ブルガリア・カザンラクのトラキア人の墓とバラ畑

2014/06/08 (6日目) 続き

14:35 カザンラクの町の中心からバスでたったの5分、世界遺産のトラキア人の墓を観光するためバスを降ります。緑豊かな丘の上にあるので食後の軽い運動にはちょうどいいです。

世界遺産トラキア人の墓への階段


こちらがオリジナルのトラキア人の墓。保護のため一般の人は見学することはできません。建物は近年のものなのでこれではさっぱりどんな墓かわかりませんが、第二次世界大戦の最中、1944年に防空壕を掘っていて偶然発見されたそうです。紀元前4世紀末頃の有力貴族のお墓と見られています。

トラキア人の墓オリジナル


このオリジナルのお墓の先に精巧に作られたコピーがあるのでそちらを見学します。
内部の写真撮影は5Lv.です(レプリカなのに!)。入り口を入ると発掘品が少々展示されている部屋があります。

トラキア人の墓レプリカ


その先にかがんで一人ずつ狭い通路を通って入る玄室があります。玄室は7人くらい入るといっぱいなので交代で見学です。天井に鮮やかなギリシャ風の壁画があり、亡くなった主人と殉死した妻を中心に、音楽や馬車競技などの弔いの宴の様子が描かれています。来世を信じたトラキア人は夫が死ぬと妻は殉死して一緒に葬られるのが栄誉だったそうです・・・。

トラキア人の墓の壁画葬儀の宴


15:05 トラキア人の墓を後にして、またカザンラクの中心を通り次の目的地プロブディィフに向かいます。セヴトポリス広場ではまだバラ祭りのイベントが行われているようで、仮設ステージを中心に大勢が盛り上がっている様子がカザンラクの中心セヴトポリス広場
見えました。



町の郊外でトイレ休憩を取り、プロブディフに向かいますが、目を凝らしてみてもカザンラクの近くは道沿いにバラ畑がほとんど見えません。これあやしいなと思っても、たぶん野菜の類でしょう。花と言えばむしろ、ひまわり畑が多いし、ラベンダーも結構あります。

カザンラクの車窓景色


バラの季節というので来た人もいたでしょうが、テンション落とされたくないので、再三バラ畑なんて見れないよ期待しない方がいいよと私も周囲に言ってきましたが、あまりの見れなささに、どうしてもバラ畑の写真が撮りたいのだと添乗員に強くアピールするおじさんがいました。

15:55 私も注意して車窓を見ていましたが、お、これバラ畑じゃない?と思う場所を通りました。するとバスが止まってくれました。おじさんのアピールが効いてフォトストップを取ってくれることになりました。

カザンラクのバラ畑でPhoto Stop


ちょうど停められるスペースがある所にバラ畑があり、所有者に許可なんて取っていないんでしょうけど畑の入り口付近を見学させてもらいました。バスを降りたら香りが鼻を突きます。丈は腰の高さくらい、足元は雑草だらけですが、これがカザンラクのバラ畑です!

カザンラクのバラ畑


だいたい5月末からバラ祭りが終わるまでの6月初旬が収穫時期で、この時期は日の出と共に朝露の残る花を手で摘むのだそうです。こうして開いてしまうと香りが飛んでしまうので、早朝にすごい人手をかき集めて花摘みが行われるということです。

ダマスカスローズ


そういう訳なのでバラの季節にカザンラクを訪れても、要するに摘み残したわずかの花が咲いているバラ畑しか見ることができません。そしてこの季節を過ぎれば、もうほとんど花は見られません。雑草に埋もれていますが、よく見るとちゃんと列になっていて、それに畑もすごく広そうです。

カザンラクのバラ畑


比較的きれいなバラの花を見つけるのは大変です。開いた状態で直径5cmちょっとくらい。なんともかわいらしいです。

ダマスカスローズの花


季節のいい時に来て、バラ畑に立ち寄ってもらえれば、それなりに期待したバラ畑が見られるということがわかりました。多くの人が想像するバラ畑とイメージは違うかもしれませんが、背景の景色も含めてこれはこれでとても素敵です。

バラの谷カザンラク


10分ほどバラ畑を楽しみ、今度こそプロブディフへ向かいます。

17:00過ぎ、プロブディフに入ってきました。観光は明日の予定ですが、観光予定のイマレットモスクのみちょっと離れた所にあるので今日寄って行きましょうということになりました。街の北に流れるマリツァ川を渡ります。橋の上に電車でもあるのかと思ったら、なんと橋そのものがショッピングセンターになっているのだそうです。

プロブディフのマリツァ川


17:10 川沿いでバスを降りて、歩いてイマレットモスクに来ました。15世紀のモスクで、慈善目的で作られたモスクだそうです。塔のデザインがちょっと独特ですが、建立したオスマン帝国総督の息子?の奥さんの好みだったそうです。

プロブディフのイマレットモスク


中も見学させてもらいましたが、質素な作りです。前回来た時もここを見学したのですが、何で見学コースに入れたのか今ひとつわからないというか・・・。街の中心部にもっと見ごたえある観光スポットがいっぱいあるのに、という気持ちです。

イマレットモスク内部


次回はプロブディフの夕暮れ旧市街散策をレポートします♪

南米に行ってきます!

ブルガリアの旅レポートの途中ですが、今晩から南米10日間の旅に行ってきます。

と言っても今回は母のお供で、私にとって初訪問の場所などない超ハイライトなツアーです。マチュピチュ、ナスカの地上絵、イグアスの滝等を忙しい日程で周るツアー。
阪急交通社のツアーを利用しますが、なんと燃油サーチャージなど諸費用込みで一人40万円と格安です。

母が行きたかったのはマチュピチュ。私は前回行ってからまだ3年経っていません。前回はマチュピチュ村に2連泊で丸一日遺跡を楽しめましたが、今回はウルバンバからの日帰りで見学は3時間コースです。

見張り小屋周辺からのマチュピチュ遺跡全景


そしてどうせ南米まで行くならイグアスの滝も行くべきだとペルーのみじゃないツアーをすすめました。ここは恐らく何回行っても感動できそうと私が思っている場所です。
ただ、現在悪魔の喉笛へのトレイルが流されてしまっていて、一番の迫力は体感できないようです。

悪魔の喉笛方面


喧嘩せずに行ってこれるかどうか不安なところもありますが、キレないように何とか頑張りたいです。

私にとって今回の旅にはひとつメリットがあります。今回、ユナイテッド航空の新就航路線、羽田-サンフランシスコ線に乗ります。その後ロスに乗り継いでからリマへ行くという無駄なルートなのですが、お陰でUAに4便乗ることになり、来年もUAの上級会員資格を保てそうです。ターキッシュエアラインズのゴールドがあるので死守する必要はないのですが、加算率の良さから結局UAにメインを戻してしまっています。

今回も旅行中、旅レポートの続きを更新する予定です。
最新情報はTwitterで。
keentravelerをフォローしましょう


せっかく行くので少しでも新しい何かに出会えることを期待しています。
では、行ってきます♪

ブルガリア・プロブディフ旧市街夕暮れ散歩

2014/06/08 (6日目) 続き

17:35 プロブディフの中央広場に面したホテル、ラマダ・トリモンティウム・プリンセスに到着です。プロブディフの見所が徒歩圏内だし、スーパーマーケットも近くにありツアー客には嬉しい立地です。

プロブディフのホテル、ラマダ・トリモンティウム・プリンセス


部屋もなかなか使いやすいです。ミニバー有り、Wi-Fi無料(id/pw有り)。部屋の窓から旧市街の丘も目の前に見えます。

ラマダ・トリモンティウム・プリンセスの部屋


反対側の景色は郊外の方面。ホテルのプールも広々として気持よさそうです。ブルガリア第二の都市の街のほぼ真ん中からの景色はこんなものです。

ラマダ・トリモンティウム・プリンセスから南の景色


ホテルにチェックイン後、すぐに近くのスーパーマーケットへお出かけします。ホテルの隣の大通りを地下道を使って渡った先に大きくはないけどスーパーがあります。ソフィアでも買い物のチャンスがあるので、ちょっと気になったものを買って帰り、さっそく部屋で試しました。グレープフルーツビールとスナックです(1.48Lv)。ビールは確かにグレープフルーツジュースで割ったような味、スナックは素朴で味が薄かったです。

グレープフルーツビールとスナック


19:00 DNR@HTL
前菜はほうれん草が入ったクレープ、メインはチュシュカ・ビュリック。要するにパプリカの肉詰め、中には米も入っていて周辺諸国でも似た料理がありますが、まずくはないもののあまり好きではありません。白いのはヨーグルトソースで、実際はかなりでかいです。

チュシュカ・ビュリック(パプリカ肉詰め)


20:15 旅ともさんは疲れて横になっているので、一人で散歩へ出かけます。地図上では直線に当たるので近道かなと思って大通りを行きます。トンネルは旧市街の丘の下を通っていて、このトンネルのすぐ上にはローマ劇場が残っています。

ローマ劇場の下をトンネルが通る


トンネルの手前で右上へ行く階段を上ります。するとちゃんとした道がなくなり、適当に上へ進むと岸壁の教会のようなところへ出ました。ここを上ってみたら行き止まり、そのまま丘の上へ行けないようです。

旧市街の丘の壁に張り付く小さな教会


せっかく高い所へ上ったので景色を楽しみます。

旧市街の南を展望


だんだん暗くなりつつあるので、先を急ぎます。少し戻って先へ進むと、下から上がってくるちゃんとした階段があったので、これを上ります。高低差がある所では地図があてにならないですし、ここまで人通りの少ない寂しい通りを女一人で通るのはちょっと勧められません。

旧市街へ上る南東の階段


長い階段を上りきると旧市街に出ました。ここまでくれば土地勘があります。
この旧市街は石畳で19世紀の建物がよく残っています。

プロブディフ旧市街


まずはローマ劇場へと足を運びます。多くのローマ劇場がそうであるように、うまく丘の斜面を利用して作られています。ここは明日のツアーの観光でも来る予定なので、夕暮れ時のほのかなライトアップの雰囲気を楽しんで次へ急ぎます。

プロブディフのローマ劇場


旧市街は既に人通りが少なく、一目で観光客とわかる人はほとんどいません。
薄暗い中、道を北へ歩き、ヒサル・カピヤ(要塞門)まで来ました。かつて旧市街を囲む城壁の東の門だった所で、紀元前4世紀マケドニアのフィリップ2世が建立し、ローマやビザンチン時代、時代と共に改修され現在に至っています。

ヒサル・カピヤ


ヒサル・カピヤも明日来る予定なので、さらに北へと足を向けます。少し行った所にあるのが地域民族博物館。1837年建築ハジ・ゲオルギという大工が建てた家を利用しています。バロックと民族復興様式のミックスでバロック的曲線と外壁の花模様がゴージャスです。このようなスタイルは後にプロブディフ様式と呼ばれるようになります。

プロブディフ様式の民族博物館


そして旧市街を北へまっすぐ進んだ突き当たりが、本日の私の目的地ネベット・テペの遺跡です。遺跡といっても出入り自由の公園で、もちろん無料です。紀元前3000年頃から人が住み始め、紀元前2000-1000年頃には外壁で囲まれたトラキア人の集落があり、ローマ時代には要塞が建てられたという場所ですが、今は石組みが残るばかりです。

プロブディフ旧市街の北のはずれにあるネベット・テペの遺跡


ネベット・テペは夕日のスポットとしても有名です。デートスポットとしても人気があるようですし、地元の人がたくさん、思い思いの場所で日が沈むのを待っています。かなり見晴らしがいいので、新市街を囲む3つの丘などもよく見えます。

ネベット・テペの遺跡は夕日スポット


ちょうどサンセットの時間です。一人で見るのはちょっぴり寂しい気持がしましたが来たかいがありました。ネベット・テペはツアーでは観光に立ち寄らないのですが、近くで10分ほどのフリータイムがあったり食事の予定があれば、ちょっとだけ街の展望に立ち寄ることをオススメします。

ネベット・テペから見る夕日


次回は一人散歩の後半から続きをレポートします♪
(リマからの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR