スイス・クライネシャイデック~ヴェンゲン(アルプスハイキング)

2015/08/15 (5日目) 続き

視界の悪い雨の中、現在地も方角もわからず山の中を歩き続け、ハイキングを始めてから2時間以上が経過していました。道に迷って歩く時間というのは何倍にも感じます。列車の時間のあるうちにどこかの駅に辿り着かなくてはなりません。でなければ、雨をしのぐ軒下とか大木すらもないので命にかかわります。

クライネシャイデックへの道に入ってからというもの、生き物に遭遇することがなかったのですが、視界が開け、久しぶりの牛に遭遇しました。建物がいくつか見えるけど知った景色ではなく、困ったことにこの先で道がいくつかに分かれているようです。

クライネシャイデックから下ったあたりにある分かれ道の近く


牛の先にあった建物は牛舎で、ちょうど牛を牛舎に入れているお爺さんがいました。助かったと思い、簡単な英語で道に迷った、クライネシャイデックへ行きたい、どっちへ行けばいいか、そう訪ねます。が、やはりドイツ語しか話さないようです。クライネシャイデックを連呼すると、どうやら、次の所を右と言っているようでした。

私の感覚でも右で正しいと思ったのですが、いざ来てみるとかなりの上り坂で、とても不安になり、行くべきか悩みます。今一番困るのは、周辺の山とか尾根に上がってしまうことなのです。母の体力を考えるとこの賭けは最後と考えなければいけません。周辺の建物全てに誰かいないか、ドアなど叩いて周りますが人がいる気配はありません・・・。

迷いながらも道を上がると、前方からまた別のお爺さんが来ました。藁にもすがる思いでもう一度聞くと、この道を30分上った所がクライネシャイデックと教えてくれました。いや、まてよ、自分の都合のいいように聞こえたかも知れない、half an hourの前にone andとか言わなかったか?そう思い、30分歩いたらクライネシャイデック?と確認すると、そう、きつい登りだけどね、と答えてくれました。

「この道であっているって、後30分だって言ってる。頑張ろう。」精神的には救われたという気持ちで坂を登ります。ただ、お爺さんが言っていた通り、疲れた体には辛い長い長い坂道でした。道はあっていると信じ、一歩でもゴールに近付くことだけを考えて進みます。斜度がきついので母はもう真っ直ぐ登れず、ジグザグにゆっくり歩いてついて来ます。

私は瞬発力とか短距離は自信がありますが、体力持久力そして忍耐力はありません。トレッキングポールを持っていて本当に良かったと思いながらも、自分の体重をうらめしく思いながら終わりのないように思える坂を上がり続けます。泣きそうになりながらも、何度も励ましの声をかけることで自分自身をも励まし、気力を振り絞って進みます。もうカメラも時計も見る余裕はありません。

さらに先で牛を追って下りてくる人と車に出会います。それぞれに、しつこくクライネシャイデックこっちでいいかと聞きます。最後の人は、後10分と言ってくれました。するとすぐに、見覚えのある景色が見えました。間違いなくクライネシャイデックです。助かった、やっとほっとしました。

クライネシャイデック


母にはゆっくり来てと言って先に駅へ向かいます。17:30、とうとうクライネシャイデックの駅に辿り着きました。一度だけあった時間入りの標識クライネシャイデック1時間20分の所からまさに1時間20分で着いたのは驚異的です。素人が迷いながら歩いたにしては本当に頑張ったのだと思います。早く山から抜けたい一心で休憩も取らなかったからでしょう。

持っていた時刻表はぐっしょり濡れ、まるでポケットに入れたまま洗濯したノートみたいな物体になっていました。そこで駅の時刻表を見ると何と、まさに出発しそうな列車がそこにいます。あわてて、母に「急いで~」と叫びますがどうやら無理そうです。

最後の坂道を必至に登る母


目の前で列車に行かれてしまい、次の列車の時刻を確認すると、次は18:31です。1時間・・・。駅周辺にも人はいず、レストランやお土産屋も閉まっていて休む場所もありません。びしょ濡れで、休んだら風邪ひきそうです。

クライネシャイデックの駅


ここからヴェンゲンまでは歩いて帰った事がある、途中に駅が2つあるから、ここで1時間待つよりは、1駅か2駅分歩こうかと提案します。この道は一度歩いているから迷う事はないし、全部下りだと言うと、母もむしろ体を動かしていないと辛そうだと賛成してくれました。という事で、再び歩き出しました。3時間山を彷徨った後、まだ歩くことになるとは考えもしませんでした。

ヴェンゲンへのハイキングコース


本来であれば、ユングフラウを左手に見ながら風景を楽しんで歩けるコースですが今日は真っ白です。それでもうっすらと氷河の先が見えたりしました。ここに、どん、とある山を見せてあげられないのは私のせいではないのに、物凄く申し訳ない気分です。

クライネシャイデック付近から見たユングフラウ


散々辛い上り坂を登った後だったせいか、下りの道は歩くのが意外にも楽でした。というかむしろ立ち止まるのもキツイほど機械的に重力にひっぱられるように足が動きます。持っているお菓子などを食べエネルギー補給をしながらひたすら下ります。1つ目の駅は30分でついてしまったので、このまま次の駅を目指すことにします。

クライネシャイデックからヴェンゲンまでのハイキングコースの道


このコースは線路の近くに作られていて、途中からはヴェンゲンの村が見える所もあります。ゴールが視認できるというのは、こうも違うものでしょうか。母にとってはどこも初めての知らない道ですが、どこを歩いているかわからなかった時と比べると安心感があるようです。

ハイキングコース途中から見えるヴェンゲンの村


1つ目の駅を通過した時から、余裕のでてきた私はある事に気付きました。18:31の列車は次の駅までに追い越されてしまうかも知れない、でも待てよ、計算するとその列車はオプショナルツアーでユングフラウに行ったツアーの人達が乗っているんじゃないか?という事です。見るも無残な状態で列車に乗り込んだりしたら今日の出来事を説明しなくてはなりません。いっそこのままヴェンゲンまで歩こうか、そんな事を考えながら歩いていました。

この辺りの景色はこんな天気でもとても幻想的で素敵です。母は完全に自分のペースをつかんだようで、たまに写真を撮るようになった私はむしろ置いて行かれるようになりました。

ヴェンゲンあmでのハイキングコースの景色


たまに線路の脇も通り、木々が多くなって少々暗い道もあります。母は日没で暗くなることを心配していたようですが、8月のスイス、まだ明るいので大丈夫です。あの山の中で暗くなったら道もわからずアウトですけどね・・・。

線路沿いも通るハイキングコース


休憩もせず黙々と歩き続けると、列車より早く2つ目の駅にもついてしまいました。列車を待って1駅だけ乗ってもいいですが、その列車その駅を停まるのか?という疑問と、同じツアーの人たちが乗っている可能性が高いという事もあり、後1駅だから歩いちゃおうか、と最後まで歩くことを選びました。それでもどこかで列車に抜かれて車窓で見られる可能性はあります・・・。ヴェンゲンの村は確実に近付いてきています。

近付くヴェンゲンの村


ついにヴェンゲンの村の端まで来ました。生還した、という実感が沸きます。ここまで来たらもし倒れても民家に助けを求める事だってできます。

ヴェンゲンの村のはじ


19:10 列車に乗った場合と変わらない時間でヴェンゲンまで戻ってきました。
前回ダンナと歩いた時は2時間近くかかったったこのコースを散々彷徨い歩いた後の疲れ切った体で1時間半ほどで歩いてきてしまったのです。恐るべき精神力です。

ヴェンゲン駅


そのままホテルへ帰ります。もう1歩も歩きたくありません。全身ずぶ濡れ、すぐにシャワーを浴びます。Tシャツに山用シャツ、ウィンドブレーカーの上からポンチョを着ていましたが、汗でサウナ状態、襟元から入った雨とでジーンズの色が下着に写るほどです。靴がそこそこ防水だったのは幸いでした。どんなコースだろうと雨の日にはそれなりの装備がいると実感です。

部屋で日本から持参したカップ麺と、ハイキングに出る前に買っておいたブドウを食べます。カップ麺の出汁の効いた暖かいスープが身に沁みました。
3万5千歩超、シップを貼るものの、足はガタガタです。

それにしても、母を連れて行った事は間違いでした。頑張って4時間半、上り下りを歩き通したとはいえ、転んだりくじいたりしても危ない所でした。母はそこそこ歳なので、戻ってきてからは、ぼーっとして、食べながら意識飛んでたり、意味不明の事を口走り、やばい感じです。もうこんな危険は冒せないと思いました。

2015/08/16 (6日目)

朝、母が死んでいたらどうしようと本気でドキドキしながら起床します。
一晩寝たら、少々復活した模様で安心しました。それより私はひどい筋肉痛でろくに歩けない状態です。

朝食を食べながら、本当に無事に戻って来れて良かったと安心しました。
よくよくハイキングマップを確認すると、やはりメンリッヒェンで最初に歩き出した道がそもそも間違っていた事を確認します。グリンデルワルトからのロープウェイ駅まで行かなくてはその裏から出ている道に気付かなかったのです。いつか再チャレンジしたいと思います。

ホテルの朝食


オプショナルツアーでユングフラウ観光に行った人から話を聞くと、やはり山は全く見えずホワイトアウト状態、途中駅からのグリンデルワルト方面の景色も何も見えなかったそうです。そればかりか、アイスパレスで転倒した人がいてひと騒動、フリータイムもほとんど取れず、外にも出れなかった、と散々だったようです。山で遭難体験よりはマシだとは思いますけどね・・・。

7:45 ホテルを出発します。霧雨で、やはり山は見えません。今回、マッターホルンとユングフラウ三山、どちらも見れなかったのはとても残念です。
8:03の列車でラウターブルンネンへ向かいます。

列車から見るラウターブルンネン


8:20ラウターブルンネン着。ここからバスに乗り換えてユングフラウ地方を後にします。
もう山から離れるのに、あまりに筋肉痛がひどいので、今日はトレッキングポールを1本持ち歩くことにしました。今回の旅は忘れられない旅になりました。教訓、天気が悪い日にはきっぱり山の観光は諦めましょう。

ラウターブルンネン


次回はマイナウ島をレポートします♪

ドイツ・マイナウ島①

2015/08/16 (6日目) 続き

8:30にバスでラウターブルンネンを出発して一度トイレ休憩をはさみドイツとの国境へと向かいます。11:23国境通過、11:40ボーデン湖畔のマイナウ島に到着です。
5月にも訪れたばかりのマイナウ島、まさかの1年に2回目の訪問です。

マイナウ島入口


グループチケットで入場しますが、最終的には14:30駐車場集合の自由散策となります。半分くらいの人は添乗員について行くようですが、私達はさっそく自由行動です。
まずは島への橋を渡ります。うっすら小雨が降っていますが、そろそろ止みそうな雰囲気です。

マイナウ島への橋


ボーデン湖の景色は春と変わらず、白鳥が優雅にくつろいでいます。

ボーデン湖と白鳥


島に入るとさっそくリスに遭遇。結構大きいです。

マイナウ島のリス


島に入ってから最初のオブジェ、ヒマワリのミーティングポイントです。5月の時は色とりどりのチューリップなどで華やかな印象の花壇に、ひまわりのオブジェもひまわり色でしたが、なんとなく地味な印象です。それに日曜なのに季節と天気のせいで人の数が全然少ないです。

マイナウ島のシンボルひまわりのオブジェ


こちらのオブジェも春とは花の色が全然変わっててまるで別のもののようです。
この季節、花の色、種類が限られているのかシックな感じがします。

季節によって色合いの違うオブジェ


こちらの孔雀は前回とあまり変わらないように見えます。
かなり大きなオブジェなので、植え替えも大変そうです。

マイナウ島の大きな孔雀のオブジェ


さて、今日は私は激しい筋肉痛です。そしてこの島は結構起伏があります。だからなるべく坂を上り下りしないで済むルートを考えます。今回はまず蝶の家に最初に行くことにしました。
春にはすごく豪華できれいな花壇が、サボテンの寄せ植えに・・・。

葉や屋かな花壇がサボテンの寄せ植えに


こちら蝶の家(バタフライ館)、モスラ、じゃなくて幼虫の中が入口への通路になっています。

マイナウ島蝶の家


中に入るといろんな蝶々とか蛾が飛んでます。一応順路に沿ってぐるっと歩きますが、鑑賞対象物は飛んでるので、どこで何が見れるかはわかりません。

蝶の家内部


所々にフルーツが置いてあって、果汁好きの蝶たちが集まってきます。
羽が透明のもとまってますね。

珍しい蝶が集まる


色がブルー系統のやつは特にきれいです。飛んでいる姿がとてもきれいなんですけど、写真的にはぶれちゃうのでとまっているやつで・・・。

色のきれいな蝶


そしてサナギコーナー。季節が違うからか春とは違う種類のがぶら下がっています。なんだかサナギはビーチグラスみたいです。色が抜けてるのが空なんでしょうか?

サナギコーナー


サナギを見ていて、ふときれいな蝶が横切ったので上を見ると、思わず悲鳴をあげそうになっちゃいました。巨大な幼虫です・・・。10㎝近いでしょうか。背が高い人だったら頭に付いちゃいそうで怖いです。

巨大な幼虫がいっぱい


バタフライ館を見終わったらお土産屋の先にある喫茶コーナーで前回気に入ったアイスクリームで休憩です。今回はまだ歩き始めたばかりなので1スクープ、1.2ユーロ、ムーベンピックのアイスです。やっぱりおいしい!

蝶の家ではムーベンピックアイスクリームで休憩


食べながら、なだらかな道を城のある高台へと歩きます。ちょうど足の悪いご夫婦がいたので、こちらから行くとなだらかですよと一緒に案内しました。実は自分の筋肉痛のために選んだ道です。花の島マイナウ島の中で、大木茂る静かなエリアです。雨もほぼ上がりましたね。

巨木の生い茂る植物園を通って高台へ


次回はマイナウ島の後半をレポートします♪

ドイツ・マイナウ島②

2015/08/16 (6日目) 続き

巨木茂る植物園を抜けて高台にあるマイナウ宮殿へとやってきました。春には花壇があった所に花壇自体が消失している箇所などもありましたが、宮殿の周囲はお花がいっぱいです。春にはピンク系を中心とした華やかな花壇でしたが8月は黄色系を中心とした花で飾られています。

マイナウ宮殿前の花壇


こちらがマイナウ宮殿、今もベルナドッテ伯爵家の方が住んでいるそうで、2階などへは上がることはできません。1階のスペースは季節によって展示やショップなどに利用されています。
18世紀のバロック様式建造です。

マイナウ宮殿


宮殿に併設されているのが宮殿教会、聖マリア教会です。内部は彫刻、フレスコ画で飾られた豪華な教会で、春来た時には何組ものカップルが結婚式を挙げていました。

マイナウ島宮殿教会内部


宮殿の隣には巨大な温室、パームハウスがあります。10m超えるヤシの木などがあります。春に来た時にはここは蘭でいっぱいでしたが、今はガランとしています。蘭は期間展示だったのですね。一部は宮殿カフェのテラス席として使われています。

マイナウ島パームハウス


その宮殿カフェ、前回来た時にダンナが行きたがっていたのに満席で入れなかったので今回リベンジです。ランチ代わりに大きなケーキをいただきます。雰囲気のいい宮殿のカフェなのに、ケーキと飲物2つずつで13ユーロ、良心的なお値段です。ケーキはかなり大きいですが、重くなくあっさりして甘さも控えめでした。

マイナウ島宮殿カフェのケーキ


パームハウスは宮殿前に広がるローズガーデンを見渡せるテラスにあります。
春に来た時はバラの季節じゃないので唯一このエリアは色がないエリアでした。今回もバラの季節はちょっと外していますが、まだ咲いているのもあるようです。

マイナウ宮殿テラスから見たローズガーデン


咲終わりのバラが多い中、いくつかの品種はきれいにまだ咲いています。
先ほどまで降っていた雨の雫で濡れたバラ、これもまた美しいです。

マイナウ島のバラ


このローズガーデンはイタリア式のバラ園で、約400種類、9000本のバラが植えられているそうです。もうシーズン終わりなので、咲いているのは1/3くらいでしょうか。

マイナウ島バラ園


ローズガーデンの先を更に西に進むときれいな花壇のある場所に出ます。
春にはオレンジ系の色合いの花で溢れた花壇でしたが、今はピンク紫系のシックな花壇です。色合い的には私はこちらの方が好きですが、花の数はやはり春の方が遥かに多いという印象です。

マイナウ島高台の大きな花壇


さて、そろそろ島の低地に下りようと思います。イタリア式花の階段と言うカスケードの脇の階段を下ります。イタリア式と言いますが、この季節、イングリッシュガーデン風だと思うのは私だけでしょうか。ここも春とはかなり印象が違う花壇になっています。

イタリア式花と水の階段


次はボーデン湖をかたどった花壇です。島の場所などがプレートで示されています。春には湖色の花が湖面の所に使われていましたが、今はピンク系で愛らしい印象です。

マイナウ島のボーデン湖の花壇


この辺りから入口方面へと戻りながら花壇を楽しみます。
ここは春にはチューリップで色の氾濫、皆テンション上がりまくりの花壇だった所です。今も綺麗ですが、春の花壇を見た後だと、色合いが少なく寂しい感じに見えてしまいます。

マイナウ島低地の花壇の道


さらに先に進むと全く花の色のないエリアもあります。
ほぼ島を一周して思ったことは、マイナウ島に行くならやはり春にいくべし!という事です。華やかさが全然違います。チューリップが見事な4,5月、バラが綺麗な6.7月がベストシーズンでしょう。その分人も多いですが、賑やかな方が気分も高まります。5月初旬のレポートはこちら

夏にはあまり花のない場所もあるマイナウ島


そのまま入口方向へ向かうとブドウ畑に出ます。春には見れなかったものとして、たわわに実ったブドウを見る事ができます。

マイナウ島のブロウ畑


そして疲れたであろう母を残して、ブドウ畑の上の道スプリングアベニューへちょこっと行ってきます。ここはチューリップの花畑となっていた道で、今はどうなっているのだろうと確認したかったのです。想像通り、花はありませんでした。春には、今芝生に見える所一面にチューリップが咲いてとてもきれいな道になります。

マイナウ島スプリングアベニュー夏


集合時間に合わせて湖畔沿いを入口へと戻ります。少し晴れ間がでてきました。
ボーデン湖の湖面が鏡のようです。

マイナウ島から見たボーデン湖


14:30 マイナウ島を後にします。ひどい筋肉痛で島を一周するのはかなりきつかったですが、人も少なくゆっくりと見学できました。今後日本人観光客の人気も上がると思われる観光地です。

次回はライヒナウ島をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR