FC2ブログ

カナダ・バンクーバー

2014/09/18 (10日目) 続き

8:15 ツアーでロビーに集合し、荷物タグで指定されている番号で呼ばれるまで待機。窓から自分達のスーツケースが降ろされていくのを見たけど、実際に呼ばれたのは随分後でした。
9:30 やっと下船し、降りたら番号順に並んだ荷物の中から自分のを取って税関を通ります。入国手続きやパスポートチェックなどはありませんでした。

9:50 カナダプレイスの横にあるフェリーターミナルをバスで出発です。外は霧雨・・・。
夕方の飛行機で帰国するのでバンクーバーの観光がちょっぴり組まれています。

10:00 中華街などを車窓で見ながら周って、ガスタウンに到着です。1977年に造られた蒸気時計が観光客の目を引きます。15分おきに汽笛の音が鳴るという話ですが、実際に鳴る時間はアバウトで、遠くでちらっと音を聞いただけでした。

ガスタウンの蒸気時計


10:30まで自由行動になったので、お土産屋などを覗きながら、昔の駅前まで来ました。勝利の天使像というのが立っています。

バンクーバーの勝利の天使像


30分というのはあまり時間がないので、戻りがてら買い物をすることにしました。ガスタウンはバンクーバーの中でもかなり落ち着いた洗練した雰囲気があります。

ガスタウンの町並み


行きに気になった店、メープルシロオップの専門店、メープル・ディライツへ入りました。
一見高級ぽい店ですが、試食も進めてくれるし、値段もお土産屋より若干安いようです。
じっくり選ぶ時間がないので、メープルクッキー4.95とポップコーン2.05だけ購入しました。

ガスタウンにあるメープル・ディライツ


ガスタウンを出てバスで数分、バンクーバーオリンピックの聖火台でPhoto Stopです。
4本のうち1本点かないアクシデントがあったとか。特別そのオリンピックに思い入れがないと、ただの大きなオブジェという感じで見てもあまり心が動きません。

バンクーバーオリンピック聖火台


バスに戻ろうと振り返ったときの風景の方が私を捉えました。きれいなビル街、そして紅葉の始まった街路樹、絵に描いた様な都市、そんな感じでした。

聖火台を背に見るバンクーバーの街


10:50 少し移動し、OKショップで30分のショッピングです。日本語で買い物できるし、個別包装の日本人好みのお土産が多いけど、値段はかなり高めです。早々に出て、周辺を散策しますが、さすがいい立地を選んでいて周囲にお土産屋とかスーパーなどはありません。セブンイレブンとかカフェはあるので時間のつぶし方はいろいろあります。

11:20 次の目的地スタンレーパークへ移動です。朝からの霧雨は上がり車窓景色に目を奪われます。天気はイマイチなのですが、それでも水面に映るビル郡がなんともきれいです。ダウンタウンの摩天楼です。

バンクーバー摩天楼


11:30 スタンレーパークで30分のフリータイムです。スタンレーパークと言ってもものすごく広いのですが、バスが停まったのはトーテムポール・パークです。先住民が作った7つのトーテムポールが立っていますが、土産物のようにド派手です。元々はこうだったのでしょうけど、色褪せたものの方が木のぬくもりが感じられて好きです。

スタンレーパークにあるトーテムパーク


トーテムポールの近くには売店もありお土産やスナック類などを手に入れることもできます。その裏手は広い芝生の広場になっているのですが、そこにたくさんのギース(単数形ならグース)がいました。近寄ってもこちらを気にする様子もありません。

スタンレーパークにいるギース


12:00 スタンレーパーク内をぐるりと半分周りながら移動します。走る人の銅像。こんな景色の中を走るのも気持良さそうです。

スタンレーパークの走る人


遠めに見たライオンゲートブリッジとか、道沿いのいろんな景色が初めて見る景色にしか見えませんでした。実を言うと20年前に訪れたことがあるはずなんですが、その頃から変わっていないだろうものまで何一つ覚えていないのは、ちょっと悲しいことです。

スタンレーパーク沿いにある人魚ならぬダイバーの像


12:30 グランビルアイランドにやってきました。セメント工場の前でバスを降ります。工場の巨大なサイロになんともかわいい巨大なアート。なんでもつい1週間ほど前に描かれたものだそうで、新名所になりそうです。

グランビルアイランドのセメント工場のアート


さて、ここでは13:50まで長めのフリータイムになりました。現地ガイドオススメのパブリック・マーケットにまず足を運びます。入り口には植物などがあり、ホームセンターみたいです。

グランビルアイランドにあるパブリックマーケット


中へ入ると市場にあるような生鮮食品や、お土産もの、様々な専門店がずらーり。そして、地元の人はもちろん、観光客もいっぱい溢れています。こちらのフルーツ屋さん、滅茶苦茶葡萄がおいしそうなんですが、下にあるいろんなカボチャが気になります。

パブリックマーケットのカボチャ


ここにもメープルシロップの専門店が出店していたので、お土産にメープルシロップを選ぶことにしました。ピュア・メープル・シロップと言う店で、本場のメープル・シロップを2瓶25ドルで購入。カード払いで、スマホ画面でサイン、レシートはメールで、という決済方法はその場で金額も見えなかったしちょっと不安でしたが、引き落としは問題ありませんでした。

様々な専門店が出店するパブリックマーケット


パブリック・マーケットには各国料理のフードコートもあります。ツアーには昼食が入っていないので、ここで軽く食べることをすすめられました。日本から持っていったものすごく古いカナダドル紙幣の残りで支払いをしようとしたら中国系店員ともめましたが、一応受け取ってもらえました。アボガドサーモンの寿司6.25カナダドル。そこそこおいしかったです。

パブリックマーケットで購入したアボガドサーモンロール


残り時間は周辺を散策、グランビル・アイランド・ブリューイングという地ビール工場のショップで残りの現金を使ってビールを購入しました。ちなみに、カナダドルは25セント以下は切り捨てか切り上げになり、1セント硬貨は流通していません。税金も品目によって違うので注意です(食料品は0だけど、ペットボトルの水は5%とか)。

地ビール工場グランビル・アイランド・ブリューイング


13:50 バスに乗って、空港へ向かいます。途中、高級住宅街などを通りますが、住みやすいバンクーバー、中国人の進出が目立ちます。ドライバーの家は中心から車で1時間の郊外だけど庭先にいろんな動物が現れるそうで写真を見せてもらいました。都会なのに自然が近いのはいいですね。

30分で空港到着、空港が近いのも便利なので、個人で来るにもいい街です。

16:50 NH-115便、バンクーバー発羽田行にて帰国。

2014/09/19 (11日目)
19:00 羽田着。スーツケースに亀裂、今年荷物トラブル2度目。亀裂は航空会社によって対応がかなり違いますが、ANAさんは気持ちよく直してくれました。

これでアラスカクルーズの旅レポートはおしまいですが、最後にアラスカクルーズに関して役立つ口コミ情報をまとめます。これから行く予定の人への参考情報です。
・動物はクルーズ船から偶然見れることはなかなかないし、見つけたと思ったら後方へ去っているので写真に撮るのは難しい。動物が見たいなら見に行くツアーに参加すべし。走っている船からは目で見るのがやっとで種別の判別も難しい。
・町などの観光ツアーは英語が得意じゃない限り、送迎のみ現地ツアーや、市バスなどを使う方がお金も時間の自由もきく。
・携帯電話は航海中はほとんど圏外。Wi-Fi接続は無料で繋がったのはシトカだけ。Wi-Fi付きのカフェやレストランなどのアピールはあまりない。
・どの寄港地でも午後晴れることが多かった。
・9月中ばはどの町のお店もセールをしてるし、オーロラが見られるかも知れない(昼間観光していると睡魔で起きていられないから難しい)
・双眼鏡は持っていくなら倍率の高いのが必要。そうでないなら、ズームの倍率が高いカメラがあればいい。
・船内は乾燥している。ハンドクリームや保湿クリーム、のど飴、もっと乾燥に弱い人はマスクが必要。
・屋外プールは寒くて入るのはお勧めしないが、屋内プール(ドーム付き)が使えるので水着は持って行ってもよい。ただし相当少数派。
・寒いといっても日が出れば結構気温が上がるので、寄港地で着るものは、重ね着が基本。パーカーとか、ウィンドブレーカー、アウトドア用ジャケットなど。船のデッキではブーツがあるといい。
・カーニバルクルーズも、フォーマルの日、結婚式の披露宴みたいな格好は必要ない。イブニングドレスとかタキシードを着てるのは、極めて少数。やぶれていないジーンズじゃなければいいくらいの人の方が多い。
・カーニバルミラクルの特徴は、寝心地いいベッド、水持込OK、レストランに2名席少ない、食事中にプチイベントあり。食事はイマイチ。飲み物は朝はジュース類あり、昼以降はアイスティーかレモネード、コーヒー、紅茶は無料。24時間のソフトクリーム、ピザがおいしい。

長くなりましたが、今回も最後までご覧頂きありがとうございました♪

ユナイテッド航空・エコノミー

今回はユナイテッド航空の搭乗レポートです。南米行きで、昨年10/28に就航したばかりの羽田深夜便に乗りました。(2014年11月搭乗)
飛行機の搭乗レポートは評判、口コミの検索が多いので、機内食、サービス、ラウンジなどの感想について最新情報をレポートします。

今回搭乗したのは、羽田-サンフランシスコ線、サンフランシスコ-ロサンゼルス線と国内線乗り継ぎパターンになります。
まず、羽田-サンフランシスコ便の機材はB777-200ER。写真はサンフランシスコ駐機中のものです。サンフランシスコーロサンゼルスは一日何便も飛んでいて、A320が多いようです。

ユナイテッド航空の機体B777


UA-0876便(羽田発サンフランシスコ行き)、復路はUA-0875ですが、そもそもユナイテッドは羽田国際線ターミナルへの初の乗り入れで、まだ約1週間、地上スタッフがチェックイン手続きに慣れていないためか(そもそもANAのスタッフ)、手続きにとても時間がかかりました。

そして困ったことに、プレミア会員(上級会員)の取り扱いにも慣れていないので、無料でチョイスできるエコノミープラス(プレエコ)の座席も取り直してもらうという羽目に。さらに、アップグレードの種類や優先順位も分かっておらず途中であきらめました。

まずは羽田-サンフランシスコ便の座席について。ファースト、ビジネスの後ろ、19列目から34列目までとかなりの面積をエコノミープラスが占めています。34列以降が普通のエコノミー席で、エコノミープラスとエコノミーの違いはピッチが10cmほど違うということ以外はシートは同じです。ただし、混み具合が全く違います。

写真はエコノミープラスですので、テーブルを倒した状態で、肘掛とテーブルの間に膝一つ分の空間があります。座席配列はエコノミーと共通、3-3-3配列でABC-DEG-HJKです。

羽田サンフランシスコ線のエコノミープラスのシート


このエコノミープラスは、UAのマイレージ上級会員は無料で指定でき、ステータスによって1人~8人の同伴者も一緒に利用できます。それ以外の一般の方は有料になり、片道99ドルからチェックイン時または空きがあれば乗ってからでも変更可能です。エコノミーが満席状態で、真ん中の席しかない、とかエコノミープラスがとにかくガラガラという時(つまり3席使って横になれる)しかオススメしません。実際、復路ではエコノミーが8割ほど埋まっていたのに対し、エコノミープラスは1、2割、つまり一列9席にせいぜい2人の混み具合でした。

シートについている個人モニターのスクリーンはやや小さめですが、タッチパネル方式。日本語も選べ、日本語サポートの新しい映画もいくつかありました。座席の下にはAC電源もあります。

ユナイテッド航空羽田サンフランシスコ線の個人モニター


それでは機内食の紹介をします。
UA-0876便は01:00発と深夜便になります。離陸後すぐに軽食が配られます。軽食と言っても、普通の機内食のメインだけ、みたいなもので、チョイスはペンネか親子丼でした。

UA羽田→サンフランシスコ機内食1食目


なお、飲み物ですが、アルコールは有料です。少し前までは日本からの路線は無料だったのに、有料化されたようです。前はプレミア会員には毎年ドリンク券くれてたのですが、そういえばそれも2014年はなくなりました。

到着の3時間前に室内灯を点灯、食事のアナウンスが入ります。
2食目のチョイスはチキンカレーか白身魚でした。カレーを選択してみましたが、まぁ特においしい、ということでもありません。機内食のカレー独特の口当たりです。

UA羽田→サンフランシスコ機内食2食目


帰国便UA-0875便の機内食も紹介しましょう。こちらは予定では18:15分発ちょうど夕食時の出発になります。離陸後最初にドリンクサービスがあった後に、1食目、チョイスはチキンかパスタで、パスタを選びました。パスタ系は失敗が少ないというか、安定しています。

UAサンフランシスコ→羽田機内食1食目


2食目は、羽田到着1時間前、チョイスはスクランブルエッグかチキンヌードルでした。卵NGの私はチキンヌードルをチョイスするしかないのですが、想像とちょっと違うものでした。
あんかけ焼きうどん??

UAサンフランシスコ→羽田機内食2食目


さて、サービス面です。意外なことに、羽田線では、日本人CAが数人乗っていて、かなり日本語が通じました。UAというと、日本からでもあまり日本語通じないってことが多かったのでびっくりです。

通常のアナウンスは全部日本語が付く他、サンフランシスコに着く前には、窓からゴールデンゲートブリッジの案内まで日本語でありました。他社に比べるとやはりぶっきらぼうな感じは否めませんが、それでもかなり改善されている気がします。日本語オンリーの方でも不安なく乗れると思いました。

最後はスターアライアンスゴールドの資格で利用した空港ラウンジの話です。

羽田ではANAラウンジの利用となります。が、ここの所この便を含め新規就航した路線が多いせいか、劇混みで、いつもなら空いている奥のスペースもへすごい混雑でした。フード系は補充が追いつかず、です。また、どのANAラウンジにもあり長年親しんできたおつまみスナックの提供を止めた様でとても残念です。UAのゲート147がとても遠いので要注意です。

羽田国際線ターミナルANAラウンジ


アメリカでは、ユナイテッドのラウンジ、United Clubを利用します。スターアライアンスゴールドの資格があれば、国内線でも利用できるのですが、なんと、UAの上級会員は国際線を含む旅程でなければ国内線利用時にUAのラウンジが使えません。ということで、受付で国際線乗り継ぎか聞かれるますが、面倒くさそうな顔をされました。すかさずターキッシュのゴールドカードを出すと、そっちの方が助かると言われました。自社の得意客より提携の客の方が優位って変ですよね。

こちらはサンフランシスコ空港のUnited Clubです。細長い作りで、受付後に上階へ上がった後、左右にスペースが広がっています。座席数には余裕があります。

UAサンフランシスコ空港ラウンジ


上がって左は、窓際にソファーが続いていて、奥にアルコールのあるバーコーナーがあるので、空いていれば左側を利用すると良いでしょう。

UAサンフランシスコ空港ラウンジのバーカウンター


とても眺めの良いラウンジで、サンフランシスコ国際空港を行き交う飛行機を見るにも抜群の場所です。遅れがある場合などアナウンスが入るし、ゲートまでも割りと近いので短時間でも寄る価値があります。

UAラウンジから眺めるサンフランシスコ空港


ただラウンジのフード類はしょぼいです。アメリカなのでこんなものでしょう。
ですが、クッキーはかなりおいしいです。出るものは時間帯によって異なります。10:00前だとマフィンとかフルーツとか、10:00以降はクッキーやチーズ、クラッカー、ベビーキャロット、ディップで頂くのがお気に入りです。

United Clubのフード類


こちらはロサンゼルス空港の国内線ターミナルのUnited Clubです。近くにもう一つUnited Clubがあるのですが、工事中で閉鎖されていたためか混雑しています。ビジネス用の設備が充実しています。

UAロサンゼルス空港ラウンジ


その他ユナイテッド航空利用で気付いた点を列挙します。
・羽田-サンフランシスコ線は、時々かなり強めの揺れを感じた。
・サンフランシスコの入国は1時間以上並んだ。
・往路ではサンフランシスコ乗り継ぎでもいったん荷物をピックアップし税関通る必要あり。
・ロサンゼルスの入国は近く機械化される予定。
・米国内のチェックインカウンターの係員はとにかく不親切。座席のリクエストなど面倒くさいことを言われると適当に答えるか、たぶん無理とつっぱねる人が多い。
・チェックイン後にも、機械で座席変更などの手続き可能。
・復路、チェックイン機で、プレミア会員のエコノミープラス選択ができず、ラウンジで手続きしてもらった。システムがおかしいらしく、スタッフも電話でサポートもらってやっていた。機械やネットでうまくできない場合、親切そうな人に頼むべし。
・機材遅れではなく、乗務員遅れを理由とした遅延が多い。
・サンフランシスコからの復路、40分の遅れだったが、定刻に到着。終電が早い人(羽田から1時間以上かかる場所)は注意。
・国内線は機内持ち込み荷物が多いので、荷物を上に上げたい人は早く乗ったほうがいい。機内荷物預けが50ドルなので、皆持ち込む。国際線が含まれる人はもちろん50ドルは必要ない。

次回はラン航空をレポートします♪

ラン航空・エコノミー

今回はラン航空の搭乗レポートです。南米に行く日本のツアー御用達の路線、ロサンゼルス-リマ、リマ-クスコ、リマ-イグアスに乗りました。(2014年11月搭乗)
飛行機の搭乗レポートは評判、口コミの検索が多いので、機内食、サービス、空港などの感想について最新情報をレポートします。

ラン航空は南米最大の航空会社、チリ拠点ですが、今回利用した路線はラン・ペルー航空のものになります。尾翼に星のマークの機体はなかなかシンプルで格好いいです。
写真はクスコ空港駐機中のA319です。リマ-イグアス間も機材は同じA319、ロサンゼルス-リマ間では、往路はB767-300、復路はB787-8ドリームライナーでした。

ラン航空A319の機体


B767-300の機材では、座席配列はAC-DFH-LJの2-3-2配列、B787-8ではABC-DFH-JKLの3-3-3配列、A319ではABC-JKLの3-3配列になります。国際線では、厚めのブランケットと枕、アイマスクと耳栓が座席にセットされています。個人用モニターはワイドで、タッチパネル採用。映画など日本語サポートは入っていません。また電源も見当たりませんでした。

ラン航空の個人用モニター


リマ発クスコ行きと、リマ発イグアス行きでは窓側に座るのもオススメです。クスコの町を上空から見て、山沿いを回り込みながら空港へ降りていく所はなかなかです。またリマからイグアスへ行く途中には標高3800mにあるチチカカ湖を見ることができるからです。

では、機内食の紹介に入ります。

23:20発のLA-2605ロサンゼルス発リマ行では離陸後まもなく機内食1回目、チョイスはパスタかビーフでした。パスタはモッツァレラチーズのようなものが入った大きなラビオリみたいなもの。チーズケーキもおいしい。ワインはガラスコップに注いでくれます。カトラリーもステンレスと、エコノミーなのに気持ちよく食事ができます。食後にM&Msが配られます。

LAN航空ロサンゼルス→リマ機内食1食目


2食目は到着1時間前にチョイスなしで、ホットハムチーズサンドです。南米の定番メニューです。

LAN航空ロサンゼルス→リマ機内食2回目


復路LA-0600も深夜便になります。1食目が出るのは深夜3:00になってしまいます。なので、1食目がノーチョイスのホットハムチーズサンドです。

LAN航空リマ→ロサンゼルス機内食1回目


2食目は到着2時間前に、オムレツかホットサンド。そうまたハムチーズサンドです。ケーキとフルーツ付きです。私もとろけたチーズのホットサンド好きなので、南米では積極的に楽しむことにしています。

LAN航空リマ→ロサンゼルス機内食2回目


リマ-イグアス間は飛行時間が4時間足らずなので、機内食は1回だけです。サンドイッチ、デザート、クラッカー、チーズの軽食。このプリン、かなりうまいです。
普通の人ならそろそろハムチーズサンドに飽きてくるかな・・・?

LAN航空リマ-イグアスの機内食


リマ-クスコ間の国内線は1時間くらいなので、ドリンクとスナックボックスになります。
箱に3種類ほどのお菓子が入っています。

LAN航空リマ-クスコ間のスナック


サービス面ですが、どちらかと言うと好感がもてる方だと思います。ワインを頼んだ時に、他には何かいらないかとか聞いてくれます。リマ-イグアスは日本人の団体客が多く乗る路線のため、日本語アナウンスのテープもあったりします。
CAは割りとフレンドリーだと思います。

ラン航空は私がほとんど乗らないワンワールドのメンバーなので、今回は空港ラウンジのレポートはありません。代わりに、空港について書きたいと思います。

まずリマのホルヘ・チャベス国際空港。首都の空港だけあって、大きくきれいな空港ですが、とにかくどのお店も値段が高いです。例えばサンドイッチが8ドルとかします。お土産屋も外にもゲート近くにもありますが、かなり値段が高いです。また、冷房が効きすぎなので、上着がないとゲートで待つのが辛いです。

リマのホルヘ・チャベス国際空港


クスコの空港は、小さく、お店もほとんどなく、セキュリティ超えたら椅子しかありません。そして、空港のトイレにはどこも紙とか便座がなかったりします。高所なので、おとなしくじっと座ってすごすのが無難です。

クスコ空港


フォス・ド・イグアス国際空港は、世界的にも人気の高いイグアスの滝の玄関口とは思えない空港です。空港にはお土産屋は小さいものしかなく、他はファストフードの店くらい。
空港でお土産を買うチャンスはないと思っていた方がいいでしょう。現地通貨は空港へ来る前に使いきるなどしておかないと、空港では高いお茶を飲むくらいしか使い道がありません。セキュリティを超えたゲート前には小さなキオスク大の軽食が買える店だけです。

フォス・ド・イグアス空港


他にリマ、クスコ、イグアスの空港で気付いた点を列挙します。
・リマでの入国では何日滞在するか程度しか聞かれない。
・リマでは機内預けの荷物が出るのがめちゃくちゃ早い。
・国内線は水物の機内持ち込みOK。
・遅延はよくあるし欠航も多い。
・リマ-イグアス線はかなり大きく揺れることがある。
・イグアス到着時には、後ろのドアも開くので、早く降りてイミグレに並ぶこと。
・イグアスの入国審査はブースが2つしかないので、時間かかる。
・リマからの国際線アメリカ行きでは、ゲートで再度手荷物の厳しいチェックがあるため、水類は没収されるので要注意。
・リマからロス経由で帰国の場合、荷物タグは日本まで出してくれる場合と、ロスまでの場合とある。いずれにしろ、ロスで一度ピックアップして税関を通らなくてはいけないが、乗り継ぎのスムーズが違う。タグは乗り継ぎ便のチェックイン時に必要になるので、なくさないように。

2回続けての飛行機ネタになってしまいまいした。
次回から南米3カ国、ベタな3大人気観光地を周る旅レポートスタートです♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR