スペイン・サラマンカ

2014/04/25 (6日目) 続き

18:10 アビラからバスで80分、スペインを代表する大学都市サラマンカに到着です。
マヨール広場のすぐ裏にあるカタロニア プラザマヨール サマランカというホテルにチェックイン。ツアーで利用するホテルとは思えないほど立地は最高です。

カタロニア プラザマヨール サマランカ


部屋もきれいで使いやすく、ミニバー、バスタブあり、ですが、ちょっと部屋が乾燥しています。Wi-Fi無料(id/pwはチェックイン時に提供)。

カタロニア プラザマヨール サマランカの部屋


18:35 ホテルで現地ガイドとミートし、徒歩にてサラマンカ観光に出ます。マヨール広場は18世紀にチュリゲラによって作られた美しい広場です。昨日からなんとなく予感はありましたが、やっぱりここにも来たことある・・・。

サラマンカのマヨール広場


雨がちょっぴり降りだしました。貝の家にやってきました。約400の帆立貝の装飾で飾られた15世紀後半のゴシック建築です。巡礼者を守るサンティアゴ騎士団の家でした。

サラマンカ貝の家


遠めに見ると分かりづらいですが、近くで見ればちゃんと帆立貝と認識できます。
貝の家は言わば貴族の館で、内部もちょっと見学できます。

サンチャゴ巡礼のマークでもある帆立貝の装飾


入り口の地階は元厩舎、1階部分は中庭、1階の脇の部屋は使用人が使っていた部屋で、現在は図書館になっています。家主は上階に住んでいたそうです。家の前には、カトリックの大学の教会が建っています。

貝の家の中庭


旧市街を歩き、スペイン最古、1218年設立のサラマンカ大学にやってきました。現天皇夫妻が皇太子時代に訪れたという記念の碑文の先には、大学の建物とは思えないプレテレスコ風ファサードがあります。ここは観光客の誰もが足を止めるスポットです。

サラマンカ大学


このファサードの彫刻の中に、カエルを見つけることができれば学業成就すると言われていて、皆それを探しているのです。カエルは骸骨に乗っていて、場所を教えてもらっても目の悪い人は発見までに時間がかかります(写真中央)。このカエルのせいで、サラマンカの街中にはカエルグッズを売っているお店が多く、町の名物的存在です。

サラマンカ名物骸骨の上の蛙


新旧カテドラルに来ました。新旧と言ってもくっついていてどこからどこまで新なのかとかわかりにくく、ガイドブックの説明もややこしいです。サラマンカは砂岩の建物が多く、鉄分が染み出して赤い色をしているのが特徴です。

サラマンカの新旧カテドラル


カテドラルの広場側のファサードは修復中で、1992年修復の部分には宇宙飛行士やアイスを食べる動物がいたりします。かつて同じ説明を聞き、写真を撮った記憶が明確に蘇って来ました。たった6年の年月ですが、どうも長期記憶にはめっぽう弱いようです。

宇宙飛行士の彫刻のあるカテドラル


夕食がツアーについていないこともあり、カテドラルの所で解散となりました。カテドラルに入場しようかと入り口に行ってみると、今さっきまであいていたドアが閉まっています。19:30で入場を終了したようで、タッチの差でした。

そこでサン・エステバン修道院へ向かったものの、ここも既にクローズ。残念です。
でもこの外観を見るだけでも価値のある建物です。

サン・エステバン修道院


この時間入場観光にはもう遅いので、最後にローマ橋まで行くことにしました。古代ローマ帝国の時代にも交通の要所として栄えた町には、トラヤヌス帝の時代にかけられた橋があります。現在のものは18世紀に再建されたもので、町の南を流れるトルメス川にかけられた長い橋です。

サラマンカのローマ橋


橋を渡っていると、コウノトリが飛んできました。この季節、どの町でもコウノトリが教会の塔の上などの巣にいる様子を見ることができますが、餌を求めて川に飛来する様子を見て、より生態を観察できた気分になりました。

トルメス川に餌をとりにきたコウノトリ


川の南からサラマンカ旧市街を一望します。あいにくの空模様ですが、なかなか美しい景色です。

ローマ橋から見たサラマンカ旧市街


ローマ橋をまた戻って、旧市街をマヨール広場の方へと戻ります。サラマンカ旧市街は全体が世界遺産となっていますが、起伏や路地もあってカテドラル周辺などは静かでいい雰囲気の味わいがあります。

サラマンカ旧市街


20:30 マヨール広場の近くへ戻ってきました。ホテルもすぐそこだし、今晩はバルで夕食としたいと思います。

サラマンカ旧市街


次回はサラマンカでバル巡り~レオン大聖堂をレポートの予定です♪

スペイン・サラマンカでバル巡り~レオン大聖堂

2014/04/25 (6日目) 続き

20:30 マヨール広場からすぐプリール通りの地下にあるバンブー(Bambu)というお店に入ります。現地ガイドさんが通りがけにピンチョスがおいしいと教えてくれた店です。モダンな店で、客層が若め、店内はかなり混雑していましたが人を掻き分けカウンターまで行くとちょうどカウンターチェアが空きました。

サン・セバスチャンでバル体験したせいか心に余裕ができ、日本と同じ感覚でお店が利用できました。2人でグラスワインにビール、ピンチョス4つで、7.1ユーロでした。人気があるというわりに結構安いです。

Bambuのカウンター


さて、今日こそバル巡りをするために、2軒目に移動します。30m先のマヨール広場に戻ると、すぐ角にあったバルがそこそこ賑わっていたので、そこに入ってみるとタパスが肉系が豊富なようです。2軒目はここと決め、カウンターに場所を確保します。人の回転が早いし、いっぱいだと思っても、隙間に入りこめばそのうち陣取れるようになるものです。

バル選びは混雑ぶりで


お肉のピンチョスは1つで良かったんですが、言葉が通じなかったので2つ来ちゃいました。他にマッシュルームと白ワイン2杯で9.5ユーロでした。今日も気前よく旅ともさんが驕ってくれました。

お店によってピンチョスに特徴がある


2軒目を出てもまだマヨール広場がライトアップされていません。ということで、もう1軒行こうということになりました。マヨール広場を周り、次に人が結構入っているお店El Reloj de la plazaに決めました。パンに乗ってないつまみがあるのも決め手でした。

マヨール広場にあるEl Reloj de la plaza


タコ、カラマリ、ワイン2杯で5.6ユーロ。飲み物1杯にタパス1品付きでいくら、という値段設定のお店だったようで、飲み物出されたときにどれにするって聞かれました。
この値段設定だったら、気軽に一杯飲んで帰るのが癖になりそうです。

気軽に楽しめるバルでの一杯


すっかり上機嫌でお店を出ると広場がきれいにライトアップされていました。21:30頃からライトアップされたようです。昼間とうって変わって美しい雰囲気です。むしろこの夜景の方が必見で、夜見るために作られた広場じゃないかと思うほどです。

夜のサラマンカマヨール広場


広場を横切りながらホテル方面へ歩いていると、添乗員さんに遭遇しました。ツアーではなかなか旧市街の中心には泊まらないので、広場の夜景を見れることは少ないようです。わざわざ写真撮りに出て来たみたいでした。
22:00 広場からすぐのホテル、カタロニアプラザマヨールサマランカに帰着です。

2014/04/26 (7日目)

7:55 ホテルを出発しサラマンカを発ちます。
途中一度トイレ休憩をはさみ、北上して再びサンチャゴへの巡礼路へと戻ります。休憩を取ったのは周りに何もない場所、巡礼者も立ち寄る休憩所でシャワーなどの設備もあるようです。

北スペインの風景


10:50 巡礼の主要都市レオンに到着です。現地ガイドとミートし、小雨ぱらつく中、徒歩にて観光です。9℃とちょっと肌寒い感じです。

レオンのアンチャ通り


カテドラルの入場が午前中11:30までとのことで、まずはカテドラルにやってきました。
13~14世紀建造のゴシック様式のサンタ・マリア大聖堂はスペインの三大カテドラルの1つです。入場料は団体4€(ツアーに込み)。

レオン大聖堂


このカテドラルの一番の見所は何といってもおびただしい数のステンドグラスです。
数え方にもよりますが、1400枚から1800枚もあります。上段が聖書、中段が貴族、下段が民衆や動植物などがモチーフとなっていますが、高さがかなりあるし細かいので、中段、上段はもはや柄が識別できないほどです。写真は下段にあたる部分です。

レオン大聖堂の美しいステンドグラス


入口の方のバラ窓は13世紀のオリジナルですが、細かく見るには遠すぎます。
柄をきちんと見れる距離のものを見ると、その細工の細かさにびっくりです。絵付けも細かいし、細かいピースも多い丁寧なデザインです。趣味でステンドグラス製作をしていた私にはこの1枚を作るのにどれほどの労力がいるかわかるので本当に感動ものです。

ピースの数が多いレオン大聖堂のステンドグラス


現在、ステンドグラスは清掃中で、掃除を始めて30年、そして後20年かかる予定とのことで、全部掃除するのに50年もかかるそうです。まだ掃除が終わっていないところは若干黒ずんで見え、作業中の部分には足場が組まれています。1㎡あたり、5000ユーロの費用がかかるのだそうです。

掃除に50年かかるレオン大聖堂のステンドグラス


カテドラルの中心の部分です。暗い感じですが、ステンドグラスの色合いが返って引き立ちます。ガラスのピースが細かく、柄が緻密なのものは13世紀のもので、少しピースが大き目なのは16世紀のものになります。相当近寄らないとその差は分かりませんが。

レオン大聖堂内部


ステンドグラス以外では珍しいマリア像を見ることができます。一番奥にあるのは白いマリア像です。清楚な感じです。

レオン大聖堂の白いマリア像


そしてこちらは妊娠しているマリア様。お腹大きいのはマリアの像としてはめずらしいです。11:30クローズまでゆっくりと自由見学を楽しみました。

レオン大聖堂の身ごもったマリア像


次回はレオン後半のレポートです♪

スペイン・レオン

2014/04/26 (7日目) 続き

11:30 レオン大聖堂を後にし、旧市街の中を落書きのような黄色い矢印に導かれて、サン・イシドロ教会へとやってきました。右側のドアは聖年しか開かないということで硬く閉じられています。教会自体は無料で内部見学ができます。

サン・イシドロ教会


サン・イシドロ教会は、セビーリャの司教イシドロに捧げられた11世紀半ばから12世紀にかけて建てられたロマネスクの教会で、いくつかの様式が見られます。市松模様のような柄が柱や壁に使われているのが特徴的です。

サン・イシドロ教会で見られる市松模様


また通常入り口の彫刻は、最後の晩餐などがモチーフとして用いられているのが普通ですが、ここではイサクの犠牲の場面が刻まれています。元々はレオン王国の王家の人々が埋葬されていた由緒ある聖堂でしたが、ぱっと見た感じは町の普通の教会と言う印象です。

サン・イシドロ教会のイサクの犠牲レリーフ


レオンはもとは紀元前1世紀にローマ軍によって建築された町でした。現在は、城壁は一部が残るのみで、ローマの門があった所にそのマークが残されています。ここからローマの領域だよという足のマークです。

ローマの門の跡


ローマの後はレオン王国の歴史が続き、そしてイスラムの略奪からの再建、サンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の拠点として現在まで栄えています。この町でも巡礼路のマークが足元に見られます。

サンチャゴ巡礼路


前方右手にガウディの初期の作品、カサ・デ・ボティネスが見えてきました。カタルーニャ以外で見られるガウディの作品は数少ないのですが、その中の1つです。

サンチャゴ巡礼路とカサ・デ・ボティネス


あまりガウディっぽくないなと思いましたが、このフェンスはいかにも、です。

ガウディ設計のカサ・デ・ボティネス


正面から見るこんな感じです。割とおとなしい作品です。現在は銀行が入っています。塔がかっこいいので、ちょっとしたお城のようです。

現在は銀行のカサ・デ・ボティネス


いったんカテドラルまで行ってランチまで20分のフリータイムとなりました。
雨も止んだので、一人で、川の方まで行ってくると言ってベルネスガ川の方へ歩き出します。途中の脇道も吸い込まれたくなるような町並みです。

レオンのわき道


また別のホタテ貝のマークを見つけました。街中では道がたくさんあるから、迷わないようにとつけているのか、巡礼の町だということを強調したい面もあるのでしょうか。

レオン大聖堂への道


いくつもの信号を渡って、ベルネスガ川までやって来ましたが、川沿いも橋もこれといって歴史的な雰囲気はなく、ちょっと期待外れでした。それに思ったより距離があったので、帰りはカテドラルまで走って帰る羽目になりました。

ベルネスガ川


12:30 大聖堂近くのお店、その名も「カテドラル」でランチです。赤ワインボトルと水ボトル付。シーフードのスープはとてもおいしかったです。
おかわりもできたので、たっぷりもう1杯頂いてしまいました。

カテドラルのシーフードスープ


メインはガリシア風タコです。でもポテトの方が多いような・・・。タコはとてもやわらかかったです。

タコのガリシア風


このレストランの先にはマヨール広場があり、とても素敵そうな雰囲気がしました。20分のフリータイムは川の方へ行くんじゃなくて、マヨール広場の方へ歩けば良かったです。

マリアノ・ドミンゲス・ベルエタ通り


13:30 レストランを出て駐車場まで歩きます。町に着いたときには小雨がぱらついていたのに、信じられないほどいい天気になりました。大聖堂が輝いて見えます。

スペイン三大聖堂のひとつレオン大聖堂


次回はサンチャゴ巡礼路オルビゴ橋やアストルガをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR