アラスカ・ケチカン(歴史公園)

2015年も旅レポートをよろしくお願いします♪

2014/09/16 (8日目)

朝起きると今日も周囲の天気はどんより。朝食を終え、デッキへ出ると、そろそろ町が近付いているという雰囲気です。かつてはサーモンとゴールドで栄えた町ケチカンですが、アラスカ最南端のこの町は現在はもっぱらクルーズ船の最初または最後の寄港地として観光業を生業としているようです。

ケチカン周辺


デッキで景色を楽しんでいると、やたらと間近を飛行機が往来すると思っていたら空港がありました。ケチカンのダウンタウンからは対岸のグラビーナ島にあるケチカン国際空港です。今までの寄港地に比べ、割と大型の飛行機も飛来しているようですが、島にはボートで渡らなくてはならないようで不便そうです。

ケチカン国際空港


9:00 いよいよ入港です。先に1隻停まってますが、今日は沖止めではなく絶好の場所に停められるようです。町並みがカラフルでちょっと北欧の感じに似ています。
左手前の建物はリニューアルしたビジターセンターで、ここで現地ツアーを手配することもできます。

ケチカン入港


10:00 下船し、ビジターセンターでバスのルートマップをもらいます。今日はエクスカーション(OP)は使わず、バスと徒歩で自分たちで観光します。まずは町から少し離れたトーテム・バイト州立歴史公園を目指します。船のOPだと、シティツアーと合わせて40ドルですが、私たちは市バスを使います。

市バスはガイドブック掲載の情報から変更になっていて、トーテム・バイトに行くのはシルバーライン、片道1ドルで、1時間に1本です。フロントストリート沿いの14番バス停があまり目立たず分かりにくいので時間が近付いたら人に聞いちゃうのが一番です。(地元の若者が横断歩道などで交通整理をしている)

バスで25分、ダウンタウンから約16キロの場所にあるトーテム・バイト州立歴史公園に到着です。乗ってきたバスが折り返して来るのは20分後なので、次のバスで戻ることにして、1時間以上たっぷり滞在できます。公園は入場無料。入口でパンフレットをもらい、トーテムポールの門柱の間の道を進みます。

トーテム・バイト州立歴史公園


森の中を通り、海沿いに来るといくつものトーテムポールが立っています。ちょうどガイドツアーが来ていて少し混んでいましたが、町から離れているだけあって静かな場所です。こちらはクランハウス、19世紀初頭の代表的な先住民の一族の家です。

トーテム・バイト州立歴史公園クランハウス


内部は空間がひとつのがらんとしたホールのようになっています。ちょうどガイドツアーのガイドさんが説明をしていたので便乗して聞いてしまいました。
30~50人収容でき、一族がいくつかの家族ごとに場所を割り当てられていたようで、階段状の板の間は、床下に家庭用品や貴重品を収納できるように取り外しが可能です。

トーテム・バイト州立歴史公園のクランハウス内部


クランハスの裏には修復小屋があり、中にも外にも修復中のトーテムポールが横たわっていました。そして、その横は広場になっていて、いくつものトーテムポールが海を向いて立っています。

トーテム・バイト州立歴史公園に立つトーテムポール


時間がたっぷりあったので、海辺を散策した後に、トーテムポールをひとつひとつ見て回ります。広場には下から上まで凝ったデザインのトーテムポールもあれば、ちょっと変わったのもあります。足跡が下からついている熊が乗っているポールです。猟師が熊が変身した女を妻にして、どうのこうのという伝説が題材です。パンフにはそんな背景が簡単に書かれているので(英語で)参考になります。

クマの妻の伝説のトーテムポール


こちらのヒラメみたいのが串刺しになっているかのようなポールはオヒョウ。Nexadiという一族のものだったそうですが、ポールの題材は各家を象徴するようなものが選ばれたのでしょうね。こちらはコピーでオリジナルは町のトーテム遺産センターにあるそうです。

オヒョウのトーテムポール


単に芸術的にどう見るかとか、題材がおもしろいとかで見るだけでなく、説明付でゆっくり見るトーテムポールもなかなか楽しいものでした。次のバスまで時間余っちゃったなと思っていると、入口出て右にツアーバスの駐車場があり、そこに大きなお土産屋さんがありました。トーテムポールを見た後だと、なんとなく欲しくなりましたが、セールで売っていたTシャツを買うに留めました。

お土産のトーテムポールの置物


このお土産屋には小さな小さな博物館(無料)もついています。剥製がいっぱい・・・。

小さな博物館


12:13のバスに乗り、ダウンタウンに戻ります。シルバーラインは町中で遠回りするので、ダウンタウンや船に戻りたい人は途中で無料バスに乗り変えるのですが、私たちは予定を変更して、そのままシルバーラインで町を通り越しサックスマンシティまで行くことにしました。約40分乗って63番バス停で降りると、サックスマン・トーテム公園の入り口です。帰りは上のバス停だからね、とドライバーが親切に教えてくれました。雨が普通のケチカンですが、すっかり晴れてきました。

サックスマンシティ入り口


このサックスマン・トーテム公園にもトーテムポールがたくさんあります。ネイティブの村で、5ドルを公園の人に払って下さいと看板がありましたが、昼休みなのかショーの類もやっていないし、公園のスタッフもいませんでした。(午前中に来た人は5ドル徴収されたそうです)全体的に新しくカラフルで、いかにも観光客向けです。

サックスマン・トーテム公園


ここにもトーテムポールの作業所があり、昼休み中でしたが、製作中もしくは修復中のトーテムポールなどがありました。船のOPで来ればショーや作業なども見れるよう手配されていますが、なんと60ドルもします。英語の説明がちゃんと聞き取れないなら格安の市バスで来るのが一番です。

サックスマン・トーテム公園内のトーテム作業場


サックスマンシティは全部で28ものトーテムポールがありますが、こちらも変わったものが多く、そこそこ見応えはあります。説明を聞いていないので、由来などはわかりませんが、見るだけでおもしろいですね。

かえるの張り付いたトーテムポール


トーテムポールを見るなら、ちょっと遠いけど、よりオリジナル感が残るトーテム・バイト州立歴史公園の方が、自然の中だし好みです。乗ってきたバスが10分ちょっとで折り返して来たので、それに乗ってダウンタウンへと戻ります。

ケチカンのシルバーバス


次回はケチカンのダウンタウンをレポートします♪

アラスカ・ケチカン(ダウンタウン)

2014/09/16 (8日目) 続き

13:30前、ケチカン中心部に戻ってきました。お腹が空いたのでどこかでランチと思いましたが、お店を探して食事をするのはそれなりに時間がかかるので、ランチは船で食べることにします。町直結の場所に停泊しているのは便利です。戻りがてらクジラの形をしているというホエール公園を通ります。ここのトーテムポールを触ると24時間以内にお金が入るそうです。

ケチカンのホエール公園のトーテムポールで金運アップ


ケチカンは港が町の前面に広がる様に配置され、巨大なデッキといった感じです。
ここにも金鉱夫の銅像があります。

ケチカン港の金鉱夫の像


せっかく世界のサーモンの首都にいるので、船でのランチもサーモンベーグルをメインにしてみました。スモークサーモンは厚めのものがたっぷりはさまっていて結構オススメです。
町のレストランで食べたらかなりの値段取れそうです。

14:05過ぎ、雨が降って当たり前、とは思えない天気になってきたので、半袖に薄い上着(風を通さないもの)、雨具も置いて下船です。ケチカン発祥の地、クリーク通りへやってきました。長くはない通りですが、ケチカン川河口の川沿いに小屋のような古い家が並び、道自体はウッドデッキでできています。

ケチカンのクリーク通り


1902年には歓楽街になった場所で、30軒ほどの小屋に1-2人の女性がいたそうです。通りはその後住宅や店に使われてきてその面影はありませんが、「ドーリーハウス」は当時を再現した博物館になっていて、呼び込みは当時を思わせる雰囲気があります。

長い杭を打ち込んで作られた土台に立つ通りの雰囲気は、ケチカンの町の代表的な景色でしょう。小屋のほとんどは観光客相手の土産屋などになっています。人々が川を覗き込むのはサーモンの遡上をみているからです。

ケチカンのクリーク通りとケチカンクリーク


このケチカン・クリーク(ケチカン川)、クリーク通りの端まで来ると結構急流になっています。既に息絶えたサーモンも多いからか、ものすごい匂いがします。この匂いを散々嗅いだ後ならサーモンベーグルを食べようとは思わなかったことでしょう。

ケチカンクリーク


クリーク通りを最後山側に抜けて、川沿いに歩いていくとパーク通りに出ます。ケチカン・クリークはクリークと付いているので少し大きめな小川という位置付けだと思いますが、日本人からすると小川のサイズは越えているように見えます。この川をものすごい数のサーモンが遡上しています。

サケの遡上が見られるケチカン川


川のあちこちで、愕然とする光景を見ることができます。少し流れの緩やかなところにはびっしりと気持悪いくらいにサーモンが・・・。ジュノーで見たのもすごかったけど、この隙間のないサーモンの群れには驚愕です。とても自然のものとは思えません。

ケチカン川を遡上するサーモンの群れ


パーク通りを川沿いに緩やかに上っていくとトーテム遺産センターがあります。トーテム・バイト州立歴史公園で見たトーテムの中にもオリジナルはここにあると説明されていたものがありました。

トーテムヘリテージセンター入り口


トーテム遺産センター(トーテムヘリテージセンター)は入場料5ドル。空いているみたいで、質問があったら中のガイドに聞いてねと言われました。中に入ると古いトーテムポールが中心に何本か。そのうちの一本、右から2本目のは私には宇宙人に見えて仕方ありません。

トーテムヘリテージセンターのオリジナルトーテムポール


奥の部屋にもケースに入った古いトーテムポールがいくつか横たわっています。19世紀のトリンギットとハイダの村から保存のために集められたものです。古さがひしひし伝わってきます。アラスカで一番のコレクションなんだそうです。

他にもネイティブの芸術や伝統工芸品、昔の記録写真のパネルなど小さい博物館とはいえそこそこ見ごたえがあります。

トーテムヘリテージセンターの展示


でも思ったほどトーテムポールの数がなかったので、どこかにしまってあるのかなと思いながら外に出てから建物を一周します。すると、脇に立っているトーテムポールの修復作業を見ることができました。

トーテムヘリテージセンターのトーテムポールの塗りなおし作業


立ったままのトーテムポールに彩色をしています。私だったら怖くてできない作業ですが、
昔塗り絵が好きだったのでちょっとやってみたい気もします。中のポールは色褪せたものばかりでしたが、やはりトーテムポールといえばこのどぎつい色合いでしょう。

トーテムポールの彩色


外にも修復小屋がありました。どこかの廃村で発見されて持ってきたばかり、といった感じのトーテムポールが横たわっていました。朽ちた感じがむしろ素敵です。

発見したままの状態のトーテムポール


帰りがけに前にある自然公園のハッチェリー(Hatchery)でサーモンの孵化とか白頭鷲の保護を見学しようと思っていましたが、クローズしていました。もうシーズンオフとしたのか、廃業したのかわかりません。

町の中心に戻り、残り時間はショッピングに費やします。アラスカクルーズの寄港地の中でもお土産屋などが多く買い物しやすい町です。まずはケチカンで買おうと思っていたサーモン。スモークサーモンや、サーモンフレークを買いました。シーズン終わりだからか店によって値段にばらつきがあるので、何軒か周ってから購入するほうが良さそうです。

ケチカンのサーモン専門店


船の前にもたくさんのお店があり、最後までお金を落させる誘惑がついてまわります。Tシャツや上着などは、最初から50%オフ前後、値切らずとも安いと逆に買う気が失せます。残念なのは買い物に疲れても休憩するのにいいカフェのようなものがほとんどないことでしょうか。これは南東アラスカ全般に共通することです。チェーンはもちろん、おしゃれな喫茶店もほとんどありません。ケチカンには公共無料Wi-Fiもなく携帯も圏外でした。

ケチカンのフロントストリート


17:00 夕食の時間もあるので、そろそろ船に戻ろうとすると、ちょうどサーモンフィッシングツアーから帰ってきたボートに出会いました。立派なサーモンが並んでいたので、写真撮らせてもらうと、電話番号入りの写真で宣伝してねという感じ。4時間のツアーで10匹くらい釣れたそうです。川にいるのは簡単に捕まるでしょうが亡くなる寸前のですからね・・・。

サーモンフィッシングツアーの収穫


17:10 乗船し、南東アラスカの観光はおしまいです。あまりお金を使わず時間めいっぱい楽しめたという自己満足感に浸れました。

次回はバンクーバーまでの船旅をレポートします♪

アラスカ~カナダ・バンクーバー

2014/09/16 (8日目) 続き

ケチカン観光から戻ってすぐに着替えをして夕食、終えて部屋へ帰って来ると、いつもと様子が違います。今日はタオルアートがいない!
と思ったら、なんと頭上にぶらさがっていました。オランウータン。ナイス、サプライズ。いつもは椅子に移動させていましたが、ずっとぶら下がっていてもらうことにしました。

意表をついたタオルアート


20:15 ビートルズトリビュートのショーを見に行きましたが、よほど疲れていたのか途中で気を失っていました。気付いたら、皆がサイリューム(蛍光に光るスティック)を振っていました。配りに来たスタッフが寝ているのを見て困惑していたそうです・・・。

カーニバル・ミラクルでは、8泊9日のクルーズで、ダンスを中心としたショーが2回しかありませんでした。コメディとか多いと英語がネイティブの人じゃないと夜の楽しみが減る感じは否めません。その代わりゆっくり休めるということかも知れませんが。
今晩は寝る前に時差調整、1時間進めます。

2014/09/17 (9日目)

カナダのバンクーバーに向け終日航海の一日です。午前中にツアーの下船説明会があるので早めに起きようと思ったのに、時差があったせいか携帯の時計がずれて目覚ましがおきたい時間に鳴らず冷や汗をかきました。携帯電話が勝手に時間調整するのはいいのですが、ほとんど電波が入らない地域ではこういうトラブルもあるのですね。

下船説明会はラウンジなどを貸し切って行います。終わった後はブランチにメインレストランへと向かいました。ツアーの何人かは近くのシアターで行われていたタオルアート教室に向かったようです。ブタさんが作れるようになって後で披露してもらいました。写真は会場入り口にあったサンプルです。

タオルアート教室


食後、いつものように外を見ながらのんびりお茶でもするために9Fに上がると、プールサイドもタオルアートで埋まっていました。作品展といった感じでしょうか。

タオルアート展示会


ブランチしてきたはずなのに、お気に入りのピザを食べられるのももう今日限りだったと思い出し、キノコのピザを作ってもらいました。目の前で作ってくれて熱々がもらえるので、クルーズ中かなりのヘビロテ。メインのレストランの食事よりコレですね。

お気に入りのピザ


ランチタイムの後、9Fのビュッフェエリアは、デザートを多めに出し始めますが、今日はチョコレート祭り、みたいで、チョコレートのケーキがずらっと並んでいました。周囲の飾りつけもカットされたフルーツなどで彩られます。

果物アートの飾りつけ


極めつけはこれ、チョコやフルーツのお寿司。食べなくても十分味の想像が付きます。
好奇心から誘惑に勝てなかった人たちは試していましたが、一口食べて甘くて気持悪いとストップしていました。見た目通りですが、ご飯まで甘いそうです。

スイーツ寿司


私は同じカロリーを取るなら、自分の気に入ったもので、ということ、クルーズ中、一日2,3回食べまくっていたソフトクリームにまた手を出します。自分でマシンから出すので、コーヒーに浮かべたり、いろいろとアレンジも楽しみました。

再現なく食べられるソフトクリーム


その後はダラダラと外を見ながら同じツアーの方とおしゃべりなどをして過ごしましたが、外をいくら見ても動物の類が全く見えません。私は元来落ち着きがなく、辛抱弱い性質なので、どんなにがんばっても30分何も見えなければもう諦めてしまいます。景色はきれいなんですけどね。

インサイドパッセージの風景


ということで、クジラとか何かみれそうな気配が全くないので、部屋で休憩することにしました。部屋に戻ると、ついついぐっすり。本当に食っちゃ寝とはこのことです。

夕食前にアラームで起きた後、インターネットに接続してみました。帰国便の席取をしようと思ったのですが、既にいい席がアサインされていたので、結果的には無駄になりました。しかも、ログアウトがうまくできず、10分ほどロスしました。船の接続料は高いのであせりました。ライブラリ付近へ行って接続すれば電波も強いし、ログアウトもきちんと方法が書いてありました。

夕飯へ行く前に外の景色を見ようと3Fデッキに立ち寄ります。インサイドパッセージは海というより、まるで大きな川にいるような感覚になります。

インサイドパッセージ


すると、海面を動く水しぶきが見えました。なんと、イルカの群れに遭遇です。動きがクジラと違ってもの凄く早いので私にも区別が付きます。船のスピードもかなり早いのですが、それを上回るくらいのスピードで船の方へ寄ってきました。

船に寄ってくるイルカの群れ


まるで船と戯れているか、追いかけっこでもしているかのように突進してくるイルカの群れでした。偶然外に出て、イルカに遭遇できるなんて本当にラッキーです。カメラの設定をいじる暇なく、アップは撮れませんでした。最後は船に激突するんじゃないかというくらい側まで寄ってくる様子が見られました。

私たちが昼寝している間にクジラとかトドが見えたという情報もありましたが、実際には誰も写真に撮れず(船からの写真はスピードが早すぎて撮れない)、クジラみたいな、とにかく何かが見えたという話に留まります。皆、すごい一眼レフを持ってきている人たちばかりでしたが、いくらカメラが良くても素人に動物写真は難しいようです。

17:30 最後の夕食では、メインにエビフライを頼んだら、山のようなエビフライがやってきました。数えたら8尾。一度にこんなにエビフライ食べたことはありません。お行儀悪いですが、途中から衣をとって頂きました。あと、添乗員さん差し入れのポン酢がすっきりしてエビフライに合って良かったです。

大量のエビフライ


カーニバルでは食事のリストの中に、普段食べないけどチャレンジしてみたいメニューというのが毎日あります。たとえばエスカルゴもその一つ。どうせ食事があまりおいしくないのであれば、珍しいものを食べるのも一つの手ですね。

エスカルゴ


そして、カーニバルではほとんど毎日、デザートの頃になると照明が落ちて、にぎやかな音楽がかかり、スタッフが盛り上げる時間があります。テーブルの上に乗って踊っちゃったり、他の船では見ない光景です。この雰囲気が好きだという人もいますが、私は全般的にカーニバルの食事やエンターテイメントがあまり好きにはなれませんでした。

ディナータイムのちょっとした盛り上がり


食後はショップなどを覗きます、乗船時から50%オフのものも多かったので、最後のセールもあまり目新しく感じませんでしたが、多くのお客さんが買い物に訪れて賑わっていました。その航路での最終クルーズというのは買い物好きの客にはとてもいいかも知れません。

ショップでは最後のセール


夜部屋に戻るとこの旅で一番憂鬱なパッキングが待っています。空のスーツケースにすべての荷物を詰め込んで、21:00-24:00までにタグを付けて出さなければなりません。
シャワーを浴びてから、明日必要なものなどを残し、1時間ほどですべてをパッキングしました。靴とか、うっかり全部入れちゃう人もいるそうです。

2014/09/18 (10日目)

6:00起床すると、少し前に既に入港していた模様です。やっと携帯が繋がります。
部屋は8:30まで使えますが、その後はラウンジなどで下船の順番を待つことになります。
まずは朝食を食べに外へ出ます。バンクーバーはぐずついた天気です。ターミナルにある3本しかない木の紅葉が見事です。

バンクーバー港に戻ったカーニバルミラクル


次回はアラスカクルーズ最終レポート、バンクーバーをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR