FC2ブログ

ペルー・マチュピチュ遺跡(市街地)

2014/11/06 (4日目) 続き

10:10 マチュピチュ遺跡の高台から遺跡全景の景色を楽しんだ後、グループを追って遺跡中心部の市街地へと降りていきます。アンデネス(段々畑)の間に作られた急な階段を気をつけて歩きます。斜面を利用して作られた畑、総面積はかなり広く、畑作業は大変そうです。

マチュピチュ遺跡アンデネス


長い階段とスロープを一気に降りて市街地入り口まで来ました。途中のスロープからの遺跡の眺めも感動もの、また市街地を取り囲むように作られた壁も見落としては行けません。
かつては扉がついていたこの市街地入り口の門では、こうしてワイナピチュを入れた写真を撮るため時に行列ができます。

マチュピチュ遺跡市街地入り口


市街地へ入ると、右側の斜面にはカリャンカ(来訪者の宿のようなもの)や作業小屋などが並びます。自然の大きな岩を利用した壁などが見られます。クスコで見る石組みに比べるとかなり粗さが目立ちます。

マチュピチュ遺跡の大きな岩を使った壁


この辺りでもうトラベルイヤホンに時々グループのガイドの声が入るようになりました。私がインカ橋に寄り道している間もっと先へ進んでいると思っていましたが、丁寧に見学しているようです。トラベルイヤホンは石壁に弱いので、ほとんど聞き取れませんが、太陽の神殿あたりにいるようです。最後に見学することもあるエリアですが先に行ったことがわかりました。

ということで、太陽の神殿をその場から見下ろします。最後に見学する場合も、上からの眺めは、市街地を入ってすぐのタイミングで見ておかないと見過ごすことになります。
上からなら太陽の神殿の重要な部分がよく見えます。2つの窓は冬至と夏至にぴったり太陽の日が入るよう設計されています。

太陽の神殿上部


下まで降りて太陽の神殿を下から眺めます。自然の石を利用した下部は陵墓と言われていますが、大地の神パチャママの神殿と思われます。内部にはニッチ(飾り棚)があります。
他のあまりメジャーじゃない遺跡では似た様な建造物で、今でもパチャママへ供物をささげた跡が見られることがあると何かの本で読んだことがあります。

太陽の神殿


太陽の神殿から1段上がったところには王女の宮殿があり、比較的きれいな建物ですが、そこから太陽の神殿裏に通じる道の片側の壁は、マチュピチュの中で最も美しい壁として有名です。複雑な形はなく、同じ高さには同じ大きさの石がきっちり積まれていて、紙一枚の隙間もありません。マチュピチュ遺跡の石組みは粗いものが多いので、ここだけ特別なエリアだとすぐに分かります。

マチュピチュ遺跡で最も美しい壁


その先には王の別荘と呼ばれる建物があります。この辺りでグループに追いつけると思ったのにいないので、見学をはしょったのかも知れません。名前から想像するのと逆に狭い建物ですが、入ると、最初に小さな中庭のような空間があり、天体観測用の石があります。

王の別荘にある天体観測の石


その奥には部屋があり、さらに狭い通路の先、ついたての奥には、水洗トイレがあります。写真手前の石はついたてで、左の方の奥の穴がトイレ排水溝ですね。ここ狭くてグループだと見学時間かかるから見学カットしたのかも知れません。

マチュピチュ遺跡王の別荘の水洗トイレ


王の別荘から階段を上がり、元来た方向に戻ると、石切り場の下です。そこでグループに追いついたので、何食わぬ顔で自然に合流しました。この石切り場は遺跡の真ん中あたりの高台にあります。ここの花崗岩を使って町は築かれたので、どうやってこんな山の上に町を作ったかという疑問はほぼクリアになってしまいます。

マチュピチュ遺跡石切り場


ミニ植物園を通り、神聖なエリアに入ります。神聖な広場と呼ばれる場所に、3つの窓の神殿と主神殿があります。写真は主神殿、かなり大きな石が使われています。一部は地震のせいでしょうか、崩れかかっています。

マチュピチュ遺跡主神殿


この主神殿の写真を撮っていて、ニッチ(飾り棚)に何かいるのが見えました。お、ビスカチャかな。ウサギの仲間ですが、大きなネズミにも見えます。この遺跡に住み着いていて、前回も見ましたが、岩の窪みなどにいるので見逃す人も多いようです。

マチュピチュ遺跡のビスカチャ


さて、この辺りから体調的にちょっとやばいな感が出て来ました。熱中症の症状に近い感じで、体に力がはいりません。元々体調不良の中もう2時間歩いているので、体力的に限界という所です。もう欲張ったことは一切忘れ、グループにゆっくり付いていく事に専念します。幸いグループは丁寧にゆっくり進んでいますし、立ち止まって説明があるときは近くの石などに座って体力の温存に努めました。

それでも、この先市街地の中で最も高い所にあるインティワタナがある高台へ上るのはかなりきつくて、途中休みながら追いかけました。インティワタナは日時計とされ、マチュピチュ以外の場所でも発見されています。現在ではパワースポットとして知られているので、触れないようロープが張られ常時監視員が見張っています。

インティワタナ


もうガイドの説明は何も私の耳には入らなくなりました。倒れたりしないように全神経を集中して自分をコントロールします。幸い前回かなり丁寧に見学したし、今回も見所はほとんど見たので、もう心残りもありません。遺跡一番奥に向かう途中、突然雨が降り出しました。

一番奥にある聖なる石の手前にワイラナと呼ばれる屋根が葺かれた建物があり、そこでちょっと休憩をしたらすぐに雨は止みました。もう雨季に入っているので、この程度で済んでラッキーです。聖なる石は大きなもので山の形に加工されていてインカでは山は神として崇められていたことがわかります。奥に見えるのは、ワイナピチュ登山の入り口チェックポイントです。

マチュピチュ遺跡聖なる石


後半は遺跡の東側を回ります。もうグループが何を説明されているのかすらさっぱりわかりません。ただ一番後ろの人を見失わないよう休憩しつつ追いかけるだけです。コンドルの神殿でやっとガイドの顔を見ることができました。

地面の石はコンドルの頭の部分で、儀式に使われたものです。後ろには太陽の神殿のような自然の岩と石組みを使った神殿があります。地下も複雑になっていてリャマの骨とか見つかっているそうで、生贄として捧げられたものでしょう。

コンドルの神殿のコンドルの頭の岩


最後は太陽の神殿の下にある水汲み場に出ます。16の水汲み場が段々になっていて、水路をたどって見るのはなかなか楽しいものです。この辺りは遺跡の中でも分岐点になっていて、
太陽の神殿エリアを最後に見るコースを取ることも多いようです。

マチュピチュ遺跡16の水汲み場


グループから遅れがちだったので、さすがに添乗員さんから具合大丈夫と声かけられました。何とか出口まで頑張れそうです・・・。そう、後は出口までほとんど平らな道を歩くだけです。シニアの方たちもさすがに疲れたようで、出口まだ?と言い出す人も出てきました。

はい、もうすぐ出口です。今回ご紹介するのを忘れていましたが、遺跡にはリャマさんが住んでいます。彼らは遺跡のあちこちを好きなように移動していますが、多くの場合に間近で見るチャンスがあります。私はこの日まであちこちでリャマとかアルパカを見ていたのですが、ツアーの皆さんは初めてだったので、すごい人気でした。

マチュピチュ遺跡とリャマ


12:00 遺跡を出ます。一応無事に観光が終わったと言っていいでしょう。12:10 シャトルバスに乗りマチュピチュ村に下ります。

マチュピチュ遺跡に関しては前回の方がレポートも丁寧なのでご興味ある方はこちらをご参照ください。せっかく遠くまで行くので、マチュピチュ村2連泊して遺跡を一日楽しむ行程をオススメします。

次回はマチュピチュ村散策~フォス・ド・イグアスをレポートします♪

ペルー・マチュピチュ村散策~フォスドイグアスへ

2014/11/06 (4日目) 続き

12:25 シャトルバスはマチュピチュ村に到着します。
12:30 線路沿いのレストランでランチです。ここは旧アグアス・カリエンテス駅のホームだった場所で、現在は観光客相手のレストランなどが並んでいます。

マチュピチュ村の旧アグアス・カリエンテス駅ホーム付近


ビュッフェだったので食べられそうなものだけ選んで少しはお腹に入れることができました。食事中、本格的に雨が降り出しました。前に来た時も雨季で、やはりランチの間にかなりの雨が降りました。また夜にまとまって降ることもあり、雨季といっても常に降っている訳ではないので観光に影響ないことも結構あるものです。

ランチの時、フォルクローレ演奏の方たちが店先にやってきて南米ならではの演奏をしてくれました。このことで、対立する異なる意見が耳に入りました。凄く素敵といって拍手してCDを購入しようとする人たち、別の夫婦と私の母は、演奏の押し売りで日本人だからと狙ってきたのよ、チップを強要してきて嫌ね、早くどっか行って、と怒っているのです。

私は母に説教しました。南米は特に音楽が生活に密着していて、サービスのつもりでやっているし、こういう商売は定着している。日本人がケチでチップの払いが悪いことは向こうの方がよく知っているし、チップは気持がなければ出さなくてもいい。そもそも楽しんでいる人もいるのだから文句を言うのはもっての外、と。法外な見物料をとるのではないのだから、小額のチップを払って気持ちよく聞ける観光客になって欲しいです。

13:40 雨も止んだので、レストランを出て駅に向かいます。帰りの列車の予約は16:22なので、16:00までフリータイムとなりました。駅の周りは観光客向けの民芸市場つまりお土産屋街になっています。ツアー中連れて行かれる店に比べると安いですが、品質チェックと値切り交渉はかかせません。

マチュピチュ村駅前に広がる民芸市場


母がお土産屋はあまり欲しいものがないというので、町をプラプラすることにしました。
アグアス・カリエンテス川沿いに町の外れまで歩いてみます。

マチュピチュ村のアグアス・カリエンテス川沿い


道の突き当たりが町の端で、そこは温泉の入り口です。マチュピチュ村は少し前までアグアス・カリエンテスという名前でしたが、スペイン語で熱い湯という意味です。ここの温泉が由来です。入場料は10ソル。水着が必要ですがレンタルもあります。

マチュピチュ村の温泉入り口


温泉には興味がありますが、日本人には人気がないようで、皆あまり勧めません。温度が低いので温泉に入った感がないのと、水質がイマイチという評判です。時間は少々ありましたが、体調悪いので、今回もパスすることにしました。

温泉からメインストリートを降りていきます。道は段々広くなっていきます。温泉の近くには、温泉関連のレンタル屋さんが多く、そのうちレストランや小さな商店などが続きます。夕方までは観光客の姿はまばらです。

マチュピチュ村メインストリート


小さな町を一周して駅へ戻ってもまだ時間は余っています。晴れてきて暑かったこともあり、メインストリートで見かけたジェラートを食べに行くことにしました。きれいなレストランの店先で売っていたイタリアンジェラート、2スクープで10ソル(430円)といい値段ですが、とてもおいしかったです。気分も少しすっきりしました。

マチュピチュ村で食べるイタリアンジェラート


もう疲れきってしまったので、残り1時間ほどは駅の待合室で大人しく待つことにしました。気がついたら、うたた寝していました。考えて見たら昨夜はほとんど寝てないですよね。

16:22 列車でオリャンタイタンボへ戻ります。列車は同じエクスペディション号(昔のバックパッカー号)ですが、今度はあまりスペースがない感じです。ほとんど爆睡してしまい、どんなサービスがあったか分かりません。気が付いたら車窓は暗かったです。

ペルーレイルのエクスペディション号


18:10 オリャンタイタンボに到着、もう外は真っ暗です。オリャンタイタンボでは何かお祭りをやっているようでした。バスで、ウルバンバのホテルマベイウルバンバへ戻ります。

18:50 ホテル到着。夕食はキャンセルし、手持ちの食料を食べてゆっくり休みました。

2014/11/07 (5日目)

3:30 モーニングコールで4:45ホテルを出発します。朝食はBOXでしたが、入っていたレモンキャンディしか気に入らず、ほとんど捨ててしまいました。幾分気分はよくなりましたが、まだ頭が重いです。

暗闇から段々明るくなる周りの景色はなかなか幻想的です。道の舗装状態はいいので、それほど気分が悪くもなりませんでした。満月の月がとてもキレイです。

ウルバンバからクスコの車窓景色


山の景色もきれいで、時折聖なる谷の町を通ります。外の空気はかなり冷たいようです。

ウルバンバからクスコまでの車窓景色


6:00 クスコに戻ってきました。標高のことを思い出し、お願いだからフライトがキャンセルとかディレイとかありませんように、と祈ります。

クスコ周辺の町並み


6:15 クスコの空港に到着です。セキュリティチェックを過ぎると店もなくベンチで大人しく待つのみです。
8:05 LA-2010便クスコ発リマ行きで、クスコを離れます。このときの私はバイバイクスコ、もう来ないよ、という気分でした。

クスコの街中にあるクスコ空港


9:10 リマ到着、嘘のようにすっかり元気になりました。ここでブラジルビザのないご夫婦と別れ、すぐにまたセキュリティを通り、出国です。ところが、乗務員が遅れているから1時間遅れですとアナウンスが・・・。標高は0状態ですが、空港が冷えすぎていて今度は風邪引きそうでした。

13:20 LA-2443便リマ発イグアス行、70分遅れで出発です。日本人の多い路線です。
14:50 チチカカ湖が見えますとアナウンス。ペルーとボリビアの国境にまたがる大きな湖です。今回はコースに入っていませんが、標高3800mなので、二度と行かないと固く誓った場所です。

リマ→イグアスの飛行機から見るチチカカ湖


20:23 イグアスの滝観光の玄関口、フォス・ド・イグアスに到着です。小さい空港で、飛行機はタラップを使って降りるので、後ろのドアも開きます。イミグレが2箇所しかないので早く並ぶよう心がけます。

21:15 パラグアイ生まれアルゼンチン在住、ブラジルで仕事する現地ガイド(JSG)とミートして、バスでホテルへ向かいます。今日は久しぶりに雨が降ったそうで、滝の水量は期待できまそうです。最近はいつもより気温が高く40℃くらいになるとかで、この時間でもとても暑いです。

21:25 空港と国境の間にあるホテルカリマに到着です。国境までは歩いて行けそうな距離で、周囲にめぼしい建物がない、広大な土地にあるホテルです。なぜか車のディーラーみたいなロビーが印象的です。

ホテルカリマのロビー


ホテルのビュッフェディナーを食べてから部屋に向かいます。とにかく迷子になりそうな広いホテルです。部屋は、簡素で、冷蔵庫、ドライヤーあり。バスタブはなく、お水とお湯の蛇口が普通と逆です。Wi-Fiは無料プランあり(PWは苗字)。

ホテルカリマの部屋


2014/11/08 (6日目)

8:00 しばらくぶりのゆっくりモーニングコール。のんびり食事に行きます。
ペルーより世界標準に近い朝食です。オススメは本場のポン・デ・ケイジョ。丸くて小さなチーズパンです。元気も食欲も戻って嬉しいです。

ホテルカリマの朝食


次回はアルゼンチン側の観光、三国国境地点~イグアスの滝をレポートの予定です♪

アルゼンチン・三国国境地点展望台~イグアス国立公園(グリーントレイル)

2014/11/08 (6日目) 続き

9:00 ホテルカリマを出発し、今日はアルゼンチン側の観光です。
9:10 ブラジルを出国します。ツアーではバスを降りず、添乗員がパスポートを集めて手続き、スタンプは押されません。国境の橋を渡ります。国境周辺は写真撮影は厳禁、橋の上での撮影はOKです。イグアス川、イグアスの滝の下流です。

ブラジルとアルゼンチン国境を流れるイグアス川


9:50 橋を渡った先のアルゼンチン側でも同様に入国手続き、今度は少し待たされたこともあり入国スタンプがありました。この国境は混雑具合によって時間がかかることもあります。予定を変更し、先に三国国境地点展望台へ行くことになり、プエルトイグアスの町を通ります。地面が赤っぽいですが、赤土で鉄分が含まれているそうです。

プエルトイグアスの町


小さな町の中心を横切ります。教会や病院など必要な施設は一通り揃っていますが、大型のホテルなどはほとんど見当たりません。ちなみに、ここではシエスタが4時間もあるそうで、のんびりした人が多いそうです。

プエルトイグアス中心部


10:00 三国国境地点展望台へやって来ました。ここ工事中みたいで、以前に来たときとはちょっと違う場所にモニュメントがありました。アルゼンチンとパラグアイ、ブラジルの国境が交わる地点です。

三国国境地点展望台モニュメント


この三国国境地点展望台付近では路上にお土産屋さんもたくさん並んでます。
この道リオ・イグアス通りから国境を見渡すことができます。

リオ・イグアス通り


手前がアルゼンチン、右奥がブラジル、左側がパラグアイになります。右からイグアスの滝から流れ落ちているイグアス川が流れ込み、パラナ川に合流しています。川の流れは穏やかで、空が映るほどです。

アルゼンチン・パラグアイ・ブラジルの三国国境地点を流れるパラナ川とイグアス川


駐車場に戻ると、脇には小さな売店がいくつか並んでいます。私はここでマテ茶のティーバックを買いましたが、欲しい数確保できませんでした。グループの皆が買占めたようです。これからイグアスの滝観光に向かいますが、公園内の売店はとても高いので、飲み物など十分に持っていない人は入手する最後のチャンスです。飲み物が1ドルで手に入ります。

三国国境地点展望台駐車場にある売店


アルゼンチン滞在は今日だけなのでツアーであれば両替は必要ないと思いますが、何か売店などで買い物した場合、おつりはアルゼンチンンペソでくるので1ドル札を用意した方がいいでしょう。1米ドルは9ペソで、実際には公定レートと闇レートがあります。

10:20 三国国境地点展望台を出発し、国立公園へと向かいます。再びプエルトイグアスの町を抜け、森の中を走り、10:50 イグアス国立公園に到着です。ビジターセンターのトイレは混んでいますが、公園内には各所にトイレはあるので心配は要りません。

アルゼンチン側イグアス国立公園のビジターセンター


入り口からトロッコ列車(ジャングルトレイン)の中央駅まで歩きます。半袖1枚でいい気温で、日差しが強いので、日焼け止めとあと虫除けが必要です。グループの皆はペルーから来たせいか、若干厚着をしているように見え、Tシャツ一枚で歩いているのは私くらいでした。恐らく真夏の気温をイメージして来なかったようです。

イグアス国立公園ビジターセンターから中央駅の周辺


駅に着くと、次に乗れるトロッコ列車までかなり時間があることがわかり、トレイルを歩いて行きましょうということになりました。あれ、私は前回トロッコ列車に乗っているからいいのだけど、皆はいいのかな・・・?特に不満はないようです。

実はアルゼンチン側のイグアスの滝観光ハイライト、悪魔の喉笛と呼ばれる滝の真上から見学する予定は、川の増水でトレイルが流され見に行けない事が事前に分かっています。ここへ行かないとなると、トロッコ列車に乗るチャンスは最初の1本だけだったんだけど、そんなことは皆分かっていないようです。私は初めてのトレイルが歩けるのでむしろ歓迎です。

トレイル入り口に向かう途中、道端に人がたかっています。何かと思ったら、オオトカゲ。
でかい、でかいです。体長は50cm以上、トカゲというよりイグアナです。割と大人しいので、人が取り囲んでいてもゆっくりしか動きません。

イグアス国立公園で見られるオオトカゲ


さて、中央駅からカタラタス駅までジャングルを歩いて移動できるグリーントレイル(Green Trail)に入ります。600mの道のりで、まだ滝はちらっとも見えないトレイルです。

イグアス国立公園のグリーントレイル


このトレイルを歩いたお陰で、途中で野生のオニオオハシを見ることができました。
生い茂った森の中、かなり高い所にいたので、目が悪い人には場所を教えられても見えなかったようです。ズーム倍率の高いカメラ持ってきてよかったと思える時間でした。

野生のオニオオハシ


オニオオハシ、いろんなポーズをとってくれます。首が180度縦に回転、おもしろいです。

オニオオハシのおもしろポーズ


あっという間にカタラタス駅に到着。最後は線路を横切ります。確かに歩くほうが遥かに早い・・・。観光客の数に比べて運行本数が少ないので、歩く人が多くトレイルも大渋滞でした。土曜なので地元の人も多いようです。

グリーントレイルの終点はカタラタス駅


通常であればほとんどの人が、このカタラタス駅で列車を乗り継いで、悪魔の喉笛駅に向かうのですが、その先のトレイルが流されているので今日はここを基点にトレイルを歩きながらの滝観光になります。悪魔の喉笛へのトレイルは2015年1月復旧予定だそうです。

と、駅の掲示板を見てショックなことが・・・。サン・マルティン島へのボートもキャンセルの赤札が。午後のフリータイムに行こうと思ってたのに・・・。水量が多いと滝の迫力は増しますが、トレイルが流されたり、ボートが運休になったりとリスクも伴うのです。

イグアス国立公園の列車やボートの運行状況


午前中はツアーの観光でアッパートレイルを歩くことになっています。アッパートレイルの入り口に向けて歩きます。途中、ハナグマの団体さんに出会いました。ハナグマは後でいくらでも遭遇できるので紹介は後回しにするとして、イグアスで見られる鳥ルリサンジャクを紹介します。こちら青いアイシャドウみたいな指し色が特徴のカラスの仲間、鳴き声が結構うるさいです。

イグアスでよく見られるルリサンジャク


次回はイグアスの滝アッパートレイルをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR