ドイツ・マイナウ島(高台編)

2015/05/02 (2日目) 続き

マイナウ島のレストランでランチの後、会計など済ませて準備の出来た人からフリータイムです。15:50駐車場集合、レストラン前の船着き場から出ている船にだけは乗らないで、と注意されます。フェリーはコンスタンツ他複数の行先が提示されていました。ボーデン湖クルーズも気持ちいいかも知れません。

マイナウ島の花壇とボーデン湖


13:00過ぎ、レストランを出たら、まず高台へ上ることにしました。レストラン(写真右下)の脇から高台へ上る道があります。高台にはマイナウの城とも言える宮殿が建っています。
島全体がベルナドッテ伯爵家のもので、現在も宮殿に住みながら島の維持をしているそうです。

マイナウ島港付近から見た宮殿


食後には辛い上り坂をなんとか上がると城壁というか砦のようなものが見えてきました。いかにもヨーロッパのお城っぽくていいです。

マイナウ島高台に残る城壁


島の北東、高台に出ると素敵なレストランがあります。席は人で溢れています。この反対側にはもっと気軽に軽食などが食べられるオープンカフェのようなお店もあります。

マイナウ島高台のレストラン


宮殿への門を兼ねたようた建物へと向かいます。脇にもたくさんのチューリップが植えられていてとても華やかです。

マイナウ島高台の花壇のチューリップ


門をくぐると広場の先に宮殿と教会が見えます。土曜日だった事もあり教会では結婚式が挙げられていて入ることはできませんでした。

マイナウ宮殿と宮殿教会


宮殿はコの字になっていて、中央には紋章がデカデカと飾られています。こちらがベルナドッテ伯爵家の紋章でしょうか。

マイナウ宮殿の豪華な紋章


宮殿内には、右側のドアから入ることができます。中も素敵ですが、現在も伯爵家の方がお住まいらしく、2階などへ上ることはできません。

マイナウ宮殿内部


1階の一部はお土産屋とカフェとして解放しているようです。お土産と言っても観光客向けのものではなく、おしゃれなインテリアなどです。角に素敵な城カフェがあったのですが、まだお腹がいっぱいなので後で時間があれば来てみたいと思います。

マイナウ宮殿内のお土産屋


宮殿から南側のお庭の方へ出てみます。テラスの下はイタリア式バラ園ですが、まだお花の季節じゃないので、何も咲いていません。テラスの手摺りなどに寄せ植えがあちこちにあるのですが、とても素敵です。

テラスとイタリア式バラ園


宮殿とバラ園の間にはパームハウスという名の巨大な温室があります。巨大なヤシの木など南国ムードです。

パームハウス内部


そしてこのパームハウスにはたくさんの蘭類が育てられています。一角では販売もされていました。このパームハウスからも城カフェに入ることができ、温室内にテラス席のようなものもあります。

パームハウスの蘭


次はバラ園を突き抜け、下から見上げたイタリア式花の階段の上までやってきました。
湖も見え、とてもいい眺めです。元々、城の庭園としてある程度の基本的な要素があったものを活かして、再生したお庭と言えるでしょう。かつては貴族が独占した眺めを、今ではたくさんの人が楽しめます。脇から下へ降りる事もできますが、勿体ないのでまだ高台を楽しみます。

イタリア式花の階段を見下ろす


島は土曜という事もあって観光客でものすごくいっぱいで、場所によってはキューケンホフ公園よりもすごいというほどの賑わいですが、幸い自分たち以外の日本人を見かけなかったのが救いです。時に人の少ないエリアではかつての貴族同様、静かな所できれいな景色を眺めることができます。

高台から眺めるマイナウ島の庭園とボーデン湖


高台を西に進むと円形に花壇が配置された場所に出ました。溢れるほどの花を見ながらたくさんの人たちが足を休めています。犬連れの人も多いです。

花咲き乱れるマイナウ島


次回もマイナウ島の続きスプリングアベニュー~蝶の家をレポートの予定です♪
(パレルモからの更新でした)

ドイツ・マイナウ島(高台の道~蝶の家)

2015/05/02 (2日目) 続き

スプリングアベニューと名付けられた高台の道を歩きます。ここは最近造られた花壇という感じではなく、草むらの中にチューリップが自然に咲いているようです。ドイツ語のプレートが読めませんでしたが、遥か昔このチューリップを植えた当時相当のお金がかかった模様です。

マイナウ島スプリングアベニュー


道の途中にはスウェーデン塔なるものが建っています。こうしたちょっとした古い建物が絵になります。

マイナウ島スウェーデン塔


道の終わりにはテラスがあって、バーデン大公フリードリッヒ1世の胸像があります。この島で亡くなった大公、そのひ孫にあたるレンナルト・ベルナドッテ伯爵が荒れていた庭園を造り変えて一般に開放したのが現在のマイナウ島です。

大公フリードリッヒ1世の胸像のあるテラス


レンナルト・ベルナドッテ伯爵は2004年に亡くなられていますが、伯爵家はその遺志を継いで、島の維持に努めているようです。ドイツでは子孫が維持しきれなくなった多くの城が国の管理になっている中、うまくいっている珍しい例かも知れません。

主だった高台の見所を歩いたので、テラスから下へと階段を下ります。高台と低地を結ぶ斜面にはブドウ畑が広がっています。

マイナウ島のブドウ畑とスウェーデン塔


島の中心付近にある建物などがいくつか集まるエリアに向かいます。大きな花壇もあり、ここにもたくさんのチューリップが植えられています。品種が書かれたプレートも付いていて種類の多さにびっくりです。

チューリップの花壇


蝶々の形をした蝶の家(バタフライ館)に立ち寄ります。入口はモスラ、もとい幼虫の中です。

マイナウ島バタフライ館


モスラの中で行列に並び、待つこと数分、やっと入口に辿り着きました。
順路は時計回り、皆動き回る蝶などを写真に撮ったりするために足が止まるので、入口付近は大混雑です。蝶は動いているので、ひとまず人が少し減るまで抜かしてしまうのがコツです。

マイナウ島バタフライ館内部


所々に果物が置いてあり、特定の蝶?が集まっています。
目のような柄があり、木の幹のようです。図鑑に載っていそうな蝶です。

バタフライ館の珍しい蝶


たくさんの種類の蝶や蛾が飛び交っていますが、止まっている所を写真に撮ろうと思っても飛び出しちゃったりとなかなか難しいです。こちらはきれいな色が入っています。

マイナウ島のバタフライ館にいるきれいな蝶


巨大なのもいます。止まり方がいかにも蛾という感じですが、20㎝以上もあります。

マイナウ島バタフライ館の巨大な蛾


誰かの手に止まっておとなしくしているのもいます。きれいな色です。昔簡単な見分け方として、羽を広げて止まるのは蛾、合わせて止まるのが蝶と教えてもらったことがありますが、例外もあるらしいです。きれいならどちらでもいいです。

マイナウ島バタフライ館手乗り蝶


こちらは私があんまり見た事のない、透明な部分が多い羽を持つ蝶です。

マイナウ島バタフライ館にいる羽の透明な蝶


こんなにいろんな種類の蝶を見たことがなかったし、そもそも蝶の飛び交う中を人間が歩くという不思議な体験をしたことはなかったと思います。昆虫は好きじゃありませんが、なかなか見ごたえがありました。キレイな色のは少なかったですけどね。

マイナウ島バタフライ館にはきれいな蝶は少ない


ふと気づくとまるでブローチみたいに、私の肩に1匹止まっていました。私の汗の匂いが好きなのかしら?と思うほど長く止まっていて、いろんな人に写真撮られました。ですので、滅多にしない自撮というのをやってみました。自分の顔は嫌いなのでブログ用じゃなくても写しません。

肩にのる蝶


ジタバタしてもなかなか離れてくれなかったですが、なんとか追いやり、蝶の家を後にします。出口付近にはここならではのアクセサリー?が・・・。サナギが吊るされているようですが、こちらは出てきた所・・・?てっきり売り物だと思いました。

アクセサリーに見えるサナギ


次回はマイナウ島の続き~フランス国境までをレポートの予定です♪
(ナポリからの更新でした)

ドイツ・マイナウ島~ライン川

(只今イタリアより帰国しました)

2015/05/02 (2日目) 続き

広いマイナウ島を歩き回って疲れたので、ダンナに休憩を強く催促されます。おいしそうなケーキがあった城カフェへ戻ってみることにしました。通ったことのない北よりの道を高台へと上がっていきます。高台の中心部は樹齢150年の大木が立ち並ぶ静かな空間です。

マイナウ島の樹齢150年の大木


14:40 近道だったようで宮殿まですぐに戻ってくることができました。しかし、ここで問題発生、カフェは大混雑で席が全く空いていません。しばらく様子を見ましたが、温室内の席も含めて空く気配がありません。残念ですが、カフェは諦めざるを得ません。

マイナウの城と教会


宮殿から出ると、隣の教会でちょうど結婚式が終わったところでした。今日は何組も結婚式があったようで、入れ代わり立ち代わり忙しそうです。

マイナウ島の教会では土日は結婚式ラッシュ


ちょうど式が終わった所だったので、教会の中へ入ることができました。
バロック様式の素敵な教会です。彫刻や色合いなど品があります。

マイナウ島の宮殿教会


宮殿周辺には他にはレストランしかなかったので、結局蝶の家(バタフライ館)出口にあった喫茶コーナーへ戻ります。アイスが2スクープで2.4ユーロ、疲れた体に染みわたるおいしいアイスです。コーヒ2.8ユーロもおいしかったです。雰囲気は城カフェに敵いませんが、味は全く安っぽくないです。

マイナウ島バタフライ館の喫茶コーナーのアイスクリーム


15:20 残り時間が30分となったので、そろそろ駐車場へ戻ります。孔雀とカルガモの巨大花オブジェの所を通って入口方面へ戻ります。

孔雀の花のオブジェ


こちら子供向け遊戯設備があるコーナーです。一日楽しめる島のようです。
地図上で確認でき、現在閉鎖中ではない場所はほぼ全て周れたと思います。(紹介しませんでしたが、中にはわざわざ行くほどのものでもない場所もありました)

マイナウ島野外遊戯施設


湖畔に戻ってくると、白鳥がたくさんいます。人に慣れていて近寄っても逃げません。
それにしても最後まで雨が降らず良かったです。(後日、前後の出発日のツアーの人達と遭遇し、聞いたところ、前後の日は雨に降られ、早々に島を出たそうです)

マイナウ島の白鳥


ちなみにマイナウ島を含め、ドイツではトイレはだいたい有料で、50セント~です。
入口のトイレを使って、お土産屋を覗きます。生花などの他、園芸品も売られています。なかなかかわいいこれらの置物、意外と軽いです。

マイナウ島入口のお土産屋の園芸品


カエルグッズもたくさん。さすがドイツ、お土産物の品質がいいです。

お土産の質もいいドイツ


15:50 マイナウ島を出発します。結局ランチを含め4時間半近くの滞在でした。天気が悪い日はそんなにいられないと思います。屋根がほとんどないし、休憩できる場所があまりないからです。この島はお花が好きな人にとっては退屈しない時間が過ごせる場所でしょう。

バスは今晩の宿泊地ストラスブールへと向かいます。車窓はまたきれいな菜の花畑などを見る事ができます。

マイナウ島からストラスブールへの車窓景色


ヨーロッパは自然の中にある村の雰囲気がとても素敵で、なかなか移動中にお昼寝とはいきません。

マイナウ島からストラスブールへの車窓景色


時折町の側も通ります。有名な町じゃなくても、教会を中心として広がる古い街並みはとても素敵です。

ドイツの町


17:50 トイレ休憩に立ち寄ります。ドイツはだいたい有料と書きましたが、最近はかなり急速に値上がりしていて、ここは一人1ユーロだったそうです。トイレの利用券は併設する店で半額くらいの金券として使えますが、使わないと損すると思わない方がいいです。元々その値段以上の上乗せがされているからです。

ドイツでのトイレ休憩


18:40過ぎ、大きな川を渡ります。国境のライン川です。

ライン川を渡ってフランスへ


次回はストラスブールの夜をレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR