FC2ブログ

トルコ・夜のイスタンブール

2014/01/20 (7日目) 続き

20:40 約4時間でイスタンブールに到着です。モロッコからのフライト、初めて飛行機に乗る人が多いのか、特に何事もなかったにも関わらず着陸時に大きな拍手が起きました。
到着後はまず空港で両替、私は前回の残りがあるので、8000円を163TLに替えました。

22:10 空港を出てバスで30分ちょっと、ガラタ橋近くの5つ星ホテル、レガシーオットマンに到着です。

イスタンブールの好立地ホテルレガシーオットマン


冷蔵庫、ドライヤー、スリッパ、コーヒーセットあり。モロッコのホテルの後だと豪華に感じます。快適な無料Wi-Fiあり(パスワードあり)。このホテルは以前泊まったことがあるのですが、何しろ立地がいいのでお気に入りです。

レガシオットマンの部屋


22:30 せっかく立地のいいホテルに泊まるので、夜の散歩にお出かけします。機内食だけではお腹が空いたかも知れないと、添乗員はガラタ橋の名物サバサンドへ皆さんを案内するとのことですが、私たちは別方向へと歩き出しました。夜のイスタンブールは思ったよりも静かです。

夜のイスタンブール旧市街


旧市街をアヤソフィアの方へ歩きます。この時間でもトラムは動いているのでトラムを使う手もありますが、今日は移動ばかりでほとんど体を動かしていないし、歩いた方が早いです。夜の旧市街の雰囲気はすごく幻想的で、何より思っていたよりも安全なのにびっくりしました。

夜のイスタンブール旧市街


アヤソフィアの前まで来ました。ほんのりライトアップされています。思えば、トルコ6回目の私ですが、夜イスタンブールを歩き回ったことはないので、初めてみる光景です。
明日、ツアーの観光が組み込まれているので、7年ぶりくらいに内部を見学します。

アヤソフィア夜景


そして、振り返るとブルーモスクです。こちらも控えめなライトアップ。このモスクはもともと綺麗なので、日中の姿を知っているとそれほど感銘は受けない夜景です。とはいえ、チャンスがあれば夜の姿も一度は見ておくのがおススメです。

ブルーモスク夜景


ブルーモスクなどの夜景を十分楽しんだ後は、ガラタ橋方面へと戻ります。観光シーズンではないので、大きな道は人通りが寂しいほどですが、わき道のレストランはかなり賑わっています。

夜のイスタンブール


こちらはスィルケジ駅、オリエント急行の終着駅として有名です。前回来た時にこの旧駅舎を利用したオリエントエキスプレスというレストランで食事をしたことを思い出します。今でも国際列車の発着がある駅です。

スィルケジ駅旧駅舎


駅を過ぎると金角湾はもうそこです。湾の向こうにはライトアップされたガラタ塔が見えます。イスタンブールの夜景は実は海から見るのがとてもきれいなので、クルーズ船などで寄港するときがその夜景を楽しむ最大のチャンスと言えます。

イスタンブール新市街夜景


ガラタ橋が見えてきました。闇の中に、煌々とネオンを放っています。
橋の向こうのガラタ塔は、橋のネオンで見落としてしまいそうです。
なんでこんなにネオンがすごいかというと、橋の下はレストラン街だからなのです。

ガラタ橋夜景


さすがに23時半だとサバサンドは小さな屋台が1つ2つ営業しているのみで、もうツアーの人たちもいませんでした。少しガラタ橋を渡ってみます。かなり遅い時間なのに、橋の上は釣り人がぎっしりです。橋の上からは闇に浮かぶトプカプ宮殿が綺麗に見えます。

ガラタ橋から見るトプカプ宮殿夜景


ガラタ橋を真ん中まで渡り、下のレストラン階へと降ります。奥にはボスポラス橋も見えます。それにしても目の前に垂れるたくさんの糸が見えるでしょうか?橋の上の釣り人だちの釣り糸です。まるでカーテンのようです。

ガラタ橋レストラン街と釣り糸とボスポラス大橋


さて、そろそろホテルへ戻ります。女性2人で歩いていても昼間以上に安全に感じる夜歩きでした。ホテルの近くのケーキ屋さんには、トルコ独特のシロップに浸りきったお菓子などが売っています。こちらはイチジクのシロップ煮?甘そうですが、きれいな出来栄えです。こうして見るとアジアよりヨーロッパに近いのかなとも思います。

品のある甘そうなデザート


2014/01/21 (8日目)

レガシーオットマンに泊まってもう一つの楽しみは朝食です。といっても、食べ物のことじゃありません。6Fの朝食会場からの景色がとてもいいのです。ガラタ橋と新市街、ガラタ塔などの景色を大きな窓から眺めながら朝食が取れるので優雅な時間を過ごせます。

レガシーオットマンの朝食会場から見るイスタンブール新市街


そして頻繁にカモメが窓際に寄ってきます。窓はFIXなので餌がもらえるわけでもないのですが、羽休めの場所なのでしょう。イスタンブール新市街を正面にひっきりなしに来るカモメを見ながらのすがすがしい朝食となりました。

カモメの側で朝食


次回はイスタンブール観光をレポートします♪

トルコ・イスタンブール(ブルーモスク&アヤソフィア)

2014/01/21 (8日目) 続き

9:00 ホテルを出発し、バスでスルタンアフメット地区へ向かいます。昨晩歩いて行った所ですが、大型バスだと迂回するのでかえって時間がかかります。

9:15 まずはローマの競技場跡ヒポドゥローム。広場になっていて3本の柱が見学の中心です。手前のは蛇の柱と呼ばれ、アヤソフィアにある昔の絵によると、本来T字型で頭が2つ横に出ていたようです。奥のものはトトメス3世のオベリスクでカルナック神殿にあったもの、残念なことにローマ時代の輸送の際に下半分が行方不明になっています。

ヒポドゥローム


すぐ横のブルーモスクに来ました。夏など観光シーズンは観光客用入り口はそれなりに並ぶ必要がありますが、この季節すぐに入れました。青いイズニックタイルが使われているのでブルーモスクと呼ばれていますが、正式名称はスルタンアフメット・ジャーミィです。

ブルーモスク内部


このモスクはとにかく大きいし、天井も高いので、あまり間近にタイルを見るには適していません。全体の美しさはピカイチで、窓も多いので明るい雰囲気です。260もある小窓には美しいステンドグラスがはめ込まれ、モスク全体の美しさを引き立てているようです。

ブルーモスクのステンドグラス


高さ43mもある天井のドームも見逃せません。17世紀初頭にどうやってあの高さに細かい細工などができたのだろうと関心してしまいます。

ブルーモスクドーム天井


そしてもちろん、外から見た姿も美しいものです。イスタンブールにはたくさんのモスクがあり、外見だけでは区別が難しいくらいですが、ここだけは6本ものミナレットがあるので、すぐに見分けがつきます。

6本のミナレットを持つブルーモスク


公園をはさんで反対側にあるのがアヤソフィアです。こちらは4世紀からの歴史のある建物です。何回もの焼失や地震のたびに再建されてきました。ドームは地震などでこれまでに5回も落ちたそうです。

アヤソフィア博物館


10:00 今回安いツアーにしてはめずらしく今は博物館となったアヤソフィアに入場見学です。入場料が千数百円するので、ツアーに組み込まれていることはあまりありません。入り口でセキュリティチェックがあります。写真左側には15世紀以降モスクとして使われたので、清めの水場もあります。

アヤソフィア博物館入り口


入り口を入ると、壁や天井が漆喰すら落ちて、石材が丸見えのところもありますが、一部にはきれいなモザイクが残っています。元々はギリシャ教会の大本山としてあがめられていた大聖堂なのです。

アヤソフィア1階入り口付近のモザイク


さて中へ入って簡単な説明を受けた後は、11:15まで自由見学となりました。たっぷり時間があります。ふと見るといつもはちょっと行列になりがちな柱に誰もいないのを発見。ここは聖母マリアの手形と言われて、銅版がはめられたくぼみに親指をいれ、そのまま手を一回転させると願いが叶うなどと言われています。

聖母マリアの手形の柱


アヤソフィアは15世紀以降モスクとして使われてきたので、ミフラーブもあれば、イスラムのカリグラフィーなども見られます。例えば左の円盤にはムハンマドと書かれています。また、修復のための足場で覆われてしまっている箇所もあります。修復は湿気を取るためのものです。

アヤソフィア内部


次は2階へ上がります。と言っても何回も切り返すスロープを上がっていくので、高さ的には2階というには語弊があります。足腰に自信のないシニアの方が止めておこうかしら、と言うので、ここは上階のモザイクが素晴らしいのでちょっとしんどいけど頑張って上がってみて、ダメそうだったら途中で引き返しても大丈夫と言ってあげました。

アヤソフィア上階へのスロープ


上階は1周は出来ないので、まずモザイクがある右側へ行きます。20世紀になって漆喰の裏から発見されたギリシャ聖堂時代のモザイクがいくつか見られます。黄金に輝くモザイクはかなり保存状態がいいものもあります。

アヤソフィア2階のモザイク


じっくり建物を見ると、2階の天井や、柱上部のアーチなど絵のように見えるものも実はかなり古いモザイクが使われていると分かります。目を凝らす必要はありますが、オリジナルのままの場所もあるのではないか、それほど時の流れを感じる細工です。

アヤソフィアの美しい装飾


一通り上階を見終わったら、左奥にあるスロープを降ります。1階まで降りると、見落としがちな古いタイルを見ることができます。16~17世紀のイズニックタイルです。

アヤソフィアの16~17世紀のイズニックタイル


ここの所毎年のようにトルコに来ている私ですが、アヤソフィアは久しぶりに見学しました。ここは夏には暑く湿気もあるし、地震もある所なので保存は大変でしょうが、いつまでもこのままでいて欲しい場所です。

さて、イスタンブールではそこかしこに猫がいます。日本で見る野良猫とは違って毛並みもよく愛嬌がある猫がゴロゴロ。そんな中、アヤソフィアのイズニックタイルの近くにいた猫ちゃんがすごく愛らしくて、遊んでモードでスリ寄られ膝に足をかけてきました。犬猫飼ったことないのに連れて帰りたい衝動に駆られました。また行ったらまた会えるかな・・・。

アヤソフィア内部にいた愛くるしい猫ちゃん


次回は地下宮殿~アンカラをレポートの予定です♪

トルコ・イスタンブール(地下宮殿)~アンカラ

2014/01/21 (8日目) 続き

11:20 アヤソフィアのすぐ近くにある地下宮殿に来ました。本当は一周して戻ってきてから15日目に観光の予定でしたが、効率よくするためと前倒しされました。よくある変更ですが、なんで最初からそう組んでいないか不思議でもあります。冬場は待ち時間などが少ないので、余裕が出るということもありますが。

地下宮殿も安いツアーでは入場することは珍しいですが、夏なら特にオススメのスポットです。4~6世紀に造られた貯水池ですが、立ち並ぶ大理石の柱は本当に宮殿のようです。イスタンブールの地下にはこうした貯水池が他にもあるようです。

地下宮殿に並ぶ大理石の柱


地下宮殿にはたくさんの鯉や金魚が広い住処を悠々と泳いでいますが、どれもこれもまるまる太っています・・・。

地下宮殿に住む肥満魚


ちょっと幻想的な地下宮殿を奥まで進むと、柱の土台にされたメデューサの顔を見ることができます。これは横向きですが、逆さになったものと2つが近くにあります。宮殿ではなく貯水池だったので、見てくれ後回しで古い石材を利用したようです。

土台に使われたメデューサの首


こちら見落としがちな涙目の柱、ちょっと細めの柱です。孔雀の模様とか目玉とかいろいろ言われています。この柱に開いた穴があって、アヤソフィアのマリアの手形同様、親指を入れて一周させると願いが叶うとか言われています。一回転させることに夢中になりつい願い事をするのを忘れてしまうのもいつものことです。

涙目の柱


11:45 地下宮殿から出てまぶしい日光を浴びます。こうした普通の街の下にあんな空間があるというのはとても不思議な感じがします。

スルタンアフメット地区地下宮殿出口付近


12:00 バスで湾沿いに面したお店に移動しランチです。過去何回か来た事があるツアーでお馴染みのお店ですが、名前はメモるの忘れました。入り口でトルコアイスを売っています。4TL(約200円)と相場よりはちょっとお高めですが、食後に頂きました。

トルコアイスはパフォーマンス込み


メインはサバです。イスタンブールでのランチで必ずといっていいほど出るメニュー。
それにしてもツアー慣れしてるからか店のサービスが恐ろしく早いのにびっくりです。

イスタンブールランチの定番サバ


12:40 バスに乗り、これからアンカラへ移動です。イスタンブールの観光の続きは一周してきてからになります。車窓から見えるガラタ塔などは旅の最後の観光地となる予定です。

イスタンブール新市街を望む


ガラタ橋を渡ります。昼間ももちろん釣り人でいっぱいです。前回来た時に橋からイルカを見たので、目を凝らして見ましたがそう簡単には再会できませんでした。

ガラタ橋の上


トルコのツアーは自然や遺跡、街並みと素晴らしい観光地を周ってくれる上、かなりお値段が下がってお手頃なのですが、強いて問題を挙げればバスによる移動が長いということです。ですが、近年は観光バスには無料Wi-Fiが提供されていて、車窓景色を楽しみながら暇つぶしができて快適です。もっともスピードは遅くてよく切れますが。

イスタンブール近くの住宅街


ボスポラス海峡を渡り、アジア側へ入ります。ヨーロッパサイドにあるイスタンブールの街の中心が遠くになりました。遠めに見てもモスクのミナレットの数はかなりあります。

ボスポラス海峡を渡る


途中二度休憩を挟み、アンカラを目指します。2時間も走ると、風景は田舎の景色に一変しています。移動が長いので、同じような景色をずーっと見ている感じになり、ついつい眠気に誘われます。トルコのツアーには暇つぶしグッズが必携です。

イスタンブールーアンカラ間の車窓景色


17:00過ぎると陽も落ちます。雄大な大地がピンクに染まり、ここからは意識が途切れました・・・。

広大な台地で見る夕日


19:00 アンカラのホテル、デデマン アンカラに到着です。ここは前回も泊まりました。周囲にはキヨスクとナイトクラブとかしかありません。例によってあまり冷えない冷蔵庫含め、スリッパ、ドライヤーなど必要なものはそろっています。

デデマンアンカラの部屋


無料Wi-Fiが提供されていますが、ログイン情報に部屋番号(前0付)と生年月日が必要なので、ホテル側の設定が終わるまで(21:30とか)しばらく使えません。またスピードも遅いです。ホテルでの夕食はドリンクの値段がかなり高めです。(ビールは小瓶で16TLとか)

2014/01/22 (9日目)

デデマン アンカラは朝食は5つ星らしくグレードが高いです。トルコの朝食で注意が必要なのはジュース、でしょうか。やたら薄めてあるものがあるので、ちょこっと入れて味を確認してからにするのが定石です。

デデマンアンカラの朝食


8:00 ホテルを出発し、アンカラでは何も観光せずボアズカレへ移動しますが、出発してすぐ急にお腹が痛くなりました。そう言えば前もこのホテルに泊まった後こんな現象が・・・。これは通常とは違い、我慢が可能なものではないと判断して、緊急ストップを取ってもらいました。我慢して大変なことになる人もいるようですが、体調悪い時はアリだと思います。

次回はハットゥシャ遺跡のレポートの予定です♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR