FC2ブログ

トルコ・イスタンブール旧市街

2014/01/28 (15日目) 続き

12:00 ホテルを出発しバスで旧市街へ向かいます。午前中OPでボスポラス海峡クルーズとリュステムパシャモスク観光(8000円)に行った方達とは現地で合流します。イスタンブールでは普段OPを利用する人たちでも、自由行動が楽しみ易い街なので、泊まったホテルの場所に合わせて自分で観光するのがオススメです。ましてや冬にクルーズはあんまり・・・。

12:20 エジプシャンバザールに到着です。右半分のレンガの建物がバザールです。
元々は後ろにあるイェニ・モスクの一部だった建物を利用したそうです。13:00までのフリータイム、となりました。

イェニモスクとエジプシャンバザール


皆がエジプシャンバザールに入っていく中、いきなり別方向へ歩き出しいます。1人参加の女性がついて行ったらおもしろそう、と言うので、近くのモスクに行きますけどいいですか、と確認、旅ともさんとその方を連れてリュステムパシャモスクに行きました。ちょっと入り口が分かりにくいのですが私は好きで毎回寄っているので細い道を迷わず入っていきます。残念ながらちょうどお祈りの時間で入れませんでした。問屋街の2階にあるイズニックタイルのきれいな小さなモスクです。

リュステムパシャモスク


問屋街を通り、エジプシャンバザールの方へ戻ります。問屋街は観光客が買いそうにない商品を扱う店が多いですが、普通の速度で歩けばすぐに声をかけられます。売り方や様々な商品など見るだけで興味深いです。

エジプシャンバザール近くの問屋街


エジプシャンバザールの裏側まで来て、ちょっぴりショッピングを楽しみます。この辺りは激安のアクセサリーが豊富です。それに、トルコのお土産といえば私のオススメはコロンヤです。レモン香料などを入れたアルコール80%のコロンです。

LALEという親切なおじいさんがやっている専門店で、スプレー付きの一番小さいケース入りが1TL(50円)と安かったので、いくつか購入しました。自分用には500mlとか買うのですが、お土産には小さいのが最適です。ひとつひとつ丁寧に容器に入れてパッキングしてくれました。72年やってる、と代々の写真とか見せてくれるやさしいおじいさんでした。

コロンヤ専門店


一応エジプシャンバザールでのフリータイム中だったので、最後はエジプシャンバザールを突っ切って集合場所へと向かいます。かつてはスパイスなどがメインだったのですが、近年グランドバザール同様観光客相手のお店が多くなり、客もどっと増えたようです。

エジプシャンバザール


13:30 スレイマニエ・モスクに来ました。ツアーでここに来るのははじめてかも知れません。バスからは少し歩くことになります。オスマン帝国の10代目のスルタン、スレイマンのモスクです。

スレイマニエモスク


内部は明るい清楚なイメージで、ここもとても大きなモスクです。イスタンブールにある数あるモスクの中で、最も光を感じるモスクかも知れません。

スレイマニエモスク内部


さて、お腹空いてきました。イスタンブールでモスクなどの見学がある場合は、お祈りの時間を考慮しなくてはいけないので、スケジュールがちょっと変則的になるのです。
バスがヴァレンス水道橋をくぐります。378年、ローマ時代のもので、地下宮殿などに水を運んでいた水路の一部、です。

ヴァレンス水道橋


14:30 やっとありついたのは中華のランチでした。辛いものばかりでしたが、ちょっと懐かしい感覚でした。お店がヒポドゥロームの近くだったので、歩いてスルタンアフメット公園まで戻ります。一週間前に観光したブルーモスクとトトメス3世のオベリスクです。

ブルーモスクとオベリスク


15:45 グランドバザールにバスで来ました。実はスルタンアフメット公園からは歩いた方が早いのですが、バスではぐるっと回り道することになります。1時間のフリータイムで、このGETE1に集合です。門がいくつもあるので、場所を覚えて歩かないと初めての人は中で方向感覚を失うのでご注意を・・・。

グランドバザールのGATE1


さて、1時間あるのなら、ということでまた別の所へ行こうとすると、エジプシャンバザールのときについてきた女性が今度も連れてってといいます。グランドバザールは見ませんよ、もしかしたら最後走ることになるかもしれませんよ、と前置きしてから、ちょっとだけグランドバザールの中を通って、すぐに別の門から出ます。

グランドバザール内部


旅ともさんがガイドブックに載っていたお店に行ってみたいというので、エジプシャンバザール方面へと歩き出しました。2つのバザールを結ぶ界隈は地元向けの商店街です。
結局お店は見つけられませんでした。ガイドブックの情報が古いのか、または地図が悪いのか、あてにならないものです。

グランドバザールからエジプシャンバザールへ


結局エジプシャンバザールまで来てしまったので、イェニ・モスクを訪問することにしました。「新しい」という名前がついたモスクですが、400年もの歴史がある大きなモスクです。

イェニモスク


このモスクはブルーを基調としたとても美しいモスクです。ガラタ橋の袂にあり、エジプシャンバザールのすぐ横ですから、機会を見つけ、お祈りの時間でなければ一度は覗いて見るのがオススメです。よく見れば個性的なイズニック・タイルも見つけられるでしょう。

イェニモスク内部


淡い色合いの美しい装飾はできればゆっくり見たい建築美ですね。

イェニモスクの美しい装飾


帰りは急ぎ足でグランドバザールまで戻ります。エジプシャンバザールからグランドバザールへは上り坂になるので、ちょっと疲れました。でも観光もあと残すところわずかですから最後の力を振り絞ります。

次回はモロッコ・トルコ旅行の最終レポート、イスタンブール新市街観光をレポートします♪
(ブカレストからの更新でした)

トルコ・イスタンブール新市街

2014/01/28 (15日目) 続き

17:10 新市街に移動し、ガラタ塔へ向かいます。6世紀初頭の灯台を基にして作られた1348年の建造の監視塔です(現在のものはその後再建されたもの)。高さは66.9m、上部の三角屋根は近年追加されたもので、展望台は53m、長い間最も高い建造物でした。

ガラタ塔


ガラタ塔は結構混んでいて随分と並びました。そもそも最上階の展望台は狭いし、エレベータも小さいのキャパシティが小さいのです。上へ上がることにはすっかり暗くなっていました。お陰で、狭い展望台の怖さがやわらぎます。

ガラタ塔の展望台


展望台は立ち止まっている人を追い抜くのがやっとという狭さですが、一周できるのでイスタンブールの景色を360度楽しむことができます。昼間も素敵ですが、夜景もなかなかです。こちらはボスポラス大橋とアジアサイドが見渡せます。

ガラタ塔からアジアサイドの眺め


こちらは旧市街。ライトアップされたトプカプ宮殿、アヤソフィア、ブルーモスクと左から連なっています。イスタンブールは起伏のある街だけに、上から見たときも立体感があってとても素敵です。

ガラタ塔からイスタンブール旧市街の眺め


上の写真のわずかに右は、ガラタ橋やスレイマニモスクなどが見えます。

ガラタ塔からガラタ橋方面の眺め


塔から下りる頃はすっかり夜の時間、こうしてみると牢獄などに使われた歴史も想像がつきます。集合時間まで時間が少しあったので、少し坂をあがった所にあるホームパパというハマムグッズのお店へ行ってさくっとお買い物してきました。

夜のガラタ塔


18:10 いったんバスに乗り、すぐ近くのイスティクラル通りへ移動します。このとき、ものすごくショックなことがありました。バリィさんというゆるキャラの携帯ストラップをガラタ塔周辺で落としてしまったのです。3年ほど一緒に世界中を旅して、記念写真もいっぱい撮りました(twitter速報はいつもバリィさんの写真でした)。

海外で失くしたものはまず手元に帰りません。思いがけない別れに、想像以上のショックを受けました。写真はモロッコのメルズーカ大砂丘で撮った一枚です。このときもコロコロと砂丘をすごい勢いで転がっていって人に拾ってもらいました。イスタンブールがよほど気に入ったので、行方不明になったのでしょう。今頃、猫ちゃんたちと仲良くやっていると思いたいです。

バリィさんサハラ砂漠で記念撮影


18:20 この旅最後の観光でイスティクラル通りへ来ました。ここは新市街のメインストリートです。トラムも走っている賑やかな通りですが、お土産屋やスーパーマーケットなどはなく、近代的な店が並んでいます。

イスティクラル通り


フリータイムで各自散策となったので、まずはタクシム広場に来ました。昨年、反政府デモの中心地として何度もニュースなどに取り上げられた場所です。共和国のモニュメントを中心に円形の広場になっています。普段はいたって安全な広場です。

夜のタクシム広場


イスティクラル通りの端のタクシム広場沿いには、老舗のケーキ屋やケバブ屋さんなどが店を連ねています。一度食べてみたかったので、ドネルケバブ(写真右、8TL)を買ってみました。かなりのボリュームですが、おいしいです。

タクシム広場でドネルケバブ


食べながら、イスティクラル通りを散策します。基本的にはウィンドウショッピング。こちらはケーキ屋さんのショーウィンドウ。なかなかおいしそうなケーキが並んでいますね。

イスティクラル通りのケーキ屋さんのショーウィンドウ


19:10 これですべての観光を終え、バスに乗ります。ここまで27000歩かなり歩いた一日で、最後まで達成感いっぱいで終わることができました。

19:20 このまま空港へ、とはいかず、最後に夕食です。遅めのランチに、さっきドネルケバブ食べたばかりで、到底ほとんど手がつけられませんでした。

ツアー最後の夕食


21:05 空港に到着。空港に入る際にはセキュリティチェックがあり、スーツケースはランダムに1、2個開けられます。

2014/01/29 (16日目)

0:50 TK-0052便、イスタンブール発成田行きにて帰国します。
18:25 予定より1時間早く到着、けれどスーツケースが破損して、トルコ航空と揉めたため結局遅くなってしまいました。

今回の旅では、気の会った方たちとの出会いも多く、私にしては珍しく連絡先交換を何人かとさせて頂きました。そのお陰でブログに書けないエピソードもいくつかありましたが、16日間の長い旅行最後まで楽しむことができました。今回のツアーは内容も満足だったので、また同じツアーに参加したいくらいです。

これでモロッコ・トルコの旅レポートは終わりです。最後までご覧頂きありがとうございました♪
(ブルガリアのプロブディフからの更新でした)

ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)・マイル改悪&イスタンブール空港ラウンジ最新情報

今年2月、メインのマイレージをトルコ航空に乗り換えますって記事を書いたばかりなのに、今月からトルコ航空のマイレージプログラムが改悪されショックを受けています。

ユナイテッドのプラチナを元にステータスマッチでElite会員資格をGETし、3/13初搭乗、4/20になってようやくプラスティック上級会員証キットが送られてきました。この4/20ちょうど2回目のトルコ航空搭乗のため家を出てしまって入れ替わりに届いていました。
(会員証と荷物タグです。上のエコなケースに入っていました。)

ターキッシュエアラインズ MILES&SMILESの会員キット


空港では、会員証がなかったので番号だけ伝えたために、係員がステータスを間違えて入力したため、いろいろ不利益を被りました。それに、ラウンジは会員証が無い場合はどうやって利用するのか聞いたら、現時点のマイレージ情報をプリントした紙をくれて、これを受付で見せてくれと言われました。往路で面倒なことになったので、復路ではUAのカードを提示してラウンジに入りました。他のアライアンスからの移行だった場合、最初の搭乗時はカードがないので、すんなりサービスを受けられない恐れがあります。

さて、6/1からどんな改悪があったかと言うと、これまで自社便は予約クラスに関わらず100%マイル加算されていたのですが、今後はツアーなどで使う予約クラスでは50%しか加算されなくなる、というのが大きなインパクトです。

それでも、3月、4月と2度利用し加算したので、合計27849ステータスマイルが付きました。最初の1年で、25000以上という更新条件をもうクリアできたので、向こう3,4年はスターアライアンスゴールドを確保できたわけで意味はあったのかな・・・。

昨今、日系を初めとして航空各社のマイレージプログラムが年々シビアな条件に改悪されています。これまで使ってきたユナイテッド航空は加算はまだ条件がいい方なので、様子を見ながら、ユナイテッドとトルコ航空を使い分けて行こうと思います。ゴールド保持のみトルコ航空でというのもアリかな、と。

ちなみにトルコ航空のマイル加算は度々加算漏れがあります。自社便の場合、インターネットで加算漏れの申告をすると即時で加算されるので問題はないのですが。


話は変わりまして、3月にイスタンブール空港を訪れたら、トルコ航空の空港ラウンジ(CIPラウンジ)が、1階部分が新装オープンしていたので早速レポートしたいと思います。
元々十分な広さがあったラウンジですが、1階がオープンし更に快適になりました。
ラウンジ奥には、1階と2階を繋ぐ吹き抜けの空間がありますが、インパクトがあります。

イスタンブール空港トルコ航空ラウンジ


1階へはいくつかの階段やエレベータを使っていくことができますが、2階より断然空いていて、ソファもくつろげる感じのものが多いです。

イスタンブール ラウンジ1階


私のお気に入りはこのエリア。ソファが使いやすいのと、シャワールームやトイレにも近く、ドリンクやフードへのアクセスもいいんです。

イスタンブール ラウンジ1階


1階には2階にあるものと同じような設備がほとんどありますが、1階にしかないものもあります。この辺りはゲームなどができるエリアです。これイスタンブールのジオラマだと思ってたら、何かレースのコースを兼ねているみたいです。

イスタンブール トルコ航空ラウンジ ゲームコーナー


こちらはゴルフの練習スポット。上の階にはビリヤードとか子供用の遊び場がありますが、下も少し変わったものがあるというわけです。ゆっくりしたい人が多いからかあまり遊んでいる人は見かけません。

ゴルフで遊べるターキッシュエアラインズラウンジ


2階同様、ドリンク類は至る所に設置されていますが、こちらは吹き抜けの所にある、お茶コーナー。いろんな種類のお茶が用意されています。

多様なお茶が楽しめる


もちろん1階にもコーヒーのコーナーとデメルのケーキあります。必ずといっていいほど、ザッハトルテ頂いています。

デメルのケーキ食べ放題


フード類も2階と同様、3箇所くらいのスポットでその場で調理しています。食べ物は時間帯によって変わります。早朝、朝から昼、夜とメニューは違うんですね。2階と1階は同じものを提供しているようでしたので、わざわざ食べ物目当てに階を移動する必要はなさそうです。

調理コーナーのひとつ


朝からパニーニ焼いている所では夜はお肉類が出されます。後はパスタとか、サラダ系とか、ちょっと離れた所に並んでいます。

食べすぎに注意したいフード類


こちらはトルコ風ピザ。やっぱり焼きたてがおいしいです。機内食よりラウンジの食べ物の方がおいしいのは、昨今滅多にないので貴重ですね。

トルコ風ピザ


最後は水周りです。こちらは1階のトイレ。2階に負けず劣らず豪華です。入り口はだいぶ分かりやすくなっています。個室が一面ガラス張りで恥ずかしい感じなのも同じです。

イスタンブール トルコ航空ラウンジ 1Fトイレ


1階にもシャワールームができました。なので、前より混まないようになったと思います。空いていればすぐ案内してくれるし、次って時はボーディングパスを引き換えにして近くで待機してと言われますが、しばらく待つ場合は便利な端末で呼び出してくれるようになりました。自分の番が来ると点滅とバイブで知らせてくれます。

シャワールームの順番を知らせてくれる端末


なんと言ってもこのラウンジのシャワールームはとてもきれいで、高級ホテル並みなんです。シャンプー、ボディソープにあかすりもついています。

トルコ航空ラウンジのシャワールーム


バスローブにスリッパ、ふかふかのタオル類、シャワーキャップや髪ゴム、めんぼうにコットン、そしてドライヤーと揃っています。クレンジングさえ持ち込めば、すべてすっきりしてソファで寝てしまいたい気分になります。

トルコ航空ラウンジのシャワールームは充実の設備


このイスタンブールのラウンジに寄るのは私のひとつの楽しみです。ですので、乗り継ぎ時間が少ないとがっかりするほどです。

次回はトルコ航空のスペシャルミールなどについてレポートする予定です♪
(ソフィアからの更新でした)
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR