中国・峨眉山金頂への道

2015/06/28 (7日目) 続き

7:15 ホテルを出発、7:35 峨眉山観光の入口、峨眉山旅遊バスセンターに到着です。
小雨が降っているので、元々あまり興味がない峨眉山の観光に対し更にテンションが下がります。ここからは峨眉山の風景区に入るので、専用のグリーンバス(乗合バス)を利用します。

峨眉山バスセンターから風景区に入山


ここで配られたチケットで、これまで観光箇所でしつこくパスポートを集められた理由が皆にも分かったようです。風景区への入場料というか入山料ですが、一般は185元、それがシニア料金だと90元、そして70歳以上は無料なのです。本人に返金があるわけではなく、旅行会社が得するだけなので、やはり60歳以上の人だけパスポートお願いしますとは言えなかったみたいです。パスポートの裏に貼られた名前シールの3色の違いはこのためだったのです。

7:55 乗合バス2台に分乗して、峨眉山の一番上にある金頂観光へと向かいます。なんと私が乗ったバスでは席が足りなくて、私は折り畳みの助手席に座ることになりました。山道で、すごく揺れるので踏ん張るのが大変でした。

峨眉山旅游バスセンターからグリーンバスに乗車


8:40 途中でトイレ休憩が1回あります。トイレの後は、お土産屋を通るという仕組みです。
小雨に霧がかかったような天気で車窓もよく見えないし、クネクネの山道をすごいスピードで飛ばす乗合バスに長い時間乗っていると車に酔う人も多いようです(もちろん私は酔い止め薬を服用)。

雷洞坪駐車場までは一度トイレ休憩がある


9:35 雷洞坪駐車場に到着です。車で行ける終点のようです。ここから次のロープウェイ駅までは歩きで、約600段の階段を上ります。車で飛ばしてグングン上っただけあって、標高は2430m、天気も一転し、なんと晴れてきました。

雷洞坪駐車場からロープウェイ麓駅まで歩く


9:40 ロープウェイ麓駅までの階段を上り始めます。黄龍などで健脚振りを見せたツアーの皆さんでしたが、疲れが出てきたのか、籠を利用する人も何人かいました。料金は230元(4600円)、斜めに座るような形で担がれます。

階段上れない人には籠サービスも


晴れてきて暑いくらいになってきました。山の上だから寒いかもと思って重ね着してきましたが、半袖で十分です。一本道で、人も多いので各自自分のペースで歩きます。ここは凶暴なサルが出没することで有名ですが、目の前の中国人のおじさん、この後、持っているリンゴを袋ごとサルに強奪されました。

凶暴な猿が出る雷洞坪付近


この辺りの道はかなり崖っぷちで、危ない所には柵もついていますが、こんな崖にサルたちは住んでいます。柵の向こうから現れて観光客が写真など撮っている隙に、食べ物をごっそり奪い一目散に崖に消えていきます。かなりデカいサルも多く、力も相当なもので、狙った獲物は確実にゲットするようです。

猿が住む崖


ロープウェイまでの道は上る人、下りてくる人双方で大混雑、お陰でゆっくり上れます。階段道ですが、段差が低くてそれほどきつくはないです。濡れていたら滑りやすい道で足元には十分注意が必要です。正面にロープウェイが見えてきました。もう少しです。

ロープウェイ麓駅までの道


10:15 ロープウェイ麓駅に着きました。道が混んでいたこともあり、駐車場から25分です。黄龍などの事は事前に調べましたが、ここはノーチェックで、実は標高も高いし上り道だしで、今回の行程中一番、体力や装備を気にしなくてはいけない観光地だったかも知れません。ロープウェイは長蛇の列です。

ロープウェイ麓駅の長蛇の列


ロープウェイに並ぶこと一時間、ちょっと疲れました。日差しは強いけど、風が涼しく救われました。ロープウェイはたくさん乗れるしっかりしたタイプです。

金頂ロープウェイ麓駅


ロープウェイではたったの3分で山頂駅です。あっという間に麓駅は雲の中に消えていきました。

ロープウェイで雲の上へ


11:20 ロープウェイ山頂駅に到着です。雲海がとてもきれいです。

金頂ロープウェイ山頂駅付近からの雲海の眺め


日曜で、ロープウェイの待ち時間が想定以上に長くなってしまったので、予定を変更し、観光前に先にランチをすることになりました。
11:30 ロープウェイ山頂駅の上にあるレストランに飛び込みでランチです。金頂の塔がちらっと見えます。

ロープウェイ山頂駅上のレストランでランチ


12:15 ランチを終え、さらに金頂までまた階段を上がります。標高3000mくらいなので、私は高山病に注意して、静かにゆっくり行動します。最後の階段を見て、ここで待っていると言いだした人もいましたが、帰りは別の道になるし、ここで帰るなら何しに上ってきたかわからないですよね・・・。

峨眉山金頂への最後の階段


私もゆっくりと階段を上がります。脇の方では熱心な信者の方でしょうか、膝をついて拝みながら上がっていく団体もいます。カトリックの熱心な巡礼者と似ています。

信仰あつい仏教信者


次回は峨眉山金頂をレポートの予定です♪

中国・峨眉山金頂

2015/06/28 (7日目) 続き

12:25 金頂までの階段を上り切った所で40分のフリータイムとなりました。標高3077mの金頂には、華蔵寺があり、ここを参拝するのが峨眉山を訪れる人の多くの目的です。広い境内には、高さ48m、660トンにも及ぶ四面十方普賢菩薩像と、いくつかの殿があります。

金頂の四面十方普賢菩薩像


まずは殿の裏のテラスに上がり景色を楽しみます。峨眉山は中国四大仏教名山の一つでもあり、普賢菩薩の霊場とか、仙境(仙人の住む所)とも呼ばれます。雲海が広がる壮大な景色を見ると確かに仙人が見る景色というか、厳かな気配を感じます。

峨眉山金頂から見る雲海


そのテラスから華蔵寺を見下ろします。まさに天空のお寺です。
華蔵寺は40年ほど前に焼失したものを、2007年に再建したそうで、新しく見える部分も多いです。その2007年にロープウェイも開通し、比較的簡単にこの山の上まで訪れることができるようになったそうです。

峨眉山金頂華蔵寺


峨眉山はいくつかの峰からなっているそうですが、最高峰は金頂から4㎞先にある万仏頂で標高3099mです。崖の先にその万仏頂が見えます。

峨眉山金頂から見た万仏頂


峨眉山は雨か曇りがほとんどとのことで、晴れていて万仏頂のお寺までくっきり見えるのは珍しいそうです。ズームで見てみましたが、人の姿は見えません。ほとんどの人は金頂までで、その先に行くことはないようです。

万仏頂の寺院


時間がまだあるので、ちょっとだけ万仏頂の方へ歩いてみます。崖を這うように雲が上がってくる様子はなんとも幻想的です。

万仏頂


峨眉山は古くから聖地とされてきたために、自然が保護され、動植物の宝庫と言われていますが、私には緑一色で変わったものは特に見られませんでした。金頂の散策路はきれいに整備されていて歩きやすいです。

金頂周辺の遊歩道


時期的には花の咲く時期ですが、あまりいろんな種類は見られませんでした。私個人の好みですが、小さなかわいらしい花が印象に残りました。

峨眉山金頂で見た可憐な白い花


万仏頂の方へと道を歩いていくと、人はほとんどいなくなりました。万仏頂に行くには、もちろん距離的に時間が相当かかるでしょうが、かなり高低差もありそうです。先には、湖のようなものもありました。

金頂から万仏頂への間にある湖


最後に下り坂に遭遇した所で引き返すことにします。人ひとりが通れるくらいの狭い山道で、辺りにはカラフルな旗がたくさんありました。チベット仏教の方達にとってもここは聖地のようです。

万仏頂への道


金頂の華蔵寺に戻りながらふと後ろを振り返ると、あっという間に雲が上がってきて、万仏頂のお寺をすっぽりと雲が覆っていきました。この後、万仏頂の峰自体が跡形もなく、雲の中へ消えていきました。ちょうどいい時間に訪れたようです。

雲に飲まれる万仏頂


フリータイムの最後に、華蔵寺の大雄宝殿の殿内を参拝します。内部は撮影禁止です。
この後ろにあるのが絶景ポイントのテラスです。

華蔵寺の大雄宝殿


13:05 集合してロープウェイの乗り場まで移動します。来た時とは別の道です。この辺りまで、雲がぐんぐん伸びてきて、視界が悪くなって来ました。

金頂から下りる


帰りのロープウェイはほとんど並ばずに乗れました。ちなみにロープウェイのチケットも、上りが65元、下りが55元と結構高価です。入山料やらバス代、ロープウェイ代と結構お金も、そして時間もかかる観光地です。13:20 ロープウェイの麓駅に戻ってくると、すっかり天気が変わっていて、完全に霧の中という感じです。

天候悪化のロープウェイ麓駅


ロープウェイを下りたら世界は真っ白、おまけに小雨が降って来ました。慌ててポンチョを着ます。ガイドブックにあるように、峨眉山の天気や気温は変わりやすく、雨具や重ね着の準備が必要です。防寒具のレンタルもあったので、半袖からダウンまで準備が必要かも知れませんね。上行ったときこの視界だったら、ちょっとブルーになったと思いますが、本当にラッキーでした。

視界もままならないほどのロープウェイ麓駅乗り場付近


次回は四川旅行の最終レポートになります♪

中国・峨眉山~成都

2015/06/28 (7日目) 続き

13:30 ロープウェイ麓駅から、天候と視界の悪い中、雷洞坪駐車場まで徒歩で下山します。来た時と同じ道、ほとんどが階段ですが足元が滑りやすいので注意が必要です。こんな時、傘は手がふさがるし、周囲の人にぶつかったりと邪魔なので、やはりポンチョがオススメです。

峨眉山金頂ロープウェイ麓駅から雷洞坪駐車場までの600段の階段


帰りも籠を利用する人が何人かいたようです。黄山を元気に歩いていた人達と同じ人だと思うとちょっと不思議です。旅の後半で疲れが溜まっているのかも知れません。黄山の4時間の歩きを思えば、600段の下り階段は散歩レベルですが、私も筋肉痛のだるさがまだ残っているし、ストック使ったので他人の事をとやかくは言えません。

籠を使う人も


14:00 雷洞坪駐車場から乗合バスに乗って峨眉山を下ります。来る時はマイクロバスだったけど、帰りは観光バスで快適でした。帰りも一度トイレ休憩を途中で取り、ガンガン飛ばして山を下ります。車で1時間半なので、いかに広大な山なのかがわかります。車窓はひたすら深い山の中という感じで、昔はここを歩いて登っていたのかと思うと頭が下がるばかりです。

自然が残る峨眉山


15:30 峨眉山の麓まで戻ってきました。ここでツアーバスに乗り換え、峨眉山を後にします。
峨眉山には他にもいくつか有名なお寺など見所があるようですが、個人的にはもう十分という感じでした。金頂での滞在時間が短かったせいもあり、高山病症状もなく無事に観光が終わったという印象です。

峨眉山バスセンター


バスは一路成都へと戻ります。高速道路を通るので、ついつい意識が飛ぶほど快適です。今回の旅行では、山間部などの通行も多かったですが、総じて、道路状況が良かったのにとても驚きました。都市部だけでなく、郊外も道路整備が進んでいるという印象です。この調子で、トイレ事情も改善されれば、旅行者にとって言うことはないのですが・・・。

中国の高速道路


途中で一度トイレ休憩を取り、成都へと戻ってきました。私が今回つくづく驚いたのは、走っている車がどれもきれいで、高級車、特にドイツの車とかの割合が多かったという事です。しかも、天気も空気も悪いのに、サンルーフ付きの車がとにかく多いのには、首をひねってしまいます。ともかく、中国の景気は私が思っていた以上に良く、勢いを肌で感じました。

成都にあふれる高級外車


18:30 バスを降り、この旅最後の晩餐へとお店まで少々歩きます。成都はあちこちでひどい渋滞ができるほど車が多く、道路もこの通りとても広いです。

陳麻婆豆腐周辺


18:35 四川料理の代表とも言える麻婆豆腐、その元祖と言われる陳麻婆豆腐というお店です。日本にも支店があるので、ご存じの方もいると思います。19世紀、陳さんが作った豆腐料理が成都の名物料理として広まったという麻婆豆腐、その味を受け継いでいるお店です。

陳麻婆豆腐


2階に上がると広いレストランになっていて、入口には麻婆豆腐の大きなサンプルが置かれています。使われている香辛料などと共にいかにも辛そうな麻婆豆腐が・・・、これは楽しみです。

陳麻婆豆腐の麻婆豆腐


麻婆豆腐の他にもいつものように何品ものおかずが出てきます。麻婆豆腐はかなり赤いです。そして、痺れる辛さが体を支配します。これを食べた後は、他のものは全部麻婆豆腐味になります。日本で食べる麻婆豆腐に比べとにかく痺れます。でも、病みつきになるおいしさです。

ご飯が赤く染まる陳麻婆豆腐


こちらも同様に痺れる辛さが特徴の担々麺です。これが本場の本物かと納得する辛さ、ガツーンと来る、ヒリヒリ感は忘れられそうにありません。日本で似たような担々麺は食べたことがないと思う別の料理と言えるほどのものでした。

陳麻婆豆腐の担々麺


お土産用の麻婆豆腐の素は1箱に4つ入っていて、30元(600円)とちょっとお高めです。4箱では100元になります。日本でも買えますが、せっかく元祖に来たので買って帰ります。

19:40 店を出てバスでホテルへ向かいます。
19:55 この旅3回目の成都のホテル芙蓉美庭酒店に到着です。向かいのスーパーマーケットで最後の買い物をして、明日の帰国に備えパッキングに精を出します。成都は夜も空気の悪さがはっきりわかるほどの夜景です。

成都夜景


2015/06/29 (8日目)

5:30 モーニングコールで起床です。
朝食はお弁当でしたが、中も見ずに遠慮します。すると添乗員が、じゃ、ザーサイだけでもお土産に持って帰ってと渡してくれました。BOXの中身はスポンジケーキ風のパン、ソーセージ、卵、パック牛乳、りんご、そしてなぜかパウチされたザーサイ一袋、だったようです。

成都は最後までどんよりの天気です。

成都の朝の風景


6:30 ホテルを出発し、7:05 成都の空港に到着です。空港もとてもきれいです。

成都双流国際空港


9:05発予定のNH-948に搭乗し、出発準備もすっかり整ったようですが、飛行機が全然動く気配がありません。空港や航路が混んでいるという理由で管制から待機指示が出ていると言います。結局動き出したのは10:55、離陸したのは11:25と約2時間も遅れました。

16:55 成田到着です。

今回は、高山病をすごく心配していたけど、重症化せずに済んでほっとしました。かなり注意して、事前策を取っていたのが良かったようです。天気にも比較的恵まれ、高地でも暑いくらいでした。かわいいパンダ達も見れたし、久しぶりにかなり達成感の高い旅になりました。

これで中国四川省の旅レポートはおしましです。今回も最後まで見て頂きありがとうございました♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR