スペイン・アラン渓谷カサウ

2015/10/10 (4日目) 続き

17:20 ガウサック(Gausac)の村からヴィエラ(Vielha)の町の全景を見ながらカサウ(Casau)へと上って行きます。道と言っても舗装もされていない山道です。

カサウへ向かう道から見たヴィエラの全景


途中から急な山道になりました。息が切れます。近そうに見えたけど、意外と距離がありました。それでも休みなく登っていくと10分ほどでカサウに到着です。ガウサックと同じように集落の一番下に教会があります。聖アンドレア教会(St. Andrea de Casau)、12世紀からの教会です。この時間、もう開いていませんでした。

カサウの聖アンドレア教会


村の中を歩きます。ここはガウサックよりも更に小さな村というか、集落で、数えるほどしか建物がなさそうです。町角の水場、相当な年代物そうです。

カサウの町角の水場


建物は石造りが多く、窓には木の扉があります。眺めも良く、静かな住環境ですが、山の上なので車が無くては生活は難しそうです。この写真に写っている範囲だけで、集落の1/4くらいじゃないでしょうか。

カサウの住宅街


この辺りが中心部です。中央の小さな建造物は水場です。古くからある集落なのでしょうが、どこにも朽ちた感じはなく、きれいな町並みです。

カサウの中心部


あっという間、ほんの10分ほどで村を突き抜けてしまいました。恐らく直径にしても100mくらいしかない集落でしょう。集落の外れは色付いた山が見えてきて、山の中の村だと気付かされます。紅葉がきれいです。

カサウと山の紅葉


ヴィエラに下りる車道に出ます。谷を一つ跨ぐような形で歩くと、小さな滝のようになっている川が下を流れています。村巡りというよりハイキングな感じです。

カサウの側の川


少し車道を下りて行くと、今通り抜けたカサウの村の全景が見えます。山の中に隠れるようにしてある集落で、せいぜい建物が20~30といった感じでしょう。集合住宅やホテルもあるようです。

車道から見たカサウの集落


車道は山道なので大きく蛇行しているようですが、途中で標識があったので、こちらの示す山道を下ることにしました。車道は確実でしょうけど、かなり遠回りが予想できたからです。(そのまま車道を下りると、ヴィエラのパラドールを通り距離的にはかなり遠回り)

地図にない山道


こんな感じの山道を下ります。相当急な箇所もあり、足元も平らじゃなかったりするので、ちゃんとした靴じゃないと危ないです。それでなくても既に筋肉痛気味で足がもつれそうなので、足元には要注意です。

山道を直線的に下りる


途中で、ガウサックの村がまた見えました。ガウサックから上がった道にも合流できるようです。こうした景色がとても素敵です。

カサウからヴィエラに下りる際に見たガウサック村


さらに先には、ずり落ちそうな狭い斜面、もはや道とも言えない所も通ります。ここはちょっと足を滑らせたら斜面を転げ落ちるぞという危ないゾーンで、細心の注意が必要です。今日はうっかりサンダル履いてこなくて正解です。

危ない斜面状の山道


そして18:00ヴィエラの町の端の方まで下りてきました。ここからは町中の道を歩けば町の中心に出ることができます。振り返ると、山の中腹にカサウの教会の塔が小さく見えました。

ヴィエラの町外れから見たカサウの教会の塔


でも、まだガウサックの村がやや低く見えます。でもここからは普通の舗装道路なので安全です。結局、1時間程で、ヴィエラから、ガウサック、カサウと周ってくることができました。
ヴィエラの町の全景や、アラン渓谷の景色を楽しむのに、気軽に歩けていいコースですが、そこそこ健脚な人がきちんとした靴で行くことをオススメします。

ヴィエラの町外れから見たガウサックの村


さらに10分ほどで中心部の方まで下りてきました。ここで一人参加の女性とお別れし、町を散策してからホテルへ帰ろうと思います。

ヴィエラの町角


次回ヴィエラの続きをレポートの予定です♪

スペイン・アラン渓谷ヴィエラ②

2015/10/10 (4日目) 続き

18:00過ぎ、ヴィエラ(Vielha)の町に戻ってきた私達は昨日歩かなかった川沿いを散策することにします。町を南北に流れる川で、この先町の中でガロンヌ川に合流しています。道沿いは昨夜も人通りがありましたが、レストランやバーが多いようです。

ヴィエラの川沿いの風景


緩やかな上り坂を川を遡るように上がっていくと、橋があります。この辺りまでが繁華街といった所でしょう。先ほど行ったカサウ(Casau)の村の脇を流れていたのとは別の川ですが、同じような山からの清流、眺めが心地いいです。

ヴィエラを流れる川


橋を渡り、反対側を歩きます。この周辺の村と同じように、石と木の家が多いですが、華美な所はなくシンプルなのに、高級感を醸し出していて妙に安心できる町並みです。

ピレネーの住宅建築


この辺りにはやけに目立つ高い塔があります。調べてもなんだかわからなかったので、近くまで行ってみようかと思いましたが、階段を見て止めました。もう今日は体力余っていません。
結局何だったのか、帰ってからもわかりませんでした。

ヴィエラにある謎の塔


アランン渓谷でも中心都市であるこのヴィエラですが、上の村から見てわかったように周りは山に囲まれています。そして、メインストリート以外は低層の建物ばかりなので、町中からもよく山々が見えます。川沿いの景色は特に渓谷ならではの景色が見れてオススメです。

ヴィエラの川沿いの風景


メインストリートの方向へと戻ります。川の東側の道はそれほど賑やかではありませんが、レストランやホテルなどがあります。町並みに溶け込んでいるので、看板が無ければ民家などと見分けるのは難しいほどです。

ヴィエラ中心部の脇道


メインストリートの所に戻ってきました。こちらは市役所のようです。
まさに町の中心です。郵便局や観光局もあります。

ヴィエラ市庁舎


こちらがヴィエラのメインストリート、この大通りにだけ5階建て程度の建物が並んでいます。1階には山やスキー、スポーツ用品などの店なども多いです。

ヴィエラメインストリート


メインストリートを渡り、川の下流側へと足を運びます。いろいろなお店やホテルなどが広場を囲むように並んでいて、結構賑わっています。広場の木々の紅葉も見事です。

ヴィエラの広場


今日はかなり歩いていて足が棒状態なので、もう帰ることにします。メインストリートに戻って最後にもう一度サン・ミゲル教会に立ち寄ります。このヴィエラ周辺の教会で共通することは教会の規模や建物に比べやけに立派な塔があることでしょうか。

サン・ミゲル教会


昨日見逃したフレスコ画も見つけることができました。途中で電気が消えたので、もう帰れという思し召しと判断して教会を出ます。(コイン入れると明かりが点くというシステムがある教会もあるので、そうだったのかも知れませんが)

サン・ミゲル教会のフレスコ画


ホテルまではメインストリートをひたすら10~15分程度歩くだけですが、添乗員オススメのバルが教会のすぐ近くにあるので、ちょっと一杯やってから帰ろうと旅ともさんに誘われます。一休憩して帰ることにしました。Tauèrna Urtauというお店です。

気軽に立ち寄れるバル


ビール1杯ずつにピンチョス4点、旅ともさんが奢ってくれました。今日は3万歩超えなので、ビールがやたらとおいしく感じます。

歩いた後のビール


疲れ切っていたので、早めにホテルへと帰ります。町の端まで来て中心方向を眺めると、山の下の方に先ほど行ったカサウ(Casau)の村が見えます。疲れているのにあんな所まで行ったんだと、持久力もないくせに旅に出ると行動力が増す自分を不思議に思います。

ヴィエラの町とカサウの村


ホテルがあるのは町外れ、というか厳密にいうとBetrenという隣村です。明日はフランスへ移動なので、ヴィエラの町ともお別れです。最後にもう一度振り返ると、今度はカサウの村だけでなく、右下の裾野にガウサック(Gausac)の村も見えました。

ヴィエラの町全景


19:10 ホテルウサ・トゥカ(HUSA TUCA)に帰着です。湿布張って早めに就寝します。

次回はピック・ドゥ・ミディ展望台をレポートの予定です♪

フランス・ピックドゥミディ展望台①

2015/10/11 (5日目)

8:15 ヴィエラ(Vielha)のホテルをバスで出発します。昨日ルションへ行ったのと同じ道を途中まで進み、N125を北上します。交通量もさほどない緑豊かな道、景色がとてもきれいです。途中、巡礼路の丘にある大聖堂がちらっと見えましたが、写真に残すのは無理でした。

ルール・バルッス周辺の車窓景色


高速道路に入り西へと向かう途中、一度パーキングでトイレ休憩を取ります。
高速道路からも時折美しい山脈や、これから行くピック・ドゥ・ミディ展望台が遠くにちらっと見えます。直線距離ではさほど遠くなさそうですが、かなり道は遠回りするようです。

ラ・ピレネーヌ高速道路からの風景


高速下りてからも、長閑な景色の中を走ります。広大な緑の大地の先に山脈が見えます。
いい天気で、ほどよく雲もあり、展望台に上がるには絶好の天気です。展望台も楽しみですが、この景色自体が本当に美しいです。進行方向向かって左手の席、当りでした。

バニェール・ド・ビゴール周辺の風景


10:40 ピック・ドゥ・ミディ展望台行きのロープウェイ乗り場、ラ・モンジ(標高1800m)に到着です。冬は広大なスキー場らしく、周辺にはたくさんのリフトなども張り巡らされています。ここからロープウェイを2本乗り継いで、ピック・ドゥ・ミディ展望台へと上がります。

ピック・ドゥ・ミディ展望台のあるトゥルマレ・スキー・エリアの地図


思っていたより周辺に観光客の姿はありませんが、それでもロープウェイ乗り場には少しの列ができていて、ツアーの全員が一緒に乗るためには一台待つと言った程度です。ロープウェイは45人乗り、10分とか20分おきくらいに出ています。

ピック・ドゥ・ミディ展望台行、ラ・モンジから出るロープウェイ


1本目はこの目の前に立ちはだかる山めがけてロープが伸びていて、間に支柱が2本あります。
45人乗りと大きいので、それほど怖くはなさそうです。

ラ・モンジから見た1本目のロープウェイ


乗ったらあっという間、5分足らずで乗換駅です。ひとまずここまでは、地面が遥か下って訳でもないので、安心して乗っていられます。

1本目のロープウェイの景色


乗換駅で、同じサイズのロープウェイに乗り換えます。こちらは2本のロープのうち1本は箱をつっていなかったので、今は1本で往復運転をしているようです。乗継よくすぐに発車です。今度はあまり下を見たくない高度差、かわいい子供に窓際を譲ります。手を伸ばして写真を撮ると、すごい景色です。これは展望台からの景色は期待大です。

ピック・ドゥ・ミディ展望台への2本目のロープウェイからの景色


ピック・ドゥ・ミディ展望台が見えてきました。19世紀末に建てられた気象観測所が元になっていて、アンテナやらドームやらがたくさんついた大きな建物です。

ロープウェイから見たピック・ドゥ・ミディ展望台


11:27 ラ・モンジからわずか15分くらいで、標高2877mのピック・ドゥ・ミディ展望台に到着です。思ったほど寒くもなく、厚手の上着などは必要ない気温です。既に山脈が何重にも見えています。

ピック・ドゥ・ミディ展望台ロープウェイ駅からの眺め


12:10集合で、展望台では自由見学です。帰りもこの同じロープウェイで帰ります。
添乗員に簡単な地図をもらいましたが、迷子になるような場所でもありません。

ピック・ドゥ・ミディ展望台行ロープウェイ


まずはそのまま進むとテラスに出ます。この建物の屋上がそのまま展望台のようになっています。出た所の案内図にも、ここから時計回りで周れと書いてあります。実際には、屋上に道はないので、好きに見て周っても良さそうですがオススメに従います。

ピック・ドゥ・ミディ展望台テラスの案内図


テラスは広く、柵もしっかりしているので高所恐怖症は全く問題にならずほっとします。
ちょっと雲が多くなってきましたが、天気も上々です。やはり山はできるだけ早い時間帯がいいようです。

ピック・ドゥ・ミディ展望台テラス


まずは北の方を眺めます。低い山々の向こうに転々と小さな町が見えます。爽快な気分です。

ピック・ドゥ・ミディ展望台から北の眺め


展望台の先に進みながら北側の景色を楽しみます。振り返って見ると北側のテラスはこんな感じです。一番西の高い所には長いアンテナが建っています。あの辺りは研究施設のようで観光客は立ち入れないようです。

ピック・ドゥ・ミディ展望台


次回はピック・ドゥ・ミディ展望台のハイライト、ピレネー山脈の眺めと博物館をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR