イタリア・ナポリ~アマルフィ

(本日ドイツより無事帰国しました)

2015/08/03 (5日目) 続き

8:00 アマルフィに行くので小さめのバスに乗ってナポリを出発します。
背後にはヴェスヴィオ山、ポンペイを火砕流で埋めてしまった火山が間近に見えます。

ナポリとヴィスヴィオ山を高速道路から振り返る


アマルフィ海岸を通ってアマルフィに行く予定でしたが、船が変更になって到着が当初の予定より少々遅れ時間がないので、海岸の中でも有名なポジターノ等は通らず、高速でもっと先まで行ってからアマルフィの手前で海岸に出ることになりました。高速道路で距離を稼いだ後は山越えです。

アマルフィへの山越え


山越えの後、トンネルをくぐると海沿いの高台にやっと出ます。旅行パンフレットなどでアマルフィ海岸の写真としてよく使われるのは、ポジターノという町のあたりで、その辺りで写真ストップなどを取る予定でしたが、そこは全く見れない事になってしまいました。船が1時間程度遅れただけで通る時間がないなら、最初から行程に無理があるような気がします。

アマルフィ海岸


アマルフィ海岸の細いクネクネ道を少しずつ下りていきます。カーブのタイミングで、アマルフィ海岸らしい風景を見ることができますが、世界一美しい海岸とも言われ、世界遺産に登録された景観は、ほんの一部しか見る事ができず残念です。

アマルフィ海岸


9:45 アマルフィに到着です。断崖絶壁とティレニア海の小さな湾の間に造られた小さな町ですが、観光客に大変人気があり、港にある駐車場にはバスがいっぱい停まっています。

アマルフィ


海もとてもきれいで、湾には客船も停泊しています。

アマルフィの海


当初の予定では、ここで簡単な朝食ということでしたが、全員入れるカフェがないし、人数多くて時間かかるので5ユーロ返すから自分たちでとなっていました。ひとまず、広場まで添乗員が案内します。町は小さいので、路地が入り組んでいます。大人数入れそうなカフェありますが、ドリンクの注文とか取るのが面倒なんでしょうかね・・・。

アマルフィの町の中


町は小さいけれど、断崖絶壁の麓だけあって、道は入り組んでいて、建物の中をトンネルのように道があったりします。そんな路地にも観光地らしくお土産屋がたくさんあります。

アマルフィの路地


アマルフィの一番の見所、大聖堂ドゥオモのある広場に出ました。小さな町に似合わない壮大な建物です。この大階段と大聖堂は見ないで去る訳には行かないので、この後フリータイムになったら見学したいと思います。

アマルフィ大聖堂


9:55 11:00集合のフリータイムで解散になりました。1時間で観光と朝食を済ませなければなりません。すぐに大聖堂を見たい所ですが、まずは港を背に北に延びるメインストリートを歩きます。

アマルフィメインストリート


メインストリート沿いは観光客相手のお店がいっぱいです。
名産のレモンを使った商品が山のように積まれています。商品の陳列はとてもきれいです。

アマルフィのお土産屋


メインストリートからの脇道はほとんどが細い路地で、しかも階段などが多いです。崖に造られた町なので生活は大変そうです。

アマルフィのメインストリートの脇道


メインストリートの先は岩山です。観光客が少なくなってきたのでこの辺りで踵を返したいと思います。

アマルフィの町


すると、街角にかわいい泉がありました。映画アマルフィ女神の報酬にも映っていたそうで、観光スポットにもなっているようです。小さなフィギュアが岩にびっしりとついています。

アマルフィの人形がいっぱいある泉


もともとはプレセーピオ(キリスト降誕の場面を再現したもの)なのでしょうか、泉の水の中にも人形が置かれていました。

キリストは水の中


添乗員が希望者を小路ツアーに連れ歩いていましたが、泉の前で出会いました。大聖堂の方へと路地歩きをするらしいのでついて行ってみることにします。詳細な地図なしで、こんな階段上っていけないですものね。

アマルフィ路地歩き


次回アマルフィの続きをレポートします♪

イタリア・アマルフィ

2015/08/03 (5日目) 続き

アマルフィのメインストリートを脇道に入り、路地を歩きます。狭い町ならでは、住宅の下などにも道が張り巡らされ、秘密の通路を歩いているような気分です。

アマルフィの路地


時々視界が開けると大聖堂の塔が見え、かろうじて方向が確認できるという感じです。
マヨルカ焼きの12~13世紀の美しい鐘楼です。

アマルフィ大聖堂の鐘楼


狭い土地で町が出来ていくうちに、上へと建物を増やしていったのでしょう。階段だらけ、しかも道は曲がりくねり、まさに迷路です。迷子になりそうというよりは、人の家に行きつくなどして行き止まりにあう可能性が高いように感じます。

アマルフィの階段の多い路地


そして辿り着いた先は、大聖堂の裏側にある天国の回廊の入口でした。回廊への入場料は3ユーロ、日本語パンフレットももらえます。

アマルフィ大聖堂天国の回廊入口


入場するとすぐに回廊があります。小さな中庭を囲む純白の回廊は、1266~1268年に建設された貴族の墓地で、アラブ様式の120本のアーチ状の柱で出来ています。天国のイメージとはちょっと違う気もしますが、観光客の喧騒から離れた静かな空間です。

アマルフィ大聖堂天国の回廊


天国の回廊の奥には、小さな礼拝堂があり、きれいなフレスコ画が残っています。

天国の回廊にある小礼拝堂のフレスコ画


さらにこちらもフレスコ画が残る礼拝堂のようです。こうした小礼拝堂やモザイク、石棺などが回廊の周りにあります。

天国の回廊にある小礼拝堂


回廊はこれだけか、と思いながら順路に沿って進むと、十字架上のキリストの聖堂という名前の広い礼拝堂へと出ます。596年に歴史を遡る元々の大聖堂だった場所で、今は博物館、まるで宝物庫です。

十字架上のキリストの聖堂


豪華な宝物が展示されています。こちらは聖遺物を入れた箱ですが、箱自体の装飾が見事です。聖人の人生と殉教場面が描かれているそうです。

アマルフィ大聖堂の聖遺物箱


他にも宝石のちりばめられた司教の胸飾りとか、司教冠、礼拝に使われる道具など、見るからに贅沢なお宝がたくさんです。

アマルフィ大聖堂の宝物


時間がないので、先を急ぎます。続いて地下に誘われると、そこは豪華な地下礼拝堂です。
地下の礼拝堂がこんなに豪華なのにはちょっと驚きました。聖アンドレアの聖遺物が保存されていると言います。祭壇は大理石造りで、大変芸術的です。

アマルフィ大聖堂の地下礼拝堂祭壇


地下礼拝堂では、天井も見逃せません。フレスコ画の描かれた美しく豪華なアーチ型の天井には溜息が出ます。

アマルフィ大聖堂の地下礼拝堂の天井


そして、階段を上り、大聖堂内部へと出ます。こちらも椅子が並んでいなければ、まるで宮殿かと思うような美しい礼拝堂です。先ほど見た宝物のある聖堂に隣接して1100年に建てられたそうです。日本語パンフレットに細かい説明がありますが、ゆっくり見ている時間がないのが残念です。

アマルフィ大聖堂内部


外へ出る前に見過ごしてはいけない聖アンドレアの胸像を見ます。聖アンドレアは、イエスの十二使徒の一人、元漁師だったアンデレのことで、彼に捧げられた大聖堂なのです。

聖アンドレアの銀の胸像


隣にはイエスの聖なる棺もあります。天国の回廊から始まって、この大聖堂の見学は、教会を見るというより、芸術的に見る点が多く、博物館を見学しているような気にもなります。
思った以上に見応えがあり、じっくり見たい場所ですが、時間がないのが本当に残念です。

アマルフィ大聖堂のイエスの棺


外に出ると最後の必見のポイント、ブロンズ製の扉を見ます。コンスタンティノープルから1060年に運ばれ寄贈された扉です。キリストとマリア、イエスの最初の弟子である聖ピエトロ(ペトロ)と聖アンドレア(アンデレ)兄弟のビザンチン様式の像が刻まれています。

アマルフィ大聖堂ブロンズの扉


次回はアマルフィの続きからナポリをレポートの予定です♪

イタリア・アマルフィ~ナポリ

2015/08/03 (5日目) 続き

10:30 残り時間が30分となったのでアマルフィ大聖堂の大階段を下りて、ダンナ待望のカフェタイムにしたいと思います。大聖堂下の広場にカフェがたくさんあります。

アマルフィ大聖堂から大聖堂広場を見下ろす


ドゥオモ広場に下り振り返ると、大聖堂の正面全景を見ることができます。ファサードは1891年に改装された新しいもので、一目でアマルフィの大聖堂だと分かる特徴的な建築物となっています。

アマルフィのドゥオモ広場


屋根下のティンパヌムは黄金ベースで大聖堂自体が輝いて見えるようです。

アマルフィ大聖堂の黄金のティンパヌム


さて、時間もないので大聖堂が良く見えるカフェをさくっと選んで休憩です。朝食の代わりに5ユーロ返金されていましたが、実際、この辺りのカフェは観光価格で、コーヒーだけで4ユーロはします。パン1つ頼んだら、5ユーロでは足りません。もはや朝食という時間でもないので、カプチーノとジェラート(ミディアム)を注文、11ユーロでした。

ドゥオモ広場のカフェでプチ休憩


カフェで休んだ後は、最後に市庁舎側に出ます。途中でトイレ(50セント)に寄って、海沿いを駐車場へ帰ることにしました。

アマルフィ海岸通り


海沿いはビーチになっていてものすごい人で埋め尽くされています。観光化された町のすぐ前ですが、海の水は澄んでいて滅茶苦茶きれいです。

アマルフィのビーチ


11:00 駐車場へと戻ります。1時間ではやっぱり時間が足りませんでしたが、初めての町だったので、雰囲気を楽しんだだけでも結構満足でした。暑い時期だし、時間足りないと思うくらいがちょうどいいのかも知れません。

アマルフィの町


11:05 アマルフィを出発し、来た道をナポリへと戻ります。アマルフィ周辺の道はとても細く、対向車が来るとどちらかがバックを強要させられるような道で、脱出するのにい少々時間がかかります。

アマルフィ海岸


帰りもポジターノを通りません。よって、アマルフィ海岸らしい道のドライブはアマルフィの近くのみということになります。最後に町を遠くに振り返りながら、また来るねと別れを継げます。

遠ざかるアマルフィ


バスはしばし海沿いの崖の細道を上がっていきます。岩山の断崖にも緑があり、少し離れてみたら綺麗な海岸に見えるでしょう。ドライブもいいですが、海から見るのもいいのかも知れません。

アマルフィ海岸の道


かなり上まで来ました。正直言うと道が細いので、海側はあまり外を見ない方がいいかも知れません。でも、山の向こう側へ行ったらアマルフィ海岸はもう見えないのでこれが見納めです。

アマルフィ海岸


後は高速を長く使ったので2時間足らずでナポリへと戻って来ました。午後カプリ島へ渡る前にランチはナポリピザを食べる予定になっていますが、時間がないのでテイクアウトにしてもらうことになったそうです。

ナポリ


12:55 ナポリピザをピックアップしにレストランへと到着です。焼き立てがもう箱詰めされています。ここで、もし30分で食べられるなら中で食べていきませんか、と予定通り店で食べることになりました。

ナポリのピザ屋


既に箱詰めされたピザが手早く配られます。後から、サラダも出ました。このピザ、日本で言う所のLサイズでかなりデカいですが、一人1枚です。生地はもっちもちですごくおいしいけど、かなりボリュームを感じます。でも、焼き立てがとてもおいしかったので、結局私は1人で1枚食べてしまいました。これがこの旅の中で一番おいしかった食事でした。

ナポリピザ


13:00 食べきれなかった人はそのままピザの箱を閉めて店を出ます。バスはすぐ近くの港へ向かいます。フェリー乗り場のすぐ後ろにはヌオヴォ城という重厚なお城があります。

ナポリヌオヴォ城


14:00の船、ジェットフォイルでカプリ島へと渡ります。

カプリ島への高速船


次回はカプリ島青の洞窟をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR