中国・九寨溝(入口~鏡海)

2015/06/24 (3日目) 続き

7:30 千鶴国際大酒店をバスで出発、5分で九寨溝のパーキングに到着です。九寨溝風景区の中は専用車以外は入れないために、ツアーバスは駐車場までの利用となります。この駐車場から九寨溝風景区入口までは徒歩10分ほどです。まずは屋根付きのお土産屋通りを歩きます。

九寨溝の駐車場から風景区への歩道入口


お土産屋街を通り抜けたら、川沿いを歩きます。途中、小雨が降ってきました。6月くらいから降水量が増えることで、九寨溝の湖の水量も増えて見ごたえが出てくるので、多少の雨は仕方ないかもしれないですが、できればこのまま小雨で済んでもらいたいものです。

九寨溝風景区への歩道


風景区の入口に到着し、現地ガイドがチケットを買ってくるのを少しの間待ちます。
チケットをもらったら入口ゲートへと向かいますが、ものすごい人です。九寨溝のベストシーズンは夏から秋なのですが、まるでテーマパーク並の人出です。

九寨溝風景名勝区入口ゲート


8:00 九寨溝風景名勝区に入場します。入口ゲートは、大きなテーマパークや動物園のような感じです。ゲートにパンダの飾り、かわいいです。

九寨溝入口ゲートのパンダの飾り


8:05 九寨溝の中はY字型の渓谷沿いに見所が集中しますが、何といっても広さが720㎢もあるので、風景区専用のグリーンバスと呼ばれるバスでの移動とお好みに合わせて徒歩という組み合わせになります。ツアーでは、このグリーンバスを1台チャーターして観光します。路線バスのようなバスです。

九寨溝専用グリーンバス


九寨溝風景区の入口は標高2000mくらいですが、ここからバスでどんどんと上っていきます。観光する一番奥の高い所で3000mを超えるくらいなので私のように高山病に弱い人は、テンションを上げないことが重要です。窓からきれいな水の色が見えてもはしゃがないよう注意です。

九寨溝グリーンバスから見た風景区の景色


車窓からは次々ときれいな湖が見えてき始めました。入口に近い樹正景区と呼ばれるエリアです。恐らく後でゆっくり見ることができるはずです。

九寨溝グリーンバスから見た樹正景区の景色


8:20 樹正景区の上の方、犀牛海で写真ストップです。バスを下りたら雨が止んでいてほっとしました。私はTシャツに薄手の長袖シャツ一枚でちょうどいい感じだけど、皆さん山用などの上着を着てリュック背負っている人が多かったです。

九寨溝犀牛海


犀牛海は標高2315m、20万㎡と九寨溝の中では大きめの湖で、色の変化が大きいことで有名だそうで、見る角度によってかなり色合いが違います。青空が見えないですが、きれいなブルーです。

美しいブルーの犀牛海


90度方向を変えて見ると、鏡のような湖面です。波が立ちにくい湖なので、雲までくっきり映ります。チベットの高僧がサイに乗って現れたと言う伝説から犀牛海と名付けられたそうです。

鏡のような犀牛海


8:30 バスでちょっと移動し、諾日朗瀑布にやってきました。先ほどの犀牛海の上流に位置する滝で、九寨溝のY字型の渓谷のちょうど中心部分にあります。

九寨溝諾日朗瀑布


落差30m近く、幅320m、ととてもワイド感があります。水しぶきがかかり、また雨が降ってきたのかと勘違いしました。冬には凍るそうです。

幅の広い諾日朗瀑布


バスが待っている所まで少し歩きます。九寨溝風景区内の道は全てこういった木道で、平で歩きやすいです。濡れている時は滑りやすいのでちょっと注意が必要ですが、長時間疲れない靴なら何でも大丈夫そうです。トイレは各所にあるので心配要らないです。

歩きやすい九寨溝の木道


9:55 続いてY字渓谷の右側、日則景区に入ってすぐ、鏡海にやってきました。どのガイドブックにも朝がオススメとあります。朝は波が立たないし、きれいに鏡のように木々が映ります。

九寨溝鏡海


奥の方は朝霧が立ち込め幻想的な雰囲気です。その朝霧も含めてきれいに湖面に映るので、鏡海という名は相応しいと言えます。

まさに鏡の鏡海


ここでは15分くらい時間をもらえたので、じっくりと綺麗な湖面を眺めることができました。
湖の色も何とも言えないきれいな色です。

色も美しい鏡海


次回も九寨溝の続きをレポートします♪

中国・九寨溝(五花海~熊猫海)

2015/06/24 (3日目) 続き

9:10 日則景区をバスでちょこっと移動し、五花海を綺麗に見下ろすスポットで下車します。
九寨溝を代表する美しい湖で、藻などでいろんな色に見えることから五花海と付いたようですが、全体を見下ろす場所からだときれいなブルーにしか見えません。

九寨溝五花海


ここでは40分のフリータイムがもらえたので、湖の周りを散策します。湖面まで下りると、湖に掛けられた橋で奥へ行くことができます。この辺りからは、湖底に横たわる朽ちた大木がくっきりと見えます。

九寨溝五花海にかかる橋と沈む大木


奥まで歩くと、藻や草が多くなり、湖面は青一色と思っていたのが、緑系が強くなってきたように思います。ちなみに、各湖の名前と説明が書かれたこの石碑、記念撮影に大人気なので、このように人のいない状態で撮るのは至難の業です。

青だけじゃない五花海


まだまだ時間があるので、更に奥へと続く散策路を進んでみます。基本的に私達は各湖をバスで移動していますが、こうして木道がずっと繋がっているので、近くの湖を歩いて周ることも可能です。この道はこの上にある熊猫海(パンダ海)へと続いています。

五花海の奥の木道


周囲の山はまさにパンダが住んでいた山で、以前は九寨溝の湖にもパンダが姿を見せたそうですが、専用バスとはいえ、バンバン車が通り、騒がしい観光客でいっぱいのこの周辺からはきっともうお引越ししたことでしょう。人が山に入らないためか、動物が人と遭遇するのを防ぐためか、柵が作られています。

五花海の奥の山々


熊猫海までは少し離れているからか歩いている人は少なかったですが、五花海の奥までやって来ました。ここへ来てやっと5色のグラデーションという絶妙な色合いの湖の姿が見れました。湖面に霧もかかりとても幻想的です。

いろんな色のグラデーションに見える五花海


来た道を引き返し、時間ちょっと前にバスに戻ったにも関わらず、時間を持て余したのかもう皆バスに乗っていました。バスで更に上の湖へと向かいます。

9:50 日則景区の奥の方にある箭竹海にやってきました。標高2618mです。
車道に沿って広がる湖ですが、うーん、透き通ってもなく、青くもなく・・・。

九寨溝箭竹海


そして、この湖までバスで上ってきて歩いて途中まで下りたりする人が多いためか、車道はものすごい人です。まともな恰好をしている人が多いですが、寝間着のようなジャージとか、ミニスカートにハイヒールサンダルといった浮いた格好の人までいて、とにかくとても騒がしいです。

箭竹海の湖畔の車道を歩く人々


この湖の名前の由来は、パンダが大好きだという箭竹が湖畔に生い茂っているからということなのですが、手前はもちろん、ズームで見ても笹っぽいものが見当たりませんでした。

箭竹海に箭竹が見えない


10:00 箭竹海の下にある熊猫海に来ました。ここも大混雑です。
25分のフリータイムとなりました。

パンダ海


ここはきれいな青色に緑の木々が映って湖面の色がとてもきれいです。熊猫海は、パンダがよくやってきて水を飲んだりしたことからこの名前がついていますが、この通り、観光客だらけで騒々しいので、もう姿を見せることはないでしょう。

きれいな色の熊猫海と大勢の観光客


それでもこの湖の透明度は高く、お魚を見る事ができます。九寨溝にしかいない固有種で、鯉の仲間、松藩裸鯉という魚だそうです。ここの水は石灰が多量に含まれているので、普通のお魚は生存できないんだとか・・・。

熊猫海に住む松藩裸鯉


そして、熊猫海のすぐ下には熊猫海瀑布があるのですが、この滝を見に階段を下りないでくださいと現地ガイドに注意されました。そう言われるとどんな滝か気になります。上から覗くとこんな感じで、どんな滝かさっぱりわかりません。

熊猫海瀑布の上からの景色


ということで、かなり急で濡れて滑りやすい階段を注意して下りました。まぁ確かに誰か他人が足を滑らせただけでも危険ではあります。しっかり手摺りを掴んで気を付けて下りました。

熊猫海瀑布の急な階段


下から見るとなかなか綺麗な滝です。このまま下って行くと、ちょっと前に散策した五花海の道に繋がっているようです。

熊猫海瀑布


この滝の辺りに、たくさん小さな笹が生えているのを見られました。パンダが好きだという箭竹ですね。やわらかそうです。階段は上るのにとても体力を使いました。やっぱりシニアが多いツアーでは止めろと注視したガイドが正しいようです。

パンダの好きな箭竹


次回も九寨溝のレポートが続きます♪

中国・九寨溝(珍珠灘~長海)

2015/06/24 (3日目) 続き

10:30 熊猫海からバスで下り、先に見た五花海の下にある珍珠灘という滝の上流でバスを降ります。滝の下に10:55集合ということでそれぞれ木道を進みます。景観が似てるとは思ってましたが、クロアチアのプリトビッツェ国立公園と散策路の作りも似ています。

九寨溝珍珠灘


ここはまるでだだっ広い河原のような光景ですが、滝の上流にあたり、水深は浅く、せせらぎが観光客の声も打消してくれて、とても爽やかな気分です。

九寨溝珍珠灘


川を渡り切った所で階段を降り、いよいよ滝が現れます。すごく間近に滝を見れるので迫力満点です。

珍珠灘瀑布上から


滝は横からが一番全体がとらえやすいかも知れません。写真にしてしまうと滝の大きさや迫力が今一つ伝わりませんが、名前の通り水しぶきが真珠のように見えます。珍珠灘瀑布の日本語訳は真珠ビーチ滝と言うのです。九寨溝で一番美しい滝と言っていいでしょう。

珍珠灘瀑布横から


滝の下の展望スポットまで下りると、滝の大きさがよくわかります。高さ21m、幅270m、どこまでも連なって見える滝はその視界に納まらない大きさです。

珍珠灘瀑布展望台


上から、横から、下から、そして斜めからといろんな角度から滝を楽しみます。あれだけの迫力で落ちてきた水とは思えないくらい澄んだきれいな水が川となって流れていきます。

珍珠灘瀑布


グループで集合した後は、下流の川沿いの木道を鏡海のパーキングまで歩きます。
この荒れ狂ったような水が、シンとしたあの鏡海に注ぎ込まれているなんて嘘みたいです。

珍珠灘から鏡海へと続く川沿いの散策路


11:25 九寨溝の真ん中にある諾日朗センターのレストランでランチです。値段ごとにエリアが区切られた大きなレストランで、中はセルフサービスの食堂みたいなイメージです。

諾日朗センターのレストラン


私達のツアーは一番安い60元のエリアでのランチです。それでも安くはないので、売店の軽食などで済ます中国人も多いようです。ビール以外飲物は売っていません。後は、ヤクのヨーグルトを別売りしてましたが、外の売店で15元くらいで売っていました(体調悪くなると困るので試していません)。

諾日朗センターのレストランのランチ


食後は12:20にバス集合だったので、駐車場近くの則査窪寨と思われる村の一角を少し見学に行きます。九寨溝とは、チベット族の9つの村(寨)があったことから名前が付いていて、今でもいくつかの村がこの風景区の中に点在しています。独特のチョルテン(仏塔)が建っているのですぐにわかります。

則査窪寨


といってもかなり観光化していると言っていいでしょう。お土産屋とか食べ物屋などで生計を立てているようです。まるで寺院のような建物の彫刻ですが、中はお土産売っていたりします。

則査窪寨のお土産屋


12:20 午後の観光へと出発です。Y字渓谷の左側の部分、則査窪景区へと入ります。車窓には、先ほどのチベット族の村、則査窪寨が見えます。車道に沿って細長く展開しています。祈祷旗の数が物凄いです。

則査窪寨


12:45 則査窪景区の一番奥、九寨溝で一番高い所にある長海にやって来ました。ここは3103m、高山病に弱い私としては、細心の注意が必要な高度です。

九寨溝長海


他の人気の湖でも同様ですが、九寨溝のチベット族の収入源のひとつはこれ、チベット族の民族衣装を来た記念撮影です。結構人気で、あちこちの湖で見かけます。派手な衣装を羽織って、チベット族のおばちゃんのなすがままにポーズをいろいろ取らされ楽しそうに写真を撮っていました。衣装に負けないようしっかりしたメイク必須な感じです。

チベット民族衣装記念撮影


13:10集合のフリー見学で、少し時間があったので、高台の駐車場と展望台から少し湖の方へ下りて行ってみる事にします。この長海は九寨溝で最大の湖、なんと奥行が8㎞もあるそうです。展望台付近からこの先は立ち入り禁止のためか、謎の世界への入口のように見えました。

長海


湖畔まで階段で下りてきました。近くで見ると澄んでいてとてもきれいな湖です。
湖畔には少しだけ遊歩道があり、何か所かから階段で上の駐車場方面に上がることができるようになっています。標高のせいか、戻りの階段が物凄くきつく感じました。息が上がらないように一歩ずつゆっくりと戻ります。今日の最大の難関を乗り越えたとはいえ、頭に鈍い痛みを感じ始めました・・・。

長海湖畔散策道


もう少し九寨溝のレポートは続きます♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR