インド・アグラ(アグラ城塞②)

2014/12/4 (5日目) 続き

アグラ城塞内の見学はまだ続きます。テラスからは隣の宮殿に入ることができます。こちら風の宮殿、豪華なバルコニーみたいな感じです。外側は修復中なのか足場が見えます。

アグラ城塞風の宮殿


その先は、皇帝一家の寝室などがあったカース・マハルです。このあたりの窓際からは、タージ・マハルの全景がきれいに見えます。と言っても、ズームしないとこの大きさです。実際はもう少し大きく見えるので、なんとかタージ・マハルと判別ができます。緑が多く、きれいな景色です。

アグラ城塞から見るタージマハル


カース・マハルはいかにも宮殿らしく、全て白大理石でできています。四角い凹みがあちこちに見られますが、ここには金やダイヤを使った絵がはめ込まれていたそうで、今はそれが剥がされた後が痛々しいです。

アグラ城塞カース・マハル


さて、アグラ城塞内での一番のハイライトはこちら、ムサンマン・ブルジュです。第5代皇帝シャー・ジャハーンが愛妃との居室として造った、上部に八角形の塔を伴うエリアです。床には美しい彫刻の噴水、風通しのいい素晴らしい部屋です。

囚われの塔ムサンマン・ブルジュ


ここは入ることができないので、横からも見ます。シャー・ジャハーン皇帝は息子に王位を追われた後晩年の7年間ここに幽閉され、妃の眠るタージ・マハルを眺めながら過ごしたと言われますが、幽閉という言葉がしっくりこない素晴らしい宮殿、素敵なバルコニーに囲まれています。

ムサンマン・ブルジュからの眺め


暑いアグラにあっても快適に過ごせたと思われる場所だし、何といっても視界を遮るもののない抜群の眺め、豪華で美しい象嵌細工や彫刻、幽閉と言っても単に権力を失い外出ができなかっただけ、そう捉えることもできます。

ムサンマン・ブルジュの美しい彫刻


明るいし、空間もいくつもあるし、そもそも当時の70歳前後では、出かけたくてもそうそう出かけられるものでもなかったでしょう。塔に幽閉されたと聞いて、可哀想にと思っていましたが、この宮殿をみたら実情はそれほど悲惨じゃなかったのではと思いました。

幽閉という言葉が似合わないムサンマン・ブルジュ


カース・マハルの角から突き出るように造られたムサンマン・ブルジュを後にし、カース・マハル前の庭園、アングーリー・バーグへ出ます。周りの建物は使用人たちの部屋があったそうです。この中庭にはワインを造ったブドウの木が残っています。

アングーリー・バーグ


このアングーリー・バーグの脇には、鏡の宮殿もあります。銀色ぽく見えるのが鏡です。鏡を使った細かいモザイクのような彫刻が一面にされています。豪華ですが、暗いし、もし幽閉されたのがここだったらむしろ悲惨な感じがします。

アグラ城塞鏡の宮殿


アングーリー・バーグから見たカース・マハルです。遠目で見るとただの白い建物ですが、大理石造りで、細かい彫刻などがされ、かつては金もふんだんに使われていたと考えると、ものすごい国力のあった帝国だったことがわかります。

アングーリー・バーグから見たカース・マハル


外に出てからは、最後にディーワーネ・アームを遠目に見ます。一般の人が陳情とかでき、裁判所みたいな所だったと説明されました。写真左の奥の方に見えるのはモスクで金曜のみイスラム教徒だけが入ることができるそうです。

ディーワーネ・アームとモスク


11:45 アグラ城塞を出発します。見学する内部は王の宮殿なので、とても美しく見ごたえたえあるし、門や城壁から伺える硬い印象とは正反対のものでした。いずれにせよ、私の期待を裏切らない素晴らしい場所でした。タージ・マハルは遠目にでも一目見ればいいと思う建造物ですが、こちらは近くでじっくり見学したい場所でした。私はタージ・マハルよりこちらが気に入りました。

アグラ城塞


11:55 クラフツ・パレスという大理石のお土産屋へ立ち寄ります。ここは工房もあって、実演を見学します。次々と各国からの団体客が入ってきます。

クラフツ・パレス大理石工房見学


黄色の色を付けて、2.5mmの深さで柄を掘り込みます。そこに削った宝石をはめ込んでいきます。そして、黄色い塗料を落とすと、白い大理石にきれいな柄が浮かび上がるわけです。ちょっとやってみたい気がします。

大理石装飾の制作過程


光をあてるとそれは美しい輝きです。さきほど見た宮殿に置いて使いたいテーブルですね。お土産用には小さな小箱などのものもあります。けれど何といっても大理石ですから、とても重いお土産になります。興味のない方は近くのお土産屋や郵便局などにも行くことができます。

光り輝く大理石テーブル


さて、この辺りから数名の方が気分が悪いと訴え始めました。やっぱりね、という気持ちです。インドにはそれなりの備えをして来てもお腹を壊すこともあるのに、皆用心が足らないし、もしもの時のグッズ(エチケット袋など)の装備も足りないようです。今のところ他人事で、やれやれという感じです。

次回はアグラ~ジャイプールをレポートします♪
(コルカタからの更新でした。もうすぐ帰国します。)

インド・アグラ~ジャイプール

(昨日無事に帰国しました)

2014/12/4 (5日目)

12:45 The Charcoal Chimneyというアグラのレストランでランチです。外国人観光客を意識したとてもきれいなレストラン、ここでインド版定食ターリー料理を頂きます。カレー数種類、チキンやデザートまでひとつの大皿にのっているものです。ほうれん草のナンが色合いをきれいにしています。とてもおいしいです。

インドの定食ターリー料理


残念ながら食事どころか座っているの無理という方が4名ほど。アグラ城塞の観光を終わってからバスの車内で吐いていた人達ですが、添乗員は気付いてもいない様子です。残りのうち半分くらいも調子悪そうで、お粥に変更していました。気分悪い時にはお粥すら食べにくいので、こういう場合に備えてお茶漬けの素があると良さそうです。

観光客向けにはお粥の用意も


13:40 レストランを出て、午後はジャイプールへの長い移動になります。具合の悪い人たちには長距離の移動は精神的に不安が大きそうです。おいしかったのでランチをパクパク食べてしまいましたが私も注意しなければなりません。私はそれでなくても車酔いするタイプなので、車窓を見ながら気を紛らせます。

アグラの街の風景


車窓では街中でもよく野良牛を見ます。インドでは牛は聖なる生き物なので、大事にされていて基本的には食べません。でも、デリーではヒンドゥー教徒でも真面目でない人もいるので、アルコールや牛肉なんでもありだそうです。もちろん牛肉は隠れて売っているそうですが・・・。水牛はミルクを採るために飼われています。

街中にもいる野良牛


めずらしく線路を横切ります。インドと言えば、人が溢れるほど乗った電車の動画などを見たことがありますが、実際そういう場面は見かけませんでした。バスにしても、はみ出して乗るほどのは見ません。もっと地方へ行かないとそういう場面は見ないのか、たまたまなのかはわかりません。

インドの線路


道にしても、車道はほとんど舗装されているのでそれほど揺れません。歩道は事情が違います。飼われているかどうか知りませんが、豚の団体も歩いています。想像では車道もこんなではと思っていたのでどちらかと言えば拍子抜けです。

歩道はきれいではないし豚も歩いている


街を離れると緑の風景が続き、時々小さな町や村を通過します。
自然とお昼寝タイムになります。

インド車窓風景


16:00 トイレ休憩です。有料で、10ルピー(20円)。インドのトイレ、想像していたような酷いトイレはツアーでは利用しないようで、衛生的には問題ないと言っていいでしょう。紙はない所は多いので、ティッシュやトイレットペーパーは多めに持っていた方が良さそうです。周囲に何もないドライブインのような所ですが町より空気がいいので休憩にはもってこいです。

アグラからジャイプール移動中に利用したトイレ休憩のドライブインんから見た景色


上の写真の中央、何か人工的なものが見えるのでズームして見ました。山の上に城塞があるようです。車窓をよく見てると、ちょっと高めの山にはよくこういった砦のようなものが見られて面白いです。

小山に残る砦


さて、引き続き、ジャイプールに向かってバスは進みます。道路は快適なのですが、車の量が多いし、とにかくせっかちなドライバーが多く、車間距離をあまりとらないために急ブレーキが多いです。お腹は大丈夫ですが、段々気持ち悪くなってきました。町を通る時は交通量も多いので、ブレーキも多くなります。早く着かないかな・・・。

インドの地方の町の風景


18:15 ジャイプールで布製品のお店に立ち寄ります。Saraf Carpet & Textilesというお店です。ジャイプールの伝統工芸品、ブロックプリントの実演を見学します。色ごとに分解された模様を布地にスタンプして柄布を造るのです。

ブロックプリント実演


実演の後は恒例のショッピングタイムです。が、デザインがあまりいいのがないし、チュニックでも5千円くらいからと高めです。日本でもインド製はもっと安くかわいいのあります。縫製も2時間で可能で、縫製代金かからないと言っています。このツアー、町中の普通のお土産屋に寄る時間はないので、欲しいものがあればこういうお店で高く買うしかなさそうです。

18:50 お店を出てホテルへ向かいます。途中、明日観光予定の風の宮殿が見えました。ライトアップしていてとてもきれいです。

ライトアップされた風の宮殿


ジャイプールはピンク・シティと言われますが、もう真っ暗なので、ピンクの気配はさっぱりありません。ただバザールが並ぶ街、です。

ジャイプールの夜のバザール街


19:40 デラックスホテルのロイヤルオーキッドに到着です。街の中心から離れた大型ホテル街でやはり徒歩圏にはお店も何もなさそうな所です。安全のためあえてこういう立地を選んでいると思われます。

なんだかどっと疲れたので、夕食はキャンセルして休みますと添乗員に一言断って部屋へ引き取ります。部屋の内装は素敵です。冷蔵庫あり。Wi-Fi繋がらないのでフロントに聞いたら、たぶん障害、とあっさりあしらわれます(翌朝別の人に聞いたら繋がるid/pwを教えてくれました)。

ジャイプールのロイヤルオーキッドホテルの部屋


夜は何も食べずに早めに休むことにします。私がシャワー使っている間、旅ともさんはいつも先に寝てしまうのですが、今日は様子が違いました。寝てたら添乗員から電話がかかってきて、パスポートを返しに来たというのです。その上、昨日私が出した旅行会社宛ての苦言メールについて話があるから今から行ってもいいか、と言ってきたそうです。疲れたから休みますと夕食も断ったのに、その夜遅くに話に行っていいかとは配慮にかけています。旅ともさんが寝てたのも知っている癖に・・・。明日にしてくださいとお断りして私も寝ます。疲れが精神的に倍増した気分です。

2014/12/5 (6日目)

朝食にも行かず、部屋でカップそうめんなど持参した食べ物を消費します。
部屋から見たジャイプールの街です。街の景色、というか、ホテルの目の前がこんなだったとはちょっとびっくりです。街の中心からは離れているとはいえ、ピンク・シティとは縁がなさそうなぼろい街の風景です。

ジャイプールのホテルから見た街並み


次回はジャイプール(風の宮殿~アンベール城)をレポートします♪

インド・ジャイプール(風の宮殿~アンベール城)

2014/12/5 (6日目) 続き

7:30 ジャイプールのホテルを出発します。何とかプールというのは、ヒンドゥー教の王様マハラジャが作った町です。つまりここはジャイという王様が作った町です。ここはピンクシティと呼ばれていて、なるほど街の中心に来ると夕べはわからなかったけど、建物が皆ピンクで統一されています。

ピンクの街ジャイプール


7:55 風の宮殿に到着です。びっくりしたことに、この建物滅茶苦茶薄っぺらい!
宮殿というより壁という感じです。残念ながらここ入場観光になっていないので、通りを渡って外観を見るだけです。

厚みのない風の宮殿


正面から見るととてもきれいな建物。当時の宮殿の女性たちが姿を見られずに外を見られるようにと造られたもので、細かい透かし彫りの窓がたくさんあります。
この窓の多さのお陰で風通しがいいから、風の宮殿というそうです。

無数の窓がある風の宮殿


確かに窓の数がすごいです。ガイドブックによれば953もあるとか。これは、その宮廷女性の気分になって向こうから街を見下ろしてみたかったです。次の機会にお預けとしましょう。

風の宮殿というより窓の宮殿


10分ほどの写真ストップで、次の観光地アンベール城へと移動します。
ジャイプールの街はホテルの部屋から見た印象とは違い、かなりきれいです。

ジャイプール中心部


アンベール城へ向かう途中、マンセイガー湖(Man Segar Lake)の脇を通ります。湖には水の宮殿が浮かんでいるのですが、気づくのが遅くて写真にはちらっとしか写りませんでした。帰りに期待します。

マンセイガー湖(Man Segar Lake)と水の宮殿


8:15 マオサ湖 (Maotha Lake)の畔でバスを降り、アンベール城に行くジープに乗り換えです。湖の向こうの山には3つお城が並んでいるように見えます。こちら2つに見えるのはジャイガル要塞、今回は行かないのですが、立派な要塞にワクワクします。

ジャイガル要塞


そしてそのジャイガル要塞から少し下がった先にあるのが、アンベール城です。
湖に映る姿がなんとも言えません。インドと聞いて思い浮かぶ雰囲気とはかけ離れた素晴らしい風景です。

湖に映るアンベール城


ジープは5,6人乗りなので、3,4台に分かれて乗り込みます。このアンベール城は像で上がる名物の像タクシーが有名ですが、私達はジープで途中から別の道を上がります。

アンベール城へは細い道をジープで


ジープを降りたら、最後は城の入口まで坂道を上がります。チャンド・ポール(月門)はお城の裏側にあたるので、上に見えるのは先ほど隣にあるように見えたジャイガル要塞でしょう。

アンベール城の月の門の外から見たジャイガル要塞


門をくぐる前にお猿さんたちがお出迎え。この辺りに住みついている野生の猿で、ハヌマンラングールという種類らしいです。お城の周辺にたくさんいます。

アンベール城に暮らすハヌマンラングール


チャンド・ポールをくぐると、広い中庭、ジャレブ・チョウクが広がっています。
切符売場近くのトイレ(無料)を使ってからお城の観光へ向かいます。

アンベール城の最初の中庭ジャレブ・チョウク


チャンド・ポールの反対側にはスラージ・ポール(太陽の門)があり、続々と像タクシーが入ってきます。太陽の門はかつては王族専用の門で、その他の人は私たちが入ってきた月の門を使ったようです。

アンベール城の太陽の門をくぐる像タクシー


像のタクシーは中庭ジャレブ・チョウクを半周し、専用の降り場で終わりです。像には乗ったことはありますが、これでお城に上ってくるというのは王族気分が味わえそうです。像が門を入ってくるシーンは圧巻です。パレードのような音楽まで流れています。

像タクシーの降り場


さて、宮殿の玄関口であるライオン門の脇から上段へ上がります。
上からはジャレブ・チョウクを見下ろせます。この中庭では軍事訓練やパレードなども行われたそうです。中庭を囲むのは兵舎だったそうです。

ジャレブ・チョウク


次回アンベール城の続きをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR