FC2ブログ

中国・都江堰パンダ谷(パンダ見学~社員食堂ランチ)

2016/09/23 (3日目) 続き

11:30 パンダ谷で野生化訓練の様子を見学したり飼育員体験が終わった後は、皆でパンダを見学します。一番奥の三号舎から一通りパンダを見ます。タケノコ洗いの前にもちょっと見た大妮(ダーニィ)と小川(シャオチュァン)、同じ木で休憩中です。左奥が大妮、右がロドリゲスとあだ名のついた小川です。口のあたりに髭のような黒い毛があります。

都江堰パンダ谷に暮らす大妮と小川


パンダ谷は大自然に囲まれた施設ですが、パンダ舎の庭は意外と狭く、植物も少な目なので割りとパンダが見やすいです。距離はこのくらい、結構近くで見れます。2015年生まれの子パンダたちはまだ小さいので、遠くに感じるでしょうか?

都江堰パンダ谷三号舎の庭と大妮、小川


こちらは妮妮(ニィニィ)ママです。子パンダたちが1歳を超えてあまり手がかからなくなったので、同じエリアにいても離れてのんびりとお食事できます。2008年生まれのまだ若いママパンダなので、子パンダたちが親離れしたら成都に戻ることになるでしょう。

都江堰パンダ谷の妮妮ママ


二号舎には上側にPoとDeDe、下側にパンダ釣りをした園琳(ユェンリン)が住んでいます。
紹介したばかりなので、飛ばして、1号舎に移ります。一号舎の上側、こちらも木の上に子パンダが見えます。三号舎にいた双子の相方、小妮(シャオニィ)と小雅(シャオヤー)です。

都江堰パンダ谷に暮らす小妮と小雅


小妮、木の上で遊んでいます。昨年成都の母子園にいた時ライブカメラで様子を見ていた頃はまだ木に登れない赤ちゃんで、一緒に暮らしていた男の子たちと違ってあまり冒険にも行かない大人しい子でした。すっかりかわいくなっちゃって。

パンダ谷の小妮


見て~もう木登りなんて楽勝よ~、そんな感じです。2015年、成都では13頭の赤ちゃんが生まれていて、そのうちの双子2組が野生化候補に選ばれてここで暮らしています。時期が来たら、少なくともどちらかの組が山での訓練に入るのでしょう。

得意になった木のぼりを披露してくれる小妮


小妮は赤ちゃんの頃に比べるとかなり活発になったようです。いろんなポーズを見せてくれました。私がパンダに夢中になったのは、妮妮の双子がかわいい姿をライブカメラで見せてくれていたのがきっかけです。野生化に選ばれても選ばれなくても幸せな一生を送って欲しいです。

小妮


小雅の方はもうお眠のようです。こちらは男の子の双子の片割れです。ロドリゲスと呼ばれた小川ほどには顔が濃くありません。お兄さんの小雅はアントニオというあだ名を日本のファンに付けられました。

アントニオこと小雅


おっとよだれ垂らしそうになった?もう眠くて仕方ないようです。

小雅


小妮と小雅は小Y頭(シャオヤートゥ)ママと暮らしています。2006年生まれのパンダさんです。
うーん、お顔見えない。後でまた来るからこっち向いてね。

都江堰パンダ谷の小Y頭ママ


三号舎の下側は入口に一番近い所になります。来た時に見た2012年生まれの3頭が暮らしています。相変わらず奥莉奥(オリオ)以外は寝ているようです。

都江堰パンダ谷に暮らす2012年生パンダたち


たぶんこちらが園潤(ユェンルン)、女の子です。4歳だから人間で言えば中学生になった所、という感じでしょうか。

都江堰パンダ谷の園潤


こちらが淼淼(ミャオミャオ)かな、女の子です。この目の周りの黒い部分(アイパッチ)のせいで、起きてるんだか寝ているんだかわかりません。
同級生7頭のうちの3頭が今でも一緒に暮らしています。奥莉奥は男の子ですが、かなり女顔なので、女子高みたいな感じです。

都江堰パンダ谷の淼淼


12:00 お昼になったのでいつまでもパンダを見ていたい人たちを連れてランチへと向かいます。スタッフオンリーのこの建物へと入ります。

都江堰パンダ谷スタッフ用の建物


社員食堂というか、飼育員さんたちの休憩場所または会議室代わりのような部屋でランチを頂きます。中庭を囲む一室です。成都パンダ基地のような大がかりな施設ではないので、お客さん用のちゃんとしたレストランなんかもないような所です。なんだか田舎の一軒家でちょっとお茶をいただくという雰囲気です。

都江堰パンダ谷スタッフ用の建物の中庭


こちらがランチ。飼育員さんたちが食べる食事と同じものです。にら玉、グリーンピース、なす(辛い)、豚と昆布のスープ、これにご飯と食後のデザートにりんごです。中国の普通の食事といった所でしょうか。これで、3,4人分です。

都江堰パンダ谷飼育員さんと同じ食事


次回は午後のパンダ谷をレポートの予定です♪

中国・都江堰パンダ谷(昼下がりのパンダ達)

2016/09/23 (3日目) 続き

ランチの後は、14:00正門集合のフリータイムとなりました。と言っても、ここは小規模な施設なので、ランチの前に見たパンダたちを見る以外することはありません。午後はその後、都江堰観光の予定ですが、昨年堰の観光は来たばかりなので、通称パンダ楽園という別系統のパンダ施設に離団して行くことはできないか、Pandapiaのスタッフの方にダメ元で相談をしました。

調べてみてくれるというので、パンダを見に行きます。パンダ谷は成都パンダ基地に比べるとアクセスがよくない上にパンダの数も少ないので、個人で気軽に度々来るということもないでしょうから、時間までゆっくりパンダを見ようと思います。でも、午後一、パンダは眠い時間です。2012年トリオはそれぞれ離れたところでぐっすり寝ています。

都江堰パンダ谷2012年生まれのパンダたち


すぐ上の小妮(シャオニィ)と小雅(シャオヤー)の2人も木の上で寝ています。子パンダが木の上で寝るのは本能のようですが、寝ぼけて落ちないか、ヒヤヒヤします。

木の上で寝る小妮と小雅


二号舎に上がって行くと、パンダ釣りした園琳(ユェンルン)もやっぱり寝ています。パンダは食べる時間以外寝ているのが普通なので、起きてるパンダが見たければ朝早く行くか、夕方の方が起きている割合が高いのです。もしくは1,2時間待てば、起きだして食事を始めることでしょう。

気持ちよさそうに寝る園琳


二号舎の上に行くと、PoとDeDe、一方は寝ていましたが、一方は起きてお食事中です。食べている方がDeDeかな。パンダは食べながら寝てしまうこともあるし、長めに寝たい時はお気に入りの場所に行ってお気に入りのポーズで寝ることもあります。

都江堰パンダ谷のPoとDeDe


三号舎へ行くと、やはり大妮(ダーニィ)と小川(シャオチュァン)も木の上で寝ています。首を木のまたにひっかけて寝るのは安定が良さそうですが、大妮の寝相はなんというか・・・昔見たツチノコの絵みたいな感じです。まぁこの高さなら万一落ちてもパンダはびくともしないでしょうけど。

都江堰パンダ谷の大妮と小川


妮妮(ニィニィ)ママも寝ています。そういう時間帯なので仕方ないです。

都江堰パンダ谷の妮妮


パンダ舎側の通路の方を歩いてみます。室内を見ることができます。展示を兼ねているので通路側はガラス張りです。成都パンダ基地に比べると広めのお部屋です。暑すぎて外に出れない夏でもそれほどストレスを感じない広さがあります。運動場(庭)は一人当たりのスペースは狭いですが、静かだしパンダにとって悪くない環境ではないでしょうか。

都江堰パンダ谷のパンダ舎


そのパンダ舎側の見学通路の反対側は野生化訓練を行っている山です。フェンスの左側はその半野生化エリアの山裾になります。もし山を下りてきて餌場に現れればこの通路からでもちらっと見えるかも知れません。

都江堰パンダ谷のパンダ舎通路と半野生化エリア


二号舎と三号舎の間にある地下通路はパンダ教育村という学習の場になっています。
子供たちの遠足とか社会科見学みたいな訪問のために用意された説明用の通路です。

都江堰パンダ谷パンダ教育センター


教育村の通路の方から二号舎に戻ってくるとDeDeらしきパンダが快適な寝場所に移って寝ていました。パンダ達はこの丸太を組んで作った台の上で寝るのが好きな子が多いようです。

都江堰パンダ谷のDeDe


一号舎に下ると、小Y頭(シャオヤートゥ)ママが起きてました。やれやれ、これでやっと全員のお顔が見れました。

都江堰パンダ谷の小Y頭


後の時間は2012年生まれの子たちの所で過ごそうと思います。この子たちには昨年成都に来た時に会っているのでちょっと思い入れが違います。奥莉奥(オリオ)が起きていました。
昨年見たときは、こんなに丸かったかな?むしろかわいらしさが増した気がします。超が付くほど人気のパンダです。

都江堰パンダ谷の奥莉奥


奥莉奥がタケノコを食べるのを見ていると、奥にいた淼淼(ミャオミャオ)が起きました。
淼淼もパンダらしい顔をしていて、ちょっと奥莉奥に似ています。淼淼は成都の幼年園にいた頃一番飼育員さんを手こずらせたマイペースパンダさんなのだそうです。

都江堰パンダ谷の淼淼


やがて淼淼は奥莉奥の側へ行って一緒にタケノコを食べ始めました。と言ってもいきなり女の子らしからぬ寝食いです。3人が暮らしているこのお庭は広くはありませんが、景観や静かさという点に関していえば成都よりいいかも知れません。

都江堰パンダ谷の奥莉奥と淼淼、奥に園潤


そろそろ時間なので正門に向かいたいと思います。パンダ舎から正門までは結構距離があります。途中には人間の休憩スポットも・・・。他には小さなお土産屋があるくらいで、ここに滞在中、他のお客さんを10人見たかどうか疑わしい状況でした。

パンダ谷の道と休憩所


正門の所にあるトイレはとてもきれいでした。14:00正門で集合して記念写真などを撮ります。
静かな谷、広くない駐車場にはほとんど車もなく、ここへ来るにはタクシーなどで来ないとダメなのかな?そんな場所です。さらに施設が拡張されても、奥に伸びるだけのようで、この自然は保たれることでしょう。

都江堰パンダ谷


次回は世界遺産都江堰のレポートです♪

中国・都江堰

2016/09/23 (3日目) 続き

14:15にバスでパンダ谷を出発し、街中へと向かいます。都江堰は近代的な都市と昔ながらの風景が融合したようなそんな街です。昨年も見た立派な門や城壁が見えてきました。

都江堰市内


14:50 昨年ツアーで来た時と全く同じ泰堰楼の上側入口でバスを降ります。ここから世界最古の水利施設、世界遺産都江堰の観光です。

この観光をパスして通称パンダ楽園という施設を訪れられないかPandapiaスタッフに相談していましたが、いろいろ検討してもらった結果、時間的にみてタクシーで行くことはできても、戻って合流するのが難しいから今回は諦めて下さいと言われました。バスの本数も限られ、帰りのタクシーは呼ばないと来ないような場所にあるそうです。もっと事前に調べてくれば良かったのですが、今回は都江堰泊まりじゃないのでやはり難しいでしょう。楽園はまたの機会に行こうと思います。

ということで、大人しく都江堰観光に付き合います。都江堰の観光はガイドを付けてくれました。まずは高台にある泰堰楼から岷江の流れと、外江、内江に分ける魚嘴周辺を見下ろします。手前側が内江、成都の方へと水が流れていきます。紀元前3世紀の水利施設です。

泰堰楼から見た都江堰


泰堰楼から俯瞰的に堰を見たら、階段をひたすら川岸まで下ります。昨年来た時は筋肉痛の状態で下りたのですごく辛かったのを思い出します。

泰堰楼から階段で降りる


ガイドの話はPandapiaの日本語ができるスタッフが訳してくれていましたが、専門的な話を通訳するのは難しいと判断し、オーディオガイドに切り替えることになりました。その場所に行くと自動的に日本語でガイド音声が流れます。安瀾牽橋という吊り橋で内江を渡り金剛堤という中洲部分へと向かいます。昨年怖くて周囲に助けてもらって渡った橋ですが、今年はマイペースにでも何とか一人で渡りました。振り返って見えるのは先ほどまでいた泰堰楼です。

都江堰の安瀾牽橋


金剛堤の先にある魚嘴へと向かいます。ここで岷江を2つに分けることにより、乾燥した成都盆地へ水を送ると同時に洪水対策もしたのですが、それが紀元前の工事というから驚きです。
2008年の四川大地震で魚嘴にもヒビが入ったり、周辺の建物が倒壊するなど被害が出ましたが、堰の機能自体には大きな影響はなかったようです。

都江堰の魚嘴


都江堰は観光地なので、すごい数の観光客がいます。中国人の団体が多く、物凄くうるさいし、その添乗員のような人たちがスピーカーでわめいていたりするので、オーディオガイドの音が全然聞こえません。淡々と流れる少しおかしな日本語の説明なので、聞いていてもあまり頭には入ってこないのもありますが・・・。金剛堤内は専用の車(電動カート)で移動します。人は多いし、うるさいし、車に乗る列を横入りする人はいるしで、げんなりしてきました。

車を降りたら人の流れにそって進み、宝瓶口の方へと向かいます。ここから先は昨年のツアーでは訪れていません。水のない川に新しい橋をかけているみたいです。この川の部分は余分な水を外江の方へ戻す役割をしています。

都江堰の宝瓶口


道を周りこんで先ほど見えていたお寺のような所に来ました。伏龍観という所で、川底に封じた龍を祀ったものだそうです。ここを見学します。

都江堰の伏龍観


階段を上がった先に鐘と石碑、詳しい説明は忘れてしまいましたが、運河を作るために岩山を切り抜いたため、切り離された方を離堆と呼ぶようになったとかそういった由来があります。離堆は今立っている部分の方です。

伏龍観


奥は結構深く、中国によくある廟のように何重かになっています。

伏龍観の奥


一番奥からは宝瓶口がよく見えます。昔からこの水の流れが成都の生活を支えてきたのですね。

伏龍観から見た宝瓶口


伏龍観を出たら、まっすぐの道、堰功道を歩きます。道の脇には歴史上の人物の石像が立っていたりします。都江堰は、観光コースが整備されていますが、どこをどう歩いたらいいかよくわからないけど、人の流れがあるので迷子にはならなくて済みそうです。かなり歩きました。

都江堰の堰功道


都江堰景区を出た所の広場では何やらイベントをやっていました。きれいな女性たちが歌って踊っています。なんとなく北朝鮮をイメージする踊りでした。

都江堰で行われていたイベント


先ほどの宝瓶口から流れている清水河を渡ります。中国らしい橋です。

都江堰の南橋


南橋という橋でした。立派な、絵になる橋です。

南橋


南橋から少しいった道を曲がります。西街という道です。まるで時代劇のセットのような街角です。

都江堰西街入口


西街、お土産屋さんや、食べ物屋さんなどが並びます。
古そうに見える佇まい、情緒ある通りです。

都江堰西街


次回は都江堰市内散策をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR