FC2ブログ

イタリア・カプリ島青の洞窟

2015/08/03 (5日目) 続き

14:00 ナポリからジェットフォイルでカプリ島へ渡ります。たらふくナポリピザを食べた後だったので、船がものすごいバンバン揺れて思わず吐きそうになり、あわてて酔い止めを服用しました。自由席なので、後方の方が揺れが少ないようです。
15:05 カプリ島に到着です。

カプリ島マリーナグランデ


下船したら港マリーナ・グランデの奥まで行ってそのまま小さめの船に乗り換えます。ツアーで貸切という訳ではないようです。この船で青の洞窟の入口まで行きます。

マリーナグランデから青の洞窟入口まで行く船


すぐに青の洞窟めざして出発です。カプリ島の中心カプリ地区がどんどん遠ざかります。
順調に船を乗り継いでいる所を見ると無事に青の洞窟に入れそうなので、斜面に出来た町を観光する機会は今回はなさそうです。

カプリ島カプリ地区


港を離れたら船は西へと向かいます。島は大部分が断崖絶壁に囲まれているのが分かります。切り立った岩山の上にも建物があり、ホテルか別荘か、いずれにしても贅沢な別世界の空間に見えます。

カプリ島の断崖絶壁


10分ほどで青の洞窟の入口に到着です。たくさんの船が洞窟に入る順番待ちの客を乗せたまま待っています。

青の洞窟入口付近で待機するたくさんの船


ここからは手漕ぎボートに乗り換えなくてはならないので、そのボートの順番待ちで、船上をゆらゆらしながら待つことになります。船の中でも日蔭を探して辛抱強く待たなくてはいけません。波がそれほどないので、気分が悪化することはなさそうでほっとします。青の洞窟へは陸上からここまで来る人達もいるので、そうした人達も並んで待っています。

青の洞窟前で手漕ぎボート待ち


手漕ぎボートの船頭たちは賄賂くれれば順番を先にしてあげるという感じに待っている船に近付いてきたりします。そんな事より洞窟に入れる間にさっさと客をさばきなよとちょっといらっとします。あそこが洞窟の入口です。今日はかなり入口に余裕がありそうに見えます。

青の洞窟の入口


40分くらい待って、やっと順番が回ってきました。4人ずつボートに乗ります。前に1人、後ろに3人、船底に直に座る感じなので、多少汚れてもいい服を着てきた方がいいでしょう。荷物は基本的にはここまで乗ってきたボートに置いてきます。洞窟に入る前に入場料のようなものを船頭さんが写真右のボートで払い、その半券を記念にくれます。

手漕ぎボートに乗り入場料を払っていざ青の洞窟入場


さぁ、青の洞窟に入ります。波は少しあるけど水位が高くないので、洞窟の入口は1メートルくらいはあるように見えます。寝転んで、と言われますが、そこまでしなくても入れる感じです。

青の洞窟の入口は大の男上半身1つ分


入口は確かに狭いですが、あっという間にくぐり抜けた感じです。私は一番後ろに座っていたので、中に入ってすぐ振り向きます。もう次の船が入ってこようとしています。

洞窟内部から見た青の洞窟入口


少し中に入ると、水がきれいな青に輝いています。夢中でシャッターを押します。
前を向いたまま洞窟の奥を見ている人に、入口方面を振り返って、と声を掛けます。小さな入口から入る光が、大きな青のライトじゃないかと錯覚する光景です。

青の洞窟の神秘的な青の色


洞窟の中は思っていたよりもずっと広く、目が慣れてくると、たくさんのボートが入ってきているのがわかります。奥行が54mもあり、洞窟内の高さも15mと巨大な空間です。船頭たちが示し合わせたように歌を歌い、雰囲気を盛り上げます。

青の洞窟内部は結構広い


洞窟の中は暗いので、水の青以外は色がわからないし、他の船もどこにいるのかよく見えないほどです。そんな中で、水の色だけが幻想的で、妖しい色合いをしていて、その水をかくオールが水中を泳ぐ姿が何とも現実とは思えない不思議なものに見えました。

青の洞窟内部水の透明度は抜群


内部をぐるっと周ったら入口へ向かい、外へ出ますが、思っていたよりは時間があったように思います。実際はほんの数分の出来事ですが、倍くらいの時間に感じました。やはり一度は見たい絶景に違いありませんでした。

青の洞窟絶景


洞窟を出ます。船頭さんはこのチェーンを使って出入りしています。
早朝が色がきれいだという噂がありますが、夕方でも条件が良ければそんなに変わらないんじゃないかと思う美しさで、皆大満足だったようです。ボートを降りるとき、チップありがとうと催促されるので、一人1ユーロを渡し、元の船に戻ります。

青の洞窟入口


イタリアに何度も来ていながらカプリ島へ来たことがなかった私、1回目で青の洞窟に入れたのはそこそこ運がいいでしょう。アマルフィかカプリかで揉めた前夜のいざこざもこれで禍根を残すこともなさそうです。

次回は続きカプリ島のマリーナグランデ周辺をレポートの予定です♪

イタリア・カプリ島~ナポリ

2015/08/03 (5日目) 続き

16:40 青の洞窟からカプリ島の港、マリーナグランデに戻ってきました。島の中心は港よりも高台、写真の上部の方になっています。今回は訪れる予定がないので、ちょっぴり残念です。

カプリ島カプリ地区


港にはナポリなどからの船の他、青の洞窟や島の観光のための観光船、そして、青の洞窟に入るための手漕ぎボートなどが停まっています。それでも、海の水がとてもきれいなのに驚きです。

カプリ島マリーナグランデ港沿い


現地ガイドがマリーナグランデ沿いのお店に案内します。お店では試食とかトイレを貸してくれます。ここで17:15集合のフリータイムになりました。と言っても30分ないので、お土産を買う時間といった感じです。周辺はお土産屋さんがいっぱいです。

カプリ島のお土産屋


私達はプラプラと港沿いを当てもなく散歩します。途中でカプリ特産、レモンのグラニータ(アルコールありとなし、2つで8ユーロ)を購入し、飲みながら歩きます。

カプリ島でレモンのグラニータ


こちらは上の町に行くケーブルカー乗り場、チケットは少し離れた港の乗船口の所で売っています。さすがにただ行って帰るだけでも集合時間に戻ってくるのは難しそうなので、次のお楽しみとして取っておきます。

カプリ島の上の町に行くフニクラーレ乗り場


その先へ行くとビーチが広がっています。ここは玉砂利のビーチです。せっかくなので、足だけ付けてちゃぷちゃぷと気分を楽しみます。

カプリ島のビーチ


ここもかなりの透明度、南イタリアの海はどこもきれいで、ここまで観光化されていてなお、水が汚れていないのが不思議なくらいです。集合の店に戻りがてら途中にあった泉で海水を洗い流しましたが、とても冷たくて気持ちよかったです。

カプリ島のビーチの透明度


17:50の船でナポリへと戻ります。今度の船はデッキがあったので、遠ざかるカプリ島に別れを告げます。あっという間の短い滞在でした。カプリ島が小さくなると、デッキは暑いし、揺れも激しいので船内に戻ります。

遠ざかるカプリ島


18:50 ナポリに到着です。世界でも美しさで定評のある港です。

ナポリ港


ナポリにい着いたらバスで町を車窓見学をしながらホテルへと向かいます。
ヌオヴォ城正面、13世紀の建築です。

ナポリのヌオヴォ城


トリエステEトレント広場、右手はサンカルロ歌劇場、写真中央奥はギャレリアです。
歌劇場の隣には王宮もあります。

ナポリのギャレリア付近


それにしてもナポリと言えばもっと荒んだ危ない汚い街だったという印象ですが、相当に街がきれいになっています。そもそも少し前までは、日本の団体ツアー客がナポリに宿泊するなんてことはなかったと思います。治安がかなり改善しているのでしょう。

ナポリの街並み


とは言え、町の中心はメトロやらいろいろと工事中の所が多く、大きな広場も大がかりな工事中の所が何か所もあり、渋滞を引き起こしていました。ここ数年でまだまだきれいに変化するのが確実な街で、次の機会には街歩きをしてみたいです。

工事中の多いナポリの街中


19:10 ナポリのホテル、ホリディインに到着です。治安はかなり良くなったとはいえ、周囲は何もない場所です。

ナポリのホリディイン


部屋はきれいで、冷える冷蔵庫、お茶セットがあります。バスタブあり。今回の旅ではじめてのまともなホテルです。Wi-Fi無料(パスワードはフロント、スピード良好)。

ナポリのホリディインの部屋


20:00 ホテルのおしゃれなレストランで夕食です。パスタ、メインはお魚、デザートはアイスです。パスタはおいしかったので、ついお代わりしてしまいました。

ナポリのホリディインのパスタ


次回はナポリからイタリアの美しい村カステルメッツァーノをレポートの予定です♪

イタリア・カステルメッツァーノ

2015/08/04 (6日目)

8:30 ナポリのホテルをバスで出発します。
9:15 車窓にアマルフィ海岸の東端、ヴィエトリ・スル・マーレが見えます。今回、アマルフィ海岸はちょっとしか見れませんでした。こんな町にいつか滞在できたらなと思います。

アマルフィ海岸東端のヴィエトリ・スル・マーレ


バスは内陸へと入り、途中で一度トイレ休憩にも立ち寄ります。
景色は山も多くなってきましたが、そんな田舎の風景の中に、時折、山の上の村を見かけます。なんであんな山の上に・・・?他にいっぱい土地があるのに、わざわざ孤立しているように見えます。

イタリアの山の上の村


そんな山岳地帯の集落のひとつ、カステルメッツァーノが見えてきました。
山に張り付くようなこの村は、イタリアの美しい村に認定された村で、今回私が楽しみにしていた訪問地のひとつです。村全体のこの光景、やっぱりすごいです。

美しい村カステルメッツァーノ


11:55 カステルメッツァーノの駐車場に到着です。駐車場下には公衆トイレもあります。
ここで自由散策30分(トイレ込)となりました。相変わらず地図もくれないし、30分て短すぎです・・・。

カステルメッツァーノ駐車場


メインストリートを歩いていくと村の中心にすぐに辿り着きます。こちらは村の教会。
教会前にはテラスもあり、村の全景が見れます。

カステルメッツァーノの教会


教会内部は素朴な感じです。村はせいぜい1000人足らずの人口なので、十分な大きさでしょう。

カステルメッツァーノの教会の内部


この村に城があると添乗員が言うので、ちょっとついて行ってみる事にします。
レジーナ・マルゲリータ通りという坂道を上がっていきます。しかし、きつい坂を上がれどもそれらしきものはなく、村に入る前にバスが通った道に出てしまいました。近所の人に聞いてみるも、城なんてなさそうです。どうやら添乗員は初めて来たのに、ちゃんと下調べもせず、誤った情報をもとに客を案内してしまったようです。

カステルメッツァーノの村の西端


貴重な時間を無駄にしてしまいました。それに、かなり急な坂を一気に上ってきたので、何も見れずにこの坂を下るのがちょっとしゃくに触ります。でも、小さな村なので、村の端まで来たのもよしとしましょう。

カステルメッツァーノの坂道レジーナ・マルゲリータ通り


そのまま教会の所まで戻るのは悔しいので、途中で横道へと入りました。家の間を縫うように細い道や階段が張り巡らされています。人の家に入り込んだり、迷子になったりしたらと不安になるような造りのせいか、私達の後を追ってくる人はいませんでした。

カステルメッツァーノ住宅街


岩山に張り付いた村の道は、すさまじく入り組んでいて、全く見通しも利かず、もう元来た道にも戻れないという感じです。ですが、いきなりぱっと視界が開けたりして、その光景は溜息が出るほど美しいです。

旧市街から見たカステルメッツァーノ


すっごい細い道や、滅茶苦茶急な階段がありますが、どの道を選んでも道は全て繋がっているようで、行き止まることはないようです。階段が梯子ほど急な危ない場所もあります。この村の楽しみ方として、こうした住宅街の散策は必須だったかも知れません。思い切って家々の間に入り込んだのは正解でした。

カステルメッツァーノの急な階段道


これぞ迷路という感じの村の中をいつまでも探検していたい気持ちでしたが、時間もないので、下へ下へと道をたどっていきます。網の目のような村ですが、下へと下りていけばちゃんとメインストリートへと簡単に辿り着けました。

カステルメッツァーノの入り組んだ住宅街


駐車場へ戻る前にメインストリートをちょっとだけ奥へと歩きます。バーとか商店がぽつぽつとあるだけで、そんなに観光地化していません。私達以外に団体の観光客も見かけませんでしたし、素朴な感じのいい村です。自分が言うのは何ですが、できれば団体で観光客には来てほしくない雰囲気です。

カステルメッツァーノのメインストリート


12:25 時間ギリギリに駐車場へ戻ったらバスがいません・・・。結局10分待たされました。自由時間が少ないので、こうした10分も貴重な時間のロスです。今回のツアーはこんな事が多すぎです。駐車場は見晴しがいいので、景色を楽しみながら待ちます。カステルメッツァーノの岩山の先には別の山があってそこの岩山の上にもピエトラペルトーザという隣村があります(写真右上)。

カステルメッツァーノとピエトラペルトーザ


そしてなんと、この2つの隣あった村の岩山の間にはロープが張られていて、Volo dell'Angelo(天使のフライト)なる宙刷りアトラクションがあります。そのアトラクションのパンフレット(道で配っていた)を読むと、距離は1378m~1550m、高さは相当なものです。

Volo dell'Angelo宙刷りフライトアトラクション


目を凝らすと飛んでいる人が見えました。物凄いスピードです。最高時速120㎞・・・、何億円積まれても私にはできません。参考までに一人なら1フライト35ユーロ(休日は40ユーロ)、2人同時なら63ユーロ(休日72ユーロ)、8月は毎日やっているそうですが、休みも多く、冬季は休業、興味ある人はネットで予約した方が良さそうです。

11:35 カステルメッツァーノを後にします。バスは、幻の城を目指して歩いた道の方をまた通ります。写真の岩山は隣村のピエトラペルトーザ、よく見ると、すぐ頭上に恐怖のアトラクションのロープが張られているのが見えました。また一人飛んでいるのが見えましたが、あっという間に視界から消えました。世界には怖いもの好きな人がたくさんいるようです。

ピエトラペルトーザとVolo dell'Angeloのロープ


次回はマテーラをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR