FC2ブログ

ブータン・タクツァン僧院(後半)

2015/04/02 (13日目) 続き

11:00 第二展望台は目指すタクツァン僧院よりも高い所にあるので、少し僧院を見下ろす事になります。後の道のりは簡単かに見えますが、実はここからが最大の山場になると前もって調べてあります。でも、ここまで来たらもう後へ引き返すという決断は難しいでしょう。幸い体調悪くないので、先へと進みます。

第二展望台から見たタクツァン僧院


岩壁に作られていると思ったら恐怖が込み上げてくるような急な階段を降ります。
幸い、端に寄らなければ下は一切見えず、そこそこ渋滞気味だったので高所恐怖症の私でも耐えられるものでしたが、何しろ600段以上も下ります。帰り上ることを考えると足が重くなります。

第二展望台からのきつい階段


時々渋滞するのは、階段の幅があまりないので戻ってくる人とすれ違うために立ち止まることも多いからです。そして近付く僧院の姿がまさにパンフレット等で見たまま眼前に広がって来るので、写真を撮るために立ち止まる人も多いのです。

壁に張り付くタクツァン僧院


山側に小さな置物がたくさんあるのを見ました。ブータンの他の場所でも見た事がありますが、これはツァツァというもので、円錐に近い焼き物の仏塔のようなものです。簡単に言うと願掛けのようなもので、いろんな時に置くものらしいです。岩壁の割れ目などによく見かけます。

ツァツァ


階段を降りきると、ここまで来ないと全く見えなかった滝があります。小さなお堂と橋があり、お堂の所には例によってマニ車があり水の力で回っていました。

タクツァン僧院手前にある滝


滝はほぼ真上にあるので見上げると、上方に岩壁に隠れるように小さな寺院があるのに気付きました。ここも聖地で、女性の高僧が瞑想した洞窟があるらしいです。近くで撮ってこんな感じなのですごい場所にあります。シャクナゲかな?お花がきれいです。

タクツァン僧院手前にある滝の横にある寺院


滝からは最後のきつい上り階段が待っています。ガイドは信心があれば必ず導かれ辿り着けるみたいな言い方をしていましたが、信心のない自分はくじけそうな階段でした。
11:25 タクツァン僧院にやっと到着です。

タクツァン僧院入口


山に慣れた健脚の4、5名がガイドより先に着いていて、残りはパラパラ、2、3人が遅れ気味、4名が第一展望台までにリタイアという状況で、予定通り麓から2時間半くらいの道のりでした。寺院にはカメラや荷物を持って入れないので、ここでコインロッカーに預けます。僧院内は少し冷えるので、脱いだ上着は着た方が良いでしょう。

入場する際には人のチェックがあります。ボディチェックをする場合と、まぁ通っていいよという場合と適当です。カメラなどの持ち込みも禁止されているので、本当に手ぶら状態です。お陰でお賽銭を持ってくるのを忘れました。写真は預ける前に入口付近で撮ったお花です。桜に似てたけどなんだろう。

タクツァン僧院に咲いていた花


寺院内に入ると、いきなり急な階段が待っていました。着いたと安堵していたので余計にきつかったです。内部は7つの寺の集合体となっていて、ひとつひとつお参りします。

タクツァン僧院は、8世紀ブータンに仏教を広めたグル・リンポチェが虎に乗ってやってきたと言われる場所で、この断崖絶壁をタクツァン=虎の巣と呼ぶようになったそうです。まずは、グル・リンポチェが瞑想したという洞窟の小さなお寺に入ります。4畳半くらいで、1年に1回しか開かない扉が横にあり、床は岩、という狭い空間で、写真の中央右、1階奥の右肩に小さ目の岩が突き出ているあたりと思われます。

タクツァン僧院は寺の集合体


他のお寺も順番に回ります。それぞれの寺に入る前に毎回靴を脱ぎます。10~20帖くらいの寺が多く、それぞれ祭壇があり、町にある寺と似たような雰囲気です。人が来るとお坊さんが例の黄色い神様の水とか、揚げたお菓子のかけらとかを手に分けてくださいます。ブータンでもお寺ではお賽銭の習慣がありますが、面白いのは置き場から自分でお釣りを持っていく所でしょうか。一回のお賽銭は10Nuくらいが相場のようです。

お寺の中には、床の岩の裂け目にお賽銭を落とす、とか興味深い慣習もありました。
また、バターランプを供える場所が寺と別にあり(火事を防ぐため)、大きさによって20Nu~、供養や祈願のために供えられるようです。足がガクガクし始めたので、寺院内ではあちこち座ってお話を伺うなど休憩もするよう心掛けました。

寺院はとにかく辿り着いてからの内部の急な階段にびっくりしました。元々ブータンの階段は急なものが多いですし、断崖絶壁にできた寺院なので想像できると言えばそうですが、盲点でした。入口まで来て階段を見て参拝を断念される方も中にはいるらしいです。写真の外階段も斜度がすごいですが、これも実際上ります。

内部にも急な階段が多いタクツァン僧院


12:30 参拝を終え、荷物をピックアップしてタクツァン僧院を後にします。
僧院から見るパロの谷、のどかな風景です。そしてこれから手前の山に見える第一展望台まで下りていきます。

タクツァン僧院から見たパロ谷と第一展望台


既にガクガクしてきた足を引きずるように階段を降ります。
振り返るとタクツァン僧院が見上げる位置にあります。ここに来てやっと、よく登ったなと実感が湧いてきました。

下から見たタクツァン僧院


復路は、600段を超える階段を休み休み上り、苦しそうな人を勇気付けながら、第二展望台までがきつい道のりとなりました。疲れに飴やキャラメルがいいエネルギーになります。第二展望台からは山を下るだけなので、スイスイという感じでしたが、トレッキングポールのお陰で足への負担を減らせ楽に下りられたと思います。

13:40 第一展望台に戻ってきました。ここでやっとランチです。カフェテリアでビュッフェランチをいただきます。野菜だと思ってうっかり口に入れた左下のもの、エマ・ダツィという唐辛子のチーズ煮込みで、一口食べて口から炎が出そうになりました。ブータン人には毎日欠かせないものですが、辛すぎ、でも慣れたら癖になりそうなのは何となくわからなくもない食べ物で、一生忘れられない味です。

タクツァン僧院第一展望台カフェテリアのビュッフェランチ


ランチ後はしばし休憩。この第一展望台には結構きれいなトイレもあります。洋式だし、トイレットペーパーもあります。ここ以外は僧院でも下の駐車場でもトイレは見かけませんでした。水分は汗で出るのであまり心配は要らないでしょう。

タクツァン僧院第一展望台のトイレ


14:30 第一展望台を出発し、駐車場まで下ります。帰りはおしゃべりしながら歩く余裕がありました。高山病も発症せず、余裕こそないものの思ったほどきつい山登りではなかったという印象ですが、シニアの方々はよく頑張りました。帰りはあっという間です。

駐車場付近から見たタクツァン僧院


15:10 下の駐車場に到着です。達成感と安堵感でいっぱいになりました。
タクツァン僧院に行くにあたって気を付ける事は、寺院参拝する場合服装に注意(Tシャツ短パンとかNG)する必要があること。靴はしっかりしたもの、水や飴、雨具、杖を持っていくことをオススメします。

次回は西岡京治氏ゆかりの地をレポートします♪

ブータン・パロ(西岡記念館&西岡チョルテン)

2015/04/02 (13日目) 続き

15:25 タクツァン僧院下の駐車場を出発し、バス車内では心地よい疲れに身を任せるように体を休めます。達成感が高まっているので、もう今日は終わりという気分ですが、まだ観光が残っています。20分ほど走るとパロの中心を通ります。お祭りの期間中だからか華やかなムードです。

パロのメインストリートの商店街


町の広場には大勢の人が集まっています。お祭りの屋台街と言った感じのようです。
ちょっと覗いてみたいですが、残念ながらそんな暇はありません。

パロ・ツェチュ祭の屋台街


パロの町は想像していた以上に田舎で、町の中心の賑やかな通り、商店街は1㎞程度しかなく、店の数も数えられそうなほどしかありません。通り抜けたらあっという間に田園風景です。奥に見える大きな白い建物はパロ・ゾンです。

パロ・ゾンと田畑


そして町の中心のすぐ隣には空港があります。ブータン唯一の空港で、パロの町の半分を占めていると言うのが実情です。空港の建物ももちろんブータン風、奥の山裾にはまだパロ・ゾンも識別でき、その左が小さな町の中心になります。

パロ空港


16:15 西岡記念館に到着です。2014年7月にオープンしたばかりの施設です。西岡京治氏は日本人にはあまり知られていませんが、ブータンでは偉人みたいな人です。農業の指導、近代化に努め、ダショーという最高爵位を授けられた唯一の外国人でしたが、ブータンで亡くなられています。記念館にはパネルなどの他に、農機具などが展示されています。

西岡記念館


この西岡記念館で、西岡さんに関する古いフィルムを鑑賞しました。昨年できた施設なのに、この映像は私が見たこともない戦前の技術のようです。極度にぼやけた映像に、戦前ぽいナレーションがついていますが、戦前戦中生まれの方達にはナレーターが誰かわかるようで、懐かしいものを見ているかのようでした。

西岡記念館で見た擦り切れそうなフィルム


正直、早く終わらないかなこの試写会、という感じでしたが、女性は顔と手を洗わないのが良いとされるとか、焼き石で沸かした風呂に月に1回入るとか、昔のブータンの風習を聞いてちょっとびっくりもしました。17:05 西岡記念館を出発します。

バスはパロの町から遠ざかるように山の上へと登っていきます。
あっという間に山に囲まれたド田舎の景色が広がります。ブータンは農業の国で、西岡氏が日本などから持ち込んだ作物も多くあり、この地にしっかり根付いていそうです。

パロ南部の農村風景


車窓から奥の山肌をじっと見ると、先ほど行ってきたタクツァン僧院に似た景観が見えます。後で調べたら、同じように岸壁に作られたゾンダカ・ゴンパという寺院だそうで、いくつものお寺が連なっています。やはり人を寄せ付けない絶壁の途中です。

ゾンダカ・ゴンパ


17:20 種苗センターでバスを降り、門をくぐります。西岡チョルテンという仏塔を見に行くためです。

DSC


こちらが西岡チョルテン。山の上にあり、西岡氏が精を出していた実験農場などを見下ろす高台にあります。西岡氏の思い出として建てられたもので、お墓ではありません。ブータンでは火葬にし、川に流すのが習慣なのでお墓は存在しないのです。

西岡チョルテン


小さな国で、多くの人の助けとなる農業開発をして亡くなられた西岡氏のお陰で、今の日本とブータンは友好関係があるのかも知れません。西岡チョルテンを後にし、今日のホテルへとバスは移動します。車窓に見えたダルシン、この近さでやっとお経が印字されているのがわかります。ブータンにいるといろんな祈りが聞こえてくるようです。

ダルシン


18:00 パロのホテル、サムデンチョリング(SANDEN CHOLING)に到着です。第一印象はホテルというか、ユースホステルみたいな、というものでした。パロではホテルは町中にはほとんどなく、少し離れたひっそりした場所にあり立地がいいとは言えません。

サムデンチョリング(SANDEN CHOLING)


部屋は衝撃の狭さでした。スーツケースは広げる場所がありません。設備も悪いし、今までにツアーで泊まったことがあるホテルの中では最低です。ここに2連泊で、この旅最後の宿泊となりますが、ここまでの皆の不満と疲れを倍増させるようなホテルです。

サムデンチョリング(SANDEN CHOLING)の部屋


ドアの鍵がしまらない、お湯が出ないどころか水道の蛇口をひねる部分がない、毛布がないとか、部屋によっていろいろ問題があるようです。私たちの部屋はコンセントが壊れていましたが小さなことなので、クレームをつける気にもなりませんでした。
(もっとも後で次々と大問題が噴出します!)

バスルームはトイレにシャワーがついているのみで、それもかなり狭く、バングラデシュのクルーズ船なみです。

サムデンチョリング(SANDEN CHOLING)の部屋のトイレ兼シャワールーム


普通は安いツアーでも最後はいいホテルを利用したりして、終わりよければ全て良し、とするのが定石です。今回はホテルとは名ばかりのバックパッカー向け民宿みたいな所が最後です。他にホテルがない地域ならわかりますが、そうではありません。旅行会社がケチったか、手配が遅かったか、事前調査を誤ったかのどれかでしょう。

添乗員がいろんなお詫びがてら話しかけてきました。客は旅のベテランさんばかりの中、次々起こる問題に対処しきれず反省しているようだったので、まだ若い添乗員の成長を願って説教じみた話をする羽目になりました。自身は一度も添乗員付きツアーに参加したことがないというので、勉強がてら客になってみるのも大事ではと言ってみたが、そんなお金ありません的な事を言うので、お金払えばこそ何が足りないかよくわかるはず、さらに指導がましい事を口にしてしまいました。

19:00 DNR@HTL
パクシャパを含むビュッフェです。パクシャパとはブータンの代表的な肉料理だそうですが、大根と豚肉の煮込みです。煮込みという割に肉も大根も硬いです。西岡氏は野菜の育て方と一緒に料理ももっと教えるべきだったと皮肉な事を考えてしました。

ブータン肉料理パクシャパ


夕飯の時に、ビールの注文を取っておきながらなかなか来ないと思ったら、探しに行ったけど、なかった、今から買いに行く、というハプニングもありました。食事が終わる頃に戻ってきましたが、あきれるしかありません。普段客を取っていないホテルなのか、ホテル側の準備も悪いですが、何本あるかなど確認せずに注文取った添乗員もやっぱりダメダメです。

このホテルはWi-Fi無料ということでしが、技術的な問題があるようで、全然繋がりませんでした。連泊だし、直すようにリクエストしましたが、最後まで繋がりませんでした(そんな事最早期待しないという事が次々起こるのであまりクレーム言うのはよしましたが)。

レストラン棟の脇から、きれいにライトアップされたパロ・ゾンが見えました。
明日はこの旅のハイライトのひとつ、パロのお祭り、ツェチュ祭を見学するので、楽しみです。

パロ・ゾンの夜景


次回はパロ・ツェチュ祭をレポートします♪

ブータン・パロのツェチュ祭

2015/04/03 (14日目)

6:30からの朝食を終え、レストラン棟を出ると今日はとても良い天気です。ヒマラヤの山並みが見え、朝から爽やかな気分です。今日は8:00にホテルを出発し、まずパロのツェチュ祭を見物に行く予定ですが、その前に部屋で民族衣装の着付けです。

ヒマラヤに抱かれた町パロ


7:30 民族衣装の着付け開始です。元の予定ではティンプーで着て観光の予定でしたが、せっかくお祭りがあるのでこの日にとなりました。30分で全員の着付けが終わる訳ないと思っていましたが、案の定時間がかかります。お祭りだからか、女性ものは特に派手できれいなものが用意されました。

女性の民族衣装はキラと呼ばれ、男性のゴとは由来の違う東南アジア系のものです。長方形の布地を体に巻き付け、テゴという羽織を着ます。私達が来たのはハーフ・キラと呼ばれる胸から下に巻くスタイルのもので、下は自前のタンクトップなどがいいでしょう。よほど寒くない限りズボンなどをはくのはおかしいので、スパッツとかレギンスがオススメのようです。またテゴを留めるブローチを持参するのがいいです。

この着付けですが、日本の着物と同様にかなりこだわりがあるようで、裾の長さの調整とか、ヒダのよせ具合とか、しっかりとチェックしていました。全員に違う模様、色合いの衣装が用意されたので、全員そろったらかなり華やかになりました。さっそく集合写真を撮りましたが、加工が面倒なので割愛します。

8:45 着付けで予定より遅れてホテルを出発します。ツェチュ祭の会場はパロ・ゾンの裏手で、町中からすぐですが、車で行く場合は、川を渡る手段がないため、かなりの大回りを余儀なくされます。目と鼻の先に見える場所にバスで30分もかけていかなくてはなりません。橋は町の外れにしかないのです。

車道が限られているパロ周辺


途中、山並みがあまりにきれいなので写真ストップです。
ブータンでは山は神聖なものとされていて、あまり名前はついていないようです。

美しい山々に囲まれたパロ


9:15 パロ・ゾンの裏でバスを降り、男性はカムニというショールを巻き、女性も肩にラチュという赤色ベースの柄の入った布をかけます。これで正装完了、ツェチュ祭の会場に向かいます。パロ・ゾンの前を通りますが、見学はお祭りの後です。

パロ・ゾン


こちらがパロ・ゾンの裏手にあるお祭り会場です。既にものすごい人で、めぼしい場所には座れない状態です。ここで、9:30~12:00まで自由観覧となりました。

ぱろ・ツェチュ祭会場


ツェチュ祭とは、グル・リンポチェのお祭りで、月の10日に法要を行う人の元に戻ってくるとの言葉を信じる人々が行う宗教的なお祭りです。ブータンの各地域ではいずれかの月の10日(Bhutan暦)にツェチュ祭を行いますが、パロで行われるのが最も盛大と言われています。祭りは5日間におよび今日は4日目です。

旅行社で観覧席などの用意はないので、自分で場所取りをしますが、もうどこがいいか迷っている暇はありません。レジャーシートなどを敷き場所を確保しますが、周りからジリジリと人が寄ってくるので大変です。それに天気がよくなりすぎて暑くてぐったり・・・。

パロ・ツェチュ祭の観客たち


舞台となっている広場の左側は階段になっていて、そこが一番いい見物席に思われましたが、既に超満員です。席はないかと上ってみましたがセキュリティに止められました。のんびり着付けなんてしている場合じゃなかったようです。

パロ・ツェチュ祭の舞台と階段状観覧席


民族舞踊が始まりました。チャムと呼ばれる宗教的な仮面舞踊の出し物の合間に、こうした女性たちの舞踊を披露するようです。立って見ていれば疲れるし、そのうち座れとせかされます。座っていると写真は撮れないし、このお祭りの見学は忍耐が必要なようです。

女学生などがチャムの間に踊りを披露


あまりに日光が厳しかったので、肩にかける布ラチュを頭に乗せたり、扇子で仰いだりしますが、立て板に水です。サングラスは必須です。ツアーの中の数人は、最早この雑踏と暑さの中でお祭りを見る事を諦め、離れた木陰でじっと休んでいる人もいました。近くに座っていたおじいさんは、顔も上げられずぐったりしていて出し物を見る余裕は全くなさそうです。

さて、新しい出し物が始まりました。Raksha Mangcham(ラクシャ・マンチャム、エンマ大王の裁き)と呼ばれる一番有名なチャムが始まったようです。3人のラッパ吹きに続き、仮面を被った踊り手が出てきました。ギャリンというチャルメラのような楽器を吹く3人はなんとなく南米の音楽家の雰囲気です。

伝統音楽の生演奏をバックに踊りが始まる


エンマ大王の従者であるラクシャたちは、動物面を被っています。その踊りは適当なものではなく、細部に渡り踊り方が決められているといいます。おそらく踊り手はお坊さんです。面や衣装の色鮮やかさが目をひき、物語がよくわからなくても踊りとして楽しめます。

ラクシャの踊り


このツェチュ祭に欠かせないのが、赤いアツァラという道化師のような存在です。時に観客の間を周り祭りを盛り上げますが、このアツァラの持ち物がまた独特です。わかりますかね、またしても男根です。この棒でいたずらするのと同時に、豊穣を祈る聖なる棒の役割もしているそうです。

祭りを盛り上げるアツァラ


黒い面の踊り手が登場したので、お、これがエンマ大王かなと思いましたが、どうやら違ったようです。エンマ大王の裁きで、黒い悪魔として、人が生前に行った悪行を言い立てるような役です。

仮面舞踏の仮面も見所


このラクシャ・マンチャムは、グル・リンポチェによって隠されていたものを14世紀のテルトェン・カルマ・リンパという人が再発見したBrdo Thoedrol(バルド・トドル、死者の書)を元に脚色されたものだそうで、人が死後、エンマ大王の前で裁きを受け、地獄に行くか、天国に行くかという今でも信じられている話がテーマなので、ブータン人にとって分かりやすく人気のある出し物なのだそうです。

さて、長いラクシャたちの踊りの後、やっとエンマ大王が登場です。お坊さんたちに担がれ、お面もひときわ大きいので、これがエンマ大王だとはっきりわかりました。

閻魔大王の登場


広場を一周すると正面奥にどっかと鎮座します。そのエンマ大王の前にラクシャたちが2列に並び、死者はここで裁きを受けるのです。座っているとよく見えないので、写真を撮るときだけ、ちょっとだけ立たせてもらいました。そんな訳で、詳しいストーリーはよく分かりませんが、英語の祭りパンフレットに寄ると、2人が審判にかかり一人は地獄へ一人は天国へと行先が決まるようです。

閻魔大王の裁きが始まる


そして、また踊りが続きます。躍動的な舞踏は本来は儀式的要素が強いものでしょうが、私を含め、一般の見物客たちは、娯楽として見物しているようです。ラクシャ・マンチャムのだいたいのハイライトを見たので、熱気でむんむんした場所を離れます。

動物面と衣装、躍動的な踊りを楽しむ


エンマ大王が鎮座した頃からお祈りが始まり、ブータン人たちの長い列ができていました。何を待っているのかはよくわかりませんが、エンマ大王に何かお願いできるのかも知れません。私達も民族衣装を着ているため、ツアーの仲間を探すのも容易ではありません。誰もが皆、1年に1度のお祭りのために、とっておきの晴れ着を着ているので、迷子になったら大変な事になりそうです。

色とりどりの派手なキラを着た女性達がいっぱいで町中華やか


12:30前に集合場所へ向かいます。何人かはお祭りを見ていないのか、どうだったかと聞かれ、写真見せて、というありさまでした。これまでに溜まった旅の疲れ、トラブル疲れ、そしてこの暑さ、さらに民族衣装がかなりきつく着付けされているので、苦しいというのもあるかも知れませんが、旅のハイライトであるお祭りを楽しめなかったのは可哀想でした。

次回はパロ・ゾンをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR