FC2ブログ

インド・グーム僧院~ヒマラヤ動物園

2015/03/29 (9日目) 続き

11:50 グーム駅から近くのグーム僧院へと観光へ向かいます。朝乗った4WDがグーム駅まで来ているので、それに乗ります。トイ・トレインが通るメインの道は小型のバスでも走ることができますが、その他の道は狭く、斜度もある場合が多いので、ダージリン周辺では基本的に4WDを利用します。

グームの横道


12:00 グーム僧院に到着です。ガイドブックにはイガ・チョリン・ゴンパと載っているダージリンで最も有名な寺院です。この辺りで最初にできた寺院で、1850年建立、モンゴル人たちが建てたチベット仏教の寺院です。

グーム僧院


正面入り口の両脇にはマニ車が並んでいます。このマニ車の中には経典が収められていて、回すと、中の経典を唱えたのと同じ功徳があると言われています。回すときは、時計回りに回します。さっそくやってみます。

グーム僧院にあるマニ車


入口を入ると本堂に入る前に靴を脱ぐ場所がありますが、両脇には自分の背丈をゆうに超える巨大なマニ車があります。試しにこれも回してみましたが、ちょっと重かったです。

グーム僧院入口にある巨大なマニ車


寺院内部は100ルピー(200円)で写真撮影可能です。建物いっぱいを使った本堂の正面中心には極彩色の彫刻で飾られた5mほどの弥勒菩薩座像があり、その鮮やかさに圧倒されます。
こちらゲルク派の寺院なので、傍らにはダライ・ラマのお写真も・・・。

グーム僧院内部弥勒菩薩座像


壁も色合いの濃い宗教画で覆いつくされていて、なかなか見ごたえがあります。ガイドがいろいろ説明してくれますが、右から左へ抜けていきます。チベット仏教に関して、あまりに不勉強だったので、聞いた事のない固有名詞に話がチンプンカンプンでした。

グーム僧院内部の壁画


弥勒菩薩の両脇にもケースに入ったいくつもの像があり、左のものは千手観音像です。
黄色い棚に入っているのはカラフルな布に包まれた経典です。年に一度しか開けないそうです。

グーム僧院内の千手観音像と経典を収めた棚


経典と言われてもイメージがわかなかったので、中にはどんなものが?と聞いたみたら、経典の実物を見せてくれました。短冊というかお札みたいな紙に、細かい字が書かれています。サンスクリット語ですかね?何もかも初めて見るタイプの寺院で新鮮でした。

経典


12:25 グーム寺院を後にして、ダージリンへ戻ります。つまり先ほどトイ・トレインで移動した道を戻る感じです。相変わらずの天気で、ヒマラヤは見えませんので、ダージリンの町を見ながらの帰路となります。

ダージリンの町


確かに山の上で涼しいかも知れませんが、かつての英国人の避暑地というより、住む場を追われて辿り着いた人達が築いたスラム街にも見えます。裕福な暮らしではないでしょうが、ダージリン茶という産業と観光業があるので、見た目ほど貧しい訳ではないのかも知れません。それでも地震があったらこの町は危ないですよね・・・。

斜面の町ダージリン


12:55 シダーインホテルに戻り、ホテルでランチをとります。珍しくカレー味のものが一切なく、イタリアンぽいメニューでした。食後はしばし休憩を取って、14:15出発まで休憩となります。

今日の午前中、4WDで移動していた時に話題になっていたことがありました。それはダージリンまで乗ってきたバスより、1台の4WDに4人で乗る方が遥かに乗り心地が良かったという事です。明日はブータンまでまた長い移動になりますが、またあの劣悪なバスに乗せられるかと思うと、考えただけで消耗します。

そこで、何とかして明日あのバスに乗らないで済むためにできることはないかと、添乗員に掛け合うことにしました。少々クレーム気味に話を持ちかけますが、他にバスはないと連れない返事です。一旦、部屋に戻ると、隣の部屋の男性2名が明日4WDを貸し切ろうとガイドに相談していると言うではありませんか。考える事はだいたい同じだったようです。

観光へ出発する前にロビーで、このバスの件を他の方と話をしていたら添乗員が寄ってきたので、再度バスを変える様手配してと話をしていたら、隣の部屋の男性たちがやってきてその話に加わり、話がヒートアップしてしまいます。かなり激しい口調で攻める客に対し、逆切れしかかった添乗員と口論に発展します。添乗員はあくまで説明して我慢してもらおうという態度でした。

14:15を回ったので、観光へ行きましょう、この話は後で、と打ち切られ、不満が残る形となりました。この時点で、ツアーの半分近くの人が追加料金を払って、自分で車を手配してでも予定のバスに乗りたくないと思っていることを添乗員はわかっていないようで緊迫感は見られませんでした。

14:20 ホテルを出発し、午後の観光へ向かいます。
14:45 ダージリンの町の奥にあるヒマラヤ動物園にやってきました。気持ちを入れ替えて観光に集中しようとしますが、明日の事を考えると若干上の空です。

ヒマラヤ動物園入口


入口のマップを確認すると、それほど広くはないけど、そこそこ見ごたえがありそうな動物園です。一般的な動物園というより、ヒマラヤに生息する動物を主に集めた動物園で、ここもダージリンの地形をそのままに利用しているので、坂が多いようです。

ヒマラヤ動物園


まずはゴーラル、ヤギ、シカ、羊など似たような動物たちを見ます。こう並べて書いて思い浮かぶ姿は似ていないでしょと思うかも知れませんが、実際、角の形などをよく見分けないとさっきと違うの?と思うような動物たちでした。こちらはSamber Deer、インドで最大の鹿で立派な角をお持ちです。

サンバー鹿


こちらはヤク。野生のヤクは茶色いと書いてありました。飼育されているものは黒いですし、白くすることもできるらしいです。また、オスもメスも角があるんだそうです。

ヤク


動物見ながら、近くの一番後ろを歩く添乗員を観察すると、まるで何事もなかったかのようについて歩いているだけで、どこかへ電話をかける様子すらありません。この調子だと、今日の夜観光が終わった後で、一応頑張ってみましたがやっぱり他のバスは確保できませんでした。とか言って終わりそうなので、他のお客さんに聞こえないように話かけました。

あなたが思っているおり深刻です。このままだと明日、離団届を出して自分たちで確保した4WDで国境まで行きます、という人が何人も出る事になります。具体的にチャーターする金額の交渉を始めている人もいるので、ツアーで手配ができないなら私もそうします。そう言うと、添乗員は「えっ、そこまで考えているんですか?」と初めて緊迫感を持ったようです。

その後、他の方がバスの安全性などを強調して再度強く申し入れしたこともあり、観光中でもフリータイムの間などに最善を尽くさねばならないとやっと認識してもらえたようです。

ひとまず私としても明日のために自分のできる行動を起こせたと納得できたので、残りは観光に集中することができそうです。さて、ヤギやらおとなしそうな動物の後は、大物が待っていました。クロヒョウです。カッコいいです。ちょっとテンション上がってきました!

ブラックパンサー


次回はヒマラヤ動物園の続きをレポートします♪

インド・ダージリンヒマラヤ動物園

2015/03/29 (9日目) 続き

ダージリンのヒマラヤ動物園、次の大物はユキヒョウです。動物園の動物らしく、ぐったりと寝そべっていたのが、ちょっと粘っていたら迫力の1枚が撮れました。
ズーム倍率の高いデジカメ、動物園でも役に立ちます。

ダージリンヒマラヤ動物園のユキヒョウ


動物園の中でも一番奥、高台まで来たら、そこには鳥小屋があります。コンゴウインコなど大型で色とりどりの鳥たちがいますが、そんな中では逆に真っ白な方が目立ちます。

ダージリンヒマラヤ動物園の白インコ


こちらはGolden Pheasant、日本語だとキンケイですか、あまり間近で見たことないので、派手さにびっくりです。

ダージリンヒマラヤ動物園のキンケイ


さて入口方面に戻ります。先ほど上がってきた道の一本上にある道を通ります。ここでこの動物園での一番の大物、ロイヤルベンガルタイガーに出会えました!あのシュンドルボン国立公園で足跡一つ見れなかっただけに、動物園とはいえ生きた凛々しい姿を見れて感激です。

ダージリンヒマラヤ動物園のロイヤルベンガルタイガー


こちらは犬に見えるかも知れないですが、ヒマラヤオオカミです。動物園の説明版によれば、地球上のオオカミの現存する種の中でも最古(80万年)の系統で、野生では北インドの限られた地域に350匹しかいない絶滅危惧種なんだそうです。

ダージリンヒマラヤ動物園のヒマラヤオオカミ


入口の方へ戻り、後半はフリータイムです。このように斜面に作られた動物園なので見学は坂道、階段が多いですが、動物たちの飼育場も斜面になっていて、彼らも足腰が鍛えられそうです。

ダージリンヒマラヤ動物園


動物園でも木々の間からダージリンの町の景色が見えます。この景色を見ても、また町中を歩く人達を見ても、インドという気がしません。

ダージリンヒマラヤ動物園から見たダージリン


フリータイムではまだ見ていない、入口入って右側のエリアを見に行くことにしました。坂なので、断念した人も多いようです。その前に入口近くにいるヒマラヤブラックベア。ちょっとずんぐりした感じで、おとなしそうなイメージです。

ダージリンヒマラヤ動物園のヒマラヤブラックベア


続いては、おなじみのレッサーパンダ。やっぱりかわいいです。
かわいい動物が少ないので、子供向けというより観光客向けで、テーマもはっきりしていていいんじゃないかと思います。

ダージリンヒマラヤ動物園のレッサーパンダ


少し坂を上ると小屋がありました。中に入ると・・・、蛇の展示小屋です。
Indian Rock Python、インドニシキヘビ、かなりデカいです。伸ばしたら3m以上ありそうです。

ヒマラヤ動物園のインドニシキヘビ


何種類かのヘビを見たら出口へ向かいます。すると、ヘビだけかと思ったら出口付近にかわいい亀もいました。柄がヘビに似ています。

小さな亀


ヘビ館を出たら、さらに坂を上がります。カラフルな鳥など小さな飼育施設が並んでいました。なんとも言えない色合いのHimalayan Monal(ヒマラヤニジキジ)、アクリル板?に反射してきれいに撮れませんでしたが、宝石みたいにキラキラする鳥でした。

ダージリンヒマラヤ動物園のヒマラヤニジキジ


こちらはジャングルキャット、長い足と、先端が黒い短めの尻尾が特徴です。
これでほぼこの動物園の動物を見て回れました。実はあまり期待していなかったし、来た時のテンションの低さを思うと、見終わる頃の満足感には自分でもびっくりです。

ダージリンヒマラヤ動物園のジャングルキャット


15:45 集合で、動物園を出て下の道へと降りていきます。動物園の下には出店が出ています。フリータイム中にこの辺りで買い物をした人もいるようです。

ダージリンヒマラヤ動物園下にある出店


売っている物はお土産らしいものではなく、安物のおもちゃや生活用品、服などが多かったように思います。動物園関連のものは動物園内に小さなお土産屋があるので、外の出店に期待しないようにしましょう。

出店で売っている微妙な品々


車が待っている所まで降りていきましたが、ドライバーを呼んでいなかったのか、10分は待たされました。今回の旅は日本語ガイドがついているせいか、添乗員が行程や時間の管理をちゃんとしていないように思います。明日のバスの件でそれどころじゃなかったのかも知れませんけどね。

次回はダージリン茶畑などをレポートの予定です♪

インド・ダージリン紅茶畑

2015/03/29 (9日目) 続き

16:05 ダージリン紅茶畑にやってきました。実際、茶畑まで少し歩くと、かなりの斜度に作られている事がよくわかります。朝晩との気温差でよく霧が発生するこの地は、紅茶の産地として世界的にも有名なのは言うまでもありません。

ダージリンのハッピーバレー紅茶園


茶畑を間近で見たことはないので、もっと大きな木なのかと思ってましたが、つづじの植え込みのような感じです。ちょうど1週間前にファーストフラッシュ(春摘みの一番茶)の収穫を終えたばかりの畑だそうです。

ダージリン茶畑


どこまでも続く茶畑の間に通る道を、ガイドや皆さんが立ち止った所から一人歩いて下りてみました。遠くは霧にかすみ、斜面の町ダージリンを背景にした茶畑、この光景はダージリンティーを飲む度に思い出すことになるでしょう。とても素敵な風景です。

ダージリンの町と茶畑


茶葉の写真も忘れずに撮っておきます。収穫後なのでなかなか先の残っているのが少なかったですが、道沿いに、残っているものもありました。

ダージリン茶葉


この茶畑はハッピーバレー紅茶園というガイドブックにも載っている有名な茶園で、さらに坂を下りて行った所には工場も見えます。今日は日曜でお休みだそうです。

ダージリンハッピーバレー紅茶園工場


車を降りた道まで戻るのに、何人かはヒーハー言いながら苦しそうに坂を上がっていました。今回の旅行ではブータンでタクツァン僧院に行くために山登りしなくてはならないのですが、ここで辛ければ僧院に辿り着くのは無理そうです。16:20紅茶園を後にします。

16:30 町中のセキュリティのしっかりしたショッピングモールの1階にあるNathmullsという茶葉販売店に案内されます。ここで試飲するそうです。あれ、アフタヌーンティーだったはずなのに、いつの間に試飲になったの・・・?(後日返金されました)

Nathmulls紅茶専門店


ファーストフラッシュ、セカンドフラッシュ、オータムナル、ウーロン茶、緑茶、ホワイトティーと次々と試飲します。ホワイトティーが一番高く、全て手作業でカフェインなしです。日本でも高いお茶はほんのりしか色がなくて味も薄いですが、ここで飲んだのはどれもほとんどお湯に近いと思うくらいしか味がしませんでしたし、色も薄い緑茶ぽいものでした。

ダージリンティー試飲


日本人が慣れ親しんでいるダージリンティーとは、程遠い色と味で何だかさっぱり、おいしいから買って帰ろうと思えない試飲でした。日本で飲むのは、一番おいしいと言われているセカンドフラッシュです。こちら試飲した茶葉、左はセカンドフラッシュ(夏摘み)のマスカテル1Kg7000ルピー(14000円)、右はオータムナル1Kg3000ルピー(6000円)、結構なお値段ですが、USドル、クレジットカードなども使えます。

ダージリンティーの茶葉比較


お土産屋には立ち寄らない主義の旅行会社なのですが、試飲という名目で立ち寄った紅茶店で買い物時間になったので、早々に抜けだします。近くにスーパーマーケットがないか探しますが、道行く人に聞いても、ちょっと遠いようです。町中は混沌としています。

混沌としたダージリンの町


横道を歩いて混沌としたダージリンの町を体験したら、時間を見てもと来た道を戻ります。ダージリンの道はかなり入り組んでいて細く、坂も多いので街歩きは大変ですが、ちょっとだけでも体験できて良かったです。店の近くまで戻ってくると大きな通りはまた雰囲気が違います。お坊さんとすれ違う頻度も高い町でした。

お坊さんも多いダージリンの町


17:20 お茶屋を出てホテルへと戻ります。
17:30 ホテル到着して、ホテルの周りを一人プラプラ歩いてみましたが、すぐ近くにあるキオスクサイズの売店があるくらいで後は急な坂をかなり下って行かないと何もない所でした。

19:00 ホテルで夕食です。そろそろインド料理もおしまいかと思うと、積極的にカレーを食べる様になりました。朝はお粥などを食べていて、今回の旅行は精神的な疲れはあるものの体調は問題なく快調です。サイダーは60ルピー、飲物は安いです。

シダーインホテルの夕食ビュッフェ


食後にはコーヒー紅茶がつくのですが、これまでコーヒーを頼んでいました。紅茶はダージリンティーなのかと聞くとそうだと言うので、折角だから本場で飲むことにしてみます。丁寧に煎れてくれますが、やっぱり茶葉は少ないです。それでもお店で試飲したものよりはおいしかったです。

食後のダージリンティー


食事の際、明日のバスは変更になったと添乗員から報告がありました。他のバスなんてないと言い張ったけどやっぱりあったんですね、散々言った甲斐がありました。皆が強く言わなければ大した問題じゃないと思っていた事が大問題ではありますが・・・。

そもそも添乗員はまだ若く、ロビーに客がいる事も気付かず、溜息の果てに舌打ち、挙句の果てにはテーブルや椅子などを叩く蹴るなどの八つ当たりしているのを見てしまいました。気持ちは分かりますが、プロとしては失格です。これは旅行会社にチクらなかったですが、この先直せないと続けるのは難しいかも知れませんね。


2015/03/30 (10日目)

バスの件がひとまず解決したので今日の移動は一安心ですが、この先ブータンでも18人乗りバスを使うと言うので、押し込まないでと、旅行会社にメールをしました。添乗員だけではどうにも不安だったので、本社の後押しを期待するためです。

朝食です。と言ってもこれはどなたかのご飯です。卵NGの私は朝食はお粥だけの事が多く、写真をあまり紹介できなかったのですが、このホテルは旅行中のホテルの中でも良い方だったので、朝食がどんな感じかを撮らせてもらいました。

シダーインホテルの朝食


朝から添乗員が電話で誰かに謝りまくっているのが目に入りました。すると朝食にやってきた仲良くなったYさんが昨夜の出来事を報告してくれました。お湯がすぐに出なくなるのだけど、直しました大丈夫ですと言われたのに、直ってないとか何度も続き、部屋を変えてもらうから準備してと言われた挙句、満室でした、などと対応に問題があって何時間も待たされたそうです。

Yさんは130ヵ国近くを旅した旅のベテラン、英語も流暢に話せる方です。お湯が出ない事自体は慣れっこで、それには怒っていません。確かめもせずに大丈夫と何度も言ったり、部屋がないのに、移らせようとしたり、あまりに場当たり的な添乗員の対応に怒ったのは無理もありません。その対応ぶりを聞いて、この先不安を覚えます。

8:30 ホテルを出発します。ガイドさんは急な不幸があってホテルでお別れです。4WDで下った先に待っていたバスは、先日のよりは遥かにマシなものになっていました。狭くてぎゅうぎゅうには変わりありませんが、空調もあるし、座席も割とちゃんとしています。

改善したバス


9:10 バスでダージリンを出発し、今日はひたすらブータンまでの移動となります。
今日も濃い霧に包まれたダージリン、滞在中結局ヒマラヤの山々はこれっぽっちも見えませんでした。

霧に包まれたダージリンの町


次回はプンツォリンまでの移動をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR