FC2ブログ

アイスランド・レイキャビク市内観光

2016/09/29 (2日目) 続き

8:05 ケフラヴィークのホテルを出発、バスでレイキャビクへと向かいます。
ケフラヴィーク周辺は高層の建物はほとんどなく、ほとんどが平屋か2階建て程度の建物です。こちらの変わった建物は教会ですね。北欧諸国と同じく現代的でおしゃれな教会です。

ケフラヴィークの教会


10分ほど走ると遠くに白い煙のようなものが見えます。世界最大の露天風呂として有名なブルーラグーンのある地熱発電所のある所です。私たちの行程では他の観光地を周ってきてからツアー最後の観光ポイントとして組み込まれています。後日のお楽しみ、しばらくは荒涼とした大地を走ります。

ブルーラグーン周辺


アイスランドの人口は約33万人、その2/3がレイキャビクと近郊に住んでいるそうです。30分走り、やっと住宅らしき建物が見えてきました。思っていた以上に、自然が閉める割合が大きい国です。

レイキャビクの端


だんだん家が多くなってきました。ちなみにアイスランドの森はほとんどが植林で、元々自生しているのは白樺だけなのだそうです。起伏の少ない平らで雄大な土地です。写真の中央に小さく見える不思議なドームがあります。ペルトラン、巨大な温泉タンクで、各施設にお湯を供給しています。

アイスランドの町


レイキャビクの中心部に来ました。ここには数えるほどですが、高層ビルもあります。でもごちゃごちゃした都会的な印象は全くありません。

レイキャビク中心部


8:57 最初の観光ポイント、ホフジハウスに到着です。1909年にフランス領事のために造られた建物ですが、1986年レーガンとゴルバチョフの会談に使われたことで有名です。現在は町の迎賓館として使われているそうです。かわいらいしい外観の建物、ぽつんと建っているのが印象的です。

ホフジハウス


ホフジハウスは一般公開はされていないので、中は見ることができません。すぐ裏は海で、横には詩人の像があります。世界最北の首都は静かな寒々とした感じですが、実際はさほど寒くはなく、清々しい空気を感じます。

ホフジハウス周辺


バスで移動し、9:12、トイレ休憩と港見学を兼ねて、コンサートホールHARPAに立ち寄ります。2007年から建てられた新しい近代的な建物で、ここまでするかくらいのガラス造りです。

レイキャビクのHARPA


この建物の裏側にはレイキャビク漁港があります。首都の港と言っても、田舎町の小さな港といった風情です。

レイキャビク漁港


でもよく見たら軍艦みたいな大きな船も停泊しています。これ必要なのかな・・・。

HARPAから見たレイキャビク漁港


HARPAは多目的ホールのような建物、観光客向けのアイスランドの紹介みたいな映像もありました。4Kだったかな、映像がとてもきれいでこれから周るアイスランドの特徴を予習できます。

HARPA内で見たアイスランド紹介映像


9:30 再びバスに乗り今度はハトルグリムスキルキャ教会へと向かいます。本当は歩いても大した距離ではありませんが、市内の車窓観光を兼ねています。海沿いの風景、レイキャビクの辺りは入り江になっているので、対岸や、間にある島などが見えています。

レイキャビクの海岸風景


9:40 ハトルグリムスキルキャ教会に到着です。舌を噛みそうな全く覚えられない名前です。街中の観光スポットが少ないレイキャビクにおいて、ランドマーク的な存在です。こうして横から見ると、まぁまぁ教会には見えます。塔がちょっとロケットみたいな感じですが、流れるマグマをイメージしたデザインなのだそうです。

ハトルグリムスキルキャ教会


30分のフリー見学となりました。教会らしい重厚な扉から中へ入ります。後日、終日フリータイムの日にまた来ることもできますが、旅は何が起こるか分からないので、早速塔に上がってみようと思います。塔の入場チケット900ISK(アイスランドクローナ、日本円とほぼ等価なので、900円くらい。物価高いです。)をクレジットカードで購入します。

ハトルグリムスキルキャ教会の門


次回、続きをレポートします♪

アイスランド・レイキャビク(ハトルグリムスキルキャ教会)

2016/09/29 (2日目) 続き

ハトルグリムスキルキャ教会、まず塔に上がるチケットを買ったら早速入口にあるエレベータで8階まで上がります。エレベータ降りたら階段を上がります。教会の塔にありがちな「階段」のキーワードは時として私に恐怖をもたらしますが、通常のビル内の階段のようなものでほっとします。

ハトルグリムスキルキャ教会の塔の階段


教会は高台に建っていて、他に高い建物がない中で、74.5mの高さがあります。ですので、この塔の上はレイキャビクの一番の展望スポットと言えるでしょう。しっかり首の高さまで塀があり、踏み台に乗って窓から外を眺められます。北西のHARPAの方面、レイキャビクで一番賑やかな辺りです。なんてかわいい町でしょう。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見たレイキャビク中心部


正方形のような展望台には各辺にいくつかの窓があるので、一通り覗きながら景色を楽しみます。こちらは北東ホフジハウスの方面です。見えている範囲がほぼレイキャビク中心部、歩いて周れるほどの小さな首都です。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見たホフジハウス方面


今度は海と反対の南東の方です。中央やや右に温泉タンク、ペルトランが見えます。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見たペルトラン方面


ズームします。巨大なタンクですね。いろんな施設に温水を供給しているそうです。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見たペルトラン


そしてこちらは南西方面、チョルトニン湖と呼ばれる池があります。この左手に国内線用のレイキャビク空港があり時折小さな飛行機が離発着する様子が見られます。
私はこの方面の景色がとても気に入りました。

ハトルグリムスキルキャ教会塔から見た池方面


少しだけズームすると、家々がとてもカラフルなことがわかります。積み木を並べたようなおもちゃみたいな町です。アイスランドらしさ、として印象に残る町並みです。

カラフルなレイキャビクの街並み


住むなら池の周辺がいいかな?かわいらしい色の屋根に紅葉した木々、裕福そうな人が住んでいそうな気配が漂う素敵な風景です。町全体を見渡すのにちょうどいい場所に建っているこの教会、塔のチケットは高いですが、他にこの景色を見るチャンスもないのでオススメです。

レイキャビクの街並み


塔から降りたら残り時間は教会内部を見学します。内部はとてもシンプルです。
装飾も何もない現代的な空間です。1945年から約40年かけて建てられたまだ新しい教会です。

ハトルグリムスキルキャ教会内部


その中での見所は入口側にある5575本のパイプオルガン、ドイツから贈られたもので15mもあります。きれいな音色が流れています。

ハトルグリムスキルキャ教会のパイプオルガン


このモノトーンのガラス製のものはチェコからの洗礼盤だそうです。上のガラスの部分がやさしい花びら型に彫られています。

ハトルグリムスキルキャ教会の洗礼盤


最後に外に出て外観をチェックします。正面から見るとまるでスペースシャトルのような独特な形をしています。これがマグマが流れて固まった様子、なのだそうです。教会前に建つのは、レイフ・エリクソンの像、コロンブスよりも500年も早くアメリカ大陸を発見した最初のヨーロッパ人で、アメリカから贈られた像だそうです。

ハトルグリムスキルキャ教会正面の独特のフォルム


教会前からはなだらかな坂道がHARPAの方面へ向かって伸びています。この辺りは観光の中心地、おしゃれなレストランなどがたくさんあります。

ハトルグリムスキルキャ教会前の町角


塔の上から見た家並み、地上で見ると全然違うものに見えます。清潔感を感じる町並みです。

ハトルグリムスキルキャ教会前の街並み


10:10 ハトルグリムスキルキャ教会を出て、バスでレイキャビクを出発しゴールデンサークル観光へと向かいます。レイキャビクを出て東に向かいますが、天気がよくなってきました。車窓に見えるのはテーブルマウンテンのエーシャ山です。

エーシャ山


次回はシンクヴェトリル国立公園地球の割れ目ギャウをレポートします♪

アイスランド・シンクヴェトリル国立公園(地球の割れ目ギャウ)①

2016/09/29 (2日目) 続き

レイキャビクから1号線を離れ、東へ、アイスランドの中央へとバスは走ります。どんどんと人の気配が減り、自然豊かな景色が広がっていきます。
どこかで見た事があるような、それでいてどことも違う、私がアイスランドに期待していたのはそんな風景だったので、期待通りです。

レイキャビクからシンクヴェトリル国立公園への道車窓風景


レイキャビクの中心部からまだ30分くらいしか走っていません。それでこの人を寄せ付けない大自然です。真っ青な空に、景色の美しさを程よく彩る雲、秋色の大地に流れる川。天気の良さも相まって既にアイスランドの虜になったようです。

レイキャビクからシンクヴェトリル国立公園への道車窓風景


10:53 シンクヴェトリル国立公園の駐車場に到着です。シンクヴェトリル国立公園は地球の裂け目ギャウの見られる所で、周辺にある間欠泉や滝などと合わせてアイスランドのゴールデンサークルとして観光のメッカです。バスを降りると、過ぎゆく秋を感じさせる冷たい風で体が縮こまります。

シンクヴェトリル国立公園駐車場


観光の前に駐車場でトイレタイムです。バスを降りて寒さは感じたけど、まだ必要ないので近くにあった地図など見ながら皆さんを待ちます。遮るものがない吹きっさらしの場所、上着のファスナーを首先まで上げ、手袋をして準備万端にしておきます。

シンクヴェトリル国立公園の有料トイレ


ここ、今回のアイスランド観光中唯一の有料トイレですが、空港でガイドさんが言っていた通り、クレジットカードでも支払いができます。無人で機械が置いてあり、ドイツのようなゲートがあります。200クローナ(約200円)。

シンクヴェトリル国立公園のトイレ使用料はクレジットカードでも支払える


全員揃ったらまず展望台のような所へと歩きます。公園内は遊歩道が整備されていて、靴はなんでも大丈夫そうです。

シンクヴェトリル国立公園展望台へ


展望台からの眺め、まずは右の方にアイスランドで一番大きい湖、シングヴァトラバトン湖のほんの隅っこにあたる部分が見えます。そして足元には地球の割れ目ギャウを見ることができます。

シンクヴェトリル国立公園展望台から見たシングヴァトラバトン湖


巨大な湖の全体像はここから見えるものではありません、入り江のようになっているほんの一部分だけ、割れ目を見に来たはずが、美しい湖の光景に思わずうっとりと見入ってしまいます。

シングヴァトラバトン湖


地球の割れ目という意味では左側を見るとよりはっきりと分かりやすいです。有名なアルマンナギャウ、世界遺産に指定されたユーラシアプレートと北アメリカプレートの境目が避けてできた割れ目です。

シンクヴェトリル国立公園地球の割れ目ギャウ


展望台からの景色を楽しんだ後は、そのギャウの割れ目の中を歩きます。なだらかなスロープの両側に崖が壁のようにそびえます。思っていたよりもこの裂け目は幅が狭いように感じます。

地球の割れ目ギャウへ下りる道


段々と下って行くと、どんどん壁が高くなり、そして裂け目の幅も広がってきたように思います。荒れ狂う濁流が削って作ったペトラ遺跡やアンテロープキャニオンの道は、まさに長い年月をかけて繊細に削られた感じでしたが、こちらは割ったという表現がぴったり、横にプレートがひっぱられて、ピキピキバリッと割れたような荒さを感じます。

地球の割れ目ギャウを歩く


やがて道はかなり広くなり、崖がかなりの高さになり、視界が開けます。パンフレットやガイドブックで見た事のある景色です。歩いたら足元の大地が割れそうな感じがしないかなと思ってましたが、大自然はどんと構えていてそんな不安はまるで感じません。

シンクヴェトリル国立公園地球の割れ目ギャウ


ギャウを歩いて、高い壁の後半で振り返ります。ここまで来ると規模の大きさがはっきりと分かり、裂け目の底を歩いている実感が沸いてきました。通常プレートがぶつかってできるこうした場所は深い海底にあることが多く、地表で見られるのはとても珍しいそうです。

シンクヴェトリル国立公園地球の割れ目ギャウの岩壁


さて、壁の先まで行くと国旗と観覧席のような所がありました。そこは930年、世界最初の民主議会アルシングが開かれた議会制民主政治確立の場所です。崖を背景に声が通りやすかったからその地が選ばれたと言われています。たくさんの人が座ってガイドの声などに耳を傾けていました。その議会ポイントからの眺め、平原に川が流れる美しい光景です。

世界発の民主議会の場所から見た雄大な景色


遊歩道が続いていて、あそこを歩いたら気持ちよさそうだなぁと眺めていましたが、私たちも歩くようです。駐車場まで来た道を戻ると思っていましたが、どうやら違うようです。
この先もちょっと楽しみです。

シンクヴェトリル国立公園遊歩道


次回シンクヴェトリル国立公園の後半をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR