カーニバルミラクル・船内施設&シアトル出航

2014/09/10 (2日目) 続き

屋外の設備はだいたい一通り見たので、次は屋内を探検します。この船で一番上にある施設は10Fの船首にあるフィットネスジム。これまでの経験上、クルーズ船で汗を流すことはなかったので、今回はシューズなどは持ってきませんでした。

カーニバルミラクルのジム


かなり本格的なマシンも取り揃えてありますが、クルーズ期間中ジムを使っているのはボディビルダーかショーダンサーと思われる筋肉モリモリの人ばかりでした。そもそも、北米発のクルーズ船は普段から健康に気を使っているような肉体美を持つ人はマイノリティなのです。

カーニバルミラクルのジムは結構すいている


ぽっちゃりな私が、私ってモデル並みの体系じゃない?と勘違いしそうになるくらい、巨体の人だらけなのです。飛行機の座席に到底納まらない人でも、船なら楽に旅行できるし、しかも食べ放題だし、ということで乗船定員より重量大丈夫かと心配になるほどです。東洋人乗客が稀というのと同じくらい、標準体系は稀です。

9Fはプールとビュッフェレストラン、その下4~8Fは客室が占めています。そうそうこの船には他の船ではあまり見ない設備がありました。

自分の部屋の近く船首のいかにもスタッフ以外立ち入り禁止ってエリアにゲスト用ランドリーがあるんです。セルフサービスで、コイン式、25セントコインのみなので、使いたい人は用意して行く必要があります。洗剤とかも自販機で売っています。ただし日本のボタン一つで自動ってのと違うので使いにくそうです。

ゲスト用ランドリーコーナー


客室を飛ばして4Fまで降りたら船首にメインショーラウンジがあります。2~4F部分を占めていて、ラウンジの2階席の方がショーを見やすそうです。ほぼ毎日何かしらのショーやイベントをやっています。もちろん無料です。内容と感想はおいおい紹介します。

カーニバルミラクルのメインシアター


その他にもラウンジやバーが10くらいあります。飲み物は別料金です。バーが営業していない時間はグループのミーティングスペースとして使われたり、単に休憩所といった感じで使われます。店、という感覚ではなく、スペースといった方がいいかも知れません。

カーニバルミラクルのラウンジバー


2F中央、ショーが終わった後の導線を狙った位置にあるのがカジノです。停泊中はカジノはクローズ、夜は繁盛しています。クレーンゲームやコイン落としのようなゲームセンターにある単純なゲームもあります。

カーニバル・ミラクルのカジノ


2Fには他にゲストサービス(ホテルのフロントにあたる)、メインロビー、ツアーデスク(寄港地観光ツアー受付)などがあり、2F、3Fの後方はメインダイニングになるので、3Fへ上がります。3Fで一番興味があるのは売店です。免税品の他にクルーズ船のロゴグッズ、お菓子に服までもろもろの物が売っています。

カーニバル・ミラクルのショップ


このエリアはアラスカクルーズならではのコーナー。アラスカのお土産や防寒着や双眼鏡といった航路ならではの品が売っていますが、なんと初日からほぼ全てがセール価格、50%OFFのものもたくさんあります。そう、この航路での最終クルーズだから次の航路へ行く前に売り切りたいのです。

カーニバル・ミラクルの売店お土産品コーナー


3Fを船首方面へ進むと小さなチャペルを発見しました。あまり使われている形跡がありません。船上結婚式をやるならやっぱりカリブかヨーロッパの方がいいでしょうし、思い出に残すにはこの船はカジュアルすぎるかも知れません。

カーニバル・ミラクルのチャペル


チャペルの隣はライブラリーですが、今やインターネットカフェといった方がいいかも知れません。船内はWi-Fiでインターネットアクセスできますが、電波はこのインターネットカフェが安定しています。1分75セント(45分で29ドルから480分で159ドルまでプランあり)、
ただし衛星経由なので、とても遅いのでコスパを考えるとまったくオススメできません。

カーニバル・ミラクルのライブラリー&ネットカフェ


一通り探検して部屋へ戻り一息ついた15:15頃、やっとスーツケースが部屋に届きました。部屋のお掃除を担当する人も挨拶に来て、この後の避難訓練だけど、ライフジャケットは持たないで行っていいからと教えてくれました(部屋の案内には持って行けと書いてある)。

15:30 避難訓練が始まります。合図の放送で部屋を出たら3Fまで下りて、デッキに並ばされます。6列にずらっとゲストが並び、ヘッドカウントだけすると、放送で一斉訓練です。ライフベストのつけ方など・・・。日陰はかなり寒かったです。

カーニバル・ミラクルの避難訓練


避難訓練が終わると、ギャングウェイが外されいよいよ出航です。部屋に戻って上着を着てから、出港シーンの撮影に上階のデッキへと向かいます。結局、自分の部屋にバルコニーがあっても視界が最大180度なので、やっぱりここぞという時は皆デッキに出るわけで、それ以外の時に海を見ながらのんびりくつろぎたい、というニーズがなければバルコニーはなくてもいいのかも知れません。

カーニバル・ミラクルのシアトル出航


16:00 シアトルを出港し8泊9日のクルーズへと出発です。今回シアトルは全く観光できませんでしたが、海から見る街並みはなかなか壮観です。どんよりだった天気は素晴らしい天気に変わり、爽やかな風を浴びながらのすがすがしい出航となりました。

シアトル港から見たシアトルの街の全景


街を見ながら、右の方を見るとちょっとだけ富士山に似た山が蜃気楼のように浮いて見えます。マウント・レーニアです。4392mあるため、上部は雲の上、雄大な姿はこれから行くアラスカへの大自然をも期待させるものです。

シアトルの街の背後にそびえるマウント・レーニア


シアトルの街の全景や、レーニア山、ヨットハーバーなどの景色をしばしデッキで楽しみます。段々とシアトルの街が遠ざかると周辺には一艇のヨットしか目に入らなくなりました。早々に人里離れた景色に囲まれ、何も考えられない時間が過ぎ去ります。

アラスカクルーズへ出発


次回はカーニバル・ミラクルの食事をレポートの予定です♪
(インドのデリーからの更新でした)

カーニバルミラクル・食事

2014/09/10 (2日目) 続き

出航の景色を十分に楽しんだ後は部屋に戻り、スーツケースを開けて荷物整理です。全ての荷物をクローゼットや棚などにしまい、スーツケースはベッドの下に押し込みます。下船前夜までもう開けることはありません。

17:30 初めての夕食です。カーニバル・ミラクルではメインダイニングでの夕食は2回制でテーブル固定、毎回指定された同じ時間同じテーブルで食べます。ツアーで3テーブル使うのでその中では変更可です。バッカスという名のメインレストラン、雰囲気はなかなかいいです。

カーニバル・ミラクルのメインレストランバッカス


日本語のメニューもありますが、正確さが怪しいので英語のメニューも見せてもらった方が無難です。前菜は本日のメニューからガスパチョアンダルース。野菜の味そのまま、健康野菜スープです。トマトとピーマン、きゅうりの味がし、ヘルシーという以外ほめ言葉はありません。

カーニバル・ミラクルメインレストランのガスパチョ


メインはスイートアンドサワーシュリンプ。日本風酢豚のエビバージョン、というのがぴったりで、かなりがっかりな一皿です。ここまでの2品食べただけで、これまで乗ってきたどのクルーズ船と比べても食事がダントツにイマイチという評価です。

カーニバル・ミラクルのメインダイニングのスイートアンドサワーシュリンプ


デザートはメルティングチョコケーキをチョイスしました。アメリカっぽい濃厚で甘いボリュームのあるデザートでした。これだけが満足した一品でした。

メルティングチョコレートケーキバニラアイス付き


初日の食事というのは客もスタッフも慣れていないので、時間がかかるものです。食後のコーヒーまで飲むともう19:20、19:36がサンセットなのであわてて席を立ちます。もちろん階段を使ってデッキに上がり、太陽を探します。後方には大きな山が見えていました。まだマウント・レーニアが見えるのか、他の山なのか区別が付きません。

夕暮れの海


日が沈むのは船首方向だったので、10Fデッキへ上がりました。クルーズの中で、サンセットとサンライズは格別です。普段見ることのない広いどこまでも続く水平線、遮るもののない景色の中で見る太陽は美しいものです。

クルーズで見るサンセット


太陽が沈んだ後は気温も下がるので、部屋へ戻り大量に用意されている寄港地でのエクスカーション選びをしました。エクスカーションデスクで英語でやり取りしなくても部屋のTVで申し込むことができます。悩んだ末、最初の寄港地シトカで、「ラッコや野生動物に出会うツアー」午前出発とスキャグウェイの「ホワイトパス鉄道の旅」午後を選びました。翌朝までにキャビンにチケットが届くそうです。

売店などをチェックした後、22:15のショーを見にシアターに行きます。シアターは極寒です。今日のショーは客参加型で、客から選ばれた8人が、名前、どこから来たか、仕事は何、誰と来たか、結婚して何年、子どもはいるか、女の子男の子何歳、クルーズは初めてか、クルーズで何か特にしようとしていることはなど根掘り葉掘り聞きながら盛り上げます。その後4人ずつのチームに分けて、紐で繋げたスプーンを服などに通すというゲームをやります。

正直、耳がなれるまで英語がなかなか聞き取れないので、選ばれたりしたらまずいことになる所でした。ヨーロッパの航路だと、いろんな言語の人が乗っているという前提なので、英語にしても分かり易くしゃべってくれますが、北米では英語できない人乗っているなんて考えてもいないという内容です。

そこそこ楽しんで部屋に戻ります。部屋の空調は問題なく調節もできますが、水が合わないのか、手をあらっただけでガサガサになるので、ハンドクリームが必須です。部屋は激しく乾燥しているので、洗濯物を干したり、水撒いたりして対策した方がいいです。

ちなみに携帯電話は早くも圏外です。

2014/09/11 (3日目)

起きたら10:00でびっくり。海外旅行中にこんなにぐっすり寝られたことはなかったと思います。窓がないし、静かなので寝るにはいい環境のようですし、ベッドの固さなど寝心地がとても良かったのだと思います。

寝ている間は全く気にならない揺れだけど、起きると微妙に揺れているので若干気持悪くなりました。予定では朝日を撮りに行く予定だったんですけどね・・・。

今日は終日航海日なので、メインレストランではブランチメニューがあるそうです。
11:00 ブランチに行くと長テーブルに詰めて案内され、アメリカ人に囲まれました。1皿目にベーコンシーザーサラダを頼みます。これは気に入りました。シーザーサラダは贔屓にしたいと思います。

ブランチメニューのベーコンシーザーサラダ


隣の女性がシーシックだと言って早々に中座してしまいました。この航海中、こうした人は他に見なかったのでよほど弱いようです。カーニバルでは船酔いの薬が有料です。
2皿目はパスタにしました。これも当たり、アラビアータ風のソースでピリ辛です。

ブランチメニューのパスタ


周りのアメリカ人たちにつられてデザートにチーズケーキも頼んじゃいました。これもなかなかです。反対隣の親娘にはいろいろ話しかけられ、どっから来たのから始まり日常会話レベルの話をしました。久々に初対面ネイティブと会話してちょっと疲れましたが、少しは交流しないと海外旅行に来た感じもしませんよね。

チーズケーキ


食後はデッキなどをうろついた後部屋に戻ると、なんとあんなに寝たのに昼寝してしまいました。まさに食っちゃ寝状態です。この日は一日曇りで、海面は穏やかだけど、微妙にゆれていました。

17:30 今日のドレスコードはクルーズエレガント、所謂フォーマルですが、エレガントな服装の人は少なめです。かといってイブニングドレスを着ても浮くってことはない程度です。
私たちの日本人グループは皆クルーズに慣れていて、ほどほどの格好です。

こういう日は他の日に比べメニューがいいはずなので、エビ三昧のチョイスをしました。
前菜にはシュリンプカクテル。ちなみに何をどれだけ頼んでもいいので、少ないから2つくれということも可能です。足りないからもう1つというのもアリです。

シュリンプカクテル


メインはロブスターテールとジャンボシュリンプ。ロブスターとかはこの手の船ではクルーズ中1回とかしか出ないので、出てきたら迷わずチョイスしなくてはなりません。
既に仲良くなったウエイターがもう1皿食べる?と聞きましたが、さすがに2皿は食べられません。

ロブスターテールとジャンボシュリンプ


20:15 今日のショーはミュージカルショー。ダンサーが15人くらいいました。ミュージカルは言葉も気にせず楽しめるので一番好きですが、この船ではこういったメニューが少ないのが残念です。ショーは大抵写真撮影不可です。

夜寝る前に時差調整、時計を1時間戻してから寝ます。夕食の間にターンダウンが入り、翌日の船内新聞とかわいいタオルアートが置かれます。この船ではこのタオルはアート専用なので、いつもそっと椅子に移動させて1日楽しみます。新聞は夜遅くに添乗員が日本語翻訳版を配って歩きます。抜粋になるので、英語版にも目を通してお得情報を探します。

カーニバルクルーズのタオルアート


2014/09/12 (4日目)

前日と打って変わって眠れない一夜を過ごします。単に寝すぎだったのかも知れません。
6:00過ぎに日の出を見に行きます。残念ながら太陽そのものは見れませんでしが、美しい朝焼けを見ることができました。アラスカの山々が赤い空に浮き上がり感動的でした。

アラスカの朝焼け


早めの朝食を食べて、寄港地に着いたらすぐ出かけられるよう準備をして、もう一度寝ました。10:30目を覚まし、外へ出るともうシトカにかなり近いようです。
早めのランチに行って観光に備えます。

シトカ近海


9Fビュッフェレストランの一角に24時間食べられるピッツェリアがあり、シーザーサラダと好きなピザを焼いてくれます。実はこの船の食事でこれが一番気に入りました。生地は薄めで、焼きたてです。空いていればチーズ増量とか多少のリクエストも聞いてもらえます。1/4カットからホールまでサイズも指定できます。とろけるチーズ、たまりません。

カーニバルクルーズで一番おいしいのはピザ


次回はシトカでのラッコや野生動物に出会うツアーをレポートします♪
(インドのジャイプールからの更新でした)

アラスカ・シトカでラッコや野生動物に出会う

(昨日無事にインド・ネパールから帰国しました)

2014/09/12 (4日目) 続き

12:00 今回の最初の寄港地シトカに入港です。私たちはラッコや野生動物に出会うツアー(Sea Otter & Wildlife Quest)に申し込んでいるので、11:45 エクスカーション集合場所のシアターに行きます。いろんなツアーが集まっていて、呼ばれた順に下船します。
周囲に日本人の姿は見当たりません。どうやら皆さん自分で町を散策するようです。

外国人に配慮のない英語で、次々とツアー名が呼ばれて行くので聞き漏らさないよう集中。
12:00 下船を開始します。似たツアーも多いので間違っていないか周囲の人のチケットをちら見して確認。船を下りるとツアー名を持ったスタッフがいるのでそこへ並びます。クルーズターミナルは町から離れていますが、ボートは目の前に迎えに来ていました。

ラッコや野生動物に出会うツアーで使うボート


12:30 ボートに乗り込みます。1Fはトイレもある船室ですが、2Fはデッキになっていて、3列ほど座席があり風を少しは防げるのでその椅子をキープしました。ほとんどデッキに立っていたのでたまに休む程度でしたが。それぞれの椅子にはしっかりとしたでかい双眼鏡が置いてありました。2,3人で使ってねという感じです。買わないで正解でした。

ラッコや野生動物に出会うツアーでは立派な双眼鏡が準備されている


皆が乗ったら出発です。船にはホットドリンクが置いてあって、いつでもセルフサービスで飲むことができます。ずっと海風を浴びているとかなり冷え込みますからね。どんどん遠ざかるクルーズ船、初めて全景を捕らえることができました。

シトカ停泊中のカーニバル・ミラクル


このツアーを選んだのはアラスカに来たら是非野生動物、できればラッコをみたい、できればクジラもみたい、チャンスは早めにと思ったからです。1人129.99ドルです。旅行会社のくれた日本語の資料は抜粋で記載がなかったのですが、英語版を見たら、ラッコかクジラかクマが見れなかったら100ドル返金すると書いてあったので、これは確実に見れそうだなと思いました。

加えて地球の歩き方のシトカのページにホエールウォッチングのツアー体験記が載っていて、似てるな、よしじゃこれにしよう、似たような昼の時間を選ぼうと決めました。結論から言うとクルーズ船用になっているものの同じツアーだったようです。

少し走った所でスピードが遅くなりました。白頭鷲がいます、と。え、どこどこ、と最初は
全然見つけられません。最初の1羽は完全に見過ごしました。2羽目は写真にうまく収められず、次はすぐに見分けがつきました。名前の通り白い頭を探せばいいのです。中央上に2羽いるのわかりますか?

シトカで見た野生のハクトウワシ


さっそくズーム。おおカッコイイ。さすがアメリカ合衆国の国鳥です。24倍でこれですから、一眼レフじゃない普通のデジカメだと撮影は難しいです。スピードを落としてくれるので、双眼鏡などあればばっちり見ることはできます。

雄雄しい姿のハクトウワシ


ワシさんを後に残し先へ進みます。今度は岩にびっしり何か海鳥がいます。何か説明していますが、知らない鳥の聞いたこともない固有名詞は全く耳に入ってきません。

羽を休める海鳥


これもズーム。うーん、なんとなく可愛くも格好良くもない・・・。そう黒いってだけで、なんでこんな風にあしらわれるんでしょう。ハクトウワシも黒ですが、頭が白いだけでこうも違うものでしょうか。なんだかタンカー事故の後の重油まみれの鳥みたいです。

黒い海鳥


少し行くとあちらこちらでヘリコプターが海面スレスレを飛んでいます。救難訓練らしいです。なんでもズームして見ます。双眼鏡と同じ効果があり、私はカメラでダンナは双眼鏡で同じものを見ます。高倍率ズームのカメラ買ってきて本当に良かった。

海上の訓練


13:20 さぁ、ついに前方にラッコの群れ、という放送にみんな色めき立ちます。どれどれ、え?あれ?海に浮かぶゴミとか海草にしか見えません。ここからはエンジンの出力を弱め、そうっと近付きます。

遠くから見たラッコの群れ


許されているギリギリの所まで近付きます。なんとか肉眼でラッコと分かる程度の距離です。ズームしてやっと愛らしい表情を見ることができます。こんなに可愛いのに、代謝が高いので毎日体重の1/4の餌を食べるそうです。ウニ、アワビ、カニなど私の大好きなものばかり・・・。

海を漂うラッコたち


そんなに波はないとは言え、ラッコも船もユラユラと流されます。気のせいかみんなこっちを見ているようにも見えます。というかキャプテンが見やすいように巧妙にボートを操っているだと思いますが。

顔が愛らしいラッコたち


ラッコってこんなにかわいいんだっけ?なんだかラスカルみたいな顔にも見えます。
ラッコは冷たい海域に住んでいながら他の哺乳類みたいに脂肪がないので、豊かな毛皮を持っています。平方インチあたり30万本と世界でも稀な密度の毛皮を狙われ、1911年までにわずか2000頭にまで減ってしまったそうです。

動じることなくマイペースに暮らすラッコの群れ


皆が見れるように10分ほど向きを変えながら観察。南東アラスカには約12000頭暮らしているそうですが、生活のほとんどを海上で暮らしていて滅多に岩などに上がることがないそうです。きょとんとした表情がなんとも言えません。

きょとんとした表情のラッコたち


このラッコの群れを見た後にまた移動しますが、階下の売店で売っていたラッコのキーホルダーなどが物凄い勢いで売れていき、あっという間にラッコ商品は完売していました。皆あの顔に魅了されたようです。かわいいグッズを買いたい人は動物遭遇前が狙い目です。

次はこの辺りでクマを見ることがあるのですが、今日はいなさそうです、とアラスカっぽい島の近くを通ります。その間もたまにハグレラッコを見かけました。ラッコは社会性が強く、オスまたはメスだけで集団を作るそうです。でもポツンと波に身を任せて漂っているラッコを時々見かけました。あんなでそのうち仲間に再会できるんでしょうか・・・。

アラスカの大自然


次に来た場所でまたラッコの群れに遭遇しました。今度はかなり大きな群れです。プチプチ海面に浮いているのは全部ラッコです。

ラッコの大きな群れ


ラッコ達は環境にも大きな影響を与えているようです。ラッコがいると貝類が大幅に減りますが、その変わり海草が活気付き、良好な魚の生息地が形成されるという海のバランスの要を担っているのだそうです。その場で聞き取ったのはなく置いてあったパンフレットの受け売りです。

びっしりとくっついて海に漂うラッコの群れ


ラッコを見るにはやはり高倍率(20倍以上)のカメラか双眼鏡が必要です。アラスカクルーズに行ってもクルーズ船から見かけるチャンスはほぼ皆無(たとえ見かけても動物の種別を判別する前に船が通り過ぎる)なので、惜しまずツアーに参加しましょう。

次回はこのツアーの後半をレポートします♪ザトウクジラに会えるかな?
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR