ペルー・ペルーレイルでマチュピチュへ

2014/11/06 (4日目) 続き

6:10 オリャンタイタンボ発のペルーレイル、エクスペディション81号にてマチュピチュ村へ向かいます。朝2本目の列車です。前回来たときはインカレイルだったので違いが楽しみです。ペルーレイルはオリエント急行の運営会社とペルー資本の会社が運営していることもあってか、見た目が格好いいです。

ペルーレイルの列車


途中からインカ道をトレッキングする人を除き、手荷物は一人5kgまでしか持ち込むことができず、マチュピチュに宿泊する場合もスーツケースは持ち込めません。乗る時にはパスポートが必要になります。これはインカレイルもペルーレイルも共通です。5kgの荷物は実際に計ることはないです。

ペルーレイルの場合、列車は豪華なものから何種類かありますが、今回使うのはビスタドームより少し安いエクスペディションという列車です。時間帯によって値段も違いますが、今回の列車は早朝なので片道48ドルとチケットに書いてありました、結構いい値段です(ちなみに帰りの切符は景色もろくに見えないのに62ドル)。

天井にも窓があり眺望は抜群で、ビスタドームとの違いはわかりません(サービスの違いかも)。全席指定ですが、ウルバンバ川サイドが人気があるので、ツアーの場合添乗員の悩みの種のようです。写真など譲り合う精神が必要です。この日は空いていて空き席があったので、皆窓際に座れました。

ペルーレイルのエキスペディション


シートは座り心地よく、インカレイルより若干スペースがあるように感じました。今回は日帰りなので荷物がないから気になりませんが、手荷物があると足元や通路が狭くなります。

マチュピチュへ行くためには、基本的にこの路線を使わないといけません。ウルバンバ川沿いに線路が引かれているので、雨季で川の水量が増し洪水で線路が流されるなんてこともあります。観光の点でも、できれば乾季にいくのがいいでしょう。11月といえばまだ雨季の始まりなので、所によって川の流れは穏やかです。

ウルバンバ川


ウルバンバ川と反対側の景色は主に山と畑などが見えます。マチュピチュに近付くにつれ、あまり見えるものがなくなります。日帰りの場合は、帰りは暗くなるので、行きに山側になっても川側の眺めもちゃんと見ておく必要があります。

ウルバンバ渓谷の景色


インカレイルもですが、ペルーレイルでもドリンクサービスがあります。
ワゴンが回って来たら好きなものを頼みましょう。高山病症状に苦しむ私はコカ茶。コカ茶は持ち帰れないのでペルーにいるうちに存分に飲んでおきます。クッキーやマフィンなどのおいしいお茶菓子も好きなものをもらえます。この後お土産などの社内販売もあります。

ペルーレイルのサービス


さて、車窓景色ですが、ウルバンバ川の流れが激しくなってきました。このウルバンバ川はアマゾン川の源流の一つです。

力強いウルバンバ川


山側の景色のハイライト、白い山が見えてきました。ベロニカ山(モンターニャ・ベロニカ)です。コーヒー豆の産地として有名なので名前を聞いたことがある人もいるでしょう。

ベロニカ山


30分も走ると、KM82という地点を通過します。クスコから82kmという場所ですが、ここはインカトレイルをマチュピチュへ歩いていく人の出発地点です。3泊4日インカの道を歩いてマチュピチュへ行くのですが、ポーターやガイドが付くとはいえ、素人には難しい道のりです。それでも人気があり、人数制限もあるので、かなり前からの準備が必要なのだそうです。

インカトレイルの入り口KM82


インカトレイルを歩けば途中に遺跡などもあり素晴らしい体験ができるらしいですが、列車からは遺跡の類はほとんど見えず、川沿いをひたすら走るのみです。とはいえ、このウルバンバ渓谷の景色はそれなりに素晴らしく、マチュピチュに憧れを抱く旅行者にとっては近付きつつある遺跡への期待を高める眺めであることは間違いありません。

ウルバンバ川沿いを走るペルーレイル


さて、また川にかかる小さな橋が見えてきました。こちらはKM88、ここもインカトレイルの出発点のひとつです。ちなみに、インカトレイルは4000m超級の山も越えるハードなものなので、高所恐怖症に加え、高山病常習者の私は検討することすら許されないルートです。

インカトレッキング出発地点KM88


オリャンタイタンボからマチュピチュまでの列車の旅は1時間半です。徐々に標高が下がり終点マチュピチュ村は標高2000mです。薬をのんだこともあり、吐き気は少し遠のき、頭痛も激しいものから重い程度へと緩和しました。列車にはトイレもあり、そこそこきれいです。

ペルーレイルの列車のトイレ


だいぶ進んできたなぁと思っていた時、列車が止まりました。なんだろう?と思って窓の外を見ると降りている人たちがいます。ここはKM104、マチュピチュまでの最後の6時間をインカトレイルを歩いて行くというルートの出発点です。これだったら高所恐怖症を克服すれば私にも可能性あるかな?

インカトレイルでマチュピチュを目指す最後の地点KM104で停車


列車が動きだし、KM104で降りた人たちに頑張ってねと手を振ります。しばらく行くと川の対岸に遺跡が見えます。Chouesuysuyという遺跡だと思います。マチュピチュだけでなく、この周辺の山の中にはたくさんのインカの遺跡があるのです。私にはマチュピチュそのものよりそういったことの方がロマンを感じます。

列車から見えるChouesuysuy遺跡


すぐに水力発電所が見えてきました。これが見えたら終点マチュピチュはもうすぐです。降りる支度をしましょう。具合が悪い割りに結構写真も撮りました。一度も列車で吐かなかったし(もう吐くものもないが)、これなら遺跡見学もなんとか行けそうな気がしてきました。

マチュピチュ村の水力発電所


さぁ、いよいよマチュピチュの駅の手前です。前方の山をさしてあっちの方にマチュピチュがあるんだよと言うと、どこどこ、と周囲の人がいいます。いえ、マチュピチュの遺跡は山に囲まれた場所にあるので、列車からはもちろん町なんかからも全く見えないんですよ、それが数ある遺跡の中で皆に好かれるポイントなんだと思う、とコメント。見えないから神秘的なんじゃない?

マチュピチュ村周辺の景色


次回はマチュピチュ村をレポートします♪

ペルー・マチュピチュ村~遺跡入り口

2014/11/06 (4日目) 続き

7:40 マチュピチュ村に到着です。ウルバンバ川とそこへ流れ込むアグアス・カリエンテス川を挟んだ小さな集落です。世界的に有名なマチュピチュ遺跡の観光拠点の村としてはあまり開けた感じはなく、ひなびた温泉街のような所です。実際、温泉もありますが・・・・。

マチュピチュ村


遺跡へ向かう前に簡単に村を案内してくれます。市場の食堂が改装中なのか、路地に屋台が並び、アジアな雰囲気です。地元の人専用という感じがにじみでています。

マチュピチュ村の路地屋台


メインストリートのパチャクティ通りです。外国人観光客が利用しやすいホテルやレストランなどが並びます。朝から歩く人はほとんどいませんが、夜は遺跡観光を終えた観光客または前泊で着いた人々で賑わいます。                                                                   
マチュピチュ村のメインストリート、パチャクティ通り


小さな村の中心、アルマス広場です。
こうしてみると、山々に囲まれたど田舎だという事がわかるでしょう。

マチュピチュ村のアルマス広場


広場に面したかわいらしい教会です。この周辺に郵便局とか観光案内所などが集まっています。

マチュピチュ村の広場にある教会


広場の中心にはインカ皇帝パチャクティの像が建っています。村一番の記念写真スポットかも知れません。

マチュピチュ村の広場にあるパチャクティ像


周囲の建物は観光客相手のレストランやお土産屋が多いですが、目に付くのはバルコニーに飾られたいろんなタイプの鳥の像です。たぶんコンドルです。南米ではいろんな神話が残りますが、インカ最後の皇帝トパック・アマルは死後コンドルになってこの地を見守っていると言われています。マチュピチュでも野生のコンドルが見られることがあるようですが、実際はかなり運がないと難しいようです。

コンドルの飾り


市場にやってきました。食料品が主なので、基本的に地元民向けです。

マチュピチュ村の市場の一角


見慣れない食料品や生活に必要なものが雑多に売られているので、観光客にとっては見物の対象です。

マチュピチュ村の食料品市場


さて、なんとなく村の中心を案内してマチュピチュ遺跡へのバス乗り場へと向かいます。
町角にはコンドルが肩に乗ったインカ皇帝の像、格好いいです。

マチュピチュ村の町角


マチュピチュ遺跡は山の尾根にあるので、マチュピチュ村からはハイラム・ビンガム・ロードと名付けられたジグザグの山道を行く専用のシャトルバスで向かいます。他は歩くしかありません。遺跡入り口までの往復バスのチケットは19ドル、いい収入源でしょう。

マチュピチュ遺跡行きシャトルバスの切符と値段


シャトルバスは乗り場に並んだ順に詰め込まれ、いっぱいになると次々と出発します。
8:15 私たちを乗せたバスも出発しました。

ウルバンバ川沿いにしばらく走って川を渡った後は、ハイラム・ビンガム・ロードをかなりのスピードで上がっていきます。道は細いので、対向車が来たら、どちらかがバックして譲り合わないと進めません。

ハイラム・ビンガム・ロード


このハイラム・ビンガム・ロードは、マチュピチュを発見(というか再発見して広めた)ハイラム・ビンガムの名前が付いていて、要するに後から作った道です。徒歩で遺跡に向かう人のための階段も作られていますが、もちろん現代のものです。ちなみに歩いて遺跡まで行くのは2時間半かかるそうです。そう思えば往復19ドルのバス代は安いかも知れません。

ハイラム・ビンガム・ロードを横切って上る歩道の階段


遺跡は標高2400mにあり、つまり標高差400mをすごい勢いであがります。マチュピチュ遺跡の写真でよく見る、背景にある山、ワイナピチュが見えてきました。もうちょっとです。

ハイラム・ビンガム・ロードから見るワイナピチュ


13回もの急カーブを曲がって遺跡はもうすぐです。少し手前で最近土砂崩れがあった場所を通りました。今はきれいになっていますが、土砂崩れの直後は途中でバスを降りて歩いて遺跡に向かったりと大変だったようです。ふもとからの唯一の道ですから・・・。

ハイラム・ビンガム・ロード脇の土砂崩れ跡


8:27 マチュピチュ遺跡入り口に到着です。バスはだいたい25分です。遺跡内にはトイレがないので、入り口の有料トイレ(1ソル、または2人で1ドル)を使います。
高山病による体調不良の割りに、ジグザグ道路を吐かずに乗り切れたので、ひとまず遺跡入場はできそうです。

マチュピチュ遺跡入り口


添乗員さんは、自分のペースで見学して調子悪くなったら入り口で待っていてもいいからと言ってくれました。私が遺跡の広さや道をよく分かっていて、そもそも2度目だから好きにしていいですよ、という配慮です。インティプンクも前回行っているし、ひとまず途中までは一緒に行って様子見ることにしました。

次回はマチュピチュ遺跡をレポートします♪

ペルー・マチュピチュ遺跡(高台とインカ橋)

2014/11/06 (4日目) 続き

8:45 入り口でチケットとパスポートをチェックし、マチュピチュ遺跡に入場です。はぐれたり疲れたら11:45に遺跡入り口で待っていてもいいと話がありました。遺跡は高低差がある中、石畳などを歩き続けるので、無理しないように年寄りが多いツアーでは配慮が必要です。

入り口から平らな一本道を歩くと、5分もしないうちに遺跡の端に出ます。遺跡の基本的な周り順としては、せっかくちらっと見えた遺跡の方ではなく、左の階段を上ります。
かつてそうだったように藁葺き屋根が再現された貯蔵庫ではちょうど葺き変え作業が行われていました。

マチュピチュ遺跡入り口付近の貯蔵庫と登山道入り口


少し階段を上ると、貯蔵庫のほうへ伸びる水路を見ることができます。山から町へと水を引いた水道です。見落としがちですが、町の方へ伸びる水路をまたぐ形になるので、山の方もしっかりチェックです。あまり雨が降っていないのか、水は流れていません。

マチュピチュ遺跡の山からの水路


しばらく山の中の坂道を上ります。軽い山登りですが、遺跡見学の最初にこの試練があるので、初めての人は不安になります。でも最初だけです。体調の悪い私は、吐き気などは収まっているものの、体力が極端に落ちているからか数歩歩いただけで息があがります。皆から遅れながら後を追いますが、一歩歩く度に標高が10cmくらい上がるのもうらめしく思いました。

マチュピチュ見学最初の難関の山登り


10分程森の中を上がってくると、急に視界が開け、皆の足が止まります。
ほとんどの人がまずここで記念写真を撮ります。でも、もっといい場所が先にあるからと写真ストップは程々にして、先へと導かれます。後ろから来る人のためにもあまりここで人を溜めないためでもあります。

最初に見るマチュピチュ遺跡全景


そのまま見張り小屋に上がるのかなと思ったら、インティプンク(太陽の門)へと伸びるインカ道の方へ行きました。このまま30分ほど歩いて坂道を登っていくとインティプンクにたどり着きます。今回は滞在が3時間なので行く時間はありません。結構坂がきついので皆から離れて行こうという気もおきませんでした。前回行った時のレポートはこちら
正面に見える山は遺跡を挟んでワイナピチュと正対しているマチュピチュ山です。

インティプンクへ続くインカ道


マチュピチュ山への登山道入り口前を通り、遺跡の一番高台を歩くコースをガイドは選びました。遺跡の奥の方にあるインカ橋とインティプンクを最短距離で結ぶ近道で、前回来たときに管理人に教えてもらった道です。ここからは遺跡の高台に立つ見張り小屋すら小さく見えます。

遺跡の高台から見張り小屋を見下ろす


9:20 遺跡の中でも南西の端まで来ました。ここはよく見るマチュピチュ遺跡の写真が撮られる場所です。ここまで来る人は少なめなので、ここでゆっくり写真タイムを撮ることにしたようです。私も母の写真を撮ってあげました。

さて、ここはインカ橋へ行く道のスタート地点でもあります。このマチュピチュ遺跡で前回唯一の心残りは、インカ橋に行ったのに最後の最後、怖くて橋の近くまで行けなかったことです。私はちょっと迷いましたが、ここからなら橋まで近いし、道はほぼ平坦なので、体調悪いけど何とか行けるかも、と判断しました。母と添乗員に耳打ちし、ちょっと橋に寄ってくる、どこかで追いつけると思います、と言ってそっとその場を離れました。

9:30 3分ほどで、チェックポイントの小さな小屋に到着です。ここで名前と国籍、年齢、時間を記帳します。通常のチケットで行けるのですが、少々道が危ないので、行った人が帰ってきたかを確認するためと思われます。私は今日無理をしないと決めていたので、この寄り道は想定外でした。この小屋の近くまでグループが来ると思っていなかったからです。

インカ橋へ行くインか道のチェックポイント


私はマチュピチュ遺跡の中でこのインカ橋見学が一番好きです。遺跡の高台の端から往復40分くらいなのですが、人が少なく、インカ時代の道を一番感じられるからです。道幅は狭く、急な斜面に作られた道を歩くのは高所恐怖症の私には怖いのですが、それでもここを歩かずにはいられません。

前を歩くカップルは私に道を譲ろうとしましたが、体調悪い私は、疲れているからいいです、と断ると、しばらく一緒に歩くことになりました。彼らは昨日、最後の6マイルを歩いてマチュピチュに着いて僕らも疲れているけど、君も?と切り出しました。私は列車だけど、KM104で降りて歩いたの!素晴らしいわ、と話がはずみました。そうか、10kmもあるのか・・・。

インカ橋へ続くインカ道


そのカップルが途中で写真休憩したので追い越すと、しばらく先でガイド連れの日本人カップルに出会いました。ほぼ平坦とは言いましたが、このように道は多少は上ったり下ったり。帰ってくる人とすれ違う時は先に山側にへばりつくのは言うまでもありません。

昔と変わらないインカ道を歩く


そして記帳したチェックポイントから10分、インカ橋が見えました。今歩いているインカ道の先が絶壁にできた道に繋がり、一部分が丸太を渡してある場所のことをインカ橋と言ってます。インカ道は写真左下から右上がりの筋で、下方中央よりやや左の四角い所が橋です。

崖に作られたインカ道とインカ橋


この橋は現在は渡ることはできず、直前でインカ道は通行止めになっているのですが、前回は橋まで近寄ることはできず、遠めに眺めるのみでした。せっかく来たからには今回は克服しないと行けません。ですが、この道です。怖すぎます。足が凍ったように固まってしまいました。

インカ橋手前のインカ道


日本人カップルたちに、2年ほど前にもここに来たんだけど、怖くてここで引き返したと言ったら、じゃぁ一緒に行きましょうよとやさしく言ってくれました。
ということで、彼らのお陰で行き止まりまで行くことができました。

インカ橋手前でインカ道は通行禁止


木の柵の間から橋の写真を撮ります。こんな道も橋もどうやって作ったのか信じられないし、マチュピチュを去る際にインカ皇帝も通ったかも知れないなんて想像もできません。この道も含めマチュピチュと他の町などを結ぶインカ道は8本あったと言われています。私にとってマチュピチュで一番の感動はやっぱりこの道なのかも知れません。

最短距離で見るインカ橋


若いのにとても感じのいいカップルのお陰で私はリベンジすることができました。この道の先にはスペインに追い詰められてジャングルの奥へと逃れていった別の遺跡があるそうです。インカの遺跡は人知れずまだ森の中に眠っているかも知れません。

10:05帰りの記帳をしてグループと離れた高台の写真スポットに戻ってきました。ここからは遺跡の全景が見渡せます。ハイラム・ビンガムの見た角度もこんな感じです。遺跡は地元の人には知られていましたが、彼が再発見し、最初に訪れたときは彼の最終目的地ではないとして先を急いだと言われています。

マチュピチュ遺跡のお勧め写真スポット


もし私が極度の高所恐怖症ではなかったら、遺跡のバックにそびえるワイナピチュにも上ってみたいと思うでしょう。何故ならここもただの山ではなく、あの山の上にまで遺跡があるのです。ズームした山頂付近です。人影も見えますね。

ワイナピチュ山頂付近


さぁ、グループを追って遺跡の市街地の方へ下りていきましょう。

次回はマチュピチュ遺跡中心部をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR