用スクリーンは普通サイズで、タッチパネル操作のみ。映画は65本中、日本語で楽しめるのは10本程度だけど、操作性はとてもいいです。USBあり、座席下にAC電源あり。

スカンジナビア航空エコノミークラスの個人用スクリーン


離陸して40分ほどで最初にドリンクサービスがあります。ドリンク類はこの時だけ無料で、食後はコーヒー紅茶、水を除き有料になります。あらかじめ日本語でもそうアナウンスが入るよう親切になりました。食事の時の分、食後の分も一緒にもらっておきます。たいていの人が2つはもらいます。ワインはいまひとつでした。

欲張りに見える?スカンジナビア航空エコノミーでの飲物のもらい方


さて、次は機内食です。なんと最初から1種類しか用意がないのでチョイスなし。
メインは私の苦手なチキンでした。サラダやパンもおいしいし、チキンもパサパサしていなくてぷりっとしたいいお肉が使われていて、予想に反しておいしく頂けました。

スカンジナビア航空成田→コペンハーゲン機内食1回目


間食サービスとして、フライト中間で、サンドイッチとコーヒー紅茶が配布されます。
それ以外は、何もないので、ドリンク類を含め有料で調達ということになります。

到着1時間半前くらいから機内食2回目が配布されます。またしてもノーチョイス。コールドミールで、パンのみ暖めてあります。豆のサラダとローストビーフ。量は少ないですが、これも意外とおいしかったです。ちなみに日本茶もしっかりとしたお味でおいしく飲めました。

スカンジナビア航空成田→コペンハーゲン機内食2回目


帰国便SK-983コペンハーゲン発成田行きの機内食も、紹介します。飲物が最初のドリンクサービスのみ無料、や、機内食にチョイスがない点は往路と同ルールです。
チキンのバーベキューソース、サラダ、チーズ、ケーキ。ブロッコリーとライスがグダグダでした。やはり日本発に比べると出来は落ちます。

スカンジナビア航空コペンハーゲン→成田機内食1回目


成田着前に出る2食目は以前同様、謎の機内食です。イマイチのパン、シリアル、バター、ジャム、チーズ・・・パックされた小さな商品がトレーに置いてあるだけです。何か大事なものを乗せ忘れている、そんな風に見えますが、これが完成形です。これは以前から変わらず、ちょっと笑ってしまいました。

スカンジナビア航空コペンハーゲン→成田機内食2回目


サービス面の感想に移ります。まず、機内食はトレー以外のものは全てゴミ箱に捨てられるように出来ていて、回収がスムーズになりました。全体的に愛想はないけど、テキパキとスピーディに作業をする、そんな感じです。ちなみに日本人CAも乗務していますが同じく親しみやすさみたいなものは感じません。

サービスが最低限なので機内食の時間以外はCAをほとんど見かけません。2,3回お水を配りに周っているのを見かけたくらいです。サービスコストを徹底して削っていることがわかります。

次はスターアライアンスゴールドの資格で利用したラウンジの話になります。成田ではUAまたはANAのラウンジを利用できます。いつも利用しているので紹介は割愛します。コペンハーゲンでは、SASのラウンジを利用できます。かなり分かりやすい入口です。

コペンハーゲン空港SASラウンジ入口


下階がビジネスラウンジ、上階がスカンジナビアラウンジ、私はスカンジナビアラウンジを利用します。結構広く、開放感があってゆっくりできます。

コペンハーゲン空港SASラウンジ


このラウンジにはお気に入りだったサーモンが前はあったのですが、この日はありませんでした。楽しみにしていた分がっかりしました。ですがおいしいスープやサラダなどであっさりとまぁいいかという気になりました。

コペンハーゲン空港SASラウンジの食べ物


コペンハーゲンの空港では、日本行きはCターミナルから出ますが、パスポートコントロールを抜けるとセブンイレブンなど小さな店しかないので、ギリギリまでパスポートコントロールを通らないことをオススメします。しいて言えば、名物のこの銅像があります。

コペンハーゲン空港にある人魚像


とはいえ、座る場所にはことかかないので、もう買い物も何もしたくないという場合はお好きな椅子で静かに待つことも可能です。広めで結構おしゃれです。

コペンハーゲン空港Cターミナル


奥の方にはとても空いている(誰もいないとも言う)、きれいな空間もあります。AC電源もあります。なお、コペンハーゲン空港には無料Wi-Fiがあります(メールアドレス登録必要)。

コペンハーゲン空港Cターミナルの奥


さて、今回の帰国便は15:45発だったのですが、出発直前(搭乗前)に機材に問題があることが判明し、機材変更になりました。新しい出発時間は18:00、何もないCターミナルで過ごすのは大変なので、再入国しました。ウィンドウショッピングしていると、「東京行きの方はトランスファーセンターへドリンクバウチャー取りに来て」とアナウンスが入りました。近くにいたのでトランスファーセンターへ行くと1人あたり50DKKのチケットをくれました。日本語でどこの店で使えるか書かれた紙と一緒にもらいましたが、ほとんどのお店で使えます。

寿司屋でお持ち帰り用の85DKKのサーモンとまぐろのお寿司と引き換え(50DKKチケット2枚)ました。ドリンクチケットと言っていましたが、サービスチェックと書かれていて、食べ物だろうとお土産だろうと支払いに使えるようです(釣り銭なし)。お米は想像通りイマイチでしたが、サーモンがおいしかったのでなかなかのお寿司でした。

コペンハーゲン空港のお寿司屋のテイクアウト


最後に、スカンジナビア航空はできれば乗りたくない、LCCもどきと勝手にレッテルを貼っていましたが、座席が改善されたこと、サービスがかなりスピーディになったことなどから、毛嫌いする程でもないかな?と若干評価を上方修正しようかなと思いました。ただマイレージに関しては、加算率がかなり低いので、やはり欧系のスターアライアンス他社に比べると見劣りしてしまいます。北欧へはそう度々行かないので、次に乗るのはいつのことかな?その時はどうなっているか楽しみです。

次回からアイスランドの旅レポートスタートです♪

アイスランド・ケフラヴィーク(オーロラ鑑賞)

今回から9~10月に行ったアイスランドの旅レポートスタートです。
阪急交通社の「アイスランド紀行7日間」にダンナと参加、旅費は諸税込で1人約30万5千円です。36PAX。

2016/09/28 (1日目)

11:40 SK-984便にて、成田からコペンハーゲンへ。飛行機の搭乗記はこちら
16:00 コペンハーゲン到着です。セキュリティの後、入国、アイスランドはシェンゲンに加盟しているので乗継地のコペンハーゲンでの手続きのみになります。

今回の参加者は36名、私たちもかなり早く申し込みましたが、キャンセル待ちからの参加でした。時期的にお得な値段だったので人気だったようです。添乗員さんは脱サラした年配の男性だったせいか、この人数を数えるのにも難儀し先が思いやられます。ですが、相当に旅慣れた客層だったので、添乗員は頼りないくらいの方が人数多い時はうまく行くかも知れません。

19:45 FI-213便にて、アイスランド首都近郊のケフラヴィーク空港へと向かいます。アイスランド航空、機材は757-200、写真は復路に撮影したものです。

アイスランド航空機


座席配列はABC-DEFの3-3配列。フード、ドリンクとも全て有料です。

アイスランド航空エコノミーの座席


個人用のモニターもありますが、この時間睡魔に襲われるので必要ないかもしれません。こんなオーロラが見れたらいいなぁ・・・、と思っていたら、到着1時間前くらいに右の窓からオーロラが見えました。私は左側の通路でしたが、その席から右の窓を見ても見えるくらいはっきりとした緑のオーロラでした。飛行機では昔も一度見た事があるのでこれで二度目です。

アイスランド航空エコノミーの個人用モニター


21:00 ケフラヴィーク到着です。日本語ガイドとミート、空港で両替の案内もありましたが、公衆トイレですらクレジットカードでOKというので、現金は一切持たないことにしました。
22:00 バスで空港を後にします。日本語ガイドは4日目までずっと一緒に周るそうです。

アイスランドのケフラヴィーク空港


22:15 ケフラヴィークのホテル、パークイン バイ ラディソンレイキャビクに到着です。アイスランドには大型のホテルが少ないため、この日含めて2か所で分泊になります。後半に申し込んだ11名が日本語ガイドさんと一緒にこちらのホテルに泊まりますが、もう一軒のホテルもすぐ近く(100mくらい)です。

ケフラヴィークのパークイン


部屋はいかにも北欧らしい簡素な感じですが、機能的で使いやすいです。
シャワーのみ。Wi-Fiパスワードなし無料。

ケフラヴィークのパークインの部屋


日本語ガイドさんによると、今日から3日間オーロラ予報が6(0~10のうち)と出ているので、かなり期待できるし、今日は22:00-23:00はレイキャビクはオーロラのために電気を消すことになっていると言います。アイスランドはオーロラがよく見えることで有名ですが、このような予報は珍しいそうです。元々、30日が新月と、月齢も考えてこの日程を選んでいたので、ちょっとは期待していました。さくっと上着などを着こんだら、面倒がるダンナを引き連れて早速外へ出てみます。

外は3℃くらいかな?それほど寒くないです。添乗員さんたちが泊まっているホテルの方が海辺だといういので、灯りの少ないそちらの方へ歩いて行きました。ほんの200mくらいかな?天の川と思われる星空の下を海辺まで行きます。海辺に出るとかなり暗いです。すると、早速、緑のオーロラがぐわーっと動めくのが見えました。えっ、待たずに、目を凝らさずに、こんなに簡単に見れていいの?

アイスランドのレイキャビク近郊ケフラヴィークで見たオーロラ


あまりにあっけなくオーロラが見えたので、ちょっと拍子抜けです。するとオーロラがどんどん発展して空に絵を描き始めました。ゆらゆらとどんどん形も色も変わっていきます。赤系の色も見えました。爆発的に広がっていきます。この写真は1万円以下で買ったコンデジで三脚なしで撮ったものです。こんなすごいオーロラ見れるとは思いませんでした。(注:写真はコンデジ素人写真をリサイズしたものなので、本物は比較にならないくらい凄いです)

アイスランドに着くなりホテルの側で見たオーロラ


まだ同じツアーのグループの人たちはまだ来ていませんでした。いったん拡散したオーロラが弱まっていきます。それほど寒くないけど、足先などは冷たくなってきます。あまりにあっさりオーロラが見れたので、ダンナにはありがたみがなかったのか、もう寒いから帰ろうと言いだします。トロムソで延々オーロラ出るの待ったことがある私としては、こんなラッキーないからもうちょっと見ていようと言いますが、早く帰りたいとうるさいのでホテルへ向かいました。

すると続々皆さんが前から歩いてきて、ガイドさんにも会いました。また強くなりそうだと言うので、ダンナはホテルへ返し、私は残ることにしました。すると、またどんどんとオーロラが濃くなってきました。今度は周辺に他の外国人観光客など人がいっぱいいたので歓声があがります。

オーロラは弱くなったり強くなったりどんどんと形も色も変わっていく


大きく形が変化していき赤紫の色も出ます。隣にいる人が誰だか全然わからないくらいの薄暗さ、でも皆で歓声を上げて楽しみます。こうして見ると、それほど真っ暗でもない、町中でこんなオーロラが苦も無く見れるなんてかなりついていると思います。

町の中で見れるオーロラ


オーロラの撮影は素人には難しいですが、肉眼でかなりはっきり見えるものなら、なんとオートでも写るのでびっくりです。夜景モードとかはイマイチでした。側にいた誰かのアドバイスでISOをちょっといじったくらいです。段々薄くなってくると雲と判別が難しくなります。

各国から集まった大勢の観光客がオーロラは楽しむ


薄くなりながらもオーロラはずっと出ている状態で、きりがないので、23:30ごろ引き上げることにしました。町の明りの下でも、雲とオーロラの区別はつくくらいはずっと見えています。上面の白い部分は雲、その下の右上がりのグリーン系のスジがオーロラです。

町の中でも見分けられるオーロラ


部屋に帰って、カップラーメン食べながら温まりました。9月末はオーロラがちょうど見え始める頃、夜もそれほど寒くなくて良かったです。(このツアーは夏のコースなのでオーロラチャンスをうたったツアーではなく、9月はオーロラシーズンですと小さく書いてあっただけ。日照時間も長く昼間の観光とオーロラ両方楽しめるので9月末オススメです。)

2016/09/29 (2日目)

ホテルの朝食、サーモンや、焼きたてワッフルなどおいしかったです。レストランのスタッフにそこそこ日本語話せる人がいてびっくりしました。(あいさつだけじゃなくて、ワッフルが焼けたら席に持っていきますから、など)

パークインの朝食


8:05 バスでホテルを出発します。今回人数が多いからか全席指定です。
夕べは真っ暗でどんなところかわかりませんでしたが、こんな感じの所でした。日本の北の海とちょっと共通するような寂しい印象が残る風景です。

ケフラヴィークの海辺


次回はレイキャビクをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR