プエルトリコ・サンクリストバル要塞~オールドサンファン散策

2013/11/19 (5日目) 続き

サン・クリストバル要塞までは城壁に沿ったNorzagaray Stをまっすぐ東へと歩きます。大西洋とパステルカラーの街並みの間を気持ちよく散歩です。

エル・モロ要塞からサン・クリストバル要塞へ


16:20 エル・モロ要塞の係員は30分と言っていましたが、20分ほどでサン・クリストバル要塞に到着です。ここは17:00までなので、急いで来たのですが、17:00までに入れば大丈夫だったような雰囲気でした。教えてもらった通り、エル・モロ要塞のレシートを見せたら2ドルの追加で入場できました(セットにアップグレードで1ドルお得です)。

サン・クリストバル要塞入り口


サン・クリストバル要塞も3層くらいになっています。第二次世界大戦の監視所だった小さな部屋に入ってみると、横長の切れ間から大西洋が見えます。左の方には先ほどいたエル・モロ要塞。海からの侵攻を見張るスポットだったのでしょう。

サン・クリストバル要塞監視所


このサン・クリストバル要塞は、モロ要塞よりもかなり大きいという印象ですが、10万㎡も敷地があり、スペインがアメリカ大陸に建てた中でも最大の建造物なのだそうです。17~18世紀に建てられたこれぞ要塞、といった堅い造りです。

サン・クリストバル要塞から旧市街を望む


一番高いところにあった監視所から新市街方面を眺めました。この要塞は高台に位置するので、360度サンファンの景色を眺められます。規模や眺望だけで言えば、エル・モロ要塞よりオススメです。

サン・クリストバル要塞から新市街を望む


しかも、港からまっすぐ北、300mくらいの場所に位置しているので、エル・モロ要塞まで行く時間や体力が心配な方はこちらだけ見てもいいかも知れません。要塞の南側の至る所で、港が見下ろせます。左が私たちの船、ノルウェージャン・ジェムです。

サン・クリストバル要塞から望むオールドサンファンの港とノルウェージャン・ジェム


このサン・クリストバル要塞も、上下階の移動にはいくつかの階段を利用することができますが、その中にはやはり人ひとりが通るのがやっとくらいの狭い階段もあります。こちらの監視所みたいなのは中はらせん階段です。見学できないものの、地下には秘密の通路とかあるみたいですし、古い要塞というのは何があるかわからない点がワクワクします。

サン・クリストバル要塞の螺旋階段出入り口


要塞でトイレに寄ってから、残り時間はオールド・サンファンの街歩きを楽しみます。
白を基調としながらも色とりどりに彩られた家並みを楽しみながら、セバスチャン通りを西へと歩きます。道は石畳なので、ちょっと足が疲れます。

オールド・サンファンの街並み


オールド・サンファンは碁盤の目のように道が配置されていますが、私は東西の道を歩きながら、交差点の度に南北の道を見るのが好きです。南北の道は坂になっていて、奥行きがあってより一層素敵に見えるからです。奥に見えているのはサンファン湾です。

オールド・サンファンの素敵な街並み


どの道もくまなく歩きつくしたい衝動に駆られながら、エル・モロ要塞手前の公園まで来ました。すぐ先にカサブランカという真っ白な建物があり、オールド・サンファンの最古の住宅として知られていて博物館となっていますが、既に開館時間を過ぎているので、家の前まで行って引き返します。

エル・モロ要塞手前の公園


地図を見るとそのまま南へ下れば、サンファンゲートというのがあるので、そちらへ下りることにしました。閑静な住宅街を通り抜けます。この辺りは猫ちゃんがやたらと多いです。玄関先に餌を出している家が多く、皆で飼っているという感じです。

オールド・サンファン奥の住宅街


どんなゲートだろう、見逃すまいと思っていると、明らかにそれらしき門が・・・。城壁に赤いゲートがあります。写真的にはこの角度は素晴らしいと思いますが、やっぱり降りてみずにはいられません。

サンファンゲート


サンファンゲートへ下りて、門をくぐってみると、そこには海岸沿いに遊歩道がありました。ちょうどサンセットの時間です。遊歩道を歩きながらゆっくり日の沈むのを眺めようかとも思いましたが、少しでも日があるうちに街の中を散策しなければと諦めます。

サンファンゲートから見る夕日


サンフランシスコ通りからクリスト通りなどを通り、海からきれいなブルーの宮殿に見えたラ・フォルタレサを内側からちらっと見ます。ここも開館時間はとうに過ぎています。寄港時間帯が遅いので、入場観光をできるところは限られ、何を優先するか事前にちゃんと考えておかないといけないです。今回は初訪問のため要塞を優先させました。

ラ・フォルタレサ


次回は夜のサンファンをレポートの予定です♪

プエルトリコ・夜のオールドサンファン

2013/11/19 (5日目) 続き

フォタレサ通りを歩き始め、ピニャコラーダ発祥の店バラキーナ(Barrachina)の前にきたら日本人が続々出てきました。クラブツーリズムのオプショナルツアー(8000円)に参加した人たち、カクテル一杯付きで、ショッピングフリータイムになった所のようです。丁度喉が渇いていたので、一杯飲もうかと思いましたが、ピニャコラーダは好きなカクテルではないので、スルーすることにしました。

ピニャコラーダ発祥の店バラキーナの脇には記念プレート


次の角を曲がり、アルマス広場の手前で、添乗員に遭遇しました。目の前のコーヒーショップがオススメというので、ここで喉を潤すことにしました。Cafe Poetico、お土産にコーヒー豆もオススメだというので、1つ買います。店員の感じもいいし飲み物は3ドル台でした。

Cafe PoeticoとSuperMax


落ち着いたカフェはカウンターからソファまであり、広くはないものの落ち着けます。嬉しいことにWi-Fi付きです。船のInternet接続は高くて遅いので、こうして寄港地で休憩がてら使うのがよさそうです。

Cafe Poetico店内


気が付いたら、18:40。45分カフェにいたようです。疲れも取れたし、と外へ出てみるとびっくり。あれほどカラフルだった街がセピアに染まっているではありませんか。たくさんいた観光客も激減し、違う街に来てしまったかのようです。

夜のオールドサンファン


カフェの隣にSuperMaxというスーパーマーケットがあったので、ちょっと覗いて見ます。ビール売り場には、素敵な瓶がずらり。瓶が主流のようですが、缶(300ml弱)もあったので、お菓子と一緒に購入しました。

プエルトリコの瓶ビール


あたりはもう真っ暗になり、静かな道になりましたが、フォタレサ通りをコロン広場まで歩きます。街灯が少ないせいか、横道などは何とも言えない雰囲気です。

セピア色の街


19時を過ぎて、ほとんどのお店が閉まっています。そんな中、一軒のお土産屋が開いていたので、Tシャツを購入しました。

サンファンのお土産屋


コロン広場までやって来ました。この広場にはコロンブス像が建っています。この裏側にはサン・クリストバル要塞があるので、オールドサンファンをくまなく見て回った感じです。

コロン広場のコロンブス


港はすぐそこですが、最終の乗船時間は20:30なので、少し遠回りしながら港に戻ります。港に近い大通りは少し明かりが多く、港に戻る観光客目当てにまだ開いている店もあり、建物の色が飛ばずに残っているのが印象的でした。

オールドサンファン港近く


20:00、桟橋に戻ります。桟橋の入り口で、クルーズカードとパスポートチェックがあります。また、乗船時にセキュリティチェックもありますが、形式的で、アルコールや食料持込禁止とかいっても申告制みたいなもののようです。先ほど買ったビールはお土産用だったので、見つかれば船に預けるつもりでしたが、そのまま持ち込みました。

ノルウェージャン・ジェムの夜景


20:20 今日は初めてマジャンタというレストランで夕食を取ることにしました。実はメニューはメインダイニングのグランドパシフィックと同じです。接客が少し慣れている気がします。写真はメインのリブステーキ。ワインはパッケージから選んだ赤、1本飲めないので、ボトルキープしてもらいます。

ノルウェージャン・ジェムのリブステーキ


困ったことにこの船、デザートがおいしいのです。レモンケーキとニューヨークチーズケーキ。大きさ、甘さはそれほどでもないのですが、毎日のこの誘惑は逃れられません。ま、今日はたくさん、歩いたことだし、と自分に言い訳をします。

レモンケーキとニューヨークチーズケーキ


2013/11/20 (6日目)

カリブ海まで来たら揺れは収まると思っていましたが、相変わらず揺れています。次の寄港地、セントマーチンのフィリップスバーグが見えて来ました。私がこの旅行で一番楽しみにしている寄港地なので、8:00の下船開始時間にスタートダッシュの予定です。

セントマーチンのフィリップスバーグ


港は大渋滞、というか、ラッシュです。なんと大型客船が6艘も順番に停泊します。これは壮観。世界最大客船オアシスオブザシーズや、セレブリティ・リフレクションなどすごい顔ぶれです。小さな島が大変なことになっていそうな予感です。

名だたる大型客船が集合


次回はアンギラをレポートします♪

アンギラ・ブローイングポイント

2013/11/20 (6日目) 続き

下船開始予定時刻8:00にギャングウェイに並びます。港が渋滞で停泊作業が少し遅れたので下船も少しだけ遅れました。港は着いたばかりの6艘もの大型客船からの客でいっぱいです。早足で人を追い抜き、タクシーの表示を探してタクシー乗り場に急ぎます。セントマーチンでの滞在時間を有意義に過ごすために路線バスを使うなど悠長なことは考えられません。

セントマーチン・フィリップスバーグ港


タクシー乗り場では、行き先を告げると他に同じ方面に行く客がないかしばし待たされます。基本的に相乗りなのです。途中まで行く客と相乗りし、フランス領マリゴを目指します。2人で18ドル。タクシーは、支払い単位が何人かによって、値段が多少違うものの定額料金で、運転手はオレンジなど同じTシャツを着ていてわかりやすく使いやすいです。

8:30 タクシーで蘭領フィリップスバーグを出発、途中、オランダサイドからフレンチサイドに入ります。セントマーチン島はオランダ領シント・マールテンとフランス海外準県サン・マルタンに分かれていますが、特に国境は意識されていません。あやうく国境のモニュメントも見過ごすところでした。

セントマーチンのフランスオランダ国境


9:00 フランス領の首都マリゴに到着します。丘の上に興味をそそる砦が見えますが、それは後回し、この港から船に乗り、北方にある英自治領アンギラを目指します。何年か前にカリブ海クルーズを検討し始めたときに初めて知った日本人にはほとんど馴染みのない島で、情報があまりないですが、海が美しいと言うので是非にも行こうと心に決めていたのです。

セントマーチン・フランス領マリゴ


タクシーのドライバーにアンギラに行きたいんだけど、と聞くと、目の前のアンギラ行き船乗り場を教えてくれました。ですが、ちょうど9:00の船が目の前で行ってしまいました。船は8:15から45分おきに出ています。

マリゴの港


まず、パスポートを出して、乗船登録みたいのをしボ-ディングパスとアンギラの税関書類をもらいます。隣でTax払えといわれ1人5ドル(か3ユーロ)。次は出国です。あれ?ボーディングパスってもらったけど、船のチケット代はいつどこで払うの?近くにいた乗客らしき人に聞いたら、船の中で、だそうです。あと30分、どこか見てきたいところですが時間が読めないので、出国手続きをして、パスポートに出国スタンプをもらい、小さな待合室で待ちます。軽食飲み物などを売っている小さなお店とトイレがあります。

9:45の少し前、どうやら乗客がいっぱいになったみたいで(席足りずに運転席に座った人も)、早めに出航となりました。やれやれ、町をぶらついたり砦に行かなくて正解。少し走ったところで、船の中で運賃回収、一人15ドルでした。約20分、すごい水しぶきで飛ばしアンギラに到着です。

アンギラのブローイングポイント


10:05 アンギラに到着したら、なんとちゃんとイミグレがあります。並んで、初めてかとか、いつ帰るとか、目的はなど一通り聞かれます。明らかに水着の上にTシャツなどを着て、客船のビーチタオル抱えているんだけどもね。ほんの数時間の滞在ですと言ってスタンプもらい、税関申告書を出して入国です。

ブローイングポイントのイミグレ


港の周辺の海、めちゃくちゃきれいです。このあたり、船のOPでもイルカと会えるツアーなどが出ています。思い描いていたままの景色にテンションがあがります。訪問された方のブログなどを見ると、適当に歩いて、その辺の無人ビーチで泳ぐのがオススメなんだそうです。

ブローイングポイントのビーチ


ということで、港の建物を出るとタクシーの呼び込みをされますが、それを断り歩き出そうとします。この港のあるブローイングポイント、海の玄関口とはいえ、建物が1つ2つあるだけ、道はまっすぐと左の2本です。まっすぐは島の真ん中の方へと伸びているので、港で見た白い砂浜が広がっていると思われる左の方の道を行くことに決めました。

ブローイングポイントには土産屋すらない


しかし、、、行けどもビーチっぽいところに行き当たりません。しかも日差しがめちゃくちゃきついです。途中海方面へ出られる道がないか探りますが、どこも私有地への道です。様子見ながら20、30分歩きましたが、ビーチは見つからず諦めて戻ることに・・・。

アンギラの道


ほとんど人も車も通らない道の脇では何かがゴソゴソと動く音がします。ふと見ると、あ、カニ。いえ、これは抜け殻でした。音の正体がわからないままトボトボと来た道を引き返します。

道の脇にはカニの抜け殻


ちらっとでも海が見えるような道は入っていってみましたが、人の家だったり、小さなホテルだったり・・・。しかも海岸沿いまで行ってみても砂浜じゃなくて岩場だったりするので、海沿いを歩くこともできません。

なかなかビーチへ出られないアンギラ


せっかく張り切ってアンギラへ来ましたが、12:00の船で戻ると決めて、港から歩ける範囲のビーチでしばしきれいな海を眺めるのみ、になってしまいました。偶然ビーチを見つけられた人のブログをたまたまいくつか見ただけで準備を怠ったのが敗因です。

ブローイングポイントで海を楽しむ


最初からタクシーでどこか近くのビーチに連れて行ってもらえばよかったのでしょうが、実は14時くらいまでには蘭領まで戻っていたい事情もあったので、どこへ連れて行かれるかわからないリスクは犯したくなかったのです。時間いっぱい白い砂浜が切れるところまで歩きました。

アンギラの海辺は砂浜だけじゃない


すると、ついに、ゴソゴソ動く、島の生息者の正体を突き止めました。トカゲです。緑っぽい色した20cm超の大きめのもので、動きが早すぎてなかなか写真に収まりませんでした。
それにしても海岸から離れると、ゴミがいっぱいなのに、ちょっとがっかりしました。

アンギラにたくさんいる姿の見えないトカゲ


帰りはまず船のチケットを買います。1人15ドル。隣でTAXを払いますが、税金が5ドルの他に3ドル(セキュリティ)で1人計8ドル。出国、セキュリティを通って小さな待合室で12:00の船を待ちます。ボーディングパスっていうのは、こんな紙をパウチしたやつです。

アンギラの出入国スタンプとボーディングパスなど


12:00 少し遅れて出航し、セントマーチンの仏領マリゴへと戻ります。絶対いつかリベンジして、アンギラの綺麗な海で泳ぐぞと心に誓います。たった2時間の滞在で、当初の目的を達せず、熱い島の道をひたすら歩いた、そんな苦い思いが残りました。

アンギラのブローイングポイント


次回はマリゴをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR