フランス・ストラスブール①

2016/08/04 (2日目) 続き

15:05 ベルンカステル・クースを出発し、ルクセンブルク方面へと走ります。しばし、モーゼル川沿いのかわいらしい村の景色を楽しみます。

ベルンカステル・クース近郊の村の景色


モーゼル川を渡り、川沿いを後にします。一面に広がるブドウ畑の風景ともお別れで、この先はアウトバーンを飛ばすことになります。

モーゼル川流域の景色


17:20 ちょっとした疲れからバスの中で寝ていたらいつの間にかフランスに入っていました。トイレ休憩で目を覚まします。外は雨のようです。

18:45 ストラスブールのホテル、ジャンセバスチャンバッハに到着です。街の中心からは離れていて静かな場所にあり、隣にイタリアンのレストランがある以外は公園くらいしかありません。

ストラスブールのホテル、ジャンセバスチャンバッハ外観


部屋は少し広め、ミニキッチン、ミニバーあり、バス・トイレ別、と長期滞在者向けのホテルです。Wi-Fi無料、事前情報と異なり部屋でも使えます。

ストラスブールのホテル、ジャンセバスチャンバッハの部屋


19:25 夕食もついていないし、今回ストラスブールの観光もついていないので、街の中心へ行きたい人向けにバスを出してくれました。参加したのは10名、10分でエトワール広場に到着です。

ストラスブールのエトワール広場


ここから旧市街までトラムに乗ると言うので、自分たちはここで分かれますと歩いて行こうとしますが、結局皆歩くことにしたようで、一緒に大聖堂まで行くことになりました。あいにくの雨です。

ストラスブール、エトワール広場から大聖堂へは塔を目指して


10分ほど歩くとイル川沿いに出ます。雨だし、丁度薄暗い時間だし、前に来た時とは雰囲気が全然違います。

ストラスブールのイル川


旧市街もなんだかひっそりとしています。きれいな街なのに、寂しい感じが漂っています。レストランなどもお休みの店も多いようです。

ストラスブール旧市街


普段なら観光客がひしめく通りも人影がまばらです。観光客だらけ、よりは中世ぽい雰囲気が増していいというポジティブな考え方もできなくはないです。

ストラスブール大聖堂近く


20:00 ストラスブール大聖堂前に来ました。この時間だと塔はもちろん内部も見学はできません。立派な外観だけカテドラル広場から眺めるのみです。砂岩で造られた大聖堂は昼間見ればバラ色の美しい色をしていて、片側しかない高さ142mの尖塔と独特のシルエットです。1000年の歴史のある建物、世界遺産に登録されています。

ストラスブール大聖堂


夕食を添乗員と食べに行くという人たちと別れて、私と母は観光を優先させます。ファストフードなどはあまりなく、ちゃんとしたレストランに入るとフランスでは時間がかかるので、帰りのバスの時間までには観光か食事かどちらを優先させるか決めないといけません。レストランといえば、カテドラル広場の向こう、ひときわ黒い建物は有名なレストランメゾン・カメルツェルです。16世紀の建物を利用した高級レストランです。

ストラスブールカテドラル広場


ストラスブールへ来て食事と言うと、やっぱりアルザス料理ですが、母はアルコール飲まないし、チーズとかソーセージがあまり好きじゃないので、食事が合わないだろうと言う判断もありました。なので、プティット・フランスへと足を延ばします。メリーゴーランドのあるグーテンベルグ広場を横切ります。

ストラスブールのグーテンベルグ広場


そのまま道なりに進み、プティット・フランスの入口の辺りまで来たら道を曲がります。イル川が見え、プティット・フランスらしい景色に対面です。天気がどんよりしているせいもあって、素敵な景色がかなり残念な感じです。

プティット・フランス


こちら一番左は昨年来た時に夕食を食べたレストラン「オ・ポン・サン・マルタン(Au Pont St-Martin)」、この建物はとても風情があります。

プティット・フランスの素敵なレストラン


この辺りはイル川が4つに分かれている中洲のような所ですが、レストランが立ち並ぶ石畳のきれいな街並みです。それにしても夜の20時過ぎにこの静けさは何でしょう。 

プティット・フランスのレストラン街


周辺のレストランは空いているようなので、飛び込みでも食事ができそうですが、あまり母の口に合うものがなさそうだと言うことと、やはり時間が読めないので、この天気の中さらにプティット・フランスを歩いて見ようと思います。

プティット・フランスの景色


次回はストラスブールの続きをレポートします♪
(アイスランドのヴィークからの更新でした)

フランス・ストラスブール②

2016/08/04 (2日目) 続き

プティット・フランスの4つに分かれたイル川を渡りながらムーラン通りを歩きます。このプティット・フランスは昔皮なめし職人の居住区だった場所で、この地区も世界遺産に含まれます。

ストラスブールのプティット・フランス


川沿いの景色がとてもかわいらしい街なのですが、やはり天気が良くないと魅力は半減してしまいます。それでもストラスブールへ来てこの地区に寄らないのはやっぱり勿体ないと思い、食事を後回しにして母を案内しました。

ストラスブールのプティット・フランスの景色


この辺りにはアルザス地方特有の木組みの家が密集しています。ベルンカステル・クースの木組みの家とはまた少し趣が異なり、フランスではこの木組みの家をコロンバージュと言います。

ストラスブールのコロンバージュの家並み


せっかくなのでいろんな道を歩きます。川沿いや橋などはお花で飾られてて、よりかわいらしさを演出しています。

プティット・フランスのイル川の風景


4つに分かれた川が合流するクヴェール橋まで来ました。この辺りも天気がよければたくさんの人が行き交いますが、今日は地元の人くらいしか歩いていません。

ストラスブールのクヴェール橋


プティット・フランスはどこかを見学するというより、町並みを楽しむ場所なので、一通り違う道などを歩いて景色を楽しみます。そろそろ大聖堂の方へと帰りながら歩くことにします。

ストラスブール旧市街


プティット・フランスの中はとても雰囲気がいいお店が多いですが、さくっと軽いものを食べて帰るのに適当そうなお店が全然ありません。日本から持ち込んだ食料もあるし無理にお店で食べなくてもいいのですが、一応探しながら歩きます。

プティット・フランス周辺のお店


後半はグラン・リュ、つまり旧市街を貫く大通りを歩くことにしました。いろんなお店とかあるはずと思いましたが、閉まっているお店が多いです。

ストラスブール旧市街グラン・リュ


グラン・リュ自体は商店街ぽい雰囲気のある道ですが、脇道などはかなり風情があり、歴史を感じる町角も多いです。ひっそりとしていて微かな明かりがまたいい雰囲気を醸し出しています。

ストラスブール大聖堂周辺


大聖堂の裏側あたりまで戻ってきました。開いているお店もありますが、残り時間が中途半端で、今から入るわけにもいきません。友達と一緒であれば、一杯やりながらおつまみぽいもので夕食の代わりにしてしまいますが、母とではそうもいかないのが難しい所です。

ストラスブールの雰囲気のあるお店


それにしても天気が悪いからと言ってもここまで人がいないものでしょうか。
なんだかゴーストタウンに来たような気分です。

閑散とした街並


大聖堂をぐるっと周って、ロアン宮の前を通ります。いかにもフランスの宮殿といった建物で、今日の静かさにこの建物だけはしっくりくる感じがします。

ストラスブールロアン宮


21:00 カテドラル広場に戻ってきました。この時間だったら夜景がきれいかなと思いましたが、時間帯がまだ早いのか、天気のせいなのか、今一つです。先ほどのプティット・フランスも夜になるとライトアップされた木組みの家々などがとても素敵なのですが、雨の日にはあまり期待できないことでしょう。

ストラスブールのカテドラル広場


メゾン・カメルツェルの建物を先ほど間近で見なかったので、じっくり近づいてみます。遠くから見ると黒っぽい建物ですが、窓枠などの飾りがすごい16世紀の建物です。元はどんな色だったのでしょう。

メゾン・カメルツェルの壁


旧市街を出てエトワール広場の方へ戻りながら、カフェっぽい所とかファストフード店がないか一応探します。でも、適当な店はなく、時間を潰せそうなスーパーマーケット、カルフールシティも21時まででもう閉まっていました。

21:50の集合時間よりかなり早い21:15頃エトワール広場に戻ってきてしまいました。広場にあるトイレも18:30くらいで閉まっていて、同じツアーの方がトイレを探してうろうろしています。広場には小銭がなくてトラムに乗れないから両替して欲しいとか、傘をどこかで買えないかなど困っている人が雨宿りをしていました。

バスを待たずに先に帰ろうにも雨のためタクシーを捕まえるのも至難の業です。雨だったせいもあり食事だけして戻ってきた添乗員一行、バスも早めに来てくれたので、皆でホテルへ帰ることができました。

21:55にホテル前に到着すると、ホテル前に消防車がずらっと並んでいてびっくりしました。近所で火災かボヤ騒ぎがあったらしいです。一瞬ホテルで何かあったのかと心配しましたが、いずれにせよ大きな被害がなかったようで安心しました。

ホテル前にずらっと並ぶ消防車


次回はコルマールをレポートします♪
(コペンハーゲンからの更新でした)

フランス・コルマール①

(昨日アイスランドから帰国しました)

2016/08/05 (3日目)

8:30 ストラスブールのホテルを出発、南に下りコルマールへと移動します。
この道沿いはワイン街道と言われ、おいしいアルザスワインを生産する村々が点在しています。進行方向右手、そのワイン街道の村々や山の上のお城などを見ることができます。

アルザスワイン街道を車窓に見る


9:35 リボーヴィレの手前で10分ほどトイレ休憩です。ツアーの場合、このトイレ休憩をどう効率的に取れるかが添乗員の腕の見せ所と思います。トイレの数の少ない所での休憩や、必要以上に頻繁に取り過ぎたりするとその分観光の時間をロスします。

ストラスブールからコルマールの途中でトイレ休憩


10:00 小さな自由の女神がロータリーに見えたらコルマールの中心部はすぐそこです。
コルマールは、自由の女神の作者、バルトルディの生まれ故郷なのです。

コルマールは自由の女神の作者バルトルディの出身地


10:15 コルマールに到着です。バスは近くに停まれないので、旧市街まで少々歩きます。
ウンターリンデン美術館脇まで来て、12:20集合の自由散策です。ほとんどの人は添乗員と一緒に見所を周るようですが、私は3回目なので自分で母を案内します。

コルマール旧市街


前回見た小さい家を探して、なぜかクレ通りの方へと歩いてしまいました。ほどなくして迷子状態に・・・。この周辺はたぶん初めて見る景色なので、この辺りではないようです。現地の地図も持っていましたが、この町は道がいつの間にかカーブしていたりして方向感覚を見失います。

コルマールの町並み


くやしいですが結局わかる所まで戻って、サン・マルタン教会の方へと向かうことにしました。
町全体がアルザスの木組みのかわいらしい家が多く、迷子にならない程度にブラブラ散策するのも楽しい町です。

コルマールのカテドラル広場周辺


サン・マルタン教会にやってきました。赤砂岩でできた教会で全体の色は赤っぽく、屋根が緑なのも特徴的です。また屋根の上にコウノトリの巣がありますが、今回はコウノトリの姿は確認できませんでした。

コルマールのサン・マルタン教会


中へも入ります。教会内部の記録によると、最初の教会は11世紀に造られたようです。
暗い雰囲気の教会です。

サン・マルタン教会内部


こうしたステンドグラスがなければ不気味な教会かも知れません。町のど真ん中にありながら、あまり観光客が見学しないのは、有名な祭壇画とか、特別有名な出来事とか何もないからかも知れません。

サン・マルタン教会のステンドグラス


サン・マルタン教会を出たら、前回小さい家からここまで来た道を思いだせたので、その逆をたどって小さい家を見に行くことにしました。最初歩きだしたのとはまるで違う方面です。この角っこの2階部分にあるオレンジの家がそれです。コルマールで一番小さい家と言われています。入口は裏側にあります。

コルマールで一番小さい家


喉につかえた骨が取れたようにほっとし、今度は間違わないようにまたいったんサン・マルタン教会の前へと戻ります。こちらはコルマールでも最も古い建物と前回紹介されたSalle du Corps de Garde、コルマールにはこうした古い建造物も戦火を逃れたお陰で数多く残っています。

コルマールで最も古い建造物


そして、その向こう側に抜けるとそこにはバルトルディ美術館があります。自由の女神の作者バルトルディの家だった場所です。

バルトルディ美術館


そのバルトルディ博美術館の面したマルシャン通りを少しグラン・リュの方へ歩くと有名なプフィスタの家があります。1573年建造、出窓やベランダ、壁画が印象的な家で、ハウルの動く城のモデルになったと言われています。

プフィスタの家


グラン・リュ方面への道が混んでいるようだったので、サン・マルタン教会のあるカテドラル広場の方を経由して小川沿いをグラン・リュへと出ます。この辺りはクリスマス前はそれは華やかに飾られていてさながら絵本の中みたいな町並みになります。

コルマールの美しい家並み


そして旧税関の建物の所まで来ました。サン・マルタン教会と同じような屋根をしています。
15世紀からの建物です。当時も今も町の中心です。

コルマールの旧税関


次回はコルマールの後半をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR