FC2ブログ

キルギス・ビシュケク

2013/10/09 (6日目) 続き

9:00 チョン・ケミンのゲストハウスを出て、キルギスの首都ビシュケクへと向かいます。
しばらくは山道を走ります。昨日も通った道で、泊まるためだけに山あいの村まで往復した感じです。

チョン・ケミンへの山道


10:20 恒例のトイレ休憩です。基本的に青空トイレばかりなので、4回に1回くらいしか私はしませんでしたが、いろいろ分かってきたことがあります。青空トイレは想像以上に難しいということです。ということで青空トイレについてちょっと語ってみたいと思います。

まず、見通しが良すぎると、隠せません。折り畳み傘じゃ隠せる角度は90度未満。かといって、草木が生い茂る所は、しゃがむのに適していません。草や木が突き刺さるんじゃないか、危ないのです。たまに良い場所を見つけると、そこは既にトイレとして何度も使われている形跡、つまりティッシュだけならともかく大が転がっていたりするわけです。

青空トイレ


ちなみに、紙は土や草に埋めますが、やはり土に返るには相当に時間がかかるので、トイレスポットは大自然といっても、大抵ティッシュが散乱していたりして足元は汚いことが多いのです。

慣れた人は「大丈夫よー」と言ってテキパキ済ませてますが、実は全然大丈夫じゃありません。そう言っている方、はっきり言って、丸見え、です。どんな下着かはもちろん、全部、見えてます・・・。大丈夫、の意味が違うんだと私は思いました。

で、唯一、この人うまい、と思った女性を見つけました。いつも人よりちょっと奥へ行きます。そして、傘も使った上で、不透明のポンチョを被っているので、彼女のは下着すら垣間見ることはありませんでした。帰国後、すぐにポンチョを買いに行ったのは言うまでもありません。その長さは中腰にぴったりで、手も動かしやすく最適です。

それにしても、女性の日があたったら、まずこんな旅は無理だ、と痛感しました。女性じゃなくても、完全にしゃがめないので、中腰になり、足腰がちゃんとしてないと難しいし、基本青空トイレの国にはもう行かないと強く思った次第です。そういう国に限ってお腹も壊すしね・・・。

さて、話が随分それてしまいました。主要道路に出てからはひたすら大自然の中を走ります。ときどき、道端で野菜などを売っています。農協のようなものはないので、農家の人は直接、道やバザールで売るとか隣国へ運んで売るとか自分で販路を探すのだそうです。

農家の路上販売


ビシュケクの近くへ来ると、やっと町らしくなってきました。ちなみに、国内の長距離は大きなバスじゃなくて、バンみたいなのらしいです。長距離でもトレイ休憩なんてないので、トイレ行きたくなったら、ドライバーに止めてもらって、自分で場所探すんだそうです。個人旅行は大変そうです。

ビシュケク近辺


11:30 国立歴史博物館に着きました。ここは元々観光に入っていなかったのですが、カラコルへ行かなかったので代替観光のために来ました。いかにも旧ソ連的な、つまり大きくて簡素な四角い建物です。1957年の博物館だそうです。

国立歴史博物館


この博物館は写真撮影は200ソム(ただし、撮影するほどの展示品はない)。2Fはソ連時代、3Fはキルギスの歴史と文化みたいな展示ですが、見ごたえのあるものはありません。ガイドの説明も、展示品の説明より、キルギスについての説明、でした。時間が余ったので、時間つぶしをしているという感じです。博物館に来て展示品を説明せず、時々移動して歴史の話とかするんです。

国立歴史博物館内部


トイレは地階にあり、1Fには小さなお土産屋さんがあります。キルギスで所謂お土産屋さんは他では見なかったので、珍しいです。ドル払いもOKです。後半フリータイムでは皆展示品は見ずにお土産屋を見て歩いていました。

国立歴史博物館内にあるお土産屋


12:35 博物館を出て、博物館前のアラトー広場を少し歩きます。右に移っている像はマナス像といって、キルギス民族の1000年以上前の英雄です。よほど好きだと見えてあらゆる所で像を見ますが、日本で言うと聖徳太子くらいの伝説の人みたいです。広場の国旗の前には警備兵が立っていて、なかなかイケメンでした。

マナス像と国旗の警備兵たち


13:00 ビシュケク市内のきれいなレストランでLunchです。絶対はずせないトマトときゅうりのサラダ、スープ、にビーフの串焼き。食後にケーキとお茶。今日はカラコル観光で、夜ビシュケクに入る予定だったので、ちょっといいレストランに案内して、のんびり食事させているという様相です。

ビーフの串焼き


14:20 市民の台所と言われるオシュ・バザールに来ました。食料品が中心の大きな市場です。15:00集合で自由見学となりました。物の値段などを見ながら一人で歩き回ります。物価は東南アジアほどは安くないですし、品質がイマイチで何かを買おうという気にはなれません。お米の種類がすごくたくさんあったのが印象的でした。

オシュ・バザール


周辺は日用品などが売っていました。それにしても驚いたのは、バザールを行きかう人々です。顔つき、服装、とにかくバラバラ。この季節だし、ほぼ全員この周辺の住民なのでしょうけど、余所者と区別が付かない状況です。自分も外国人に思えないくらい、何でもアリという感じに見えました。

オシュ・バザール


15:30 バスで移動し、中央郵便局にやってきました。実はキルギスからの国際郵便は、ホテルや町に設置されているポストに入れても届かないのだそうです。この中央郵便局の国際ポストに投函しないといけないということで、営業時間内にここへ来る必要があるのだそうです。自分宛の絵葉書を直接投函しました(約1ヵ月後届きました)。

中央郵便局の国際郵便ポスト


15:50 ツアー参加者の要望もあって、ホテルへ帰る前にスーパーマーケットへ寄ってもらいました。大きめの世界中どこにでもありそうなちゃんとしたスーパーです。10ドル相当以上ならクレジットカードもOKですが、アルコールは置いていません。ここで買い物の途中で全面停電がありました。10秒ほどで復旧しましたが真っ暗で怖かったです。

ビシュケクの大型スーパーマーケット


16:55 Arr HTL
3日前に泊まったアク・ケメに戻ってきました。前回暑かったので、部屋に入ってすぐにエアコン切って、窓を開けました。安心の洋式トイレを使ったら、水が流れません。タンクをのぞいたら空です。ペットボトルで水を補給し流したら、給水し始めた模様。これで給水しなかったら、人を呼ぶ、というのが経験から学んだことです。

まだ明るいので、近所に一人で散歩に出かけたら、5分くらい歩いたところに小さな商店を見つけました。今回体調不良でアルコールも飲めなかったしと、お土産用にビールを購入しました。

アク・ケメホテルに近い商店


18:45 集合でバスでRSTへ向かいます。この日、初めてバスのドライバー(2名)がずっとバスで寝泊りしていたことを知りました。その国の習慣とか違うんでしょうが、日本の旅行社が容認しているってのもどうなの?と考えてしまいました。残っていた日本のお菓子はドライバーさんに全部あげる事にしました。

19:15 DNR@RST
久しぶりに中華です。おかずの種類があるのはうれしいです。

キルギスで中華料理


20:30 ホテル帰着。

次回はカザフスタンのアルマトイをレポートします♪

カザフスタン・アルマトイ

2013/10/10 (7日目)

7:00 ビシュケクのホテルを出発し、7:40 コルダイ国境に到着です。この先は国境地帯なので、撮影禁止。手荷物も、スーツケースも荷物をすべて持ち、出入国手続きに向かいます。まずはキルギス出国です。

キルギス-カザフスタンのコルダイ国境


団体でさくっと手続きしてくれ、次はカザフスタン国境まで荷物を引きずって移動です。通路は狭くてフラットじゃなくて日本の動かしやすいスーツケースもここでは四苦八苦です。入国もすんなりで、荷物はX線検査を受けます。日本人って言ったら甘い検査でした。

朝早めで、観光シーズンも終わっているからか、国境は空いていて通過に30分とかかりませんでした。持っているカザフスタンテンゲが心元なかったので、両替(1ドル155テンゲ)します。バスの国境通過を待って8:35出発です。

カザフスタンに入っても景色はそう変わりません。国土がすごく広いので、不毛の地域の広さも半端じゃないようです。延々と人の気配すら感じない道を走り続けます。びっくりなのは、それでも携帯の電波がどこにでも届いていることです。

カザフスタンの景色


10:10 トイレ休憩です。うれしいことにドライブイン。一応中央アジアで最も先進国に近い国ですからね。カザフスタンは中央アジアの中で月収も物価も一番高いのです。ちなみに、
ガソリン1リットルは、55円~85円、売店で売っていたしょぼいアイスは約100円でした。

カザフスタンのドライブイン


トイレは有料で30テンゲ。今回の旅で、ホテルと高級レストラン以外で一番まともなトイレです。今日は気温10℃、キルギスに入る前にシムケント辺りでは35℃だったことを考えると、旅行中に季節が変わったように思います。空気が冷たいです。

カザフスタンのドライブインのトイレ


再びアルマトイへと向かいます。車窓はとにかく茶色の世界です。
土地は国が所有していて、個人は使用権をもっているそうです。所有権は相続もできるので、基本的には永久に使えるってことのようですが。町以外ではそれもどれだけ意味があるのやら。

放牧の大地


さて、うとうとしている間に街に入ったようです。景色が一変していました。まさかの渋滞にはまっているようです。高層の建物も続いていて、別の国に来たような感覚です。

アルマトイ近郊


12:50 Dastarkhanという店でLunch。サラダ、ボルシチ、カツレツ(鳥胸肉)、クレープ。ビールがなんと1430テンゲ(千円近く)、と高級店。食後、支払いができなかったか、おつりがなかったのか、レストランスタッフを乗せて銀行に立ち寄って支払いをしていました。旅行会社が必要なお金を用意してないってあまりにずさん・・・。

14:40 国立中央博物館に到着。内部は吹き抜けのホールのみ撮影200テンゲ、それ以外は撮影禁止です。キルギスの博物館と違って、かなり見ごたえのある博物館です。

アルマトイ国立中央博物館


相変わらず展示品の説明はあまりなく、遊牧生活に関する説明などをガイドはしていました。ラクダ1頭は50万円くらいとか、馬乳酒の作り方(1回2分の乳搾りを1日5回、10リットル取り、8-10時間混ぜて発酵させ、羊の皮でできた入れ物に入れ、木の栓をして持ち歩きながら飲む。精力増強。)とか、ユルタの作り方(ポプラの枝を蒸して柔らかくして曲げたものを骨にする)など・・・。

後半は自由見学になったので、隅々まで見て回ります。歴史を表すような品々、服、アクセサリー、道具、武器や、現代のカザフに関する展示、人類学の展示(恐竜の骨から、遺跡発掘品)など様々です。地下にトイレ、入り口付近に小さなお土産屋さんがあります。

16:00 旅の初日に泊まったホテル、オトラルにいったん到着です。ほんの一週間前の話だったのに、長い旅をしてきたように感じました。残念なことに疲ればかりで何かいろんなものを見たから、ではないのですが。

16:30 希望者で徒歩観光に出かけます。まずはホテル前の公園からです。着いた日は夜遅くに着き、早朝に出て行ったので真っ暗で何もない所と思っていましたが、かなり立地のいいホテルで、目の前に大きな公園、28人のパンフィロフ戦士公園がありました。

28人のパンフィロフ戦士公園


公園に入ると、ゼンコフ正教教会があります。1904年の木造のロシア正教の教会です。
大地震にも無事だった教会で、こうしてみるとやはり色合いがロシアで見たものに通じるものがあります。距離はかなり離れているとはいえ、元ソ連ですものね。

ゼンコフ正教教会


広い公園でくつろぐ市民を見ながら進んでいくと、どでかい像があります。戦勝記念碑として建てられたもののようです。第二次世界大戦での対ドイツ戦で戦士したパンフィロフ将軍率いる28人の戦士を表しているのでしょうが、数が足りないような・・・。

戦勝記念碑


像の前には慰霊碑があります。無名戦士の墓として、消えない火が灯されています。
奥に見えているのは、たしか、中央共産党事務所だったと思います。

無名戦士の墓


公園を出て、そのまま北へまっすぐ進むと、中央バザールにやってきました。バザールはメインの部分は写真撮影禁止です。不思議なことに、生肉や野菜なんかを売っている人も含めて、皆声をかけてきます。カザフスタンも人種のるつぼなので、観光客か居住者か区別できないほどなのでしょう。朝鮮人も多く、キムチとか売ってます。

アルマトイ中央バザール


バザールの一帯は、周囲にいろんな店が広がり、隣には衣服、靴、その先には家庭用品など、ありとあらゆるものが手に入りそうです。ですが価格は日本なみ。靴が14000テンゲ(1万円近く)、靴下500テンゲ(200円)などといった感じです。

バザール


ホテルにもどりつつ、途中でスーパーマーケットに立ち寄ります。ここで、カザフスタン産ワインをゲット。ここで皆さんとお別れして、一人街を散策して帰ることにしました。

アルマトイのスーパーマーケット


アルマトイの街はちょっと都会です。バーガーキングのようなファストフードや、日本食ぽいレストランもあります。ですが、都会に見えて街角ではいろんなものを路上販売していたりします。果物だったり、家にあった要らないものだったり。無法地帯って感じもしました。ということで日が暮れると同時にホテルへ帰りました。

18:45 集合で、レストランまで歩きます。
19:00 DNR@RST
サラダ(きゅうりとトマトじゃない!)、ディシュバル、アイス。メインはラザニアもしくはワンタンみたいな感じで、軽い塩味で好きな食感でした。お昼のお店もですが、この店もなかなか繁盛していてカザフスタンはそこそこ景気がいい国だと実感しました。

カザフスタンのメイン料理


22:20 ホテル帰着。明日は最終日で、渓谷へ行くのに雨の予報。早速降り出しました。

次回はカザフ・キルギスの最終レポート、チャリン・キャニオンです♪

カザフスタン・チャリンキャニオン

2013/10/11 (8日目)

8:00 アルマトイのホテルを出発し、チャリン・キャニオンへと向かいます。天気予報はよくないですが、山の天気は変わりやすいというし、行ってみないとなんとも・・・トレッキングができるかどうか諦めムードも漂っています。

途中青空トイレを1回はさみ、どんどんまた大自然の景色の中へと突入して行きます。厚い雲の下から雪を被った山並みが見えます。天山山脈の支脈、アラトー山脈でしょう。

カザフスタンの大地とアラトー山脈


3時間半走ったところで、舗装道路とお別れ、景色の色が茶色一色になってきました。
放牧された動物たちは、いったい一日どのくらい移動しているのか、どこから来て、どこへ行くのか謎が深まるばかりです。この一週間ですっかりお馴染みの景色になりました。

チャリン・キャニオンの入り口へと続く道


11:55 チャリン・キャニオンの入口にやっと到着です。片道4時間、遠いです。入り口にはちっちゃなコンテナ管理事務所?があるだけです。少し雲の切れ間も見えて来ました。どうやらトレッキングは問題なさそうです。

チャリン・キャニオンの入り口


入り口付近にはトイレが2か所。これから歩く所にはトイレはないので、ここで済ませます。もちろん、穴がほってあるだけの、ぼっとん、です。

チャリン・キャニオンのトイレ


風が冷たく少し寒いくらいだったので、持ってきた洋服を重ね着して対応します。ヒートテック、耐熱耐寒シャツ、ウィンブレ2枚の重ね着です。ここ2日、期待していた観光をできなかった分、皆張り切って歩いていきます。

チャリン・キャニオントレッキング


少し歩くと、見えて来ました。まさにグランドキャニオンの小さい版という感じです。2000万年前の地層です。

チャリン・キャニオン


歩いていると、周囲にところどころで穴が見られます。ネズミやモグラの巣だそうです。

動物の巣


特に遊歩道とかないのですが、なんとなく人が歩く道ができていて、そのまま進むと見晴台に出ました。ロープとか張ってないし、あまり端に寄らないようにして景色を楽しみます。

チャリン・キャニオンの見晴台


川で削られたのであろう渓谷の片側に沿うように奥へと進みます。規模はアメリカのグランドキャニオンほどではありませんが、その場に立って岩肌などを見るにはこのくらいの規模の方が臨場感があっていいです。

チャリン・キャニオン


見晴台2ヵ所目からは、なんとなくついた道をたどって先へと進みます。高所恐怖症の私は足がすくむような場所もあり、後ろから来る人を待って一緒に進んでもらったりとハラハラ感いっぱいです。結構足元が危ない箇所があるし、落石注意という状態です。

危ない道、落下注意


渓谷の下には下りず、景色のいい所が折り返しポイントになりました。なんか、残った岩には何かに見立てた名前がついているようでしたが、結局どれがどれだかさっぱりわかりませんでした。

チャリンキャニオンの眺め


右奥の方へ目をやると、川と緑が見えます。川沿いはキャンプ場のようになっているように見えました。あそこまで行ければなぁと思いますが、残念ながら今回はいかないようです。

チャリン川とキャンプ場


戻りがてら下を見ると、谷底に道があります。後から来た現地の混載ツアーと思われるバスの人たちが、この道へ降りていくのを見ました。川沿いまで行くのでしょう。日本からのツアーだと年配の人が多いし、危険だからいかないのかも知れません。いつも上から見るだけです、今日は飛行機の時間もあるし、とあっさりガイドに言われてしまいました。

渓谷の下の道


帰りは若干の上りということもあったし、歩いたのでかなり暑くなってきました。バスまで戻り、この景色を見ながらLunchです。約2時間のトレッキングとか書いてありましたけど、案の定、全体の滞在時間が2時間で、トイレや食事の時間も入っているから歩いたのは1時間ちょっとでした。

チャリン・キャニオン入り口付近の景色


昼食はこちら。ガイドがスーパーで買出ししたものを皿にとって食べるという感じです。寒い人はバスの中で食べていましたが、せっかくなので大自然を見ながら一人で食事を楽しみました。

大自然を見ながら食べる昼食


14:00 チャリン・キャニオンを出発し、来た道を戻ります。30分未舗装の大地を進み、そこからは舗装道路です。
天気も回復してきて、途中の車窓では最後にきれいな山の景色を見ることができました。

アラトー山脈


18:00 ホテルに到着、デイユースで4部屋取ってくれているので、着替えや荷物の整理などをします。バスタオルが人数分用意されていたので、シャワーも使わせてもらいました。
19:00 ホテルで最後の食事です。ここで、ユーラシア旅行社恒例のそうめん登場。もう帰るし、今出すなら、チョン・ケミンの何もない夕食のとき出してくれればいいのに、と思いました。

20:00 ホテルを出発し、20:50 アルマトイの空港到着。23:10 OZ-578便にてソウルへ。

2013/10/12 (9日目)

OZ-104便にて成田帰着。

今回の旅ではいろいろと不快な思いをし珍しくとても不満足な旅となりました。ですが、本当の不快な思いは後日することになりました。営業責任者という方からアンケートに不満とあったが何が不満かといった感じの電話が入りました。この電話で、傷口をえぐられるような思いをしました。言葉遣いは丁寧ですが、アウトバウンドでかけた電話で客を怒らせ、泣かせるとは一体どういうこと?顧客対応をする専門の人もいなければ教育もされていない会社だとわかりました。これまで直接会った社員や、最初に利用したツアーが良かっただけに、大変残念です。

そして、今回の安全措置による行程変更については、全て免責で保障はなく、お見舞いとしてユーラシア旅行社でしか使えない旅行券5千円を送ってきただけでした。

JATAの相談員によると、こういった場合は、旅行会社が判断するので、顧客としては、よほどの過失とかない限りは従うしかなく、裁判沙汰にしない限り、決着は付かないとのことでした。旅行の約款は消費者には厳しいもののようです。大きな勉強になりました。
結局、その後も何回かやり取りして、その都度心ない対応に傷つき、旅行が楽しいものとは限らないと痛感しました。

これでカザフスタン・キルギスの旅レポートはおしまいです。今回は楽しくない内容が多かったにも関わらず、最後まで見て下さりありがとうございました♪
プロフィール

aya1103

Author:aya1103
ようこそ!コメント大歓迎です♪
過去記事への質問もお気軽に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR