FC2ブログ

ドイツ・ネルトリンゲン①

2015/11/29 (4日目) 続き

ネルトリンゲンの旧市街中央に建つ聖ゲオルク教会です。直径1㎞足らずと思われる町の教会にしては相当に大きな教会、1427~1505年にかけて建造されたゴシック様式の教会です。

ネルトリンゲン聖ゲオルク教会


こちらは教会前のマルクト広場、木組みの大きな家はブロート・タンツハウス(1442~1444建造)で、かつては毎年開かれた布地の見本市が行われたそうです。また、上階はダンスホールなどにも使われたと言われています。

ネルトリンゲンマルクト広場タンツハウス


聖ゲオルク教会内部に入ります。外観が黒っぽいので暗い教会かなと思っていましたが、中は白を基調としたきれいな教会、雨の日にもかかわらず十分に明るさを保っています。修復などを行っているためか、隕石の跡があるという祭壇の台座の石とかどれだけよくわかりませんでした。

ネルトリンゲン聖ゲオルク教会


パイプオルガンはちょっと独特です。教会の規模、造りからして、かつてはかなり栄えた町だったことがわかります。

ネルトリンゲン聖ゲオルク教会内部


ダニエルと呼ばれる塔への入口は修復で閉まっているようだと思いながらも、外へ出て少し回ってみると、修復の足場の下に塔への入口がありました。扉が開いているし、最終入場時間は15:30までということでしょう。この塔からの眺めが素晴らしいらしいので、もちろん上ってみる事にします。

ネルトリンゲン聖ゲオルク教会ダニエル塔入口


この塔、これまで上ってきた数々の塔と比べてもかなり怖い塔でした。高所恐怖症なので、下が見える階段とかダメなのですが、ここのは途中から木の階段で、それほど透けてはいません。ですが、階段も修復中なのか心もとない支えがあったり、とにかく階段の強度自体が恐怖の原因です。ギシギシ音がするし、構造的に階段がどう支えられているのか非常に不安に思う造りでした。

ダニエル塔階段


足元から崩れそうな、頭上から階段が降って来そうな恐怖に襲われながら頑張って上へ上っていくと、やっと足元の確かなフロアに出ました。ここにはガラス窓があり、あまりきれいではないものの下界の景色を眺めることができます。さらにこのフロアにはトイレまでありました。

ダニエル塔上部


1つ階段を上がると、塔の番人がいるフロアに出て、そこで初めて料金が徴収されます。旅ともさんは高所恐怖症ではないのに、階段が怖かったのか、先ほどのフロアで待っているというので、私は一人、料金3ユーロを払い更に上の展望スポットへと上がります。

いざ外に出ようとすると足が固まりました。幅は人ひとり分とは言え、石造りのがっしりした柵は何とか私一人でも行けそうな気がしたのですが、ものすごい強風なのです。ここまで来て写真のひとつも撮らずにスゴスゴ引き返すのは旅ブロガーとしての沽券にかかわるし、高所恐怖症克服の断念にもあたります。何も飛ばされないようポケットなど全部閉め万全の準備で一歩踏み出します。

ネルトリンゲンダニエル塔展望通路


逡巡しながらも、まずは片足と手を出して写真を撮ってみよう、とか試みます。風が強すぎて怖すぎ涙目になりますが、これでは埒があかないので、意を決して通路に出て写真を撮り、速攻で出入口に戻ります。こちらは駅方面です。中央あたりに城壁があり、入ったダイニンガー門(中央やや右)、城壁を歩いて下りたレプジンガー門(中央左)などが見えます。

ダニエル塔からのネルトリンゲンの眺め駅方面


塔上部の展望通路は一方通行になっていますが、他に誰もいないので、1、2歩行っては戻るを何度か繰り返します。別の方角は城壁の外側に緑が広がっています。こうして見ると丸い町だというのがよく分かります。

ダニエル塔から見るネルトリンゲンの丸い旧市街


出入口を中心に2歩ずつしか行かないと裏側180度の景色はまったく見れないので、どうしようかと考えましたが、旅ともさんも待たせているし、ここはもう行くしかないと一周することに決めました。

角を曲がると、あれ、風向きのせいか風が弱まりました。どうやら出入口付近が一番風が強かったようです。ダニエル塔は90mの高さなので、怖いことには変わらず、塔にべったりくっついて景色を記録します。ダイニンガー門の反対にあるベルガー門方面、城壁の向こうに池のようなものも見えます。

ダニエル塔から見るネルトリンゲン旧市街ベルガー門方面


頑張って一人心細い中、一周できました。確かに眺めはとても素晴らしく、町が丸いというのもよく実感できました。晴れていたらもっと素晴らしい景色だったろうなと思います。戻ろうと階段を下りた時に初めて別の客とすれ違いました。複数で階段上ったり、怖い展望通路で停滞を余儀なくされることがなくて本当に良かったと胸をなでおろしました。

ダニエル塔から見るネルトリンゲンの絶景


ダニエル塔から降りて、川があるみたいだから川の方へ行ってみようと上から見て池が見えた町の奥の方へ行きます。住宅街は素敵な感じですが、川は見当たりません。どうやら方向を間違えたらしいです。何しろ町は丸くて、目印は城壁と塔しかないので、ちょっと方角がずれると全然違う場所に行ってしまうことになるのです。

ネルトリンゲン旧市街の住宅街


雨で地図を確認できないことも方向を見失う理由のひとつですが、教会に辿り着きました。教会内で地図をゆっくり確認すると、聖ザルヴァトール教会にいるようです。地図で見ると川とはまるで反対方向でした。

ネルトリンゲン聖サルヴァトール教会内部


そろそろ電車の時間が気になる残り時間となったので、最寄りの城壁と門まで行って現在地をしっかり確認して駅へ戻ることにしました。城壁、と言っても城はないので、市壁というのが正しいかも知れませんが、この辺りは壁に小さな民家がくっついた感じです。

ネルトリンゲン市壁にくっついた民家


城壁に沿って歩いていくと、公園に出ました。城壁沿いの静かな空間です。

ネルトリンゲン市壁沿いの公園


結局、ダニエル塔を目指して中心に戻ってから駅へ向かうのが確実で早いという結論になりました。せいぜい直径1㎞あるかどうかの町ですからね。

次回は続きをレポートします♪

ドイツ・ネルトリンゲン②

2015/11/29 (4日目) 続き

中心部の方へ戻ってきました。素敵な家が立ち並ぶ小さな広場、どうやら地図で見るとヴァインマルクト(ワイン市場)です。後で調べた所によるとこの町は魔女狩りの歴史があるそうで、このヴァインマルクトでも魔女集会が開かれたとか告発があった場所のようです。何も知らず、きれいな家並みと無邪気に思った私です。

ネルトリンゲンのヴァインマルクト


この辺りからは先ほど上った聖ゲオルク教会の塔ダニエルがよく見えます。上る前は途中の四角い所まで上れるのだろうと思ったものですが、実際は最上部の屋根飾りの下の所でした。かつて敵の襲来や火事などの見張りをしていたそうですが、今でも番人が夜になると掛け声を叫ぶそうです。

ネルトリンゲン旧市街とダニエル


さてマルクト広場まで戻ってきました。正面に見える黄色い建物はツア・ゾンネ(太陽亭1350年建造)、かつての領事館で、古くは皇帝から20世紀では宇宙飛行士まで滞在したというゲストハウスだそうです。その左奥は市庁舎です。

ネルトリンゲンのマルクト広場とた太陽亭と市庁舎


列車の時間まで後15分となってので、急いで駅へと向かいます。町並みがとてもきれいなので、くまなく歩いて見たい町です。

ネルトリンゲン旧市街


先ほど通らなかったダイニンガー通りを通って最短距離で駅へと向かいます。家のやさしい色合いが私好みです。

ネルトリンゲンのダイニンガー通り


13:14の列車に間に合った!とネルトリンゲンの駅に辿り着きますが、なんだか様子が変です。まず第一に人が誰もいません。そして、嫌な予感は的中、時間過ぎても列車が来ないのです。
よーく時刻表を見ると小さくSa*と書いてあります。どうやら日曜は来ないというマークらしい。ふらっと現れた地元の人に聞くと、今日はその列車はない、次は14:14のだと言っているようです。やれやれ、当日思い付きで小旅行をするからこういう目にあいます。

何もない駅でぼんやり待つのも何なので、また町をぶらつく事にしました。今度は1個南寄りのライムリンガー門から旧市街に入ることにします。門まで行く途中で、宮殿のような素敵な建物がありました。リゾレッテ・ノルト・シューレ、調べたらなんと、看護専門学校だそうです。

リゾレッテ・ノルト・シューレ


ライムリンガー門が見えてきました。木で隠れていますが、実は修復中です。町で一番古い城門らしいです。ネルトリンゲンの城壁というか市壁はほぼ完全な形で保存されていて、5つの門と11の塔があります。列車の時刻が正確に分かっていれば、城壁を一周する時間があったのにと少し悔まれます。

ライムリンガー門


ライムリンガー通りを進むとブレターマルクトに出ます。町のあちこちにある小さな広場は、どこも似て非なる素敵な風景です。

ネルトリンゲンのブレターマルクト


マルクト広場まで来たら、今度こそ間違わないよう地図を見て、バルティンガー通りへと進みます。入ってきたライムリンガー門から見ると、町の真ん中を2つに切るように縦断する形です。
通りの景色が何となくどこも似ていて、あちらこちらに歴史を感じる立派な家が残っています。

ネルトリンゲンのバルティンガー通り


念願の川沿いに来ました。ですが、あれ?なんか期待していたのと違う。ガイドブックに、このエーガーと言う小川沿いを散策してみるのもおすすめと書いてあるのでもっと風情があると思っていたのです。奥に見える典型的な木組みの家は、製革工房で、作業に必要な水を確保するためにひかれたのがエーガーという運河なのだそうです。それにしても、かなり建物が傾いているような・・・。

エーガー運河沿いの製革工房


その奥にはリースクレーター博物館があります。ネルトリンゲンは隕石が衝突してできたクレーターにできた町ですが、その当時の様子やらが説明された博物館で、NASAとの関わりもあって、月の石が展示されているそうです。時間がないしあまり興味ないので中へ入りませんが、庭を歩くと、隕石衝突の影響を受けた石なのでしょうか、いくつか石が展示されています。

リースクレーター博物館の庭


実はリースクレーター博物館の庭をウロウロしたのは訳があります。ブタの置物を探していたのです。見つからず諦めて帰ろうとしたとき、川近くの道端でそのブタを発見しました。かつてダニエル塔の番人がブタが逃げているのを見つけたため、敵が城門を開けたことがわかり町が救われたという話があり、ブタは町の恩人のように扱われているそうです。

ネルトリンゲンを救ったブタ


さて、町の真ん中までまた戻り、何か食べるものを探します。のんびり座って食べていると次の列車を逃すことになるので、クリスマスマーケットで定番ソーセージ(1.6ユーロ)を買って歩きながら食べます。

ネルトリンゲンのクリスマスマーケットでゲットしたソーセージ


ガイドブックにもう一か所、ブタが紹介されていたのがレプジンガー門だったので、駅に向かいがてら最初に来た時に歩いた道、レプジンガー通りを歩きます。
やっぱり晴れている日に来たいなと思う町並みです。

ネルトリンゲンのレプジンガー通り


レプジンガー門の外側へ出ると、いました、ブタ。こちらはちゃんと町を守った動物という感じで、マスコットのように置かれています。

レプジンガー門を守るブタの像


ブタを確認したら再び駅へと向かいます。
こじんまりとしたネルトリンゲンを雨の中歩き回ってもしくは走り回ってとても疲れました。
駅に着いたら、人がたくさんいたので、今度こそ列車に乗れそうです。

次回はドナウヴェルトをレポートします♪

ドイツ・ドナウヴェルト

2015/11/29 (4日目) 続き

14:14 今度こそ列車に乗ることができました。ドナウヴェルト行きの列車は、長閑な風景を進みますが、途中ハルブルク(Harburg)に立派なお城があるのを往路で見かけたのでシャッターチャンスを狙います。窓はFIXで開かない上、雨でイマイチな写りですが、緑の丘陵地帯の奥に大きなお城があるのが見えるでしょうか。

ネルトリンゲン方面から見たハルベルク城


カーブを周りこんだ後、駅の方からきれいな眺めが見えます。川沿いの麓の町も素敵です。後で調べたら、12~18世紀に建てられたハルベルクのお城は、ホテルやレストランとして使われているようなので、次にこの地域に来ることがあれば立ち寄りたい場所として記憶しておきます。

ハルベルクの町と城と川


14:45 乗り換えの駅ドナウヴェルトに到着です。ミュンヘンに戻る前に、もう1か所どこかへ立ち寄ろうと考えていましたが、その候補がドナウヴェルトかアウグスブルクでした。ミュンヘンから遠いドナウヴェルトに来る機会は少ないだろうと、ここを少し見て行こうと決めます。時刻表を見ると次の列車が30分後、その後はただでさえ1時間1本なのに日曜運休が続きます。急いで30分だけ町を見ることにして駅を出ます。

ドナウヴェルト駅


幸い小雨が降ったり止んだりの小康状態になったので、小走りでバーンホーフ通りを歩き旧市街を目指します。

ドナウヴェルトバーンホーフスフォアシュタット


ヴェルニッツ川を渡ります。この先300mほどの所でドナウ川に繋がります。

ヴェルニッツ川を渡りドナウヴェルト旧市街へ


橋を渡った先はかつてヴェルトと呼ばれた中洲で、町の名の由来となった場所です。
とてもかわいらしい町並みです。ディズニーランドにありそうな作り物みたいな町です。

ドナウヴェルトの中洲の町


そしてその中洲を通り抜けると、リーダー門があります。かつての市壁の門のうち最後まで残ったものだそうです。

ドナウヴェルト市壁のリーダー門


リーダー門をくぐった先にはちょっと目立つ黄色い建物が見えてきました。
1236年に建てられた市庁舎です。現在のはその後何度も改築を重ねたものです。

ドナウヴェルト市庁舎


その市庁舎の前で曲がると、そこが南ドイツ一美しいと評判の町のメインストリート、ライヒス通りです。うわーっと思うほどの色の氾濫です。パステル調の様々な色の壁がこれでもかと続きます。今回時間がないので、この通りを見るのが目的でしたが、時間の許す限り坂を上ってみたいと思います。

ドナウヴェルトのライヒス通り


延々と続くかのようなカラフルなライヒス通りは本来せいぜい300~400mくらいしかない道ですが、坂道のせいか長く感じます。ライヒス通りの上にある教区教会の塔がやっと見えてきました。

パステルカラーの街並みが続くライヒス通り


かわいらしいカラフルな家並みの中でひときわ目をひく赤い切妻屋根の建物は、タンツハウスです。昔の舞踏館で、現在は劇場やレストラン、博物館が入っているそうです。

ドナウヴェルトのタンツハウス


ライヒス通りの突き当りにも目を引く建物があります(写真左の白い建物)。フッガーハウス、大富豪の家だったそうです。この少し先にある聖十字架教会まで行きたかったのですが、残念ながらタイムアップです。

ドナウヴェルトのフッガーハウス


教区教会を覗く時間もなく、残り15分となったので来た道を引き返します。天気が悪いせいか、観光客らしき人の影を全く見ませんでした。ネルトリンゲンではそこそこ観光客がいて、意外にも日本人にも何組かあったのに比べるとちょっと寂しい感じです。

ドナウヴェルト教区教会とライヒス通り


ライヒス通りを小走りに下ります。逆から見る景色もまた素敵です。この道はロマンチック街道の一部ですが、まさにロマンチックな雰囲気です。第二次世界大戦でほぼ壊滅状態となった通りをここまで再建したというのもびっくりです。

パステルカラーの氾濫するライヒス通り


ライヒス通りの一番下には市庁舎が立っています。この町並みのカラフルさは、やっぱり晴れた日には格別なものでしょう。季節のいい時にまた訪れてもう少しゆっくり滞在したいです。今回は下見という位置づけになりましたね。

ライヒス通りと市庁舎


近道も特になさそうなので、来た道を確実に駅へと急ぎます。川沿いにはよく見ると市壁が一部残っているようです。民家の壁と一体となっているようで、往路では気付きませんでした。
ライヒス通り以外にも雰囲気の良さそうな所がたくさんありそうな町です。

ドナウヴェルト市壁


15:20 ドナウヴェルト発の列車に間に合いました。ミュンヘンへと戻ります。

次回再び夜のミュンヘンをレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR