フランス・シャモニー(ガイアン湖~プレヴァン展望台)

(昨夜カナリア諸島&マデイラクルーズから無事帰国しました)

2015/08/13 (3日目)

7:15 今日も天気が良さそうなので、晴れやかな気持ちで朝食です。フランス各地でメルキュールに泊まったことがありますが、ここの朝食はかなり得点高いです。クロワッサンおいしいし、フルーツなどもあり、普段の自分の朝食から比べるとかなり贅沢な感じです。

メルキュールの朝食


8:20 ホテルを出発します。山の天気はやはり朝が勝負というのもありますが、山の山頂がかなり見えています。前回シャモニーに来た時には、モンブランも見えず、エギーユ・ドゥ・ミティ展望台へのロープウェイが強風で運休、代替でモンタンヴェール展望台に行ったのでぜひまた来たいと思っていました。

メルキュール ボッソンとモンブラン周辺の山々


8:30 逆さモンブランで有名なガイアン湖でまずは写真ストップです。ここはあまり期待していなかったのですが、あ、本当に映ってる!凄いです。風があると湖面がさざ波だって映らないんですよね。それにこの時期は湖が遊泳可能なので、誰か泳いでいたらやっぱりダメです。

ガイアン湖逆さモンブラン


そもそもモンブラン自体が見えていないと、湖面に映ることもないですし。ヨーロッパアルプスの最高峰モンブラン、ここから見ると、ちょっと奥まっているので一番高い山ではありません。
私の理解が間違っていなければ、写真中央辺りの「へ」の形をしているのがそうです。

ガイアン湖から見るモンブラン


山と湖面に映っている逆さモンブランの両方を一枚の写真に入れるのが案外難しかったです。刻々と光の加減で風景が変わります。天気がいいから早く展望台へ行こうと10分で切り上げたので忙しい写真ストップでした。通常のスイスツアーなんかで、ここで逆さモンブランが見られるのは20%くらいの確率だそうで、とてもラッキーでした。

逆さモンブランを望むガイアン湖


8:50 ブレヴァン展望台のロープウェイ乗り場でバスを降ります。このツアーは比較的アクセスが楽な展望台が組み込まれていることが多く、そのためコストが抑えられていますが、2度目3度目の人には別の展望台からの景色が見れてむしろいいという話もあります。

よく晴れていますが念のため上着持参で、まずは1本目、スキー場によくある6人乗りゴンドラに乗ります。眺めはいいですが、ガラスに傷がついていて写真を撮るのは難しいです。

プレヴァン展望台へのロープウェイ乗り場


5分くらいで中間駅プランプラに着きます。ここで40人乗りの大きなロープウェイに乗り換えてプレヴァン展望台へと上がります。でも、ここでももう十分モンブランが感動的なまでにきれいに見えます。ロープウェイは15分おきくらいに出ているようです。

プランプラからのモンブラン山群の眺め


シャモニーの街はもうこんなに小さく見えます。高所恐怖症の私は、これ以上、上に行く必要あるんだろうか、と思ってしまいます。

プランプラから見たシャモニーの街


ロープウェイは考えるのも恐ろしい所に張られたロープをスイスイと上っていきます。
私の目から見ると山というより崖です。

プレヴァン展望台へとロープウェイで上る


ロープウェイから驚く光景を目にしました。崖に張り付いた人と、その下に並んでいる人たちが見えます。こんな所でロッククライミング、全く理解できません。

プレヴァン展望台下でロッククライミングしている人たち


ロープウェイは5分ほどで展望台に到着です。と思いきや、ロープウェイ駅から更に上に展望台があるようです。ここまで来たら行くしかありません。10:00のロープウェイで降りるので、9:55までフリータイムとなりました。40分くらいあるので、たっぷり滞在できます。

プレヴァン展望台


このプレヴァン展望台は標高2525m、短時間の滞在なので、高山病に弱い私も大丈夫な高度です。誤算だったのはこの道、今日は展望台と町などの散策だけだからと、舐めた靴を履いていました。確かサンダルだったと思います。登山靴まで要りませんが、ちゃんとした靴じゃないと危険です。

プレヴァン展望台へ上る道の足元の悪さ


上った先の展望台の景色がこちら。爽快です。
空気も爽やかでとても気持ちがいいです。上着は必要なかったです、つまり天気が良く風が無ければ、半袖でOKという事です。

プレヴァン展望台


それではモンブランをしっかりと堪能しましょう。ここまで来ると一番高い山がモンブランだと分かります。なるほどちょっぴり奥まっているので、下から見ると低く見えてしまうのですね。
ともかく、感動的な眺めです。エギーユ・ドゥ・ミディ展望台から比べると少し遠いのかも知れませんが、この距離感は山を見るのにちょうどいいのではないでしょうか。

プレヴァン展望台から見るモンブラン山群


ズームして見ます。魔の山として恐れられたモンブラン、見た感じはとてもやさしいなだらかな山に見えます。標高は4810m、神々しいまでに輝いて見えます。皆、それぞれ、しばし無口になるほどです。

白い山モンブラン


次回続きをレポートします♪

フランス・シャモニー(プレヴァン展望台)

2015/08/13 (3日目) 続き

しっかりとモンブランを見た後は、ゆっくりとプレヴァン展望台からの眺めを楽しみます。
シャモニーの街とモンブランをはじめとするヨーロッパアルプスの山並みが一度に視界に入るこの景色は感動ものです。

プレヴァン展望台からのシャモニーとモンブランの眺め


もう8月なので、残念ながらお花はあまり咲いていません。それでも小さなお花が2,3種類くらいは咲いています。こちらはホタルブクロ属の可憐なお花です。

プレヴァン展望台に咲いた小さな花


展望台はさほど広くはありません。モンブランを背にするとまた別の山並みが見えます。
360度が大自然です。

プレヴァン展望台


この展望台の奥の方で、何やら取材をしている人たちがいました。あれ?後ろにモモンガみたいな人が・・・。どうやら、私にとっては信じがたいスポーツをする方達のようです。
この展望台、巨大な崖の上なんだけども・・・。

取材を受けるモモンガさんたち


そして、取材を受けていた人もスーツを着て、私の視界からまさに瞬間的に消えていきました。
覗いた所で何も見えません。この足元に垂れている頼りないロープは、先ほどロープウェイで見た下からロッククライミングで岩壁上ってくる人用のもののようです。さっきのモモンガさんたちはいったいどこまで落ちて行ったのでしょうね・・・。

モモンガが飛び降りたプレヴァン展望台のヘリ


その後もしばらくモンブランを見ながら景色を堪能していると、隣にいた日本人に話しかけられました。なんとモンブランを登頂したことがある登山愛好者だそうです。はぁ、見るだけじゃ足りなくて登ろうと思うとはすごいです。私達のようなお気軽観光客ばかりでなく、危ないスポーツする人や、ハイキング兼ねている人も多いし、本格的な装備をした人もたくさんいました。

プレヴァン展望台からの絶景


9:55集合時間なので、ロープウェイの乗り場に向かいます。最後に展望台からのモンブランの眺めを目に焼き付けます。やはり微かに山に雲がかかって、霞んで見えるようになってきました。
いい時間に来たと思います。

プレヴァン展望台ロープウェイ乗り場からの眺め


10:00のロープウェイで下山します。こうして見上げるとやっぱりロッククライミングとか信じられない山に見えますが、やる人から見ればちょうどいい崖、に見えるのでしょうね。

ロープウェイから見たプレヴァン展望台


中間駅に着くとひとつの看板が目に入りました。モモンガ・・・、そのままです。
ウィングスーツフライングとか言うスポーツらしいですが、何百回ものスカイダイビング経験が必要だそうで、それでもスーツだけの身一つで、落ちる、のですから毎年多数の死者が出ているらしいです。私から見れば自殺行為ですが、実際事故が多いのに何でやるんでしょうね。

ウィングスーツフライングの看板


ということで、私たちは安全なゴンドラで地上に戻ります。

プレヴァン展望台行きの一本目のゴンドラ


ゴンドラは窓ガラスが傷ついていてあまりきれいに写真は撮れませんが、最後まで景色を楽しみます。心が洗われるような景色とはまさにこういうものでしょう。

プレヴァン展望台行きゴンドラからの眺め


10:15 あっという間に地上に戻ってきました。
改めて展望台をズームして見てみます。何度確認してみてもやっぱり崖じゃん、そう思います。
さっきのモモンガが壁に激突してないか心配になりますが、あの派手な色のスーツがどこにも見えないのでちょっとほっとしました。

展望台下のゴンドラ乗り場からズームしたプレヴァン展望台


上を向いていると、パラグライダーもたくさん飛んでいます。確かに景色がいい場所ですが、皆そんなに飛ぶのが好きなのか、世の中には到底理解できない事が多いものです。こちらのパラグライダー、風に煽られてクルクル回転している危ないのも見ました。

シャモニーの空にはパラグライダーがいっぱい


10:30 ロープウェイ駅を出発し街中へと向かいます。
10:40 シャモニーの駅でバスを降ります。ここで解散、12:00集合のフリータイムです。

シャモニーの駅


集合場所は駅の隣のメルキュール、ここでランチを取る予定です。今日は地上からもはっきりと山が見える素晴らしい天気です。

シャモニー駅横にあるメルキュールと山々


次回はシャモニーでの散策をレポートの予定です♪

フランス・シャモニー散策

2015/08/13 (3日目) 続き

10:40 シャモニー駅で解散し、1時間20分のフリータイムです。いつもだったら時間がいっぱいあるわと駆けずり回る所ですが、今回は母と一緒なので無難に散策することにします。添乗員が細かい手書きの地図をくれたので迷うことなく街歩きできそうです。駅前通りを街の中心に向かって歩きます。

シャモニー駅前ロータリー


シャモニーは正式名称シャモニ・モンブラン、登山や山岳スポーツなどで知られた言わずと知れたリゾート地です。誰でもアルプスや氷河を楽しめる登山電車やロープウェイなどがいくつもあるので、様々な観光客で賑わっていて、街の中心部は広さはあまりないですが、道幅は広く清潔感で溢れています。ちなみに第一回の冬季オリンピックの開催地でもあります。

シャモニーの街


中心部へ向かうと一人の登山家の像に出会います。1786年8月8日18時23分、モンブラン初登頂を果たした医師ミシェル・ガブリエル・パカールの像です。彼は自身の足でちゃんと登頂したかどうかで一時は名誉を汚されましたが、この登頂が登山発祥の瞬間だったと言えます。

パカールの像


近くにはアルヴ川が街を横切るように流れています。
乳白色をした水は、かなりの勢いで流れていますが川沿いの華やかなお花の色とよく合っています。

アルヴ川


中心広場であるバルマ広場には、2人の像が立っています。パカール医師と一緒に初登頂に成功した山の案内人、水晶取りのジャック・バルマ、そして、モンブラン登頂ルートの発見に賞金をかけていた地質学者オラス・ド・ソシュールの像です。初登頂から100年後に記念して建てられたそうです。先ほどのパカールの像はさらに100年後、名誉回復後に建てられました。

バルマとソシュールの像


バルマの指し示す先を見上げます。
クレーンが邪魔ですが、今日はモンブランをはじめとしたアルプスの山々が街からもきれいに見えます。

バルマが指し示すモンブラン


バルマ広場を曲がると街のメインストリート、パカール通りです。レストランや、登山用品スポーツウェア店などがずらっと並び、たくさんの人で賑わっています。特に欲しいものがあるという訳でもないので、雰囲気を楽しみます。

パカール通り


パカール通りをずっと進み、人気の少なくなるあたりまで来ました。この辺りで踵を返します。
それにしても、本当にモンブランの山並み、そして街並みがとてもきれいです。

シャモニーから見るモンブラン


バルマ広場に戻ってきて、サン・ミッシェル教会へと向かいます。右手前の花で飾られたきれいな建物はたぶん市庁舎です。

サン・ミッシェル教会と市庁舎


これと言って街中に観光名所とかない場所ですが、教会もそれほど有名でもなく、外観が目立つ割に中も観光客は少なく、しんとした雰囲気です。

サン・ミッシェル教会内部


変わっている所と言えばこのステンドグラス。モチーフがスキーやソリというのが、シャモニーならではです。

サン・ミッシェル教会のステンドグラス


薄暗い教会から出ると、街の景色が広がってみえて、まぶしく神々しくさえ見えます。
まさにアルプスの玄関口、を実感する景色です。

サン・ミッシェル教会前から見たシャモニーの街


今度はバルマ広場から反対側に伸びるヴァロー通りを歩きます。5,6軒目にあるスーパーUというスーパーマーケットでお買い物することにします。街の中心にある中で一番大きく、お値段も安いです。他にスーパーカジノは街の中心に3店舗ありましたが、店によって値段がかなり違いました。

シャモニーのスーパーU


教会とスーパーに立ち寄る以外は町中を歩いただけであっという間に時間が過ぎていきました。
今日は山がかなり見えていてそれだけで気持ちのいい散策になりました。スーパーで買った飲物を飲みながら集合場所である駅横のメルキュールへと向かいます。

シャモニー


12:00 メルキュールのレストランでランチです。ツアーのランチなのに、おしゃれなものが出てくるとさすがフランスだなと感心です。

メルキュールの前菜


メインはお魚。左上のポテトがおいしかったのが半年経った今でも思い出せます。

メルキュールのランチメイン


次回はサースフェーをレポート予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR