FC2ブログ

フランス・シブール②

2015/10/13 (7日目) 続き

海岸通りのビーチ近くまで今度は車道を下って戻ってきました。ここからは港沿いの一本内側の道、ポカレット通りを歩いてみようと思います。住宅街に囲まれた小路です。

ポカレット通りの入口


この道沿いも窓枠がカラフルでかわいらしい家並みが続いています。一般の住宅ばかりで、商店の類ではないため、静寂の空間です。

ポカレット通りの家並み


この町、海岸沿いだけが平で後は丘になっているので内側に住む人は大変そうです。心地よい海風が吹いていてちょうどいい気温ですが、階段上り下りしたらそれなりに汗かきそうです。

ポカレット通りから奥は丘


緩やかなカーブの道を進んでいきます。町並み自体がとてもかわいらしいですが、白壁の家々に別格の石造りの建物が見えてきました。地図上では教会マークになっています。

ポカレット通りと教会


入口側にやってきました。特徴的な塔が付随しています。Saint Vincent、フランス語読みだとサン・ヴァンサン教会といった感じでしょうか。

サン・ヴァンサン教会


フランス語とバスク語の説明しかないので詳細わかりませんが、16世紀からの歴史があるようです。内部はサン・ジャン・ド・リュズのサン・ジャン・バティスト教会にそっくりで、やや小ぶりといった感じです。港町らしく、船の模型が天井からぶらさがっています。

サン・ヴァンサン教会内部


後ろ側の造りもサン・ジャン・バティスト教会とよく似ています。教会というより劇場っぽい造りという印象でしょうか。小さな町の教会にしてはパイプオルガンも立派です。

サン・ヴァンサン教会内部


外へ出て変わった塔を見に行きます。この塔は目立つので、サン・ジャン・ド・リュズからも気になる存在としてよく見えます。18~19世紀のもののようです。近くから見ることはできますが、内部には入れないようです。

サン・ヴァンサン教会の塔


教会の塔の所まで階段を上がるとサン・ジャン・ド・リュズの中心部が港越しにきれいに見えます。サン・ジャン・ド・リュズはほとんど起伏のない平な町です。

サン・ヴァンサン教会の塔のところから見たサン・ジャン・ド・リュズ


教会を出たらさらに先へと歩きます。家並みがなんとも言えずかわいらしいので、何も見所がなくてもちょっと散策するのに楽しい町です。

シブールの町並み


途中から、ここは通っていいんだろうか?と思うような細い道へと入ります。人の家の勝手口に行くような道ですが、それなりに石畳引いているし、たぶん大丈夫でしょう。

シブールの狭い小路


すると古い泉のある所へ出ました。2mほどある墓石のような四角柱の塔が建っています。
帆船が彫り込まれていたり、1676年という年号が刻まれています。当時の人々の生活を支えた泉だったのでしょう。

シブールの古い泉


そして泉のちょっと先が町の入口の灯台があったあたり、このあたりが町の中心のようです。小さな郵便局、小さな商店、レストランなど数軒があるだけです。町というより村といった方がいいのかも知れません。

シブール中心部


つまり最初に見たこの光景が中心部の一番栄えていた場所だったようです。
ラヴェルの生家とか、古い教会や泉、それ以外はとにかくきれいない家並みと、そして各所から見えるサン・ジャン・ド・リュズがきれい、それがシブールでした。サン・ジャン・ド・リュズは観光客でいっぱいですが、ここは住人にすらあまり遭わない静かな町です。

シブールの代表的景色


橋を渡り、サン・ジャン・ド・リュズに戻ります。サン・ジャン・ド・リュズの駅です。
約70分のシブール散策、なかなか楽しかったです。残り時間25分が、サン・ジャン・ド・リュズの散策に充てられます。2度目の訪問だからこそできる皆と違う楽しみ方になりました。

サン・ジャン・ド・リュズ駅


次回はサン・ジャン・ド・リュズをレポートします♪

フランス・サンジャンドリュズ

2015/10/13 (7日目) 続き

17:20 サン・ジャン・ド・リュズに戻ってきました。こちらは海辺のリゾートとして人気の町なので、隣町シブールとうって変わって洗練された町らしさがあります。

サン・ジャン・ド・リュズの町並み


この町はあの太陽王ルイ14世がスペイン王女マリーテレーズと結婚式を挙げた町として有名です。ここはその時(1660年)、ルイ14世が滞在した館で、ルイ14世の館と呼ばれています。
国境に近い漁村、こんな出来事でもなければリゾート地にはならなかったかも知れません。

ルイ14世の館


ルイ14世の館の先にあるのは私が気に入っている町角の風景、ルイ14世広場です。
この赤い木枠のいかにもバスクの建物の感じがとても好きです。この周辺はおしゃれなカフェが多いです。

ルイ14世広場


この広場から右手に伸びるのがメインストリートであるガンベッタ通りです。
左手にあるのがルイ14世が結婚式を挙げたサン・ジャン・バティスト教会です。

ガンベッタ通り


特別大きいとか豪華な教会ではありませんが、この周辺では国王の結婚式になんとか使える教会だったのでしょう。中へ入ると先ほどシブールで見たサン・ヴァンサン教会とそっくりなバスク特有の造りです。

サン・ジャン・バティスト教会内部


ここもシブールと同じく船の模型が天井からぶら下がっています。このあたりならではの光景でしょう。シブールと違って、さすが観光客が多いです。

船の模型がぶらさがるサン・ジャン・バティスト教会


教会の外観はとてもシンプルです。ここの塔も多角形の変わったものです。サン・ジャン・ド・リュズは平坦な町なので、塔に上れたら眺めが良さそうなのですが、公開はしていないようです。

サン・ジャン・バティスト教会外観


教会を見た後はガンベッタ通りを歩きます。前回来た時は春で、もう少し人が多く賑わっていましたが、やはり秋になると海辺のリゾートは静かな感じになります。

ガンベッタ通り


ガンベッタ通りからは北へ行くと海辺のビーチに出られます。前回行ったし、今日もシブールからビーチは遠望したので今回は足を運ぶのを止めておきます。ただのんびり散策するならメインストリートよりも脇道をいろいろ歩く方が風情があってオススメです。

ビーチへ行く脇道


一方ガンベッタ通りはショッピングに楽しい通りです。小物やバスクリネン、お菓子など女性にとって嬉しいお店が多いです。ちなみに、この町には有名なマカロンのお店がありますが、普段食べるマカロンと違って何も挟んでいない素朴なクッキーみたいなものです。ヨーロッパの歴史あるお菓子はだいたいそんな感じで私の好みだった事はありません。

ガンベッタ通り


シブールで時間を使ったため、そろそろ集合時間です。ガンベッタ通りを歩いただけで港の方へと戻ってきました。クレーンの奥に見えるのが王女の館です。この町にはバスクのかわいらしい家が多いので、王族が使ったと言われても特別素敵な感じには見えません。

王女の館周辺


そして港の向こうには先ほど行ったシブールの町が見えます。左の方に教会の塔、その斜め前にラヴェルの生家も見えます。こちらと違って丘があるので、立体的で絵になる町、いや村です。あの教会の周辺まで行って帰るだけなら30分くらいで行けそうなので、サン・ジャン・ド・リュズに来たら是非立ち寄ることをオススメします。

サン・ジャン・ド・リュズから見たシブール


17:45 集合場所に戻ってきました。この町にはプチトランがあります。所要時間30分で6ユーロ、海辺の町を走るのは気持ちがいいのではないでしょうか。歩き回るのもう疲れたという人にはオススメです。

サン・ジャン・ド・リュズのプチトラン


サン・ジャン・ド・リュズを後にします。10月の海辺の町、天気が良かったので寒くもなく、風が心地よく隣町と合わせて楽しい滞在となりました。この後国境を超えて再びスペインへと入ります。

サン・ジャン・ド・リュズ駅前の風景


次回はサンセバスチャンの夜をレポートします♪

スペイン・夜のサンセバスチャン

2015/10/13 (7日目) 続き

18:30 サン・ジャン・ド・リュズからバスで45分、国境を越えスペインはサン・セバスチャンのホテル、パラシオ・デ・アイエテに到着です。前回来た時と同じホテルで、丘の上の高級住宅街にあり、坂を上った先に小さな商店とレストランがあるくらいの何もない静かな場所に建っています。街の中心へはバスかタクシーで出る必要があります。

パラシオ・デ・アイエテ外観


部屋はモダンで使いやすいです。冷蔵庫はクレジットカードの登録が必要、Wi-Fiは無料、そこそこ快適なスピードです。今回の旅は2連泊ずつですが、ここの連泊が最後になります。

パラシオ・デ・アイエテの部屋


今回は3階の部屋だったのでバルコニーからの眺めをチェック。コンチャ湾は右手の方向と思いますが、海沿いとは思えない景色です。

パラシオ・デ・アイエテの部屋からみた景色


19:15 ツアーには夕食がついているのでホテルをバスで出発し、サン・セバスチャンの街中へと向かいます。
19:30 サン・セバスチャン旧市街手前でバスを降り、歩いてレストランへと向かいます。ラ・ブレチャ市場、夕暮れがよく似合う駅のような建物です。

サン・セバスチャンのラ・ブレチャ市場


裏側のラ・ブレチャ広場の方へ来ました。スペインでは夜の時間はこれからなので、今は一番人が少ない時間かも知れません。

サン・セバスチャンのラ・ブレチャ広場


サン・セバスチャンと言えば美食の町、この旧市街はバル街としても世界的に有名です。
明日の夜は自由食なので、良さそうなお店をチェックしながら歩きます。添乗員がオススメするようなお店もトラブルの心配がなく初心者にはいいかも知れません。

サン・セバスチャンの旧市街


旧市街の中は狭い道が碁盤の目のように走っていて、車は入れません。東西の道にバルは多いです。歩いているうちに街灯が点灯しました。こちらの南北の道は少し明るい雰囲気です。バル街という割に、暗い道を歩いてもさほど危険を感じないのはバスクだからというのもあるかも知れません。

夜のサン・セバスチャン旧市街


辿り着いたのは旧市街の奥、サンタ・マリア教会の前にあるバル、Casa Vergaraでした。日程表上はただバスク料理としかなかったので、ツアー客しか来ないような辺鄙なレストランを想像していたのですが、観光地の中心にあるバルでちょっと驚きました。

サンタ・マリア教会前のバル


立地がいいせいか、この時間でもそこそこお客さんが入っています。早めの時間だと客ゼロってお店も結構あるのが実状です。ぶら下がる生ハムやピンチョスもおいしそうですが、私達は優雅に奥のテーブルに座ってセット料理です。

バルのカウンター付近


ワンドリンク付きなので、バスクの微発砲ワイン、チャコリを注文。1皿目はこちら、ひき肉にパプリカを被せ、さらにクレープのようなものを被せてトマトクリームソースをかけて焼いた一品。さすがサン・セバスチャン、ツアー向きの食事ですら絶品です。

バスク料理


メインは、イカのイカスミ煮込み、ライス添え(ライスも塩系の味がついてる)。食事がおいしいので、チャコリをお代わりしました(1.6ユーロ、ちなみに赤ワインなら1ユーロ!)。この後デザートはプリンでした。

イカ墨煮込み


食後は旧市街を歩いて大通りの方へ向かい、バスのピックアップポイントまで戻ります。時間の割に人が少ない印象ですが、夜はまだまだこれから、という事でしょう。夜の街並みも雰囲気があってとても素敵な街です。

サン・セバスチャンの夜の街並み


旧市街の中は段々いい雰囲気になってきました。明日も来るので楽しみです。前回は体調悪かったので今回は気を付けたい所です。

夜のバル街


バスをマリア・クリスチャーナホテルの前で待ちます。観光バスを停車できるのはこの辺しかないのか定番スポットのようです。路線バスのバス停もここにあり、ホテルの近くまで行くバスもここから乗ることができます(15分おき)。

サン・セバスチャンのマリア・クリスチャーナホテル


21:00 バスに乗り、10分ほどでホテルに到着です。明日のバル巡りに備えて早めに寝ます。


2015/10/14 (8日目)

8:00 パラシオ・デ・アイエテは立地が良くないのが残念ですが、朝食はいけます。メロンがあるので、生ハムメロンも食べ放題です。たくさんお代わりしてお腹いっぱいです。

パラシオ・デ・アイエテの朝食


次回はゲルニカ周辺をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR