FC2ブログ

スペイン・サンチャゴ巡礼路(オルビゴ橋~アストルガ)

2014/04/26 (7日目) 続き

13:40 レオンを出発し、巡礼の目的地と同じサンチャゴ・デ・コンポステーラを目指してバスは西へと進みます。巡礼路を走るので、時折車窓に巡礼者を見ることができます。午前中から午後早い時間であればこうした光景を見ることができるでしょう。

サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す巡礼者


14:20 ツアーの予定には含まれていませんが、巡礼者が通る有名な橋を渡らせてくれるということで、オスピタル・デ・オルビゴという町でPhoto Stopを取ってくれました。人口1000人程度の小さな集落です。

巡礼路上の町オスピタル・デ・オルビゴ


巡礼路が通っているので、アルベルゲもあります。アルベルゲは巡礼宿です。
サンチャゴ巡礼にはちょっと憧れますが、巡礼手帳を持ってこういった大部屋の宿に泊まることはたぶんないと思うので、別の意味で敷居が高い存在です。

オスピタル・デ・オルビゴのアルベルゲ


オルビゴ橋(パソ・オンローソ橋) です。13世紀に建造されたという19ものアーチが連なった長い歩行者用の橋です。巡礼者とは逆行する形で橋を渡ります。

逸話の残るオルビゴ橋(パソ・オンローソ橋)


橋はかなり長いものの、川幅はそれほどでもありません。上流にダムが建設されたことによって端の方にオルビゴ川が流れ、逆の端にもう1本の川が流れています。間は緑地となっていて、周辺に巣があるコウノトリが餌を求めて歩いていました。

オルビゴ橋(パソ・オンローソ橋) に暮らすコウノトリ


巡礼者と逆行して橋を渡るので、橋の上で何人かの巡礼者とすれ違うことができました。巡礼の中でもひとつの重要な通過点なのでしょう。橋で休憩したり、記念写真を撮っていたりします。スイスから来たというイケメンのお兄さんと軽く話しをしましたが、とても爽やかなお兄さんでした。2、3日一緒に歩いてみたい衝動に駆られました。

オルビゴ橋(パソ・オンローソ橋) を行くイケメン巡礼者


徒歩の巡礼者は反対方面から来る歩行者に会うことが滅多にないためか、皆気さくに話してくれ、記念写真なども撮らせてくれました。この時間まだ歩いているということは、今日は先ほどのアルベルゲに泊まるのかも知れませんね。

オルビゴ橋(パソ・オンローソ橋) を渡る巡礼者たち


オルビゴ橋(パソ・オンローソ橋) を渡りきったら、近くのロータリーで待ってくれているバスまで行きます。ほんの1kmほど巡礼路を逆行しただけですが、気持が晴れやかに、軽くなった感じがしました。

オルビゴ橋(パソ・オンローソ橋)


14:55 アストルガという町でトイレ休憩を取ります。30分の休憩になったので、町のプチ観光ができます。この巡礼路上の町にはガウディ設計の司教館があり、ローマの城壁の向こうにそのお城のような姿を見ることができます。

アストルガの城壁とアウディの司教館


こちらがその司教館、現在は巡礼博物館です。まるでお城のようですが、そのデザインをめぐって教会側と対立し、ガウディは途中で製作をやめてしまったらしく一部は未完成なのだそうです。シエスタで内部は見学できませんでした。

アウディ建築アストルガ司教邸


ガウディの司教館の隣には、アストルガ大聖堂があります。ゴシック様式の立派な教会です。

アストルガ大聖堂


大聖堂もシエスタで扉は閉まっていました。ですが、2つの素敵な建物を外観だけでも見れて満足な気持です。こういうトイレ休憩は大歓迎ですね。

アストルガ大聖堂


この町では思いがけず、日本のツアーとすれ違いました。サンチャゴから東へ向かっているツアーで、やはり休憩に寄ったようです。今回唯一見かけた日本のグループでした。北スペインに行くツアーはそう多くはないので、お互い久しぶりにあった日本人の旅人同士しばし歓談を楽しみました。

15:25 アストルガを出発し、ひたすら西を目指します。段々と山が近くなり、巡礼路を外れたのか、それにもう巡礼者が歩く時間ではないからか、巡礼者を見かけることがなくなりました。

アストルガからサンティアゴ・デ・コンポステーラへ


さらに山が深くなってきました。巡礼路がどこにあるにしろ、平坦な道ではあり得ないことが想像されます。町やその周辺は歩けそうな気もしますが、巡礼はそんな簡単なことではなさそうです。日本では四国のお遍路など巡礼は高齢者が多い印象ですが、サンチャゴ巡礼は体力がかなり必要そうです。既に自信がないです・・・。

山を越えサンティアゴ・デ・コンポステーラへ


17:00 山間部のドライブインでトイレ休憩です。今日は長距離移動なのでドライバーに30分の休憩を取らせる必要もあります。カフェ・コンレチェ1.1ユーロでゆっくりコーヒータイムです。

優雅に休憩


次回はモンテ・ド・ゴゾ~サンチャゴ・デ・コンポステーラをレポートの予定です♪

はじめてのアラスカクルーズへ

北スペインの旅レポートの途中ですが、今日から久しぶりに旅に出ます。
約3ヶ月ぶり、ここ5年では最も間があいたのではないでしょうか。

今回はダンナと一緒にアラスカクルーズに行きます。クラブツーリズムのツアーを利用、カーニバル・ミラクルという船でシアトルからグレイシャー・ベイとインサイド・パッセージの町を8泊9日で巡ります。費用は燃油サーチャージ、諸税、船内チップ込みで一人30万円弱です。

今年新規就航したANAの羽田-バンクーバー線を利用するので、今晩遅くの出発です。

羽田の国際ターミナル展望デッキでスーパームーンを撮影、この旅行のために衝動買いしたオリンパスSZ-16(8400円)で24倍ズームを試しました。露出補正をマイナスにした以外は全てオート、三脚などもなしです。月の模様が撮れることにちょっと驚き!
羽田国際展望デッキで撮影したスーパームーン


今回もPCは持参するのですが、クルーズ船のInternet環境は衛星経由で遅いし、寄港地のWi-Fiもあまり期待できないため、ブログの更新はしばらくお休みさせて頂く事になりそうです。機会があったら更新するので、たまにチェックしに来てくれたら嬉しいです。

もうアラスカはシーズンも終わりなのでかなり寒くなっているようです。
体調を崩さないようにして、大自然の景色を満喫してきたいと思います。
それでは、11日間、行ってきます♪

スペイン・モンテドゴゾ~サンチャゴデコンポステーラ

2014/04/26 (7日目) 続き

19:00 モンテ・ド・ゴゾ(歓喜の丘)に到着です。ここは長い旅をしてきた巡礼者たちが初めてサンチャゴ・デ・コンポステーラのカテドラルの尖塔を目にするポイント。巡礼路最大のアルベルゲ(巡礼宿)がある場所でもあり、巡礼者たちが最後の休憩をする場所になっています。何かテープのようなものがはためいているようです。

モンテ・ド・ゴゾ歓喜の丘


なぜだろう・・・、テープでどうやらレースのコースが作られているようです。オートバイレースがあるのか、練習中と思われるバイクが横切る中をテープをまたいで丘のモニュメントへと向かいます。何故こんなところでレース・・・?

なぜかオートバイレースのコースになっている歓喜の丘


中世の巡礼者がたちが、カテドラルの塔を指差す像があります。その昔は、グループで最初に塔を見つけた人がその後グループ内で王と呼ばれ、今でも苗字にその名残が見られるそうです。

モンテ・ド・ゴゾ歓喜の丘の巡礼者の像


それにしても、バイクが行き交う中心に像があるのはちょっとどうなんでしょうか。
感動の場面も台無しです。数日のことだとは思いますが・・・。それにしても、ここだけ光が指しているようで、なんだか巡礼者が祝福されているように見えました。

土煙と日光をあびる巡礼者の像


今では塔を見つけるのは簡単。指差す方向をたどればいいんです。でも、かなり遠いです。塔の上部のシルエットがわずかに見えるだけ。実際は5kmないらしく、ここに泊まれば、明日午前中早くに巡礼のゴールを迎えることができるらしいです。

モンテ・ド・ゴゾ歓喜の丘から見るサンティアゴ・デ・コンポステーラのカテドラルの塔


19:30 モンテ・ド・ゴゾからバスで15分、コングレソというホテルに到着です。サンチャゴ・デ・コンポステーラの中心からはかなり離れている模様で、地理的にどこにあるのかさっぱりわかりませんでしたが、歩いて1分程度の場所にスーパーマーケットもあります。

サンティアゴ・デ・コンポステーラのホテル、コングレソ


部屋は広め、ミニバー、ドライヤー、バスタブ(ジャグジー付)あり。Wi-Fi無料(パスワードはフロントで)。

コングレソの部屋


部屋に荷物だけおいてすぐスーパーマーケットへ行きました。21:15までなので、夕食後だと閉まってしまうからです。スペインで最も上質と言われる白ワイン、リアス・バイシャス(Rias Baixas)や缶詰などお土産をゲットしました。

20:15 DNR@HTL
白ワインがボトルでたったの6ユーロ。そのワインですらおいしかったので、お土産に買ったワインは間違いなくおいしいはずです。まずはパスタたっぷりのシーフードスープです。

コングレソのシーフードスープ


メインはビーフ。デザートはサンチャゴ名物のアーモンドケーキ、タルタ・デ・サンティアゴです。ここまで一緒に旅をしてきたツアーの仲間たちと最後の夕食を楽しみながら、世界各地の旅の情報交換に花を咲かせました。

サンティアゴ名物のタルタ・デ・サンティアゴ


2014/04/27 (8日目)

9:20 ホテルからバスで20分、サンチャゴ・デ・コンポステーラの駐車場に到着です。ツアーでは必ずこの駐車場を使うようです。ここから現地ガイドと共に徒歩にて観光します。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの駐車場


駐車場の周辺では巡礼グッズなどが売っています。最終地点で巡礼グッズ、本当の巡礼者は始める前とか途中で買うものでしょうが、バスで最後だけ訪れる人々にはお土産として売られているわけです。ホタテ貝とか杖とか。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの駐車場付近で売られている巡礼グッズ


最初に通るのはサンフランシスコ修道院、現在でも8人の修道士がいます。このあたりから、ケーキやクッキーを試食させてくれるおばちゃんお姉ちゃんがあちこちに立っていて、声をかけてきます。ここを通る団体客がまたこの道を戻ってくることも知っているのです。

サンフランシスコ修道院


オブラロイド広場を目指して歩きます。ここは巡礼者の道ではないので、まだ静かです。時々クッキーを持ったメイド服に似た服を着たクッキーおばちゃんが出てきます。

オブラロイド広場へ


オブラロイド広場に入ろうとするその角で、巡礼者たちと合流します。続々とオブラロイド広場目指して巡礼者がゴールの瞬間を迎えようと歩いてきます。

オブラロイド広場に到着する直前の巡礼者たち


一緒に広場にたどり着いた巡礼者たちに拍手を送ると、彼らは最初は手をあげて応え、そして涙ぐみながら互いを称え合い、抱き合って崩れていきました。思わずこっちまでうるっときてしまいました。どこから歩いてきたかはわかりませんが、少なくても100km以上、しかもここ数日は相当にきつい道のりだったはずです。苦難の道をまさに今終えた巡礼者の達成感と感動をちょっとだけ分けてもらえた気がしました。

オブラロイド広場で喜びをかみ締める巡礼者たち


次回もサンチャゴ・デ・コンポステーラのレポートの続きです♪
(シトカからの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR