キルギス・チョンアクスー渓谷

2014年も旅レポートをよろしくお願いします♪

2013/10/08 (5日目) 続き

10:15 チョルポン・アタの歴史文化博物館を出発し、急遽行程変更で行くことになったチョン・アクスー渓谷へと向かいます。何の情報もないので、ガイドブックを開き場所と最低限の情報を頭に叩き込みます。東へ向かった後、北に進路をとり、舗装されていない道路を進みます。キルギスらしい風景にちらっと川が見えてきました。

イシク・クル湖北側のチョン・アクスー渓谷入り口付近


どこでも放牧が見られる国ですが、間近でというのはそうあるものじゃありません。徒歩や馬に乗って羊を追い立てている所をこちらが横切らせてもらう、という気分です。

羊の放牧


やがて景色がため息をつくような風景になってきました。山と黄葉した木々、氷河から溶け出した水色の川、のんびり草を食む牛たち・・・。思わず声を上げ、ガラスにへばりついてシャッターを押しまくりです。

チョン・アクスー渓谷入り口付近


11:30 チョン・アクスー渓谷の入口につきました。チョルポン・アタから1時間15分です。後半舗装されていない道路なのであまりスピードが出ません。ここでガイドがチケット買っている間に、入り口にいた鷹匠さんがいて、撮影代200ソル(約400円)を後から徴収という不親切な商売をしていました。先にいくらか言うのが親切ってものでは・・・。

チョン・アクスー渓谷入り口


11:50 季節はずれに急遽来たので、大型バスがどこまで入れるかわからず、この先Uターンできるところがあるか現地の人に聞いています。彼らはここで養蜂を営んでいるようです。
結局ここでバスを降りて散策することになりました。

チョン・アクスー渓谷の養蜂家


周囲の山はそこそこの高さで、渓谷だけあって、荒々しい岩をした所などもあります。

チョン・アクスー渓谷の岩肌


天気がいいからか、なだらかな山と所々に見られる黄葉などを見ていると、ピクニック日和だなー、という気持になってきました。夜あれほど寒かったし、更に山に来ているから寒いだろうと思っていましたが、むしろ暑いくらいです。

チョン・アクスー渓谷入り口付近の山並み


ほとんど平坦に近いようななだらかな道をしばらく行くと小さな橋があります。川の水の色がなんともいえません。

チョン・アクスー渓谷の川


景色はそこそこきれいですが、歩いているうちに本来行くはずだったジュディオグズの渓谷や奇岩はどんなところだったろう、そうだ花の盆地ドリーナ・スベトフも楽しみにしていたんだった、と思い返すと段々悔しくなってきました。三蔵法師が訪れた辺りで天山山脈も見えるんじゃないかと思い出します。

そもそもその辺りは大型バスで入れないような所で、小型の車に分乗して行くはずだったのです。それが、別の渓谷に急遽来て、どこまでバスで行けるかわからないからと早めに車を降り、こんな車道を散策しています。途中トラックがびゅーんと抜いていったりしたのを見ると、もっと奥に行けたんじゃ、という気持が湧き上がってきました。

チョン・アクスー渓谷の一本道


時間的に1時間滞在、適当なところでUターンして来た道を帰るとガイドが言います。一応代替で渓谷に連れて来て散策させたことにするという態度が見え見えでした。悔しいので、早足で一本道をどんどん進み、できるだけ奥まで行ってみたいと張り切ります。急に体調不良が良くなってきた気がしました。

結局、川辺の岩場に近づけるポイントで引き返すことになったようです。ひんやりする水に手をつけて、こっそりもう少し行ってみることにしました。しばらく休憩しているのか、イヤホンガイドからはガイドのカラオケ(日本の歌)が聞こえてきます・・・。

川に降りられるスポット


この渓谷には温泉があるようで、宿泊施設もあるようです。結局引き返すのはその最初のホテルよりも下だったみたいですね。広い車道じゃ、渓谷を散策という気分がちょっとそがれたのは事実です。

小さなホテルもあるらしい


イヤホンガイドの電波が入らない所まで来ると、緑が一層濃い地帯にやってきました。まだまだバスが通れるほどの広い道が続いています。先の橋まで行って私も引き返すことにしました。

針葉樹の多いチョン・アクスー渓谷


私の引き返しスポットで撮った写真。この水の色が、唯一私の心を慰めてくれているようでした。イシク・クル湖に流れ込んでいる118の川のひとつです。

渓谷美


12:30 チョン・アクスー渓谷を後にし、来た道を引き返してチョルポン・アタへ帰ります。
13:40 チョルポン・アタのレストランにて昼食です。今日は移動式住居ユルタでの食事だったはずですが、それもなし、町の普通のレストランに変更です。

チョルポン・アタのレストラン


あくまできゅうりとトマトメインのサラダ、スープはボルシチです。量がかなり多いです。

サラダにボルシチ


メインはマンティ。とにかくでかい水餃子って感じです。ここの所あまり食べていなかったのでお腹が空いていたこともあり、一口味見します。中の具の香辛料と油が合わず、胃が痛みます。かわの部分を少し食べるだけにしました。

水餃子に近いマンティ


次回は鷹狩りと代替宿泊地チョン・ケミンをレポートの予定です♪

キルギス・鷹狩り~チョンケミン

2013/10/08 (5日目) 続き

14:45 チョルポン・アタを出て、西に進路を取ります。昨日通った道を戻る感じです。本来であれば、イシク・クル湖の東端まで行くはずが、暴動とやらで行けないというので、翌日戻るはずだった道を今戻っているわけです。イシク・クル湖の西端の町を通り抜けます。東のカラ・コルはまた全然違う町だったろうと想像をめぐらします。

イシク・クル湖西端の町


16:10 道路にバスを止め、広い空き地で鷹狩り見物をするそうです。恐らく渓谷か盆地で見学する予定だったものを、無理やり適当な場所でやることにしたようです。情緒も何もあったものじゃありません。

即席鷹狩り見物会場になった郊外の空き地


どこからか車でやってきたキルギス伝統の帽子を被った柔和な顔立ちの鷹匠さんが、主役の鷹の紹介をします。3年前に捕まえて育成しているというトイゴンという4歳メスだそうです。ちなみに鷹って50年くらい生きるそうです。獲物が見えないように目隠しされています。

鷹匠と鷹


こちらが餌にされる可愛そうな黒ウサギ。このために飼われていたもので、まったく逃げようともしません。

鷹狩りの獲物のウサギ


鷹は4,5キロ先から獲物が見え、動いているものほどよく見えるそうですが、今日はほんの20-30メートル先のおとなしいウサギを狙います。目隠しを取られると、まっすぐにウサギめがけて飛んでいきました。あれ、思ったより滅茶苦茶低空飛行です。

獲物めがけて一直線の鷹


重さ5,6キロあると思われる体で鷲掴みにし、しばらくしてからそのまま食べ始めます。
ウサギが暴れて砂煙が舞います。かなり血生臭くて、気持のいいものではありません。でも、11月から鷹たちは狐や狼の狩りに使われるのだそうで、訓練のためにも必要なのでしょうね。

衝撃的な鷹狩りの映像


鷹も普段は檻で飼われているそうで、鷹匠に懐いています。腕の上でもぎ取った頭を食べ続けます。毛ごと食べて、消化できないものは明日吐くんだそうです。あまりにえぐいシーンで皆すっかりトーンダウン、楽しい観光じゃないことは確かです。大自然の中でならまだしも、寂れた郊外の空き地で見るものじゃないですね・・・。

鷹匠さんの腕で食事の続き


ちなみに、鷹を腕に乗せて写真を撮るのは100ソムでしたが、狩りを見物した後じゃ誰もそんな気分にはなれなかったようです。

17:45 峠の道端、路肩でバスを止めます。この前に行きにも利用したドライブインでトイレ休憩したばかりですが、どうしたのでしょう。

渓谷沿いのきれいな道をドライブ


峠にはモニュメントもあり、遥か眼下には川も流れているようです。日が陰ってきたので、急激に風が冷たくなってきました。

峠のモニュメント


道端にはユルタがあります。お土産屋みたいなところみたいです。
今日お昼に出すはずだった馬乳酒が手に入らず困っていて、夕飯時に代わりにビールなどをつけますということでしたが、ここで手に入るかもと立ち寄ったそうです。そういうお店だったらしく、馬乳酒を買えたので、夕食時に試飲して下さいということでした。

峠で商売しているユルタ


ユルタの中に入ってみましたが、他に何を売っているでもありませんでした。もう観光シーズン終わってますしね。で、天井を見上げると、あ、なるほど、キルギス国旗の真ん中部分、こんな感じだったなと思い返します。

ユルタの天井


さて、再びバス移動です。途中で快適な道路を外れ、どこに連れて行くんだろうと思うような山道を抜けていきます。車窓はどこを向いても山、動くものは動物ばかり、が続きます。

キルギスは大自然の風景ばかり


18:30 Arr HTL
チョン・ケミン地区という所にあるアッシュゲストハウス(ASHU GEUSTHOUSE)に到着しました。周囲はど田舎の村で、このゲストハウスもよく言って高原地域にあるペンション風といった感じです。すぐに暗くなり、ホテルの前を羊とかが単独で歩いていたりするような村です。

アッシュゲストハウス


すごい所ですが、Free Wi-Fi(ID/PWなし)付きでした。さっそく暴動とやらの情報を検索します。やっと見つけた英語の情報はタス通信のサイトだけで、全部読む限り暴動とは大げさな表現ではないかと思いました。原因がはっきりしていて鉱山開発に関するデモで、武器を使ったのは治安部隊の方、催涙ガスなどの殺傷能力のないものでした。それもデモの首謀者たちは前夜のうちに捕まって移送されたと・・・。

過剰な対応だったのではと旅行会社に対する不振が募ります。現地ガイドも反政府側の政治活動しているような人だし、いくら日本語が流暢でガイドとしても経験豊富といっても、大げさに煽って、さも安全を確保してあげたみたいな言い方が鼻に付き、とても有難がる気にはなれません。

しかしびっくりしたことにツアー参加者の一部は今日行く予定の所がどんな所だったか知りもせず、行程変更を何とも思っていない人がいたことです。ドゥンガンの文化とか、木造のロシア教会とか、有名な探険家のお墓とか、渓谷や盆地以外も行く予定だったんですよ、と言うと、へーそうなの、とこういう有様でした。旅行の目的はいろいろだと悟りました。

後日分かったことですが、現地の実情がどうあれ旅行会社が安全確保を理由にすれば、行程変更や観光を割愛しても旅程保障する必要がないということです。ツアー旅行の約款には、地震や戦争などみたいな書き方で、本当に差し迫った命の危険がある場合などに見える文章ですが、怪我するかもと思っただけで大幅に変更しても保障の義務はないのが実情だそうです。しかも、それだけの変更をしておいて、宿泊地が変更になったことなどを緊急連絡先に知らせていないし、何か起こった際の対応は大手と違いが大きいと実感しました。何かあったら判断は全て旅行社に従うしかない、お金が返ってくるどころか出費もありえるというツアーのリスクを目の当たりにしました。

19:00 ゲストハウスのレストランで夕食です。
肉の入ったピラフみたいなご飯とサラダ、食後にスポンジケーキ、のみの素朴な内容です。急遽泊めることになったので、材料もなかったのでしょうけど、ツアーの食事がこんなだったのは初めてです。

アッシュゲストハウスの夕食


で、こちらが峠で入手した馬乳酒。もうこの国に二度と来ることはないだろうとこの時点で思っていたので、思い切って一口試してみることにしました。スモークチーズとヨーグルトの合わさったような感じの味わいで、決しておいしいものではありませんでした。

峠で手に入れた馬乳酒


明日の出発は10:00というので、こんな何もない所ではどうしようもないので、せめて9:00にと皆で申し入れしました。

次回はこのチョン・ケミンがどんな所かレポートします♪

キルギス・チョンケミン

2013/10/09 (6日目)

急遽泊まったアッシュゲストハウス(ASHU GEUSTHOUSE)、部屋はペンション風で、鍵が中からしかかからないトイレ方式。シャワーのみで、冷蔵庫、テレビ、ドライヤーなどは何もありません。家具調度品は全て手作り感満載で、窓の前にある家具が実はカバーみたいなもので、夜足の上に倒れてきて痛い目にあいました。

アッシュゲストハウスの部屋


朝起きたら、なんだかお腹が空いていたので、朝ごはん期待できなさそうだしと、持ってきたカップラーメンを食べます。かなり体調がよくなったようです。そこでお散歩に出ることにしました。まずは建物の周りを歩いてみると、庭っぽいところに石人やユルタがあります。一応、外国人観光客を意識したものなのでしょうから、周辺に観光スポットが何かあるのでしょう。

アッシュゲストハウスの庭にあるユルタと石人


レストランの先へ行くと、木工作業所みたいな所が。やっぱり家具類は全部手作りのようです。見た目はかわいらしいですが、ちょっと手をついただけで倒れる家具は考え物ですね。
バンドエイドはもちろん消毒薬も持って来ていて良かったです。

アッシュゲストハウスの家具は手作り


朝の空気がすがすがしいので、周囲の散歩に出かけます。昨夜真っ暗な中羊だけがノソノソ歩いていた道路に、朝はそこらじゅう鶏が走り回っています。7:30過ぎですが人の気配は皆無です。

チョン・ケミンの朝は鶏があちこちから飛び出す


道路沿いには民家があるものの、店とかそういうものは一切見当たりません。見える風景は、朝焼けに染まるきれいな山並みの大自然だけです。

チョン・ケミンの周囲


ひたすらまっすぐ歩きますが、まったく人には会いません。そこかしこに、いろんな動物の影はありますが・・・。

チョン・ケミンの集落


民家の庭先にはずらっと干された洗濯物。早朝から干したというより干しっぱなしという感じ。洗濯物を見るに、小さな子供などもいるのでしょうけど、どんな暮らしをしているのでしょうか。

チョン・ケミンの民家


ずっと歩いていくと、舗装された広い通りに出ました。確かここから川までそう遠くなかったように思うので、川まで行ってみることにしました。ふと振り返ると、そこに第一村人発見!馬を放牧に出しに行くところのようですね。

チョン・ケミン地区、朝の放牧へ出かける人


ど田舎の中に唯一通る広い道を歩きながら来た方向を振り返ると、ゲストハウスのある集落が見えます。景色は素晴らしいけど、一体なんでここに泊まることになったのだろう、ここには何もないし、何も案内もしてくれない。泊まる予定だったカラ・コルとも次泊まる予定のビシュケクからも遥か離れた場所なんです。きっと旅行社が安く泊まれる所を探したのでしょうね。

チョン・ケミン地区


さて、川にかかる橋までやってきました。ゲストハウスから10分ちょっとしか歩いていないと思いますが、随分遠くに来た気分です。せっかくなので川に降りてみることにします。

チョン・ケミンの川にかかる橋


川の水はきれいで冷たかったです。それにしてもこの国は本当に自然ばかり。目を見張るような絶景とはいかないかもしれないけど、ここまで自然が残っているのも今時では得がたいことかも知れませんね。

川辺


風が少し冷たいですが、実に心地いい朝の散歩でした。女一人でももちろん危険など感じないのんびりした所でした。川べりの空き地には、騎馬ゲームのゴールが見えました。村や町ごとにあるんでしょうかね。

チョンケミンの騎馬ゲーム場


8:00過ぎにゲストハウスに戻ってきて、そのままレストランに向かいます。レストランはスキー場のロッジみたいな感じです。

アッシュゲストハウスのレストラン


やっぱり朝ごはんも質素な感じでした。ヨーグルトだけおいしく頂きました。

アッシュゲストハウスの朝食


渓谷とか滝とかありそうな雰囲気の地区でしたが、どこにも案内されることなくここを発ちます。今頃はカラ・コルの観光をしてるはずだったのでしょうけど、これからビシュケクへ向かい、ビシュケク市内で代替観光を考えているそうです。

次回はビシュケクをレポートします♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR