FC2ブログ

アラスカ・シトカでホエールウォッチング

2014/09/12 (4日目) 続き

たくさんのラッコたちを見た後は、残るはクジラです。ボートはシトカの町のあるほうへ戻っていきます。スタッフは懸命に双眼鏡でクジラを探しているようです。このアラスカの景色も壮観です。

シトカでホエールウォッチング


しばし椅子に座り休憩。1F席は暖かいし大きなガラス越しに景色を楽しめますが、少々寒くても上のデッキ階の方が気持がいいです。

シトカの海を野生動物を探すボート


ラッコの群れを見てから10分もしないうちにクジラ発見の情報!やった!
姿を現す前に潮を吹くので、特定の場所に注視せずに広く海面を見るのがポイントです。
お、背中を見せました。2頭一緒に泳いでいるようです。ザトウクジラは平均14,5mの大きな体ですが、全体が見えるわけじゃなく背中の一部が見えるだけが普通です。

ザトウクジラと遭遇


時々背中を出して海面に現れ、最後はたまに尾びれを見せて潜るという動作を繰り返します。立派な一眼レフを持った男性はテイルテイルと言って尾びれを水面に見せてくれることを要求し、連写でお望みのショットをうまく撮影しているようですが、私はなかなかうまく写せません。クジラの動きがかなりゆっくりなので連射の上限枚数が尾びれが出きる前に終わってしまうのです。

なかなかうまく撮れない


しかしこのザトウクジラ、あちこちから姿を現します。それもラッコ以上に近い距離です。
他の小さめのボートもやってきました。ちょうど潮を吹いていますね。

間近で見るクジラ


やっとクジラの尾びれも捕らえることができました。いやー、クジラの動きはゆっくりなので、連写は要らないかも知れませんね。でも野生動物を撮る事に慣れていないせいかなかなかいい写真が撮れません。でも生きたクジラをこの目で見れて満足!水族館にはいませんからね。

やっと撮れたクジラの尻尾


クジラ達は群れのようで、どうやら6~7頭はいた模様、思わぬところから出てくるので何度もシャッターチャンスはあります。この南東アラスカの地域には700頭以上が生息していると言われています。もうすぐ夏が終われば、南のハワイやメキシコへお引越しです。

あちらこちらから背中を出すザトウクジラ


ふと、すごい間近に背中が現れました!あまりの近さにびっくり。ボートが転覆させられちゃう可能性はないのかな・・・。暖かい海に移動すれば出産などにはいいけど食べ物が減るので最後の食べ溜めに夢中なのかも知れません。

目の前に現れたクジラの背中


さすが巨体なので、カメラの枠を完全にはみ出してくるほどです。
クジラに遭遇してから1時間近くこの海域に留まりたっぷりとホエールウォッチングを乗客たちが堪能したのを見て、ツアーのハイライトは終わりです。飛び跳ねる姿は見れませんでした。

カメラに収まらない巨大なクジラ


港に戻る間にも方々でクジラを見かけました。町の近くまで来ているのですね。運が良ければ入港時などにクルーズ船からも見えるのかも知れませんが、あっクジラ?と思ってからカメラを構えても間に合わないでしょう。じっくり見れるこのツアーはとてもオススメです。

陸の近くで悠々暮らすザトウクジラたち


このクジラ撮影に1時間格闘している間に連写を使い過ぎたのかカメラの電池が無くなりました。ショック!と思いましたが今日ほとんど使っていないもう一台の防水カメラと電池が同じだったことを思い出し交換しました。なるほど、電池が共有できるとはすごいメリットです。

満足しながら座っていると、ちょっとしたおやつをもらいました。スナックが付いていると書いてあったのはこれか、サーモンのクラッカーのせです。テンションあがったせいでエネルギー使ったので補充できるのは嬉しいです。

船上で配られた軽いスナック


帰り際には、頭上を白頭鷲が飛んでいきましたが、カメラには収めることができませんでした。デッキで写真撮りを一緒にしていた男性、きれいな雪山を撮っています。動物の場所を教えてもらったり、いろいろアドバイスしてくれました。

雄大なアラスカの景色も堪能


彼のカメラはとても本格的なものでしたが、きっとこんな写真を撮っているのでしょう、私もズームして撮ってみました。曇りの天気でも中々に神々しい風景です。

氷河をズーム


クルーズターミナルに戻るのかと思いきや、町の散策に行くでしょと言わんばかりに、町の真ん中の船着場へ付けてくれるようです。こうしてみるととても小さな町です。

シトカの町


15:50 小さな港でボートを降ります。この前からクルーズターミナル行きの無料シャトルが出ますよ、最終は20:00だからね、と教えてもらってここからはフリータイムです。
まだたっぷり時間があるので町や国立公園を楽しめそうです。

シトカの港


ラッコや野生動物に出会うツアーはホエールウォッチングも兼ねたオススメのエクスカーションです。ホエールウォッチングを前面にうたっていないのが不思議ですが、何しろ移動する生き物だから見れないこともあるのかも知れません。時間帯とか関係あるのかな?
昼からの3時間ちょっと、アラスカならではのツアーに大満足でした。130ドルの価値ありです!

次回はシトカ国立歴史公園のトレイルを中心にレポートの予定です♪

アラスカ・シトカ国立歴史公園

2014/09/12 (4日目) 続き

15:50 ボートを降りたのは、小さなシトカの町のど真ん中。明るいうちにシトカ国立歴史公園へ行こうと思いますが、18時に閉まってしまう聖ミカエル教会を先に訪ねます。シトカは1804年、ロシア人によって作られた町なので、町の中心にロシア正教会があります。外観はかなりシンプルです。

シトカ聖ミカエル教会


外観の割りには内部は豪華で、イコンなどは見ごたえがあります。1966年に教会は火事に見舞われたそうですが、展示品は消失を免れたものだそうです。入場料はないですが、2ドルの寄付を求める箱が置いてあったので気持良く寄付させてもらいました。

シトカ聖ミカエル教会内部


賑わっているのは聖ミカエル教会の周辺になりますが、町のメインストリート、リンカーンストリートを港方面に戻ります。奥に見えているのは、St. Peter's by the Sea と言う教会で可愛らしいですが、歴史はないようです。長閑な雰囲気です。

シトカのリンカーンストリート


リンカーンストリート沿いには遊歩道もあり、気持ちよく散歩ができます。これから国立歴史公園へ行く人は少ないようです。一緒のクルーズ船で来た客たちは、私たちがラッコやクジラに夢中になっている間に、町や公園の散策をほとんど終わらせてしまったようです。

シトカのハーバー沿いの道


ハーバーを越えた所に、サーモンの孵化場のような所があります。建物は修理中といった感じでしたが、その手前にはサーモンを集める仕掛けの水路があり、小屋ではサーモンのライフサイクルとか孵化についての学習説明などをしているようでした。

サケの孵化場入り口


水路を見ると、サーモンがいっぱい泳いでいます。実際にサーモンが遡上する川はちょっと離れた所にあり、このサーモン達はちょっと勘違いで人間の罠にかかっているか、またはここで孵化した子達かわかりませんが、いずれにせよ人の手を借りて子孫は残せることになりそうです。

遡上するサケ


聖ミカエル教会から恐らく1kmほどでしょうか、リンカーンストリートの終点にシトカ国立歴史公園があります。入り口には東南アラスカ・インディアン文化センターがあります。館内では先住民クリンケット族の悲しい歴史などを見ることができるそうで、閉館の17時までまだ30分ありましたが、見学はパスすることにしました。

シトカ国立歴史公園の南東アラスカ・インディアン文化センター


では何しにシトカ国立歴史公園に来たのかと言うと、広大なトンガス森林に作られた原生林トレイルを歩くためです。暗くなるとやっかいなので、早速トレイルに入ります。公園自体には入場料などはありません。この公園には18基トーテムポールが立っています。

シトカ国立歴史公園のトレイル


トーテムポールはトレイル沿いに立っているので見落とすことはないです。立体的なので、横から見ることも忘れては行けません。

シトカ国立歴史公園のトーテムポール


これはかなりでかい。この公園内には世界最大18mのトーテムポールがあるそうですが、どれがそれだかよくわからず・・・。ともかくひとつひとつが特徴があって、なかなか面白いです。

巨大なトーテムポール


恐らくオリジナルじゃないレプリカもあると思いますが、どちらでも区別つかないくらい、元の状態をうまく表現できているようにも見えます。家の柱として建てられたものや何かの記念に飾りとして建てられたもの、目的も様々だったようです。アートとして見ごたえあります。

カラフルで立体的なトーテムポール


トレイルの奥の方に広場がありました。ここは先住民トリンギットのキクスアディ(kiks.adi)という部族がロシアの報復に備えて砦を作り戦った所です。75*50mの大きさで、木材を立てた高い塀で囲まれていました。現在は見事に痕跡は消え去り、キクスアディ部族がここで戦ったという簡単な説明が書かれたプレートがつけられた岩がぽつんと残るのみです。

キクスアディ部族の砦があった場所


その砦跡に程近い入り江の水際に立ってみました。まさに水際の争いがあった場所です。そこには何があったかの簡単な説明とイメージ図がありました。先住民は仮面のような兜を被っていたようで、土地をめぐる攻防は血なまぐさい壮絶なものだったことがわかります。
今は静かで美しい場所です。

かつて戦いがあったシトカの入り江


トレイルの後半は、インディアン川沿いを歩きます。川向こうもトンガス森林が広がり、トレイルがあるようです。このあたりにあった説明版では、この河口付近は豊かな鳥や動物の宝庫のようですが、周囲に人気がないのに水音や羽音がするとびくっとしてしまいます。

シトカのインディアン川


トレイルは犬の散歩や学生のマラソンコースにも使われていて、クルーズ船の客が大方去った時間でも多少の人通りはあります。インディアン川沿いには人一人通るのがやっとの細い道もあります。ガイドと歩けばいろいろ説明が聞けるのでしょうが、専門的な話を英語で聞き取るのは大変ですので、マイペースで歩くのが一番です。

インディアン川沿いのトレイル


ゆっくり歩いて一周30分ちょっとくらい。シトカに来たら是非歩いて欲しいトレイルです。

次回はサケの遡上とシトカダウンタウンをレポートします♪

アラスカ・シトカのサーモン遡上とダウンタウン

2014/09/12 (4日目) 続き

シトカ国立歴史公園の原生林トレイルをほぼ一周してきて、ふと、あれ?橋見なかったと思い出しました。インディアン川にかかる橋まで行ってから入り口に戻ろうと思っていたのに、途中で別の道を帰ってきてしまったのです。なんとなく後ろ髪を引かれたので、橋を見に行くことにしました。あ、これだ、わざわざ来なくても良かったかな?

シトカ国立歴史公園インディアン川にかかる橋


せっかく来たので橋を渡ろうとするとびっくり。すごい鮭の群れではありませんか。
しかも、ほぼ等間隔できれいに並び行進でもしているかのようです。これにはびっくりしてしまいました。ふらっと思いつきで戻って来て大正解、見落としがちな穴場スポットです。

インディアン川を遡上する鮭


アラスカと言えばお土産の代表格はサーモンです。その大群が見れて良かった!
川の側にあった説明版によると、正確にはピンクサーモン、つまり樺太鱒だそうです。浅瀬をがんばってちょっとずつ上っているみたいです。ちょうど産卵のシーズンなのですね。

川を遡上するピンクサーモン


気持悪いくらい整然と並んだ川いっぱいびっしりのサーモンをしばらく橋の上から眺めました。端の方には力尽きた、または産卵を終えたサーモンの死骸が浮いていたりもします。でも、それほど匂いはしませんでした。毎年数パーセントが川へ戻ってくるそうです。

サーモン遡上に目を奪われる観光客


しばらくあっけに取られたように川を見つめた後で、シトカ国立歴史公園を後にします。
公園を出て町へと少し歩いた所にMERRILL ROCKという看板があったので道をそれてみました。岩が肖像付きの記念碑となっています。後で調べたら伝説の写真家でした。

メリルロック


MERRILL ROCKからはシトカ国立歴史公園のトレイル入り口付近が良く見えます。
メリルはシトカ国立歴史公園の整備に尽力し、公園の最初の管理者になったようです。

メリルロックから見るシトカ国立歴史公園


メインストリートを町へと戻ります。わき道の住宅街は、空間的にも時間的にもゆとりというものを感じます。どの家も小奇麗にしていて冬の過酷であろう生活があまり想像できません。

シトカの住宅地


メインストリートのリンカーンストリート沿いは町中はお店がたくさん立ち並びます。
ほとんどの店は今シーズンの終わりのセールをしています。観光客がもう残り少ないからか、今年の分を売り切ったからか、既に店仕舞いしている所も多いです。残念ながらカフェとかはあまりありません。

シトカダウンタウンのお土産屋


リンカーンストリートを西の端まで歩くとトーテム・スクエアにぶつかります。町の中心部はここで終わりです。後ろの建物は、シトカ・パイオニア・ホーム、今は老人ホームらしいです。

トーテムスクエア


すぐ南にある立派な郵便局の脇、細い道と階段を上がると、キャッスル・ヒルという丘へ上がることができます。元々は先住民の砦があった場所で、その後ロシア時代には総督邸が建てられ、次第に大砲を置くなど要塞化され、アラスカがアメリカ領になったときは最初に星条旗が立った場所でもあります。今は囲いと大砲が置かれているだけで建物はありません。

キャッスルヒル


キャッスル・ヒルからはシトカの町を一望することができます。今では小さな町なのに、かつては戦いも繰広げられ、その昔には日本人の漂流者も流れ着いた町なのです。後一週間もすると、観光客もほとんど来ない静かな町にがらっと変ることでしょう。

キャッスル・ヒルからみたシトカの町


キャッスル・ヒルの目の前にあるのは、オコンネル橋、渡った先はヤポンスキー島です。日本人漂流者が流れ着いたことからそう名付けられたそうです。ヤポンスキー島には空港もあります。

キャッスルヒルから見たオコンネル橋


町の中心に戻ります。シトカの町で方々で見られたのが、とにかくデカイ犬たちです。公園でも散歩している風景を見ましたが、とにかくどの犬もデカイ。散歩されているのが人間の方のように見えました。この荷台の犬も警察犬のイメージです。

シトカの犬はみんな大きい


シトカの町の中心には公共トイレもあり、またshitka-free-internetという公共の無料Wi-Fiがあります。今回訪れたアラスカの町の中では公共Wi-Fiがあったのはここだけで、南東アラスカ全体では町を少しでも離れると携帯の電波も圏外の所ばかりでした。

シトカの地図


19:00 町から無料シャトルに乗り込んで、クルーズターミナルへと向かいます。ダウンタウンからクルーズドックまでは約8kmもあり、バスで12分かかります。満員になったら出発ですが、町はもうガラガラ。そんな中、昨日ブランチで隣になったアメリカ人親娘と何度か遭遇し挨拶しあう仲になりました。

19:30 クルーズドックには小さいお土産屋があり、少しみてから乗船します。今日はメインダイニングでの夕食はもう指定時間が過ぎているので、9Fのビュッフェで食べます。メインダイニングの料理がイマイチなので、好きなものを好きなだけのビュッフェもいいかも知れません。だいたいメインダイニングと同じようなものを食べることができます。

カーニバル・ミラクルのビュッフェの夕食


次回はグレーシャーベイ国立公園をレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR